双子の男女の生まれる確率は?子育ての悩みや双子あるあるを調査!

妊娠、出産するなら双子の男女の赤ちゃんを産みたいと思ってる方もいますよね。でも、妊娠する確率はどのくらいなんでしょうか?双子の男女を授かりやすくなる方法や確率、そして実際に双子の男女を出産したママの育児の悩みなどを紹介していきます。

双子の男女の生まれる確率は?子育ての悩みや双子あるあるを調査!

目次

  1. 双子の男女を妊娠する確率は?
  2. 双子の男女を妊娠するメカニズムとは?
  3. 双子の男女を妊娠しやすい人の特徴は?
  4. 双子を妊娠しやすい食べ物とは?
  5. 双子を妊娠・出産するリスクはどのくらい?
  6. 双子のおすすめの子育ての方法は?
  7. 双子の子育てのストレス発散法
  8. 双子の子育ての体験談
  9. 双子あるある
  10. 双子の妊娠する確率、双子の子育てのまとめ

双子の男女を妊娠する確率は?

双子の男女の赤ちゃんを自然妊娠で授かる確率は、100分の1です。また、三つ子は10000分の1の確率。四つ子は1000000分の1の確率と、数字で見ると確率が高いことがわかりますよね。

双子の男女が生まれる際に起こるメカニズムは、どのようにしてそのようなことが起こるのかは、医学的にはまだわからないそうです。ママ側の親族に双子がいると双子が生まれやすいと言いますが、遺伝なのかはまだはっきりわかっていません。

ですが、近年は高齢出産や不妊治療をする方も多く、双子の男女を妊娠する確率が上がってきています。また、双子の男女の場合だと二卵性双子児のうち4割を占めるそうです。男女の双子は珍しい印象ですが、数字で見ると意外と多いことに驚かれると思います。双子の男女の中でも、一卵性双子児は確率が極めて低く、奇跡的なものだと言われているそうです。

普通に妊娠し、出産できること自体が奇跡なのに、それが双子の男女を妊娠、出産となるとすごいことだと思います。これを見ている方は、双子の男女がほしいと思っている方もいると思います。

確実に双子を妊娠する方法は確立していませんが、男女の産み分けと同じように、こういった場合に妊娠しやすいというものが少しずつ分かってきています。双子になりやすい人の特徴や、妊娠確立を少しでもあげる方法をまとめてみました。

双子の男女を妊娠するメカニズムとは?

双子の男女が生まれる際には、「一卵性双子児」と「二卵性双子児」の場合に分かれています。実際に、双子の男女がどのように女性の体に授かるのか、双子の男女のメカニズムを紹介します。

双子の男女~一卵性~

通常、妊娠をすると1つの受精卵は1つの胎児として成長していきますが、一卵性の赤ちゃんの場合、なんらかの原因で細胞分裂していく中で、最終的に細胞が2つに分かれてそれぞれが胎児としてお腹の中で成長していくのです。そのため、一卵性の双子の男女の赤ちゃんは遺伝子が同じなので、性別や血液型は一緒で、顔も似ている傾向にあるそうです。

一卵性の双子の赤ちゃんの胎嚢は1つなので、エコーで見ただけでは分からず、心拍を確認するときに2つ聴こえるために分かることが多いそうです。週数では、だいたい8週くらいまでには双子だとわかることがほとんどです。ですが、エコーの角度などによってはなかなか見つけられないこともあります。ですが、遅くても3~4ヶ月の健診までには双子だとわかるでしょう。

一卵性双子児は、遺伝や高齢出産とは関係ないとされていて、とても奇跡的なことです。そのため、一卵性双子児は小さい頃から注目を浴びていることが多く、芸能人やアーティストなどで活躍することも多いんですよ。

双子の男女~二卵性~

二卵性の双子の赤ちゃんの場合には、なんらかの原因で卵巣から卵子が2つ出てきて、そこに精子がそれぞれ受精し、2つとも着床すると二卵性の双子になる仕組みになっています。一卵性と違って、それぞれ遺伝子の情報など違ってくるので、性別や血液型も異なる場合もありますし、顔も似ていないことも多いそうです。

二卵性双子児の場合、胎嚢が2つあるので、初めてのエコーで双子が発覚することが多いです(6~7週)。ごく稀に起こる例外を除けば、双子の男女は二卵性双子児ということになります。

Thumb双子の妊娠、出産まとめ!妊娠する確率はどれくらい?出産する際のリスクは?

双子の男女を妊娠しやすい人の特徴は?

