節約上手のお弁当レシピ!一週間・一日300円で出来るおかずの献立は?

一週間の食費を節約できる簡単なおかずレシピや上手な献立の作り方についてまとめました。簡単おかずを上手に組み合わせれば、一週間の食費の節約になる弁当のできあがり。おいしくて簡単な節約おかずを弁当に上手に詰めて、一週間のランチを楽しんでみましょう!

目次

  1. 簡単おかずで一週間の節約お弁当を上手に作りたい!
  2. ランチ代は一週間の食費の負担になる
  3. 節約弁当を簡単に作るためのポイントは?
  4. 節約弁当にぴったり!冷凍おかずの上手な作り方
  5. 上手な節約弁当には麺や丼もおすすめ!
  6. 節約弁当の常備菜にぴったり!鶏そぼろのレシピ
  7. 冷凍しておけばおかずに便利!ミートボールのレシピ
  8. ボリューム満点!ロコモコ丼で節約弁当を作ろう
  9. 夏の日にぴったり!冷やし中華弁当のレシピ
  10. 節約弁当を活用して食費を減らそう!

簡単おかずで一週間の節約お弁当を上手に作りたい!

一週間の食費の節約につながるお弁当

brother.hanaさんの投稿
22344669 1457921747618659 1173183639890952192 n

意外と食費を圧迫しがちなのがお昼ご飯。仕事や学校などで外に出ることが多いお昼の時間帯は朝食や夕食と比べて外食になってしまうことが多いですよね。ただし、毎回お昼ご飯を外食にしているとどうしても食費がかさんでしまいます。なるべく食費を節約していきたい、という場合に役立つのが手作り弁当。弁当を活用すれば簡単に節約につなげることができます。

節約にぴったりな簡単な弁当おかずレシピをチェックしよう

milka.n5g8c70さんの投稿
22344883 149325972336515 4424398300128477184 n

「節約弁当の献立につくり方を知りたい!」「簡単にできる節約弁当のおかずレシピを活用したい!」という場合に役立つ節約弁当情報についてまとめました。お弁当のおかず作りに工夫を加えれば、毎日のお弁当作りもそこまで苦に思わずにスムーズに作れるようになります。おいしい節約弁当を作って、お昼ご飯を楽しんでみましょう。

100均のお弁当箱が優秀と話題!使い捨てランチボックスも人気! | Pinky[ピンキ-]

ランチ代は一週間の食費の負担になる

一週間あたり3500円ほどにもなるランチ代

ランチタイムを毎回外食で済ませていると、いつの間にか食費をたくさん使ってしまうことになります。一週間あたりのランチ代の平均は3500円ほど。1ヶ月になると15000円になります。これが重なっていくと、食費の無駄遣いになってしまいそうですね。だからこそ弁当で節約することが大切です。

弁当で1日300円ほどにすれば節約になる!

bluestar_sさんの投稿
22429983 120811698595308 4399292919203233792 n

一方で弁当を作った場合、食費をぐっとおさえることができるようになります。1食あたり300円で弁当を作れるのが嬉しいポイント。リーズナブルな食材を使えば、さらに食費をおさえられるので大幅に節約できます。

おしゃれなお弁当を作るコツは配色!彩り鮮やかなおかずのレシピ紹介 | Pinky[ピンキ-]

節約弁当を簡単に作るためのポイントは?

常備菜のおかずを弁当に活用する

hiro093さんの投稿
22280928 133173970741217 1357810174978424832 n

弁当で節約できるとわかっていても、毎日お弁当を作るのは億劫と感じてしまう場合もありますよね。そんなときに役立つのが常備菜。一週間分をまとめて作ってストックしておけば、あとは弁当箱に盛り付けるだけなので面倒にならず弁当を続けられます。

冷凍おかずだとさらに便利

kino_maidenさんの投稿
20969126 281581902326505 6237263296659980288 n

冷凍おかずをストックしておくとさらに便利です。冷凍した状態のおかずをお弁当箱に詰めて持っていけば保冷剤代わりになるのが魅力。お昼の時間には解凍されて食べられるようになるので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

