離乳食のヨーグルトはいつから?おすすめのレシピや加熱は必要?

ヨーグルトはのどごしがいいので赤ちゃんでも食べれそうですが、いつから・どのようにして与えれば大丈夫なのか心配ですね。離乳食の進め方や注意点とともに赤ちゃんにヨーグルト与え初めていい時期やヨーグルトを使った離乳食レシピを紹介します。

離乳食のヨーグルトはいつから?おすすめのレシピや加熱は必要?

目次

  1. 離乳食の進め方・注意点
  2. 赤ちゃんにヨーグルトはいつから?
  3. 離乳食にヨーグルトを使う注意点
  4. 離乳食のヨーグルトの使い方・注意点
  5. ヨーグルトは冷凍できる?
  6. ヨーグルトの加熱は必要?
  7. ヨーグルトを使った離乳食レシピ・離乳食初期
  8. ヨーグルトを使った離乳食レシピ・離乳食中期
  9. ヨーグルトを使った離乳食れ・離乳食後期
  10. 離乳食のヨーグルトはいつからのまとめ

離乳食の進め方・注意点

離乳食開始は5ヶ月ごろから

赤ちゃんの離乳食開始は赤ちゃんが生後5ヶ月ごろから6ヶ月ごろからですがいくつかポイントや注意点があります。離乳食のポイントは赤ちゃんの首がすわっっている・ベビーチェアなどにイスにおすわりできる・食に興味があり、口にスプーンを入れても押しも出さないことなどを目安にして離乳食を開始して下さい。

始めて与える食材はスプーン1さじから

赤ちゃんの離乳食の注意点のその1は開始して初めて与える食材は必ずスプーン1さじから与えることです。スプーン1さじから与える理由は赤ちゃんが与える食材にアレルギーがないかを見分けるためです。スプーン1さじから徐々に1さじずつ量を増やしていきましょう。離乳食を開始して2ヶ月ぐらいは離乳食になれることが目的です。

冷たいものは常温・熱いものは冷ます

赤ちゃんの離乳食の注意点その2は離乳食を赤ちゃんの口に入れる前にお母さんが温度を確かめることです。離乳食の冷たいものは常温にし熱いものは冷ましてから与えて下さい。離乳食があまりに冷たいと赤ちゃんがお腹を壊す原因になりますし、あまりに熱いものは赤ちゃんが口をヤケドしてしまうかも知れません。

赤ちゃんの様子を見ながら進める

赤ちゃんの離乳食を進めていくには赤ちゃんの様子を見ながら進めていくことが大切です。今まで好んで食べていた食材でも赤ちゃんの体調や気分が悪いときは食べなくなったりします。離乳食は離乳食初期・離乳食中期・離乳食後期とステップアップしていきますが離乳食を次のステップに進めるときには離乳食のポイントや注意点・赤ちゃんの様子を見ながら進めることが必要です。

1歳までは「ハチミツ」禁止

ハチミツは「1歳未満のお子さまに与えないうにして下ださい」とパッケージに表示されています。その理由はハチミツには生物兵器にもなる「ボツリヌス菌」という菌が含まれているからです。抵抗力が弱い1歳未満の赤ちゃんが「ボツリヌス菌」に感染してしまうと死んでしまう場合もあるようです。ミルクや離乳食に混ぜて与えることもしないで下さい。

Thumb離乳食の進め方まとめ!初期の量やスケジュール・おすすめレシピはなに?

赤ちゃんにヨーグルトはいつから?

ヨーグルトも初めは1さじから

赤ちゃんに初めてヨーグルトを与える場合も他の食材と同じようにスプーン1さじから与えて赤ちゃんの様子を見ます。赤ちゃんの様子に変わりがないようなら1日1さじずつ与えるヨーグルトの量を増やしいっても大丈夫です。ヨーグルト・牛乳・チーズなどの乳製品は赤ちゃんが1歳を過ぎ1日の食事で合わせて約100gmと言わています。離乳食に使う場合も量に注意しましょう。

無糖か赤ちゃん専用のヨーグルトを与える

赤ちゃんに初めて与えるヨーグルトは大人と同じものではなく無糖か赤ちゃん専用のヨーグルトを与えて下さい。赤ちゃん専用のヨーグルトも初めて赤ちゃんに与える場合はスプーン1さじから赤ちゃんの様子を見ながら与えて下さい。

離乳食にヨーグルトを使う注意点

1度にたくさん与えると下痢を起こすことも

赤ちゃんにヨーグルトを与えて赤ちゃんの様子に異常がなく、赤ちゃんが好むようなら離乳食に混ぜたり離乳食後などに与えてみましょう。1度にたくさんのヨーグルトを赤ちゃんに与えると赤ちゃんがアレルギーや下痢を起こしてしてしまう場合もあるので与える量には気をつけましょう。

家系に牛乳アレルギーの人が居る場合は注意

ヨーグルトは牛乳にくらべるとアレルギーを起こしにくい食材ですが、赤ちゃんの家系に牛乳アレルギーを持つ人が居る場合は赤ちゃんが1歳を過ぎるまではヨーグルトを与えない方がいいそうです。ヨーグルトは乳酸菌の作用と牛乳の栄養を摂れるので赤ちゃんにアレルギーなどの反応が無ければ離乳食に加えて大丈夫です。

Thumb卵を使った離乳食は栄養たっぷり!いつから与えてもいい?簡単レシピも紹介!