双子の男女を妊娠しやすい人の特徴ってなんなんでしょうか?紹介してきます。

双子の男女を妊娠しやすい特徴~不妊治療による高度生殖医療~

不妊治療の中でも、高度生殖医療(体外受精・顕微授精)を行うと、双子の赤ちゃんが生まれやすくなると言われています。この方法は、事前に摂取した精子と卵子を人工的に受精卵にまでしていき、それを女性の子宮に戻して着床させるといった方法です。

妊娠率を上げるために、子宮へ受精卵を戻す際に、受精卵を2個以上子宮へ戻す二段階胚移植法が行われているため、双子の男女を妊娠しやすいと言われています。現在は、出生率は下がってきているのですが、二段階胚移植法は自然妊娠に比べ、双子を妊娠する確率が2倍にもなるというデータも存在します。

双子の男女を妊娠しやすい特徴~排卵誘発剤の使用~

排卵誘発剤とは、生理不順で排卵日の特定が難しい場合や自然排卵では妊娠しにくい場合に使用される薬品です。排卵促進剤とは少し違って、主な効果は質の良い卵子を育てることです。排卵誘発剤が双子を妊娠しやすいと言われている理由は、卵子の数を増加させる働きをすることと、その卵子の量を調節できないといった理由から双子の男女を妊娠しやすくなっています。

この排卵誘発剤には飲み薬と注射剤の2つに分かれていて、飲み薬タイプ(約5%)よりも注射剤の方が効き目が強くなってしまうために、注射剤の薬品の方が双子を妊娠しやすくなります。(約20%)しかし、注射剤は飲み薬で効果が得られなかった方が使用できるものなので、すぐに使用するわけではありません。ですが、排卵誘発剤を使うことにより双子の男女を妊娠する確率は自然妊娠に比べ高いのは事実です。

双子の男女を妊娠しやすい特徴~高齢出産~

年を重ねるごとに、自然に妊娠できる確率は低くなっていきますが、不思議なことに双子を妊娠できる確率は高齢出産の人の方が高くなります。その理由は、高齢の女性は、若い女性に比べ1度にたくさんの卵子を作ろうと働くので、卵子を1度に2個以上排卵する確率が高くなるわけです。

さらに、高齢の女性は不妊治療法でも、年齢を考え体外受精など高度生殖医療にいきなり取り組むことがほとんどなので、より双子を妊娠する確率が上がるわけです。40歳くらいで7%、45歳くらいで17%程度とも言われているのですごいですよね。

双子の男女を妊娠しやすい特徴~体質~

双子を妊娠しやすい理由として、その人の体質や家系も関係してきます。特に確率が高いのは、母方の家系に双子を生んだ方がいると、妊娠する確率は4倍にも上がると言われています。

そして、妊娠経験が多い人(経産婦)も当てはまります。確率は少しですが、ホルモンの関係で出産経験の回数により上昇するそうです。もともとの体の特徴としては、背が高い人や少し太り気味の人も双子の男女を妊娠する確率が高いと言われています。

双子を妊娠しやすい食べ物とは?

双子を妊娠しやすい食べ物とはあるのでしょうか?双子の男女が欲しい人はぜひ試してみてください。

双子を妊娠する確率が上がる食べ物~肉や魚、乳製品~

ある専門医の研究では、肉や魚、乳製品を多く取る人の方が双子の男女を妊娠しやすいという結果が出ているそうです。これらは動物性食品といい、アメリカでは牛乳を飲む人は飲まない人に比べ、双子を妊娠する確率が5倍も高くなっているというデータがあります。そして、IGFと呼ばれる動物性食品の栄養成分が、卵子の生産量を増やしてくれるのです。

双子を妊娠する確率が上がる食べ物~ヤムイモ、タロイモ、山芋~

こちらの食べ物を食べると双子の男女を妊娠することができる科学的根拠はありませんが、民間療法として有名な方法だそうです。ヤムイモ、タロイモ、山芋はアジア系の人種に比べアフリカ系の人種が主食としてよく食べている食べ物です。ですが、人種ではなく普段から食べている食べ物や生活習慣で、双子の男女を妊娠しやすい体は作られているということも考えられます。

ヤムイモ、タロイモ、山芋はビタミン、食物繊維がたくさん含まれた栄養素の高い食べ物なので、体質改善に向いています。特に山芋は、2つのフィエストロゲン、プロゲステロンというホルモンを良く摂取すると、多胎妊娠の可能性が上がると言われています。

双子を妊娠・出産するリスクはどのくらい?

