万年筆の書き方のコツ!美しい文字を書く正しい持ち方や角度は?

皆さんは、万年筆って使ったことがありますか?どこか上品なイメージで気軽に使いにくいイメージがあるかもしれませんが、万年筆で書いた文字は温かみがあって活用していきたい道具です。そんな万年筆の書き方のコツをご紹介します。書き方がわからないという方も大丈夫です。

目次

  1. 字の美しい人は魅力的!万年筆の書き方を知ろう!
  2. そもそも万年筆とは?
  3. 万年筆の魅力って何?
  4. 書き方の前に…万年筆の部位名をご紹介!
  5. 万年筆を正しく選ぼう!
  6. 万年筆で書く美しい文字の書き方のコツStep①正しい持ち方
  7. 万年筆で書く美しい文字の書き方のコツStep②正しい書き方
  8. 万年筆の書き方で文字練習のコツ
  9. 万年筆の書き方と一緒に覚えておきたいこと
  10. 万年筆の持ち方&書き方をマスターして美文字になろう!

字の美しい人は魅力的!万年筆の書き方を知ろう!

なかなか馴染みのない雑貨の1つである万年筆ですが、万年筆で書いた文字は、古風な感じと温かみがあります。その万年筆ですが、どんな雑貨かということや持ち方や書き方など意外に分からないことが多くあるのではないでしょうか?今回は、そんな万年筆で美しい文字を書く時の書き方をご紹介します。

そもそも万年筆とは?

最初は、万年筆を使った書き方というよりも万年筆自体のことについてお届けしていきましょう。雑貨屋さんなどでも万年筆は目にしたことはある方も多いと思います。しかし、なかなか詳しいことまではわからない方もいると思います。一緒に見て行きましょう。

万年筆とは?

万年筆は、雑貨の1つですが、ペン軸内部のインクが溝が入ったペン芯によりペン先に供給されると共に書ける筆記用具です。万年筆の原型は、エジプトで953年に発明されました。さまざまな歴史を経て、製造が本格的になったのは、第一次世界大戦後と言われています。

万年筆の種類はある?

万年筆には、万年筆本体の種類というよりはペン先に種類があります。スタンダードなものからオリジナルになっている特徴敵なものまでさまざまです。主な種類は、基本7種類で極細から太字、特徴的な文字の形を表現出来る万年筆があります。その種類の違いは持ち方や角度も違います。

万年筆の魅力って何?

続いては、万年筆の特徴や魅力をご紹介していきます。万年筆には、最近使う方が増えているという理由にもなるような素敵な魅力がたくさんあります。その特徴と魅力をいくつかお届けします。

魅力①字が美しく見える

万年筆の魅力の1つめは、字が美しく見えるところです。万年筆で書いた文字は、ボールペンなどで書いた文字とは違い、丸みがなく、トメやハネといった文字の特徴が表現しやすいので、1つ1つがとても美しく見えます。

魅力②楽に書ける

万年筆の2つめの魅力は、楽に美しい文字が書けるということです。万年筆の持ち方や書き方のコツを知れば、とても軽い力で手への負担が少なく使いやすくなります。さらに、使えば使うほど手に馴染んでいくので使いやすくなるところも魅力です。

魅力③おしゃれに見える

そして、3つめの魅力は、万年筆の形になります。万年筆は、見た目もスタイリッシュで「雑貨」として括るのはもたいないくらいの存在感があります。ビジネス時にもおしゃれに使いやすいアイテムです。使用感だけでなく、持った時の姿も様になります。

書き方の前に…万年筆の部位名をご紹介!

ここまで万年筆事態のことについてご紹介してきました。次も少し万年筆の自体のことをご紹介します。そでは早速、万年筆の部位の紹介からスタートしていきます。万年筆には、吸入式と両用式の2つの種類があります。

万年筆のペン先の部位

最初は、万年筆のペン先の部分です。ペン先、ハート穴、切り割、ペンの裏側には、樹脂で作られているペン芯、ペンの一番先の部分をペン先と言います。これらの部位で万年筆のペン先が作られています。

吸入式の万年筆の部位

吸入式の万年筆は、インクを吸収させるための尻軸、胴軸、ペン先そして、キャップの部分であるキャップ、キャップリング、胸ポケットなどに入れてかけれるようなクリップ、キャップの一番上の部分にあたる天冠から成り立っています。

両洋式の万年筆の部位

次は、両用敷きやカートリッジ式の比較的簡単に使えるタイプです。万年筆のインクを入れる胴軸、カートリッジインクやコンバーター、そしてペン先もついている首軸から出来ています。

万年筆を正しく選ぼう!

次は、万年筆の選び方です。万年筆は、さまざまな種類があります。果たして万年筆は、どのようなポイントで選べば良いのでしょうか?初めて万年筆を使う方は、迷ってしまうと思います。そんな初めて万年筆を使う方にもおすすめの選び方です。

選び方①デザインで選ぼう!

万年筆を選ぶ1つめの方法は、デザインで選ぶ方法です。万年筆のデザインは、シンプルなものからデザイン性が溢れるおしゃれなものなど、さまざまなものがあります。自分の好きなデザインや自分のライフスタイル、自分の使っている雑貨と合わせたデザインなどを選ぶようにしましょう。

選び方②書きやすさで選ぼう!

2つめの万年筆を選ぶ方法は、自分で書いた時の書きやすさで選んでいきます。先ほども少し触れたように万年筆は、ボールペンなどの雑貨と違って、使い続ければ使い続けるほど手に馴染んで書き心地にも変化が現れます。そんな長く使える万年筆は、自分の使い心地の良いものを選びたいものです。

選び方③予算で選ぼう!

