日記を書く効果とメリットまとめ!書き続けることによる利点とは?

一度は日記を書いたことがあるという方は多いでしょう。また、ブログが流行ったことによって、ブログに日記を書いていたという方もいらっしゃると思います。日記にはどんな効果があるのでしょうか?日記を書き続けることによる効果をまとめたのでご紹介します。

目次

  1. 日記を書き続けることによる効果とは?
  2. 一日を振り返ることによって記憶力が向上する
  3. 書く内容を考えることで創造性がアップ
  4. 嫌な事を全部日記に吐き出してストレス解消に
  5. 日記を書くことで感情を整理できる
  6. 日記を読むことで過去を振り返る
  7. 日記を書き続けることで文章力アップに繋がる
  8. 前向きな気持ちや明るい気分になる
  9. 日記を長く書き続けるコツは?
  10. 日記に感情をぶつけて笑顔の日々を

日記を書き続けることによる効果とは?

日記はその日にあった出来事や思ったことなどを自由に書きつづる、自分の記録でもあります。そんな日記にはどんな効果やメリットがあるのでしょうか?そこで今回は、日記を書き続けることによって得られる効果やメリット、そして日記を書き続けるコツについてご紹介したいと思います。

日記を書くということは、もちろん日々の記録として残しておくものでありますが、ただそれだけではないとっても素敵なメリットがたくさん潜んでいるのです。

一日を振り返ることによって記憶力が向上する

日記の効果まとめ①

日記を書く時にその日のことを思い出さなければ日記を書くことができません。その日あった出来事を一生懸命思い出すのに脳を使います。その結果、日記を書き続けていると記憶力が向上するという嬉しい効果もあるのです。最近物忘れがひどいと感じている方がいらっしゃるのであれば、ぜひ日記を書くということを日々の日課にしてみてください。

日記を書くのは面倒ではありますが、日記を書く時にその日のことを思い出すだけで記憶力アップの訓練をしていると思ってください。日記を書き続けることによって自然と記憶力がアップするのでそれだけでも嬉しい利点ですよね。

何日も経ってしまうとその日にあった出来事の詳細は忘れてしまいますが、日記に記録されているので「あの日は何があったのかな?」とすぐに思い出すことができます。また、たった一行でもその日にあったことを書いておけば、その日の出来事の詳細まで思い出すこともできるでしょう。

日記を書いていなければ一生思い出すことがなかった出来事でも、一行の文章を見ただけで詳細を思い出したら、なんだか嬉しい気持ちになりませんか?それだけ日記を書くということには意味があり、メリットも多くあるのです。

書く内容を考えることで創造性がアップ

日記の効果まとめ②

日記を書く効果として、日記を書く時に文章を考えますが、特に何も変わったことがなかった日は書くこともないかもしれません。でもその日の出来事をちょっと盛って書くだけで創造性がアップするのです。

学校などの授業で工作などを行う時にいろいろ試行錯誤しながら物を作るので、創造性がアップしていきますが、なかなか大人になった今はなかなか普段創造性を働かせることはありませんよね。でも、日記を書くことによって記憶力だけでなく創造性もアップさせることができてしまうのです。

何も書きたいことがない場合は「良い天気だった」という一行だけでも構いませんが、もう少し何か付け加えたいですよね。そんな時に文章をどのように書くかなどの構成を考えたり、ちょっと面白く書こうという考え方によって創造性がアップしていきます。そうすると、だんだん脳が柔らかくなり文章力もアップしていくという嬉しい効果が盛りだくさんなんです。

嫌な事を全部日記に吐き出してストレス解消に

日記の効果まとめ③

日記を書く時に、その日あった嫌な事や愚痴を書いているという人も多いと思います。その行動は実はストレス発散になっているのです。嫌な事を書いているとなんだか自分が嫌な人間に思えてくるかもしれませんが、愚痴などを日記に吐き出した後はなんだかスッキリした気分になりませんか?

誰かに話せずに自分の中で抱え込んでしまうとストレスがどんどんたまってしまいます。ストレスがたまると心身に影響を及ぼすおそれもあるので、その日にあった嫌なことはその日のうちに日記に書いて解消させるのがおすすめです。

もちろん、愚痴などをこぼせる相手がいたらいっぱいしゃべってストレス発散もできますが、なかなか愚痴などをこぼす相手がいないという方は、日記に全部吐き出しちゃいましょう。そうやってストレスをためないということが日々の生活では大切となってきます。そんな時に役立つのが日記でもあるのです。

Thumb気分転換の方法ランキングTOP15!ストレス解消におすすめ!

日記を書くことで感情を整理できる

日記の効果まとめ④

日記を書くことによって得られる効果の一つとして、感情を整理することができるというメリットがあります。何かモヤモヤすることがあったり、悩みがあると人はどうしても頭の中でそれらのことを考えてしまいますよね。でも、考えているだけでは解決できませんし、余計にモヤモヤが募ってしまうこともあります。

そんな時に役立つのが日記を書くことでもあるのです。例えば、嫌な事やムカつくことがあった時に恋人や家族などに八つ当たりしてしまうなんてこともあると思うのですが、日記にその嫌な事を書くことによって感情を抑えて整理することができます。

感情を人にぶつける前に、日記にぶつけることによってだんだんと冷静になっていきます。そして、自分が今どのような気持ちなのか整理がついてくるので、日記を書く効果というのはすごく大きなものでもあるのです。

Thumb感情をコントロールする10個の方法!イライラを抑えて自分を好きになる!

