鶏胸肉の冷凍方法!保存期間や解凍方法のコツなどレシピと一緒に紹介

鶏胸肉の冷凍保存方法や解凍方法、冷凍保存期間についてまとめました。鶏胸肉を長期間保存したい場合は冷凍を活用した保存方法がおすすめ。冷凍をした鶏胸肉を解凍しておいしく食べられるレシピもご紹介します。冷凍鶏胸肉の保存・解凍方法を活用していきましょう!

目次

  1. 鶏胸肉の冷凍保存方法や解凍方法について知りたい!
  2. 冷凍ストックすると便利!鶏胸肉の魅力とは
  3. 鶏胸肉を冷凍保存するメリットとは?
  4. 鶏胸肉を生のまま冷凍保存する方法
  5. 生の鶏胸肉をおいしく冷凍保存するためのポイント
  6. 鶏胸肉を加熱してから冷凍保存する方法もおすすめ
  7. 加熱した鶏胸肉をおいしく冷凍保存するポイント
  8. 下味をつけてから鶏胸肉を冷凍保存をしてもおいしい!
  9. 冷凍した鶏胸肉の解凍方法を知りたい
  10. 冷凍鶏胸肉を活用!しっとりおいしいピカタのレシピ
  11. ボリューム満点!鶏胸肉のチキン南蛮のレシピ
  12. 下味付きの冷凍保存を活用!鶏胸肉のソテーのレシピ
  13. 下味をつけた冷凍鶏胸肉で作るジューシー唐揚げレシピ
  14. 冷凍蒸し鶏を使えば簡単!バンバンジーのレシピ
  15. 冷凍鶏胸肉の解凍方法や保存期間をチェックしておこう!

鶏胸肉の冷凍保存方法や解凍方法について知りたい!

鶏胸肉は冷凍保存をしておくと便利

「鶏胸肉を買いすぎてしまった」「鶏胸肉を使いきれなかった」という場合に役立つのが鶏胸肉の冷凍保存。使いきれなかった鶏胸肉も冷凍保存することによって保存期間をのばすことができるのでとても便利です。鶏胸肉を冷凍しておけば使いたい時にすぐ使えるのも嬉しいポイント。鶏胸肉の便利な冷凍方法や解凍方法を取り入れてみませんか?

鶏胸肉の便利な冷凍保存・解凍方法をチェックしよう

「鶏胸肉の冷凍保存方法や保存期間を知りたい!」「鶏胸肉を冷凍したらどうやって解凍するの?」というときに役立つ鶏胸肉の冷凍保存情報についてまとめました。鶏胸肉の便利な冷凍方法をチェックしておけば、日常生活に役立てられるのでぜひ活用してみましょう。冷凍鶏胸肉のおすすめレシピもまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Thumb鶏胸肉ダイエットの効果はある?茹で方や簡単レシピも紹介!

冷凍ストックすると便利!鶏胸肉の魅力とは

ヘルシーで栄養もある

鶏胸肉にはメリットがたくさん。まずあげられるメリットがヘルシーで栄養も豊富だということです。鶏胸肉は脂肪分が少ないので鳥もも肉と比べるとカロリーが低く、ヘルシーにいただけるのが嬉しいポイント。鶏胸肉には豊富なビタミンAが含まれているのも魅力です。ビタミンAは粘膜を強化する働きを期待でき、免疫力アップにつなげられるのが特徴。

リーズナブルに手に入れられる

ヘルシーで栄養豊富な鶏胸肉ですが、リーズナブルに手に入れられるのも魅力です。他の肉類よりもリーズナブルな価格で売りに出されているので食費を節約したい場合にもぴったり。食費を節約しながらおいしい鶏胸肉料理を作って毎日の食卓に活用してみてはいかがですか。安い鶏胸肉をたくさん購入した場合に役立つのが冷凍保存です。

Thumb鶏胸肉カロリーはどれくらい?栄養もあってダイエットにも効果的?

鶏胸肉を冷凍保存するメリットとは?

冷蔵保存の方法だと長期間保存できない

鶏胸肉を冷蔵保存した場合、保存期間は2〜3日ほど。保存期間はあまり長くないので鶏胸肉をなるべく早めに食べる必要があります。けれども、特売などでたくさん鶏胸肉を購入してしまった場合はなかなか食べきれなくなってしまいますよね。たくさん購入した鶏胸肉を最後までおいしく食べるためには冷凍保存をしておくのがおすすめです。

鶏胸肉をまとめ買いをした場合にも冷凍保存の方法が便利

冷凍保存をしておけば鶏胸肉の保存期間をぐっと延ばすことができるので、無駄にすることなくおいしく鶏胸肉を食べられるようになります。冷凍方法を工夫しておけば、解凍をしてすぐに鶏胸肉を料理に使えるのも嬉しいポイント。鶏胸肉をたくさん手に入れた時は冷凍保存をして、おいしい鶏胸肉料理を満喫してみませんか?