離乳食のヨーグルトの使い方・注意点

ヨーグルトで離乳食の野菜が食べやすくなる

ヨーグルトは離乳食にもおすすめの食材です。青臭さや苦味がある野菜は苦手な赤ちゃんが多いです。苦手な野菜でもヨーグルトと合わせて食べるとヨーグルトが野菜の青臭さや苦味を抑えてくれるので赤ちゃんにも食べやすくなります。赤ちゃんが苦手な食材を使った離乳食にはヨーグルトを混ぜてみてはいかがでしょうか。

プレーンヨーグルトは自然の甘みで食べやすく

赤ちゃんに与えるヨーグルトはプレーンヨーグルトか赤ちゃん専用のヨーグルトがいいのですが、プレーンヨーグルトが苦手な赤ちゃんはリンゴやバナナなどを赤ちゃんが食べれる果物を赤ちゃんが食べやすいようにすりおろしたりしたものをヨーグルトに混ぜて与えると、果物の自然な甘みが加わって食べやすくなります。離乳食を嫌がる赤ちゃんにもリンゴやバナナは使いやすいです。

果物や加糖のヨーグルトは与えない

大人が食べるような果物入りのヨーグルトや砂糖が入っている加糖のヨーグルトは赤ちゃんに与えないようにしましょう。先程から紹介していますが赤ちゃんにはプレーンヨーグルトか赤ちゃん専用のヨーグルトを赤ちゃんの様子に注意しながら与えて下さい。離乳食に使うヨーグルトにも注意しましょう。

Thumbプレーンヨーグルトの人気ランキングTOP10!嬉しいダイエット効果も

ヨーグルトは冷凍できる?

冷凍すると分離する

ヨーグルトは冷凍庫ですると分離してしまうので冷凍して保存はできません。ヨーグルトを保存したい場合は冷蔵庫で保存しましょう。ほとんどの離乳食は冷凍保存できますが冷凍できる食材か注意し、長期間冷凍するのはやめましょう。

冷蔵庫で保存する場合は

ヨーグルと冷蔵庫で保存する場合の注意点はヨーグルトの容器などに表示されている賞味期限や消費期限をチエックしなるべく早めに赤ちゃんに与えるようにしましょう。離乳食を冷凍する場合は小分け密封できる容器に入れた保存しましょう。

赤ちゃんに与える前に常温に戻す

冷蔵庫で保存していたヨーグルトを赤ちゃんに与えるときには注意点があります。冷蔵庫で保存していたヨーグルトは冷たいので赤ちゃんに与える前に常温に戻してから与えるようにしましょう。冷たいままでは消化が未発達な赤ちゃんがお腹を壊してしまうこともあります。同じように離乳食も冷た過ぎる場合は常温にしましょう。

ヨーグルトの加熱は必要?

ヨーグルトは加熱は必要ない

ヨーグルトは加熱する必要はありませんが離乳食に混ぜたりする場合は温めることは大丈夫です。。赤ちゃんに与えるヨーグルトは買ってきたばかりの新鮮なヨーグルトを常温で与えましょう。

裏ごしも要らないので離乳食に使いやすい

離乳食を始めた赤ちゃんは食材をすりつぶしたり裏ごししないするなど手間がかかり大変ですが、ヨーグルトはなめらかなで裏ごしも必要ないので離乳食にも使いやすいです。

ヨーグルトを使った離乳食レシピ・離乳食初期

食べやすい「バナナヨーグルト」

赤ちゃんが離乳食の初期から食べることができるバナナをヨーグルトに混ぜて赤ちゃんに与えるとバナナの自然な甘さが加わって食べやすくなり、プレーンヨーグルトが苦手な赤ちゃんでもパクパクと食べてくれます。バナナをレンジで少し加熱すると柔らか甘くなります。バナナは離乳食に使いやすい食材の1つです。

野菜克服「ほうれん草のヨーグルトあえ」

ほうれん草は鉄分が豊富なのでできれば離乳食に加えて赤ちゃんに与えたい食材の1つですが、青臭さや苦味があるので苦手な赤ちゃんも多いです。茹でてすりつぶしたほうれん草をヨーグルトに混ぜれば赤ちゃんにも食べやすくなります。余ったほうれん草は冷凍保存しおけば他の離乳食に使えます。

