オットマンとはなに?役立つ使い方とスツールとの違いについて調査

オットマンとは何かご存知ですか?インテリアの一種ですが、意外と知られていないオットマン。オットマンとは、ソファーとセットになっている足乗せ台のことで、スツールと似ています。二つの違いとは?今回はオットマンとスツールの違いや役立つ使い方を詳しくまとめました!

目次

  1. オットマンとはなに?役立つ使い方とスツールとの違いを解説!
  2. オットマンとは何のこと?
  3. オットマンの由来とは?
  4. オットマンのインテリアでの役割とは?
  5. スツールとは何のこと?
  6. スツールのインテリアでの役割とは?
  7. オットマンとスツールの違いとは?
  8. オットマンの種類
  9. オットマンの役立つ使い方を紹介!
  10. まとめ:オットマンとスツールの違いを調べてみて

オットマンとはなに?役立つ使い方とスツールとの違いを解説!

インテリアでソファやチェア、スツールはよく耳にすると思いますが、オットマンとは何かご存知ですか?オットマンとスツールはよく似ていて間違われることが多く、違う使い方をしている方もいらっしゃるかも!スツールとは何かも説明しちゃいます!

今回はそんなオットマンとスツールの違い、インテリアでの役割などを調査しまとめました!似ているけど実は使い方に違いがあるんです。オットマンの役立つ使い方やインテリアでの役割などもご紹介します!

無印良品の家具でインテリアコーディネート!家具の配置おすすめ実例集 | Pinky[ピンキ-]

オットマンとは何のこと?

オットマンとはそもそも何のこと?と疑問に思う方も中にはいらっしゃると思うので詳しく見ていきましょう。オットマンとはインテリアにおけるソファの仲間で、ソファとセットで使うことが多いです。セットにはなっていますが使い方もデザインも違います。椅子の仲間という点では同じですが、役割など違いがあります。

オットマンとは

オットマンとはソファとセットになっている足乗せ台のことで、ソファの前などにおいて座ったときに足を乗せ、足をくつろげるための物です。オットマンとは背もたれのないクッション台のことをいい、フットストール、フットスツールとも呼ばれていて一人掛けソファとセットになっていることが多いです。

wakuwaku_kunさんの投稿
17268047 1281786361908143 1469153469800644608 n

オットマンとは本来背もたれのない長椅子を指しますが、足置き台もオットマンと呼ばれています。オットマンはスツールより種類は少ないですが役立つ使い方もあり、スツールより大きいサイズのものが多いです。スツールと同じで背もたれもひじ掛けもない椅子のことをいいますが、オットマンは足を伸ばしてくつろぐときに足を載せる椅子(台)を指します。

onihei.mさんの投稿
22069140 175375819703891 1160427617086603264 n

オットマンはの材質はソファとセットの物だと同じ素材でできていること多く、沈みにくく作られているのが特徴です。お店などの人が集まる場所で休憩用の椅子として使われていたり、靴屋などで試着時に座れるよう設置してあることもあります。背もたれがないので背面を気にしないで配置でき、インテリアとして様々な場面で使われています。

オットマンの由来とは?

オットマンの由来とは何でしょう?オットマンの英語表記は「ottoman」と書きます。ottomanはオスマンと読み、もともとオスマン帝国(オスマントルコ)という国名を表すものでした。トルコ(オスマントルコ)で使われていた低い長椅子にクッションを置いた形式のものが始まりで、その後18世紀後半にイギリスに導入され広がりました。この事が由来になりオットマンになりました。

オットマンのインテリアでの役割とは?

sinjiruhitoingさんの投稿
22427662 447318875664262 820872828424290304 n

オットマンの具体的な役割とは?オットマンの役割で、最も基本的なものが足置きです。オットマンとはソファに座ったときに足をくつろげる為のものであり、ソファの座面と同じ高さになっています。ソファにつけても離して置くこともできます。素材もセットになっているソファと同じなので、インテリアとしても幅広く用いられています。来客時に簡易的なソファとしても使うことができます。

スツールとは何のこと?

一方スツールとは何かご存知ですか?スツールですが、オットマンより聞いたことが多いのではないでしょうか?オットマンと違い、スツールはセット物ではなく単品での役割を主としています。デザインも様々で、一人用の腰掛のことをいうことが多いですが、二人用の腰掛にも用いられることがあります。

yukikaito5さんの投稿
22351824 493963954315460 7950545636732960768 n

スツールとは

スツールとは背もたれやひじ掛けのない一人掛けの椅子をいいます。脚は3~4脚のものや、X脚のものに大きく分けられ、デザインも使用する用途に合わせて作られています。小さめのサイズが多く、椅子としての機能は休憩用に向いています。長時間の使用は背もたれもなく猫背になりやすいので、高さのあるものを選ぶといいでしょう。

plants_koriyamaさんの投稿
22280866 728142054042908 703821676684509184 n

ボックスタイプの収納スツールや、踏み台として使えるステップスツール、何段にも積み重ねられるスタッキングスツールなど種類が豊富です。椅子としての機能だけでなく、踏み台や小物を置く台としても使われています。基本的なスツールは高さが固定ですが、中には高さ調節可能のものやキャスター付きのものまで幅広く存在します。

スツールのインテリアでの役割とは?

h_rin_sunさんの投稿
22344793 137294126907312 5869674083930603520 n

スツールの場合、用途や形状がさまざまなので役割も多々あります。スツールの基本的な役割とは一人掛けの簡易的な補助用の椅子であり、短時間の休憩用腰掛とも言えます。長時間の使用は腰が疲れるので向いていません。折り畳み式の物や、高さ調節できるものもあります。ボックスタイプだと収納もでき、キッチンでの休憩椅子などでも用いられています。

オットマンとスツールの違いとは?

