ミニ盆栽でお部屋に緑を!初心者でも簡単な苔玉の作り方や育て方は?

古風なイメージがある盆栽は、ミニサイズのミニ盆栽がたくさん販売されており部屋の中で簡単に育てることができます。初心者さんも簡単に育てることのできるミニ盆栽の種類や苔玉の作り方、育て方を知って自宅でミニ盆栽を育ててみましょう!

目次

  1. 手のひらサイズが可愛いミニ盆栽
  2. ミニ盆栽の種類①一番人気は「松」
  3. ミニ盆栽の種類②お花見が楽しい「つつじ」
  4. ミニ盆栽の種類③ほんのり色づく「楓」
  5. ミニ盆栽の種類④季節を感じる「ざくろ」
  6. ミニ盆栽の種類⑤色づいた赤が美しい「深山カイドウ」
  7. ミニ盆栽の種類⑥ぱっと咲いた花が素敵な「睡蓮僕」
  8. ミニ盆栽作りに必要なものは?
  9. 初心者さんも簡単!ミニ盆栽の作り方
  10. ミニ盆栽の簡単な育て方
  11. 簡単でお手入れでミニ盆栽も元気いっぱい
  12. 初心者さんでも出来る!苔玉の作り方
  13. 苔玉の育て方はコツが必要!
  14. ミニ盆栽は初心者さんにおすすめ!

手のひらサイズが可愛いミニ盆栽

盆栽といえば、おじいさんやお父さんが育てているといった古風なイメージがありますが今はミニ盆栽といって手のひらサイズの盆栽が取り扱われています。小さい小ぶりなミニ盆栽は一人暮らしの家でも十分育てることのできるサイズです。

見た目にも可愛いミニ盆栽は男性だけではなく女性にも人気が高く、観葉植物と一緒に育てることができるので簡単に育てることができます。樹種が豊富にあり、しっかりした幹や鉢を楽しむことができるミニ盆栽は家のインテリアにも最適です。

__.mami.16さんの投稿
22352425 1674851725882738 5577005460373897216 n

今回は、初心者さんでも簡単に育てることのできるミニ盆栽についてご紹介します。初心者さんにおすすめしたいミニ盆栽の種類やミニ盆栽の作り方や育て方、さらに見た目もおしゃれな苔玉の作り方や育て方もご紹介します。省スペースで育てることのできるミニ盆栽はおすすめです!

ミニ盆栽の種類①一番人気は「松」

rinatta_shigetiさんの投稿
22278319 177495342811055 6475081081858031616 n

盆栽と聞いて一番に思いつくのが松ですね。松はその佇まいから日本の古き良き雰囲気を感じることができます。枝の伸び方を支えることで、美しい形状を保ちながら成長してくれることでしょう。初心者さんにもおすすめのミニ盆栽です。

ミニ盆栽の種類②お花見が楽しい「つつじ」

honoayuさんの投稿
22069213 494723270896924 2222644751046279168 n

ミニ盆栽でも花を育てることができます。ミニ盆栽でゆっくり育てていると、つつじの蕾が出来始め、花がゆっくり開き始めます。つつじの花を見ながらお花見をすることができるので、自宅にいながらお花見気分を味わうことができるミニ盆栽です。

ミニ盆栽の種類③ほんのり色づく「楓」

bonsai.taneさんの投稿
12797662 1050958938296435 301119063 n

太い樹木が格好良い楓もミニ盆栽で育てることができます。樹木の成長過程を見ながら育てることができるので、どんな楓に大きくなるのかが楽しみなミニ盆栽ですね。少しずつ色づく過程を見ることができるので、育てがいのあるミニ盆栽です。

ミニ盆栽の種類④季節を感じる「ざくろ」

kurozuru0308さんの投稿
21689901 1583616741690178 4881114964787462144 n

ざくろもミニ盆栽で育てることができます。ざくろは、初心者さんにも育てやすいのでおすすめのミニ盆栽です。季節を感じながらざくろの成長を見ることができるミニ盆栽は、家の中で育てることができる手軽さも初心者さんには嬉しいものですね。

