離乳食でツナ缶はいつからOK?月齢別レシピとおすすめアレンジ

離乳食でツナ缶を使用することはできるのでしょうか?ツナ缶が使えるようになる時期や、ツナ缶を使った離乳食レシピをご紹介します。ツナ缶の種類を知ることで、離乳食にも簡単に取り入れることができますよ。ツナ缶を使って離乳食作りをもっと楽しく簡単にしませんか?

離乳食でツナ缶はいつからOK?月齢別レシピとおすすめアレンジ

目次

  1. 使い勝手のいいツナ缶は便利!
  2. ツナ缶の原料になっている魚は?
  3. 離乳食のツナ缶はいつから?
  4. 離乳食期にも嬉しいツナ缶の効果
  5. ツナ缶の種類で見る離乳食の時期
  6. 離乳食時のツナ缶使い方注意点
  7. 1.栄養抜群「ツナ缶とかぼちゃのサラダ」
  8. 2.大人も大好き「ツナ缶と納豆の和え物」
  9. 3.とろっと飲みやすい「ツナ缶とチンゲン菜のあんかけ」
  10. 4.お出汁が香る「ツナ缶と大根のだし煮」
  11. 5.食べやすさが1番!「ツナ缶のサンドイッチ」
  12. 6.簡単洋風「ツナ缶のパングラタン」
  13. 7.フォークを使って「ツナ缶ナポリタン」
  14. 8.楽しく食べられる「ツナ缶とサツマイモのボール」
  15. ツナ缶を使って離乳食作りをもっと簡単に!

使い勝手のいいツナ缶は便利!

ツナ缶は温めてもよし、冷えてもよしの万能食材です。ツナ缶があるだけで魚の栄養を摂取することができ、味に深みを出すことができるのでさっぱりした料理やサラダにもよく馴染み、食感が楽しむことのできるレシピになります。オイルのおかげで食材にもよく絡みますね。

ツナ缶は原材料がマグロやカツオを使っているので栄養素も高く、簡単に高い栄養を取り入れることができます。大人だけではなく離乳食を始めた赤ちゃんにもぜひ与えたい食材です。今回は、離乳食でのツナ缶の使い方をご紹介します。

ツナ缶は種類が豊富なので使い方やツナ缶の選び方、いつから使うことができるかなどを知っておく必要があります。原材料が魚なので、アレルギーを引き起こさない使い方を知ることが大切です。正しい離乳食時期に、正しい使い方でツナ缶を利用できるように離乳食時期のツナ缶の使い方をまとめたレシピやアレンジレシピをご紹介します。

ツナ缶の原料になっている魚は?

ツナ缶の原料になっている魚をご存知ですか?主にマグロやカツオと言われていますがツナ缶の種類によって使用されている魚の種類は大きく変わります。主に4種類ほどの魚が使用されており、その全てが赤身魚と言われています。

肉が白く淡白な味のびんながまぐろや、肉の柔らかいきはだまぐろ、めばちまぐろ、かつおです。ツナ缶は一種類の魚ではなくたくさんの魚を使って作られています。初めての離乳食に多くのツナ缶を使用してしまうとアレルギーを引き起こす可能性もあります。

初めての離乳食でツナ缶を使用する場合は、しっかりと原料を確認しましょう。刺身や生まぐろや生かつおを使用して離乳食に取り入れるとアレルギー中毒を引き起こす可能性があるので、ツナ缶の鮮度や調理方法、保存などは特に気をつけましょう。

離乳食のツナ缶はいつから?

離乳食のツナ缶はいつから使うことができるのでしょうか。実は、離乳食初期である生後5ヶ月から6ヶ月にはツナ缶を使うことはできません。ツナ缶が食べることができるようになる時期は離乳食中期以降と言われています。生後7ヶ月以降にツナ缶を与えるようにしましょう。

ツナ缶はいつから始める?