オットマンとスツールの違いをまとめると、オットマンは「足を載せる物」というのが主な使い方に対し、スツールは「短時間の休憩のために腰掛ける物」という使い方が主です。両方とも背もたれとひじ掛けのない点は同じです。オットマンとはクッション台であり、スツールは木材のみで作られているものからクッション付きのものまで様々です。

shanqiyaji1007さんの投稿
15046818 200006713779306 6933320166394560512 n

オットマンは正方形と長方形、丸形の物がほとんどです。それに対しスツールは四角、三角、丸型や脚立のような形まであります。スツールのほうが多様な使い方ができるのでインテリアにおいて人気がありますが、オットマンも「フットスツール」と呼ばれているだけあり腰掛の役割も果たし、役立つ収納付きの物もあります。

tocchitamaさんの投稿
21910897 276574836181168 2499089217246724096 n

オットマンとスツールは同じ分類にされることがありますが、使い方に違いがあることがわかりました。スツールほどではありませんが、オットマンにも種類があります。オットマンはサイズは小さいものだと幅が45cm前後のものから、大きなものだと60cm以上のものもあり、ゆったりとくつろぐことができます。

オットマンの種類

yscasaさんの投稿
19228421 172707996600747 7980745609080471552 n

オットマンにも種類があり、ソファとのセット売りだけではなく単品でも販売されているので高さ調節可能なものまであります。オットマンのデザインはシンプルなものが多いですが、脚付きや柄入りのものまでありオシャレなものがたくさんあります。今回はノーマルタイプ、収納付き、高さ調節付きの三種類をご紹介します!

ノーマルタイプのオットマン

renoco_jpさんの投稿
20225403 322526961505671 2377029841582030848 n

ノーマルタイプはソファだけではなく座椅子用の物もあり、高さも様々です。足置きやサイドテーブルとしても使えるシンプルなタイプのことをいいます。4脚の脚付きのものもあり、リクライニングチェアなどでも使われています。デスクチェアと一緒に使えるものや、ローソファにも使える低いものまで様々です。今では車に付いていることもあります。

収納付きオットマン

f_yukkoさんの投稿
21879400 129359074376444 8864944874131030016 n

オットマンの機能に収納機能がついたタイプ。座面になっている部分が蓋になっており、開けると収納ができる造りになっています。雑誌や小物などの収納にもおすすめです。なんだかんだリビング周りは小物などが多くなって収納に困ることもあるので、収納付きだと便利です。

高さ調節付きオットマン

kaitori_ichiban_nagoyaさんの投稿
18579819 248093872334393 850707204565630976 n

オットマンを後から購入する際に役立つ、高さ調節が付いたものです。目的に合わせて高さが変えられるので、購入したソファや椅子の高さに合わせやすいのが特徴のオットマンです。気分によって高さ調整できるのでよりリラックス効果があります。

オットマンの役立つ使い方を紹介!

オットマンは足置きとして使えるだけでなく、他にも役立つ使い方があります。使い方が一つではないので様々なシーンで活躍すること間違いなし!そんな役立つ使い方をいくつかご紹介します!

来客時に役立つ!スツールとして

tischlerei_factory_and_shopさんの投稿
18443172 1312956582125045 6133846196478803968 n

オットマンとは足載せ台として使うだけでなく、座って使うことも可能ですので来客時にも便利です。ソファだと人数が足りないといった場合でも、オットマンがあると活躍します。ソファと座面の高さが同じなので目線も合わせられ、会話もしやすいのでそういった点でも役立ちます。

簡易的なサイドテーブルとして

acoknackさんの投稿
19228895 734373370102940 6147641279246237696 n

オットマンとは足を載せるものですが、サイドテーブルにもなる優れものです。座面が平なのでトレーや天板を置いた上に飲み物やスナック菓子を置くこともできます。雑誌などを置くのも便利で、新たにサイドテーブルを買う必要もなくおすすめです。

カウチソファやコーナーソファの変わりに

azusazusa.571さんの投稿
19625053 1918101831770380 2915306397593763840 n

手軽にレイアウトが変更でき、ソファとくっつければカウチソファにも!普通のソファでもコーナーソファとして配置することもできるのがオットマンの便利な点です。引越しや模様替えなどにも間取りに合わせて様々な配置が楽しめます。

一人暮らしのインテリア・レイアウト集!ワンルームをおしゃれにする方法 | Pinky[ピンキ-]

まとめ:オットマンとスツールの違いを調べてみて

オットマンとは足載せ台で、オットマンもスツールもそれぞれに役割があり、使い方も色々あることがわかりました。インテリアを選ぶうえで役立つ機能があるのはうれしいポイントですね。オットマンはソファとセットで使うだけでなく、サイドテーブルにもできるのが驚きました。インテリアを選ぶ上で役立つオットマンは、おしゃれ度も上がって生活が楽しくなること間違いなしです!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