節約弁当にぴったり!冷凍おかずの上手な作り方

おかずの粗熱を冷ます

mai_tanaka0211さんの投稿
12407602 941998672540899 401252799 n

冷凍おかずの作り方はとても簡単。まず、通常通りおかずを作りましょう。おかずができあがったら粗熱を冷まします。

カップに小分けにして冷凍する

kco.nomuさんの投稿
19379666 244832069337581 2375401383256915968 n

粗熱が冷めた状態でアルミカップなどで小分けにしてください。製氷皿を使ってアルミカップに詰めていくときれいに仕上がるのでおすすめです。あとは蓋などで密閉をして冷凍庫に入れればできあがり。使いたい場合は、そのままお弁当箱に入れるだけでOKです。

作り置きおかずの冷凍方法まとめ!お弁当向けのレシピや保存のコツなど! | Pinky[ピンキ-]

上手な節約弁当には麺や丼もおすすめ!

食べ応えのある節約弁当に仕上がる丼

akitsunholisticさんの投稿
22158624 1537934132895891 8936107590257999872 n

もっと簡単にお弁当を作りたい!という場合に便利なのが丼弁当。ご飯の上に炒めて味付けをした肉や野菜をのせるだけの簡単弁当です。おかずの配置を考えることなく手早くできるので、ぜひ活用してみてはいかがですか。

スープジャーを使えば麺の節約弁当も簡単

nana7xoxoさんの投稿
22221174 1570802316313296 1457553944250155008 n

スープジャーを使えば汁物の麺弁当も簡単に作れます。いつもの弁当に飽きてしまった、という時にぴったり。食費をおさえながらおいしい麺料理をお弁当でいただけます。

ジャージャー麺や汁なし担々麺など汁気のない麺も良いですね。いろいろな具材をトッピングすれば栄養バランスも整います。ぜひ丼弁当や麺弁当も活用してみましょう!

可愛いお弁当やおかずレシピ!隙間埋めの詰め方や簡単おにぎりを紹介 | Pinky[ピンキ-]

節約弁当の常備菜にぴったり!鶏そぼろのレシピ

鶏そぼろに必要な材料

それでは節約弁当に気軽に活用することができるレシピをチェックしていきましょう。節約弁当の役に立つ常備菜としてあげられるのが鶏そぼろ。鶏そぼろをストックしておけば簡単に弁当に使うことができます。ご飯の上にかけて三色丼にしても良いですし、ご飯に混ぜておにぎりを作るのもおすすめ。麺にからめてジャージャー麺風にすることもできます。

_9080__さんの投稿
21985488 576946212645725 2344092733821419520 n

鶏そぼろに必要な材料は、酒大さじ1、みりん大さじ1、醤油大さじ2、砂糖大さじ2、生姜1/2かけら、鳥ひき肉200gになります。この鶏そぼろに加えて、卵のそぼろやほうれん草の胡麻和えなどを用意しておけばあっという間に亜三色弁当のできあがり。時間がないときでも常備菜を使うことによって簡単に弁当が作れるので取り入れてみてくださいね。

簡単なレシピ

yuri.era_さんの投稿
18299893 312699412497493 2751986400692797440 n

酒・みりん・醤油・砂糖・すりおろした生姜を混ぜ合わせておきます。フライパンで鳥ひき肉を炒めてください。鳥ひき肉の色が変わってきたら混ぜていた調味料を加え、味をからめていきます。強めの中火で煮詰め、水分が飛んだら完成。

冷凍しておけばおかずに便利!ミートボールのレシピ

ミートボールに必要な材料

お弁当用にストックしておくと便利なのがミートボール。ミートボールは冷凍ストックしておくことができるので、取り出すだけで簡単にお弁当のおかずとして活用することができます。冷凍状態でお弁当に詰めておけば、お昼時には解凍されて食べごろになっているのが嬉しいポイント。ミートボールを活用して節約弁当を作っていきましょう!

kuratabaさんの投稿
14719339 348081695525238 543463012489494528 n

ミートボールに必要な材料は、パン粉大さじ2、片栗粉小さじ2、塩胡椒、豚ひき肉200g、ケチャップ大さじ1と1/2、ウスターソース大さじ2、コンソメ顆粒小さじ1、水100mlになります。さらにボリュームアップしたい場合はミートボールにプロセスチーズを入れるのもおすすめ。チーズの風味がプラスされ、さらにおいしくなります。