鶏胸肉を生のまま冷凍保存する方法

鶏胸肉の簡単な冷凍保存方法とは

それでは、鶏胸肉の冷凍保存方法をチェックしていきましょう。生の鶏胸肉を保存する場合は水分を拭き取ってからラップでぴったりと包みます。ジッパー付き保存袋の中に入れて空気を抜き、冷凍庫へ入れたら完了。食べやすいよにカットしてから冷凍保存をしてもOKです。

生のまま冷凍保存した場合の保存期間

生のまま冷凍保存をした場合は、2週間ほど日持させることができます。2週間もあれば鶏胸肉をおいしく食べきることができそうですね。保存期間を間違えないように保存した日を記入しておくと安心です。

生の鶏胸肉をおいしく冷凍保存するためのポイント

空気を抜いて密閉する

鶏胸肉のおいしさをキープしながら冷凍するためには空気をしっかり抜くことが大切になります。空気が残っていると酸化の原因になるので気をつけましょう。保存袋の口にストローを差し込んで空気を抜くなどして、なるべく密閉状態を作ってくださいね。

急速冷凍をする

風味を損なわないために急速冷凍するのも重要なポイント。熱伝導率の良いアルミトレイやアルミホイルの上にのせて冷凍すると早く冷凍できるのでおすすめです。

鶏胸肉を加熱してから冷凍保存する方法もおすすめ

鶏胸肉を蒸し鶏にしてから冷凍保存しよう

解凍してすぐに使える冷凍鶏胸肉にしたい場合は蒸し鶏にするのがおすすめ。あらかじめ加熱してあるので、解凍したらすぐ使えます。サラダにトッピングしたら、サンドイッチにはさんだりと活用方法はバラエティ豊か。まずは鶏胸肉に塩大さじ1を揉み込みます。10分ほど経過したらフライパンに皮目を下にしてのせ、水100mlと酒大さじ1、青ネギを加えましょう。

蓋をして加熱をし、沸騰したら弱火に落とします。10分ほど加熱したら火を消し、30分ほど放置。中まで熱が通ったことを確認してから水気を拭き取り、ラップとジッパー付き保存袋で密閉して冷凍庫へ。これで完了です。

保存期間は1ヶ月ほど

蒸し鶏にした冷凍鶏胸肉は加熱してあるので生のままよりも保存期間がなくなります。だいたい1ヶ月ほど日持ちさせられるのが嬉しいポイント。鶏胸肉を長く使いたい、という場合にぴったりです。ぜひ作ってみてくださいね。

加熱した鶏胸肉をおいしく冷凍保存するポイント

火を通しすぎない

鶏胸肉は加熱しすぎるとパサパサとした状態になってしまいます。そうしたことを防ぐためには加熱しすぎないことが重要。余熱で熱を通してしっとり食感に仕上げましょう。

さいてから冷凍保存するのがおすすめ

冷凍蒸し鶏は使いやすいようにさいてから冷凍保存するのがおすすめ。さいてからラップで小分けにして包み、ジッパー付き保存袋に入れます。小分けにしておけば使いたい分だけ解凍できるので便利。

下味をつけてから鶏胸肉を冷凍保存をしてもおいしい!

下味をつけたおいしい鶏肉の冷凍保存方法

下味をつけた状態で冷凍するのもおすすめ。あとは加熱するだけでおいしい鶏胸肉料理を楽しめます。鶏胸肉に砂糖大さじ2、味噌大さじ2、酒大さじ2、酒小さじ1を揉み込み、ジッパー付き保存袋で密閉をしてください。そのまま冷凍庫に入れたら完了。すぐに使えるように適当な大きさにカットしてから冷凍保存するのがおすすめです。

下味をつけた鶏胸肉の保存期間は?