ミニ盆栽の種類⑤色づいた赤が美しい「深山カイドウ」

boncyubonsaiさんの投稿
11371001 1050992421587380 201460960 n

ぱっと明るい深山カイドウは、色づきが美しいものです。季節の移り変わりを感じることができるので、ミニ盆栽の中でもおすすめです。苔も一緒に育てることで緑と赤のコントラストが美しい、オリジナルのミニ盆栽を作ることができますね。

ミニ盆栽の種類⑥ぱっと咲いた花が素敵な「睡蓮僕」

terachan3838さんの投稿
18013165 445823625765224 7335954452538458112 n

美しい花びらの睡蓮僕(すいれんぼく)もミニ盆栽で育てることができます。初心者さんにも育てやすい種類になるので、明るい花を育てたい方にはおすすめのミニ盆栽です。花が蕾から開く瞬間を見ることができるので、目で楽しませてくれるミニ盆栽です。

ミニ盆栽作りに必要なものは?

初心者さんには難しいと思われがちなミニ盆栽ですが、用意するものをそろえて準備をしっかり行い、作り方や育て方を知ることで上手に育てることができます。まずは、用意するものをそろえてミニ盆栽を育てる準備を行いましょう。室内で育てるのであれば、お部屋のインテリアにあった鉢を選ぶようにしましょう。

用意するもの

bmpotterさんの投稿
22427118 347660025659962 9132745121647820800 n

用意するものは、ミニ盆栽用の鉢・ケト土&赤球土の小粒を混ぜた土または市販の盆栽用土・盆栽用の植物1種から3種・剪定バサミ・ピンセット・鉢底ネット・針金です。初心者さんは、植物を1種から始めた方が失敗しにくくなります。

初心者さんにおすすめの植物は?

rinatta_shigetiさんの投稿
22344476 494967357536586 784451355430354944 n

おすすめの植物は、つつじ・ざくろ・萩・さつき・睡蓮木(すいれんぼく)・深山カイドウ・楓です。色づきやすい花の植物などであれば初心者さんにも育てやすいですよ。睡蓮木(すいれんぼく)や深山カイドウは見た目にも美しいですね。

初心者さんも簡単!ミニ盆栽の作り方

ミニ盆栽の作り方

kyyyyyyiiiiiiiiiiさんの投稿
22280916 1146599722107213 4650001022243045376 n

容器の底に鉢底ネットを敷いて、鉢底ネットの穴から針金を出しておきましょう。苗木の土を水洗いして落とし、鉢のサイズに合わせて切りそろえましょう。針金で固定しながら苗木を容器に植え、容器に土を入れていきます。根の間に土が入るようにして水やりをしたら出来上がりです。

日光に当ててあげよう

ミニ盆栽は、日光のよく当たる場所におきましょう。部屋の中の日が当たる場所に置き、適度に外気に当てることでスクスク成長してくれることでしょう。日がよく当たり風通しの良い場所、東南の窓側に置くことでミニ盆栽もどんどん元気になりますよ。

solo_takeharuさんの投稿
22344213 1712650948748073 1554018922603216896 n

室内に置く場合は、風通しの悪い場所や日の光が全く入らない場所に置くことは避けましょう。他にも真夏の直射日光が当たる場所や氷点下になる場所、エアコンや室外機が当たるような場所ではミニ盆栽が育たないので注意しましょう。

ミニ盆栽の簡単な育て方

ミニ盆栽の水やりは、乾燥する前に行うようにしましょう。鉢底から水が出てくるまでしっかり水やりを行い、真夏であれば1日2回・春秋であれば1日1回・冬は2日1回与えてあげましょう。メリハリをつけて水やりを行うようにしましょう。

植物も人間と同じように、規則正しいリズムで生活することが大切です。朝晩決まった時間に水やりを行うことでミニ盆栽もスクスク成長するでしょう。一定期間家を空けることがあれば、受け皿に水を貯めておくとミニ盆栽が吸い上げてくれますよ。

肥料はどうする?

solo_takeharuさんの投稿
22351652 1969638859947556 6646601004550717440 n

ミニ盆栽に肥料を与えるときには、春と秋がベストです。ゆっくりを時間をかけて効くような緩効性化成肥料を株元に置くことで肥料が効いてきます。肥料の種類がわからないのであれば、盆栽用肥料と書かれた肥料を購入すると間違いありませんよ。

簡単でお手入れでミニ盆栽も元気いっぱい

剪定もミニ盆栽の醍醐味

kinbonstagramさんの投稿
22280092 145658142713194 4768021350533038080 n

ミニ盆栽を剪定するのも楽しみの一つですね。ミニ盆栽全体を見たときに、バランスが悪くならないように伸びすぎた枝を切ってあげましょう。また、重なっている枝や真上や下を向いている枝を剪定しましょう。枝が交差しないように剪定すると見た目がすっきりします。

ミニ盆栽の植え替えは?