どんな妊娠・出産でもリスクはつきものですが、双子の男女の場合には単胎児妊娠・出産の約2倍のリスクになります。そのため、病院によっては検診の回数が単胎児妊娠よりも多めにしている場合もあります。具体的には、貧血や妊娠高血圧症候群、早産や難産などの発生率が高くなり、妊娠中毒症は単胎児妊娠よりも6倍も発生率が高くなってしまいます。体への負担も大きいです。

双子のおすすめの子育ての方法は?

まず、1人だけの子育てと違い、ママは2人同時や、2人順番にさまざまなことをこなさなくてはいけないですよね。そんなときに、どんな方法が役立つのでしょうか?体験談を紹介していきます。

双子の子育て~双子の赤ちゃんに同時に授乳~

赤ちゃんは、母乳やミルクを飲んでから3時間もすればお腹が減ってしまい、1日に何度も授乳を繰り返します。1人でも大変なのに、2人も別々の時間に授乳をしないといけないとしたら、ママはとても大変ですよね。そんなときには、2人同時に授乳してしまいましょう。ママの両脇に2人を抱えたり、2人をクッションで固定するなど、工夫すれば2人同時に授乳することができます。

ミルクの場合には、ママが2人の赤ちゃんの前に向かい合って座り、ママの両手で2人にミルクを飲ませます。母乳と違い、ミルクの場合には赤ちゃんが自分で持って飲めるようになる子もいるので、そうなればママも楽ですよね。次に飲む時間も揃ってくるので、できるだけ同じタイミングで飲ませれるといいですね。

双子の子育て~ママの心の余裕~

1人の子育てでも大変なのに、2人も同時にあれもこれもやらないといけない!とまじめになる必要はありません。誰も、完璧に子育てできる人なんていないですよね。双子の男女の赤ちゃんだからこそ、ママは「これくらい仕方ないか」「2人もいるんだから」という気持ちで、少しでも心に余裕を持てるようになると双子の男女の子育ても楽しくなるはずです。大変さが2倍な分、赤ちゃんの成長など感じられる喜びも2倍になるはずです。

Thumb双子の名前ランキング!男の子と女の子、同性の場合も紹介します!

双子の子育てのストレス発散法

双子育児を頑張っているママは、どうしてもストレスが溜まってしまうこともありますよね。そんなときには、少しでもストレス発散してみましょう。おすすめなのが、「話せる人に話を聞いてもらう」「赤ちゃんを旦那や家族に預けてリフレッシュする」「完璧を求めない」「とにかく泣いてみる」です。1人で抱え込まないようにしましょう。

Thumb双子育児の悩みを解消!気持ちを楽にするコツや便利グッズを紹介

双子の子育ての体験談

実際に双子の男女を妊娠し、出産したママたちの子育ての体験談を紹介していきます。初めての子育ての場合、1人でもわからないことだらけなのに、双子のママたちはどのように子育てし、毎日過ごしているのでしょうか?

双子あるある

双子ならではの、双子あるあるを紹介していきます。双子のママパパは、双子あるある~と頷けるんじゃないでしょうか。実際によくある体験談を紹介していきます。

双子あるある~とにかく目立つ、話しかけられる~

とにかく双子を連れて歩いているだけで、目立ちますよね。双子用のベビーカーを押しているだけで、話しかけられることも多いんじゃないでしょうか。「双子は大変でしょ」「頑張ってるわね」など、よく言われる言葉です。双子あるあるですよね。

双子あるある~事務的手続きの場合~

双子の場合、病院などで問診を書く場合には2人分書かないといけないですよね。ママは問診の名前以外は1人分だけ書くだけで、事務の方が「あとはこちらで書いておきますよ」と、親切な対応をしてもらうことも多いみたいです。よくある体験談です。

双子あるある~片方をおむつ替えするともう1人もうんち~

双子あるある体験談ですよね。片方がせっかくおむつを替え終わったのに、またもう片方がうんちをしてしまうといったことは結構あるみたいです。こちらもよくある体験談ですよね。

Thumb双子用ベビーカーは二人乗り縦型・横型どちらが人気?おすすめや口コミも

双子の妊娠する確率、双子の子育てのまとめ

双子の赤ちゃんを妊娠しやすい方法から、双子の子育て・体験談まで紹介してきました。これを見ている方は、双子の妊娠を望んでいたり、双子の育児中のママさんかもしれませんね。初めての子育ての場合、「1人でもわからないことだらけなのに一気に2人も」と思わず、「1度に2人一気に育てられて得してる」と思うことができたらいいですね。

双子の妊娠を望んでいる方は、少しでも確率を上げるため紹介してきたことを無理ない程度に試してみてください。あなたのもとへ双子がやってきますように。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-15 時点

新着一覧