3つめに万年筆を選ぶ方法は、予算です。万年筆は、普通の雑貨屋さんなどに売っているボールペンなどとは違って、予算もピンキリです。安い物だと1,000円などで買えたりしますし、高い物だと100万円を越える物もあるそうです。自分の予算に合わせた物を選ぶことがおすすめですが、最初は、1万円などの物から選ぶようにしましょう。

Thumb万年筆のブランドでおすすめは?選び方や国内外の人気モデルを紹介

万年筆で書く美しい文字の書き方のコツStep①正しい持ち方

ここからは、実際に万年筆で美しい文字を書いていくために大切な万年筆の正しい持ち方です。初めての方は、この万年筆の持ち方から初めて始めていきましょう。

指の添え方は?

万年筆があるある方は、実際に万年筆を持って手に取りながら確認してみましょう。万年筆の持ち方は、ボールペンなどの持ち方と異なり、手首が動かしやすいように余裕を持たせつつ、人差し指と親指で挟んだら中指は後ろに添えて持ちましょう。

万年筆で書く美しい文字の書き方のコツStep②正しい書き方

次は、万年筆を活用した文字の書き方についてお届けします。万年筆を持ったら実際に紙を用意して万年筆の正しい書き方を実践して行きましょう。万年質には、角度や力の入れ方などいくつかのコツがあります。それでは、万年筆の角度からスタートしていきます。

万年筆の角度とは?

万年筆を実際に紙に当てて文字を書く時の角度は、45〜60度がおすすめです。ペン先が紙に沿うようにやや寝かせながら書いて行きます。

書く時の指の添え方とは?

それでは、実際に文字を書いていきましょう。45〜60度の角度で万年質のペン先を紙に当てた後、中指を紙に置き、万年筆の角度を保つように支えながら万年筆を滑らせていきましょう。

正しい書き方とは?

万年筆の書き方は、あまり筆圧をかけないことがコツです。万年筆は、ボールペンのように筆圧をかけて書くのではなく、ペン先を紙に置くようにして手首を柔らかくして軽く書いていくことがコツです。万年筆は、万年筆の重さを利用して、軽い力で書くことの出来るアイテムです。

万年筆の書き方で文字練習のコツ

先ほどまでは、万年筆の基本的な持ち方、そして書き方をお届けしてきました。万年筆の持ち方、書き方のコツが分かったら、美しい文字を書けるようになるための練習のコツです。練習の仕方は、人それぞれですが、おすすめの方法をいくつかご紹介します。

コツ①万年筆の練習帳を買ってみる

1つめの万年筆の練習する時のコツは、本屋さんなどに売っている練習帳を購入してひらがななどから練習してみることです。練習帳なら実際に万年筆で書いた字を見ながら真似て練習することが出来ます。さらに、少しずつレベルアップしながら万年質に慣れることが出来るのでおすすめです。

コツ②日記を始めてみる

2つめの方法は、日記です。日記は、毎日綴ります。それを万年筆で書くことで、万年筆の練習にもなりますし、万年筆独特の温かい文字が見返すたびにホッと温かい気持ちにしてくれます。

コツ③好きな言葉をインスタに乗せてみる

最近は、インスタなどに自分が好きな言葉や一言をメモやノートに万年筆で書いて乗せる行為が流行っています。自分の好きな言葉なら書いているとワクワクしますし、なおかつ万年筆の練習にもなります。

万年筆の書き方と一緒に覚えておきたいこと

最後にお送りするのは、万年筆の持ち方や書き方以外に覚えておきたい注意点や正しいお手入れの仕方をお届けしていきます。万年筆を使う時は、角度や持ち方なども大切ですが、万年筆を大切に使用するという意味も込めて、万年筆を使う時の注意点や正しいお手入れ方法を覚えておきましょう。

万年質の使い方の注意点

万年筆は、書き方のところでもご紹介した通り、万年筆本体の重さを利用しながら文字を書いて行くことのできるアイテムです。あまり筆圧をかけてしまうとペン先がつぶれてしまう可能性があるので気をつけましょう。さらに、万年筆を長く使っているとペン先にインクが詰まって書けなくなることがあります。そんな時は、今からご紹介するお手入れを行ってあげましょう。

万年質のお手入れ方法①

万年筆のペン先は、水で洗浄します。まず、カートリッジの場合は、カートリッジインクをはずして、コンバーターの場合は、残っているインクを容器に移してから洗うようにします。コップに40度くらいのぬるま湯を用意して、そこへ万年筆のペン先をそのままコップに入れます。万年筆を頻繁に使用している場合は、1〜2時間くらいあればきれいになります。

万年筆のお手入れ方法②

しかし、使わずにそのままにしている場合は、時間が必要です。コップに溜めたお湯は、万年筆のインクで濃く染まるのでマメに交換しながら洗浄していきましょう。コンバータータイプの万年筆の場合は、コンバーター部分をつけたままお湯にペン先だけをつけて、お湯を吸収するように出し入れをすることで、洗浄することが出来るそうです。

Thumb万年筆のインクが出ない時の対処法!詰まりを解消する方法など調査

万年筆の持ち方&書き方をマスターして美文字になろう!

いかがでしたか?万年筆は、あまり馴染みの無いアイテムかもしれませんが、使い始めるとその書き心地の良さやデザインに使う方も急増しています。文字の美しい人は、女性でも男性でも見ていると魅力的です。文字の1つ1つに、その人の気持ちや思いを感じることができます。万年筆を活用して美文字を目指しましょう。

もっと万年筆のことについて知りたいアナタへ!こちらも要チェック!

Thumb万年筆のインクでおすすめは?お手入れ方法や書き方のコツ・選び方まとめ

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