下味をつけた鶏胸肉は1ヶ月ほど冷凍保存ができます。下味をつけおけば、あとはグリルしたり、揚げたりするだけでおいしい料理になるので活用してみてくださいね。

冷凍した鶏胸肉の解凍方法を知りたい

冷凍した鶏胸肉は冷蔵庫で自然解凍

冷凍した鶏胸肉は、いずれの場合も冷蔵庫に移して自然解凍させます。半日もあれば解凍できるので、使用する朝に冷蔵庫に入れて夕飯に使うという流れが良いのではないでしょうか。

時間がない場合は流水解凍

自然解凍するのを忘れていた!という場合は流水解凍がおすすめ。流水に浸すことで早く解凍することができます。また、常温での解凍はおすすめできません。鶏肉が傷む原因になったり、水分が余計に出てパサパサになってしまいます。また、電子レンジの解凍も加熱しすぎてしまうことがあるので要注意。

冷凍鶏胸肉を活用!しっとりおいしいピカタのレシピ

ピカタに必要な材料

それでは、冷凍保存をした鶏胸肉の活用レシピをチェックしていきましょう。鶏胸肉を卵でコーティングして作るピカタは、パサつきがちな鶏胸肉を簡単にしっとり食感に仕上げられるのが魅力です。冷めてもふんわりおいしいので、お弁当のおかずにするのにもおすすめ。ぜひ冷凍鶏胸肉を活用して作ってみてくださいね。

冷凍鶏胸肉のピカタに必要な材料は、そぎ切りにして冷凍した鶏胸肉350g、小麦粉大さじ2、粉チーズ大さじ3、卵2個、ニンニクひとかけら、ドライバジル大さじ1、塩胡椒、オリーブオイルになります。ドライバジルを入れることによって風味豊かな鶏胸肉のピカタに。ドライバジルの他にパセリを刻んだものを加えても美味しく仕上がります。

おいしいレシピ

冷凍鶏胸肉は解凍しておきましょう。鶏胸肉が解凍できたら水気を拭き取って塩胡椒と小麦粉をまぶしておきます。卵・粉チーズ・すりおろしたニンニク・ドライバジル・塩胡椒を混ぜ合わせて卵液を作ります。フライパンにオリーブオイルを熱したら、鶏胸肉を卵液につけて焼いてください。両面がこんがりするまで焼いたらできあがり。お好みでケチャップをつけていただきます。

ボリューム満点!鶏胸肉のチキン南蛮のレシピ

鶏胸肉のチキン南蛮に必要な材料

冷凍鶏胸肉を使ったチキン南蛮もおすすめしたいレシピ。ボリュームたっぷりのチキン南蛮ですが、冷凍鶏胸肉を使うことによって鳥もも肉を使うよりもヘルシーに仕上げることができます。タルタルソースとの相性も良く、食欲が進む味わい。がっつり食べたい場合は冷凍鶏胸肉を活用して、本格的なチキン南蛮作りを楽しんでみてはいかがですか。

鶏胸肉のチキン南蛮に必要な材料は、冷凍鶏胸肉2枚、砂糖小さじ1、酒大さじ1、マヨネーズ大さじ1、片栗粉大さじ6になります。甘酢ダレとして、砂糖小さじ2、酢大さじ1/2、みりん大さじ1と1/2、醤油大さじ1を用意しましょう。タルタルソースの材料として、玉ねぎのみじん切り大さじ4、マヨネーズ大さじ4、レモン果汁小さじ1/2、砂糖小さじ1/2を用意します。

簡単なレシピ

冷凍鶏胸肉は解凍しておきましょう。冷凍鶏胸肉を一口大に切ってある場合はそのままで良いですが、切ってない場合は一口大にカットします。一口大にカットしたら酒と砂糖、マヨネーズを揉み込んでください。甘酢ダレの材料を耐熱容器に入れて電子レンジで40秒ほど加熱します。

タルタルソースの材料も他の容器に入れて混ぜ合わせておきましょう。鶏胸肉に片栗粉をまぶしたら、揚油でこんがりするまで揚げておきます。油を切ったら器に盛り付けて甘酢ダレをからめてください。タルタルソースをかけたら完成です。

Thumb鶏胸肉のレシピまとめ!人気で簡単に作れるメニューはどんなの?