日記を読むことで過去を振り返る

日記の効果まとめ⑤

日記は書くだけでなく、読むことができるというのもメリットの一つでもありますよね。上記でもご紹介したように、日記を書いていなかったら、何でもない一日のことなんて一生思い出すことはないかもしれません。でも、日記を書いていたら過去にあった何でもない一日でも詳細に思い出すことができます。

さらに、過去を振り返ることによって今の自分と比べたり、どれだけ自分が成長できたかなど確認することができます。過去があるからこそ今の自分がいます。それを改めて気づかせてくれるのが日記でもあるのです。過去の記憶というのは、どんどん記憶が上書きされてしまうので、だんだんと頭の中から消えていき、古い過去ほど忘れ去ってしまうものなのです。

一日一日の出来事を日記に記しておけば忘れ去ることはありません。ずっと文章として記録されているのです。日記と一緒に写真や絵などを描いておいたらもっと記憶が鮮明に蘇るかもしれませんね。

また、当時はすごく悩んでいたことでも今日記を読み返してみると「こんなことで悩んでたんだ」とちっぽけなことに思えてくることもあるでしょう。日記は過去を振り返ることができ、さらに自分を成長させてくれる利点があります。

日記を書き続けることで文章力アップに繋がる

日記の効果まとめ⑥

日記を書く効果の中には、文章力アップに繋がるというメリットもあります。日記を書くには文章を考える必要があります。その考える働きが毎日続くことによって文章力を徐々にアップしていく効果があるのです。話すことは得意でも、文章を考えるのが苦手だという人もいらっしゃると思います。

そういった人は、日記を書くことをなかなか続けられずに、書くことをやめてしまうということが多くあるようです。文章を書くのが苦手であっても、毎日一行でも良いので「今日は食べ放題に行ってきた」などという内容を書いてみてください。だんだん書いているうちに、一行だけでは物足りず、もっといろいろなことを書きたいと言う気持ちも出てきます。

毎日日記を書いているだけで文章力がアップしていることに自分は気づかないかもしれません。でも、確実に文章を書くことに慣れ、上手な表ができるようになります。日記にはそんな嬉しい利点もあるのでぜひ日記を日々の日課にしてみてくださいね。

前向きな気持ちや明るい気分になる

日記の効果まとめ⑦

日記を書くことを日課にしているという方は、気づいている方も多いと思うのですが、日記を書くことで前向きな気持ちや明るい気分になっていくのです。日記を書くことによりストレス発散になり、気持ちや感情を整理することができます。

だんだんと自分の感情をコントロールできるようになっていくので、自然と前向きな気持ちで日々を過ごしていけるのです。そう考えると日記を書くということにはちゃんとした意味があり、利点も多くあると思いませんか?

日記を長く書き続けるコツは?

日記を書く効果や利点をご紹介しましたが、やはり一番気になるのはどうやったら日記を長く書き続けられるかということだと思います。気合いを入れて日記を書くぞ!と日記帳を買っても、3日坊主で続かないという方も多くいらっしゃいますよね。そんな人のために、日記を長く書き続けるコツをご紹介します。

まず一つめのコツは、日記を書くのが面倒でもとりあえず日記帳を開いて何でも良いので書くということです。3日坊主で終わってしまうという人も、1週間とりあえずなんでも書いているだけで、日記を書くのが日課になってどんどん書き続けることができます。

二つ目のコツは、書くネタがないということをネタにして日記を書くというものです。日記に書くネタがないとどうしても書かなくなり、そのまま日記を書くことを放置してしまいます。ネタがなくても、何も書くことがなくて切ない一日だったということを書くだけでも、習慣化されて日記を書き続けていくことができます。

三つ目のコツは、書き忘れても気にしないということです。日記は毎日書かなければいけないと思っている方も多いと思いますが、そんなことはありません。書きたい時に自由に書けば良いのです。むしゃくしゃした時や嬉しいことがあった時などだけでも、日記を書いていれば日記を書き続けているということになります。

毎日書かなくても良いんだという気持ちでいれば、堅苦しくありませんし、長く書き続けられるという利点に繋がっていくのです。

Thumbほぼ日手帳の使い方は無限!育児日記や家計簿などママに最適!

日記に感情をぶつけて笑顔の日々を

日記を書くことで得られる効果や利点は、意外にもたくさんあるということがわかったと思います。最近では、可愛くておしゃれな日記帳もたくさん販売されているので、お好みのものを選んでみてください。また、書くのが面倒だという方は、スマホやパソコンを使ってブログやSNSなどに日記を書くという方法も試してみてください。

日記帳やペンがなくても寝る前などに気軽に書けるので、日記を続けるのに良い方法でもあります。日記を書くことで気持ちが前向きになっていきますので、自然と笑顔が増える日々を過ごすことができます。日記にあなたの記録を残して、人生を豊かにさせましょう。

合わせて読みたい!暮らしに関する記事はこちら

Thumbスローライフとは何?本来の意味を解説!仕事は?心が豊かになる生活!
Thumb感性を磨く意味と5つの方法!感性が豊かな人の特徴は?メリットまとめ!
Thumb他人に期待をしない生き方のメリット!クヨクヨしない人生にする方法

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