離乳食時期のツナ缶の使用は、いつから始めるべきか悩んでしまうものです。生後7ヶ月になってすぐ始めるのではなく、少量ずつ始めるようにしましょう。ツナ缶は様々な種類や調理法が缶詰になっているので、ひとくくりにまとめてしまわないように気をつけましょう。

ツナ缶を始める前に、まずはツナ缶の元になっている魚を与えるようにしましょう。離乳食の魚を食べてもアレルギーが出ないのであれば少量ずつツナ缶を与えるようにしてください。いつから始めようと悩んでいるママやパパはぜひ参考にしてくださいね。

Thumb離乳食の白身魚はいつから?初期レシピの種類・冷凍保存のやり方を紹介

離乳食期にも嬉しいツナ缶の効果

ツナ缶の魅了⑴記憶力向上

ツナ缶には魚が原料になっているのでDHAが多く含まれています。DHAは脳の成長を促してくれる働きがあるので記憶力を向上させたり、脳を活性化させる働きがあります。大人にとっても役立つ働きばかりなのでしっかり摂取したい栄養素ですね。

ツナ缶の魅了⑵サラサラの血液

ツナ缶にはEPAという成分が多く含まれています。EPAは血液をサラサラにしてくれる働きがあるので血液をきれいにしてくれます。離乳食時期の赤ちゃんだけではなく、大人もたくさん摂取したい栄養素です。タンパク質不足な時にはツナ缶で摂取することができますよ。

ツナ缶の魅力⑶血液を作る

ツナ缶の原材料になっている魚には鉄分がたくさん含まれています。缶詰の状態になっていることで通常のツナの状態よりも2倍も多くなっているのでどんどん摂取したいものです。不足しがちな鉄分ですが、こうした形で摂取できるのは嬉しいですね。

ツナ缶の種類で見る離乳食の時期

いつから魚を取り入れる?

離乳食時期の魚の調理は、食べさせる順番があります。離乳食で取り扱う魚は、白身魚から取り入れるようにします。白身魚が食べられるようになったら赤身魚、赤身魚が食べられるようになったら青皮魚といった順番を守るようにしましょう。

水煮はいつから食べられる?

ツナ缶の水煮は、離乳食中期から食べることができます。しかし、ツナ缶の水煮もたくさん種類がありますね。水煮のツナ缶の中でも食塩、オイル無添加、食塩添加などがありますが離乳食用でツナ缶を選ぶのであれば「食塩・オイル無添加」のツナ缶を選ぶようにしましょう。

オイル漬けはいつから食べられる?

ツナ缶のオイル漬けは離乳食時期には避けたほうがいいでしょう。オイル漬けを使いたい場合には、熱湯をかけて塩分と油分をしっかり抜いてから使用するようにしましょう。栄養素は抜けてしまいますが、赤ちゃんにとってはおすすめの食べ方です。

離乳食時のツナ缶使い方注意点

ツナ缶の使い方は?

ツナ缶の使い方は離乳食を作るときに特別な手間をかける必要はありません。使い方はそのまま使用することができるので、必ず加熱しなければならないということもありません。加熱したほうが赤ちゃんが食べやすくなるので、パサパサした食感が気になるときには温めてあげましょう。

離乳食で残ったツナ缶の使い方

離乳食1回でツナ缶を1つ使い切ることはできません。量が多すぎるのでどうしても余ってしまいますね。そんなときは冷凍保存してストックを作っておくことができます。冷凍保存期間は1週間と短いので、早めに使い切るようにしてくださいね。

余ったツナ缶はザルにあげて水気をしっかり切っておきましょう。塩分が入っているツナ缶であれば塩分を落とす必要があるので、熱湯をかけて塩抜きをしてから水気を切りましょう。水を切ったツナを製氷皿に入れて小分けにしておくと次回から使いやすくなりますよ。

1.栄養抜群「ツナ缶とかぼちゃのサラダ」

クリーミーなかぼちゃとツナ缶は相性がよく、ツナのパサパサとした食感がなくなります。赤ちゃんの中にはパサパサしたツナ缶が苦手な子もいるので、おすすめの離乳食ですよ。材料は、かぼちゃ30グラム・ノンオイルのツナ缶10グラム・だし汁大さじ1です。

離乳食中期のツナ缶アレンジレシピ

まず、かぼちゃの皮を剥いて3ミリ程度の角切りにしましょう。かぼちゃが固くてきれないときは電子レンジを使って柔らかくしてから切ってくださいね。耐熱皿にかぼちゃを入れてラップをかけ電子レンジで1分30秒ほど加熱しましょう。