下味付きの冷凍保存を活用!鶏胸肉のソテーのレシピ

鶏胸肉のソテーに必要な材料

下味をつけた鶏胸肉を冷凍しておけば、あとは焼くだけでメイン料理にできあがり。余計な手間がいらないので、忙しい時でも簡単においしい鶏胸肉のソテーを作ることができます。朝に鶏胸肉を冷凍庫から冷蔵庫へ移しておけば、夕飯時には解凍されているので便利。付け合わせを盛り付ければおしゃれな一皿になるので、ぜひ試してみてくださいね。

鶏胸肉のソテーに必要な材料は、鶏胸肉1と1/2枚、はちみつ小さじ1、オリーブオイル大さじ1、白ワイン大さじ1、粒マスタード小さじ2、塩胡椒になります。白ワインがない場合は、酒に変えてもOK。家にあるもので代用しましょう。これにバジルを加えたりして風味をプラスしてもおいしく仕上がります。いろいろアレンジしてみてくださいね。

忙しいときに便利なレシピ

鶏胸肉は適当な大きさにカットしておきます。ジッパー付き保存袋に鶏胸肉を入れ、はちみつ・オリーブオイル・白ワイン・粒マスタード・塩胡椒を入れて揉み込んでください。しっかり揉み込んだら空気を抜いて密閉し、冷凍庫へ入れます。

使いたい場合は冷凍庫から取り出して解凍しましょう。解凍した鶏胸肉を油をしいたフライパンにのせて焼きます。両面がこんがり焼けたら完成です。

下味をつけた冷凍鶏胸肉で作るジューシー唐揚げレシピ

唐揚げに必要な材料

下味をつけて冷凍しておいた鶏胸肉は唐揚げにすることもできます。通常ですと下味をつけてからおいて味をなじませないといけないですが、あらかじめ下味をつけて冷凍しておいた鶏胸肉であれば解凍してそのまま使えるのが嬉しいポイント。鶏胸肉でも唐揚げにすることでジューシーに仕上がるので、ヘルシーな唐揚げを楽しみたい場合に取り入れてみてはいかがですか。

鶏胸肉の唐揚げに必要な材料は、鶏胸肉300g、生姜ひとかけら、ニンニクひとかけら、醤油大さじ1、酒大さじ2、ごま油大さじ1、マヨネーズ大さじ1、オイスターソース大さじ1/2、片栗粉大さじ2、小麦粉大さじ2になります。ニンニクの分量は好みで変えましょう。多めにニンニクを入れると風味豊かな唐揚げに仕上がります。

おすすめしたいレシピ

鶏胸肉は食べやすい大きさにカット。生姜とニンニクはすりおろします。ジッパー付き保存袋に鶏胸肉を入れたら、醤油・酒・ごま油・マヨネーズ・オイスターソース・生姜・ニンニクを入れたら揉み込みましょう。しっかり揉み込んだら密閉し、冷凍庫へ入れます。

使いたい時は半日前に冷凍庫から取り出してください。解凍した鶏胸肉に片栗粉と小麦粉を揉み込んだら、180℃に予熱した揚油で揚げます。きつね色になるまで揚げたら完成。

Thumb鶏胸肉の唐揚げ!簡単に美味しくジューシーに仕上げるコツは?

冷凍蒸し鶏を使えば簡単!バンバンジーのレシピ

バンバンジーに必要な材料

蒸し鶏にしてさいておいた冷凍鶏胸肉であれば、解凍してバンバンジーに使うことができます。野菜をカットしてタレをかけるだけで簡単に作れるのが嬉しいポイント。気軽に栄養バランスが整ったバンバンジーに仕上げることができます。忙しい時でもしっかり栄養のあるものを食べたい!という場合に冷凍鶏胸肉でバンバンジーを作ってみてはいかがですか。

バンバンジーに必要な材料は、冷凍した蒸し鶏胸肉1枚分、トマト1個、きゅうり1本、レタス3枚、醤油大さじ1/2、味噌小さじ2、砂糖大さじ1、酢大さじ1、みりん大さじ1、ごま油小さじ2、すりごま大さじ2になります。ゴマだれに辛味を加えたい場合は、豆板醤やラー油を加えましょう。ピリッとした風味になって、本格的なバンバンジーに仕上がります。

便利なレシピ

冷凍した蒸し鶏胸肉は解凍しておきましょう。トマトは輪切りにし、きゅうりは千切り、レタスは適当な大きさにちぎります。醤油・味噌・砂糖・酢・みりん・ごま油・すりごまを混ぜ合わせておきましょう。器にレタス、トマト、きゅうりを盛り付けたら解凍した鶏胸肉をトッピング。混ぜ合わせておいたゴマだれをかけて完成です。

冷凍鶏胸肉の解凍方法や保存期間をチェックしておこう!

リーズナブルに手に入れられる鶏胸肉は、安い時にまとめて購入して冷凍保存しておくと便利。生のまま・蒸し鶏・下味をつけて、といったように3種類の冷凍保存方法があるので好みに合わせて活用してみましょう。それぞれの冷凍方法にメリットがあるので、生活スタイルにあった冷凍をしてくださいね。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