マヨネーズ代わりにヨーグルト「ポテト風サラダ」

ヨネーズをヨーグルトに変えると離乳食のレパートリーも増やすことができます。ポテトサラダに加えるじゃがいもは加熱してするつぶし、きゅうりは皮ごとすりおろしたり少しレンジで加熱します。きゅうりは1本でレンジ3分を目安に加熱して下さい。じゃがいもを使った離乳食はたくさんあります。

Thumbバナナは離乳食初期でもOK!おすすめレシピまとめ!食べ方や注意点も!

ヨーグルトを使った離乳食レシピ・離乳食中期

栄養満点「食パンヨーグルト和え」

離乳食の中期から後期になるころの赤ちゃんは今までの離乳食とは違い少し噛み応えがあるものが食べれるようになります。赤ちゃんが一口で食べれるサイズにカットした食パンがおすすめです。耳を取り除いて一口サイズにカットした食パン・バナナやほうれん草など赤ちゃんが食べれるさまざまな食材をヨーグルトで和えれば完成です。

簡単に作れる「かぼちゃおやき」

かぼちゃは食物繊維が豊富で甘みのある野菜なので離乳食に使いやすいです。材料はかぼちゃペースト25g・ヨーグルト5g・片栗粉小さじ1・バター少々です。かぼちゃペーストにヨーグルトを加えよく混ぜ片栗粉を加えてさらに混ぜます。フライパンにバター熱し、赤ちゃんが食べやすいサイズに小分けにした生地を両面こんがりと焼けば完成です。

ヨーグルトがアクセント「ツナきゅうりサンド」

手づかみで食事ができる離乳食中期の赤ちゃんにおすすめのレシピです。お湯で油抜きをしたツナちすりおろしたりきゅうりをヨーグルトに和えて、耳を取り除いて赤ちゃんが食べやすいサイズにカットした食パンに塗ってサンドすれば完成です。食パンの耳が食べれる赤ちゃんは耳をカットしなくても大丈夫です。ツナときゅうりが残ったら冷凍しておいて他の離乳食に使って下さい。

ヨーグルトを使った離乳食れ・離乳食後期

つかみ食べしやすい「じゃがボール」

離乳食後期の赤ちゃんにおすすすめのじゃがボールにパン粉をまぶして食べやすくしています。離乳食以外にお子さまもおやつにも使えます。じゃがいもの皮をむいてレンジ柔らかくなるまで温めつぶして粗熱を取ったらカットしたベビーチーズと赤ちゃん用の顆粒だしを混ぜよく混ぜ合わせます。ラップで一口サイズにまとめ、パン粉をまぶして完成です。

鉄分豊富「レバー入りポテトサラダ」

離乳食後期になると赤ちゃんは鉄人不足になりがちなので、鉄分が豊富なレバーを離乳食に加えてあげましょう。レバーはベビーフードのペーストを使うと簡単に離乳食に加えれます。レバーペースト・茹でてカットしたじゃがい・玉ねぎ・ニンジン・ブロッコリーをヨーグルトに和えれば完成です。臭みのあるレバーも食べやすく、野菜がたくさん取れるレシピです。

クリームの代わりにヨーグルト「はじめてのケーキ」

ヨーグルト離乳食のおかず以外におやつやデザートにも使えます。赤ちゃんの初めての誕生日に手作りケーキはいかかでしょうか。ケーキのスポンジはホットケーキミックスで作ります。ヨーグルトはしっかりと水切りをします。水切りヨーグルト・ホットケーキミックスのスポンジ・お好みの果物でケーキを作ります。

ヨーグルトの水切り方法

水切りの方法はキッチンペーパーを敷いたザルに出し、ザルの下にホエー受けの容器を置いて冷蔵庫で12時間ぐらい放置します。水切りしたヨーグルトを使った離乳食のレシピもたくさんあり、離乳食以外にもさまざまざ料理に使えます。

Thumb1歳の離乳食完了期は?献立や食事量・パクパク期におすすめのレシピとは?

離乳食のヨーグルトはいつからのまとめ

赤ちゃんにヨーグルトを与える場合いつから・どのようにして与えるか注意して下さい。ヨーグルトは冷凍すると分離するので冷凍せず、加熱する必要はありません。赤ちゃんに初めてのヨーグルトを与えるときはプレーンヨーグルトか赤ちゃん用のヨーグルトをスプーン1さじから与え、赤ちゃんの様子をみましょう。ヨーグルトを使った離乳食はたくさんあるので試してみて下さい。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-14 時点

新着一覧