ツナ缶の水気を切って中身をしっかりとほぐしておきましょう。電子レンジで加熱したかぼちゃとツナ缶、だし汁を混ぜ合わせれば出来上がりです。マヨネーズやクリームチーズ、こしょうを振りかけることで大人用サラダにも変身ます。

2.大人も大好き「ツナ缶と納豆の和え物」

大人のくせになってしまう食べやすい離乳食をご紹介します。材料は、ひきわり納豆30グラム・ノンオイルのツナ缶10グラム・だし汁5グラムです。使い勝手抜群のツナ缶は離乳食としての使い方や大人のおつまみとしての使い方もできるので助かりますね。

離乳食中期のツナ缶アレンジレシピ

まず、納豆はお湯をかけてぬめりをしっかりと取っておきましょう。ぬめりのある大人用おつまみとして使うのであれば大人用は適量分けておきましょう。ツナ缶は水気を切って中身を食べやすいようにツナ缶の身をほぐしてください。

ぬめりのとった納豆、ツナ缶を混ぜ合わせてだし汁を加えましょう。ラップをかけて電子レンジで20秒加熱すれば出来上がりです。そのまま食べてもおいしい仕上がりですが、おかゆに混ぜても食べやすくアレンジ離乳食レシピになります。

3.とろっと飲みやすい「ツナ缶とチンゲン菜のあんかけ」

とろっとしたあんかけが喉越しもよくなる離乳食です。ツナ缶のパサパサ缶が苦手な赤ちゃんにおすすめしたい離乳食です。材料は、チンゲン菜15グラム・玉ねぎ10グラム・ノンオイルのツナ缶10グラム・だし汁50ミリリットル・片栗粉適量です。

離乳食中期のツナ缶アレンジレシピ

まず、チンゲン菜・玉ねぎを茹でておきましょう。電子レンジで加熱して柔らかくさせても構いませんよ。柔らかくなったらみじん切りにしてください。ツナ缶は中身を取り出して水を切って、身をしっかりとほぐしておきましょう。

小鍋にチンゲン菜・玉ねぎ・だし汁を加えて柔らかく煮込みましょう。水溶き片栗粉を加えてぜんたいがとろっとしたら出来上がりです。とろっとしたとろみがついているので、ツナ缶が苦手な赤ちゃんも食べやすくなる離乳食です。

4.お出汁が香る「ツナ缶と大根のだし煮」

だしがふわっと香る離乳食は赤ちゃんだけでなく大人の食欲もそそります。大根の栄養もしっかり摂取できる離乳食中期の赤ちゃんにおすすめの離乳食アレンジレシピです。材料は、水煮ツナ缶・大根適量・昆布だし適量・水溶き片栗粉適量です。

離乳食中期のツナ缶アレンジレシピ

まず、水煮ツナ缶のツナの水切りを行いましょう。ツナは食べやすいようにしっかりと身をほぐしてくださいね。大根を鍋で柔らかく茹でるか、電子レンジを使って加熱し柔らかい状態にしましょう。茹でた大根は細かく切ってください。

鍋に昆布だし・水を加えて加熱しほぐしたツナと大根を加えましょう。全体が煮立ったら水溶き片栗粉を加えて全体にとろみが出るまでしっかり混ぜましょう。おだしの香りがふわっと鼻をかすめるので、食欲のわく離乳食の出来上がりです。

5.食べやすさが1番!「ツナ缶のサンドイッチ」

どんどん食べられるようになってくる離乳食後期にはツナ缶を使ったサンドイッチもおすすめです。手づかみで食べることができるので赤ちゃんも楽しく食べてくれますね。材料はキャベツ10グラム・ノンオイルのツナ缶15グラム・カッテージチーズ20グラム・食パン1枚です。

離乳食後期のツナ缶アレンジレシピ

まず、キャベツをみじん切りにして耐熱皿に乗せて電子レンジで加熱しましょう。加熱時間は20秒ほどで十分です。ボウルに加熱したキャベツ・水切りしたツナ缶・カッテージチーズを加えて全体が混ざるようにしっかりと混ぜ合わせましょう。

食パンは耳を取り、半分にカットしましょう。カットした食パンにキャベツなどを挟み込み、食べやすい大きさに切れば出来上がりです。ラップに包んで重石を乗せておけば食べやすく持ちやすいサンドイッチが出来上がります。ピクニックにもぴったりですね。