ミニ盆栽の植え替えは、3年から4年に一度と言われています。ミニ盆栽は根詰まりを起こしやすいので早ければ2年目でも植え替えが必要になることもあります。ミニ盆栽の元気が無くなってしまう前に、早めに植え替えを行うようにしましょう。

根詰まりになると植物が水を吸い上げる力がなくなってしまい植物が枯れてしまいます。植物が枯れてしまってから植え替えを行っても元気に育つことはないので、常に根の状態を確認するようにして根詰まりをしないように気をつけましょう。

初心者さんでも出来る!苔玉の作り方

苔玉の作り方は、まず苔・盆栽用の植物・盆栽用土・鉢を用意します。初心者さんにおすすめの一般的な苔の種類はハイゴケ(這苔)、室内で育てるのであればヤマゴケ(山苔)です。苔を裏返し、茶色になっている部分は切り取りゴミを取り除きましょう。

盆栽用植物は、育てやすいミニ観葉植物がおすすめです。シダの仲間の観葉植物であれば失敗せずに育てることができます。盆栽用土はピートモス主体になっている土がおすすめですが、初心者さんであれば苔玉キットなどの用土やブレンド済み用土をおすすめします。

sinanojutakuさんの投稿
22351897 1480946615537390 6587540973687930880 n

苔玉の作り方は植物の根鉢の縁を少し丸めるように用土で包み込みます。おにぎりを握るように優しく丸く握り、球状になったら苔を巻いていきましょう。苔が乾燥していたら水で湿らせてください。巻き終わったら全体を湿らせて整えると出来上がりです!

苔玉の育て方はコツが必要!

苔玉は、屋外の明るい場所で風通しの良い場所に置きましょう。直射日光や強風が当たる場所ではうまく育ちません。適度に外の風に当ててしっかり太陽の光が当たる場所がおすすめです。水やりは、受け皿に水を貯めて吸水させましょう。

手で苔を触って乾燥していると感じたら、適度に水やりを行うようにしましょう。乾燥がひどい状態であれば水の貯めたバケツに浸けて苔玉を入れることで吸水させることができます。乾燥しないように注意しながら水やりを行うようにしましょう。

苔玉の肥料はどうする?

kazuyaogiyamaさんの投稿
22280421 146889472584837 483797567331631104 n

苔玉は肥料は必要ありません。肥料を加えてしまうと苔玉が枯れてしまうので注意しましょう。土を入れて植えるミニ盆栽とはお手入れ方法が違うので気をつけてくださいね!シダの仲間の観葉植物であれば明るい日陰でも元気に育ってくれますよ。

ミニ盆栽は初心者さんにおすすめ!

ミニ盆栽は育て方が難しいと感じてしまいますが、育て方を知ることで元気いっぱいのミニ盆栽を簡単に育てることができます。初心者さんでも簡単に育てることのできるミニ盆栽や苔玉は、部屋のインテリアにもぴったりですね。

urban_research_doorsさんの投稿
22344680 282357175594083 6304165379459514368 n

和を感じることのできるミニ盆栽はお手入れも簡単にできるので、取り扱いが楽チンです。家の中にいながら盆栽を育てることができるのも嬉しいですね。剪定したり鑑賞したり、お好みのミニ盆栽を見つけて大切に育ててくださいね!

合わせて読みたい盆栽についての記事はこちら

苔玉の作り方は?初心者も苔盆栽キットで簡単!100均にも材料あり! | Pinky[ピンキ-]
苔テラリウムの育て方・作り方まとめ!材料はすべて100均で揃えられる! | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