おいしいレシピ

mamio2000さんの投稿
22071063 433022483761862 5935116380360671232 n

パン粉・片栗粉・塩胡椒・豚ひき肉をボウルに入れ、しっかりとこねます。粘りが出るまでこねたらタネのできあがり。食べやすいように6等分くらいにして丸めます。フライパンにケチャップ・ウスターソース・コンソメ顆粒・水を入れたらひと煮たちさせ、丸めたタネを加えてください。時折転がりながら煮詰め、全体に味をからめていきます。ミートボールの中に熱が通ったら完成。

ボリューム満点!ロコモコ丼で節約弁当を作ろう

ロコモコ節約弁当に必要な材料

ボリュームたっぷりなロコモコ弁当もぜひ作っておきたいレシピ。ハンバーグや卵が組み合わさり、食べ応えばっちりです。ご飯の上に具材をのせていくだけなので簡単に作れるのが嬉しいポイント。常備菜を活用したり、ハンバーグは市販品や冷凍ストックしたものを使えばあっという間に弁当が作れるので便利です。

azumiyu310さんの投稿
22344904 1739819966319187 646467452212871168 n

ロコモコ弁当に必要な材料は、玉ねぎ1/2個、合挽き肉200g、卵1個、バター大さじ1、牛乳大さじ1、塩胡椒、水50ml、酒大さじ1、ケチャップ大さじ2、砂糖大さじ1、醤油小さじ1、ウスターソース小さじ1になります。このほかに目玉焼きやレタス、ミニトマトといった野菜類をトッピングしましょう。ハンバーグはあらかじめ作って冷凍するのがおすすめ。

上手に作れるレシピ

玉ねぎをみじん切りにしたらバターと一緒に耐熱容器に入れ、500Wの電子レンジで2分ほど加熱。粗熱を冷ましておきます。合挽き肉・卵・牛乳・塩胡椒・パン粉・玉ねぎをボウルに入れてこねてください。粘りが出てきたらハンバーグの形に成形し、油をしいたフライパンで両面を焼きます。

susie1991さんの投稿
22280412 494978220871453 6893935732902068224 n

両面が焼けたら水・酒・ケチャップ・砂糖・醤油・ウスターソースを混ぜ合わせたものを加えて蓋をします。蒸し焼きにして中まで熱を加えたら粗熱をとりましょう。ご飯をよそった弁当箱にハンバーグや目玉焼き、レタスなどをのせたら完成です。

夏の日にぴったり!冷やし中華弁当のレシピ

冷やし中華弁当に必要な材料

いつも同じ弁当だと飽きてしまう、というときに取り入れておきたいのが麺弁当。麺弁当は簡単で節約になるのに加えて味のバリエーションも豊かなので毎日の弁当作りに役立ちます。夏にぴったりな麺弁当が冷やし中華。いろいろな具材を組み合わせれば栄養バランスも整い、健康的な節約弁当を気軽に楽しめるようになります。

tomono_coffeeさんの投稿
20398585 875063192648817 911326755233464320 n

冷やし中華弁当に必要な材料は、冷やし中華麺1人分、もやし、ミニトマト、人参、きゅうり、ハム、紅生姜、ごま油になります。冷やし中華にのせる具材は好みに合わせて変えてみましょう。茹でたササミを加えればタンパク質もとれるので便利。常備菜にしている鶏そぼろをのせても良いかもしれないですね。いろいろなアレンジを加えてください。

気軽に作れるレシピ

もやしは茹でて水気を絞っておきます。ミニトマトは半分に切り、人参ときゅうりは千切りにしましょう。ハムは細切りにします。冷やし中華麺は表示時間通りに茹でたら冷水でぬめりをとり、水気をしっかり切ってください。水気を切った中華麺にごま油をからめてくっつかないようにします。

happymouthrinkoさんの投稿
20347315 314502989020728 4636638502811860992 n

密閉性の高いお弁当箱に麺を入れ、具材をトッピング。スープジャーに冷やし中華のタレを入れたら完成です。

節約弁当を活用して食費を減らそう!

okosotonohoさんの投稿
22352102 122855315092276 4816325408897105920 n

お弁当を毎日のお昼ご飯に取り入れることで食費をぐっと節約することができるようになります。冷凍常備菜などを上手に活用すれば簡単においしいお弁当を作れるので、ぜひ自分でやりやすい方法を取り入れながら節約弁当作りを楽しんでみてくださいね。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