6.簡単洋風「ツナ缶のパングラタン」

子供が大好きなグラタンも離乳食で作ることができます。お兄ちゃん、お姉ちゃんと一緒に赤ちゃんも食べることができる離乳食です。材料は、アスパラ10グラム・食パン1枚・牛乳30ミリリットル・ノンオイルのツナ缶15グラム・粉チーズ小さじ1です。

離乳食後期のツナ缶アレンジレシピ

アスパラは柔らかく茹でたり電子レンジを使って柔らかくしましょう。加熱できたらみじん切りにしてください。食パンは耳を取り除いて牛乳に浸しておきます。ツナ缶は水気を切って、身をしっかりとほぐしておきましょう。

耐熱容器にアスパラ・食パン・ツナ缶を入れて上から粉チーズをふりかけます。トースターで3分ほど加熱すると表面がこんがり焼けたグラタンが出来上がります。野菜を増やしたりアレンジレシピに変えることもできるおすすめの離乳食です。

7.フォークを使って「ツナ缶ナポリタン」

大人も大好きなナポリタンがツナ缶を使えば離乳食としても作ることができます。塩分に注意しながら作るようにしましょう。材料は、玉ねぎ10グラム・ピーマン5グラム・スパゲッティー20グラム・ノンオイルのツナ缶15グラム・トマトジュース20ミリリットル・塩少々・粉チーズ適量です。

離乳食後期のツナ缶アレンジレシピ

まず、玉ねぎの皮を剥いて千切りにしましょう。ピーマンは種を取り、同じく千切りにします。スパゲティーは食べやすい大きさに折って茹でましょう。必ず、茹でる前にスパゲティーを折るようにしましょう。ツナ缶は水気を切ってくださいね。

フライパンに油を薄く引いて玉ねぎ・ピーマン・ツナ缶を加えて全体をしっかり炒め合わせます。全体が炒まったらスパゲティー・トマトジュースを加えてさらに加熱しましょう。塩を加えて味を整えて粉チーズを振れば簡単にナポリタンの出来上がりです。

8.楽しく食べられる「ツナ缶とサツマイモのボール」

離乳食後期は赤ちゃんが手づかみで食べることのできるアレンジレシピが必要になりますね。そんなときにおすすめしたいアレンジレシピはこちらの離乳食です。芋を使ってボール状にしているので楽しく食べてくれることでしょう。材料は、ツナ缶水煮・さつまいも適量です。

離乳食後期のツナ缶アレンジレシピ

まず、ツナ缶は水切りしておきましょう。水切りしたツナは身をほぐしてください。さつまいもは皮をむき、柔らかく茹でて潰しましょう。電子レンジを使って加熱すると時間短縮になり、簡単にさつまいもを柔らかくすることができますよ。

柔らかくなったさつまいもとツナを混ぜ合わせて、赤ちゃんが食べやすい大きさにまるめましょう。ボール状にすると赤ちゃんの手にもおさまりやすくなりパクパクと食べてくれますよ。美味しく楽しい離乳食の時間になるようにしましょう。

ツナ缶を使って離乳食作りをもっと簡単に!

ツナ缶がいつから離乳食に使えるようになるのかを知れば、離乳食レシピの幅も広がりますね。ツナ缶はどんな離乳食レシピにも活用することができ、賞味期限もとても長いのでストックとしてたくさん購入しておきたいものですね。アレンジレシピを取り入れて、離乳食作りを簡単に美味しく作りませんか?

合わせて読みたい離乳食についての記事はこちら

Thumb大根の離乳食の作り方!初期・中期・後期別におすすめレシピを紹介
Thumb離乳食初期のりんごはいつから?すりおろしで大丈夫!冷凍保存の仕方とは
Thumbオートミールを使った離乳食の作り方!初期からOKの美味しいレシピ
Thumb離乳食の味付けは必要?調味料はどの時期から使うべきか調査!
Thumb卵を使った離乳食は栄養たっぷり!いつから与えてもいい?簡単レシピも紹介!
Thumb食パンが離乳食に使えるのはいつから?初期・中期・後期別のレシピ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-03 時点

新着一覧