そうめんは太る?カロリーや栄養・太らない食べ方を徹底調査!

そうめんのカロリーや栄養、太ることなくそうめんをいただける食べ方についてまとめました。そうめんはカロリーが高いと言われているので太る食べ方をするのは要注意。栄養の高いそうめんレシピもチェックして、カロリーを控えながら太ることない食べ方を楽しみましょう!

目次

  1. そうめんはカロリーが高い?太ることのない食べ方を知りたい
  2. そうめんのカロリーと白米のカロリーはどちらが高い?
  3. カロリー以外にチェックしたい!そうめんの栄養「セレン」
  4. 血流をよくするモリブデンもそうめんのカロリー以外に要チェック
  5. カロリーの取りすぎで太るのを予防するクロムもそうめんに含まれる
  6. カロリー過多で太るのはそうめんの食べ方に問題がある
  7. たくさんのそうめんを夕飯にとる食べ方はカロリー消費ができない
  8. 太ることなくそうめんを楽しめる食べ方は?
  9. 太ることなくカロリーをおさえるそうめんの分量
  10. 燃焼効果のある栄養が高い食材とそうめんを組み合わせる
  11. 糖質の吸収をおさえる効果の高い栄養をとるのもおすすめ
  12. 体を冷やさないそうめんの食べ方を取り入れるのも大切
  13. 簡単でおいしい!豚キムチそうめんのレシピ
  14. ヘルシーで食べ応えばっちり!温かい豆乳そうめんのレシピ
  15. カロリーを控えて太ることなくそうめんを楽しもう!

そうめんはカロリーが高い?太ることのない食べ方を知りたい

太るイメージはあまりないそうめん

夏の食事の定番でもあるそうめん。ツルツルとした喉越しで食欲がないときでもおいしく食べられるのが嬉しいポイントですよね。ただし、そうめんばかり食べているとカロリー過多になって太る原因になってしまうことがあります。そうめんはカロリーを控えながらヘルシーに食べられるような工夫を加えることによって太ることなく食べられるので要チェック。

そうめんのカロリーをしっかり把握して太ることのないカロリーの範囲におさえておくことが大切なポイント。食べやすいからといってそうめんばかり食べていると栄養の偏りになってしまいますし、いつの間にかカロリーのとりすぎになってしまうこともあります。ヘルシーにそうめんをいただくためにも低カロリーにおさえる方法を学んでおきましょう!

そうめんのカロリーや太ることなく楽しめる食べ方をチェックしよう

oi_petitさんの投稿
22351832 163438037572827 48913801986179072 n

「そうめんのカロリーをおさえながらおいしく食べるにはどうすれば良い?」「そうめんのカロリーや栄養について知りたい!」という場合に役立つそうめんのカロリーや栄養情報についてまとめました。そうめんのカロリーを把握しておけば、カロリーのとりすぎにならないようにおさえられるのでぜひチェックしておきたいですね。カロリーをおさえながらそうめんを楽しみましょう!

Thumb豆腐そうめん風レシピがダイエットに効果的!空腹しのぎにぴったりの料理

そうめんのカロリーと白米のカロリーはどちらが高い?

白米のカロリー

そうめんのカロリーがどのくらいあるのか目安をつけるためには白米のカロリーとの違いをチェックしていくのがおすすめです。白米のカロリーは100gで168kcal。白米は糖質が高いので、カロリーが高めになっているのが特徴です。それでは、そうめんのカロリーと比べてみるとどのようになるのでしょうか?

そうめんのカロリー

assamo.assamoさんの投稿
22344343 119088115454002 1882955894979821568 n

そうめんのカロリーは100gで128kcalになります。白米とカロリーを比べると40kcalほど低いですが、それなりにカロリーがあることは否めません。そうめんはツルツルとたくさん食べてしまいがちなので、気づいたらカロリーをたくさんとってしまっていた、ということも。そうならないためにもカロリーを気にしながらそうめんをいただきたいですね。

カロリー以外にチェックしたい!そうめんの栄養「セレン」

アンチエイジング効果があるとされている栄養

そうめんにはカロリー以外にもチェックしておきたい栄養がたくさん含まれています。まず知っておきたいのがそうめんに含まれるセレンという栄養素。セレンは老化の原因とされる活性酸素を排出する働きがあるとされている栄養素です。活性酸素が排出されることによってアンチエイジングとなり、若々しい状態をキープできるのが嬉しいポイント。

アンチエイジングは若々しい肌を保つだけでなく、体内の調子も若い状態に保てるのが魅力です。老化を進めるのをなるべく防ぎたい場合は、こうしたアンチエイジング効果の高い栄養をしっかり摂取していきたいですね。

タンパク質と一緒に食べると高い効果が

isema_35さんの投稿
19764833 790185781160243 5277291325220192256 n

セレンの効果を高めたい場合はタンパク質と一緒に摂取すると良いとされています。タンパク質は肉や魚などに含まれる栄養。低カロリーなタンパク質をそうめんのトッピングとして使えば太ることなくセレンの効果を発揮させられることができるのでおすすめ。アンチエイジング効果を発揮してくれるそうめんの栄養をしっかりと取り入れていきたいですね。

血流をよくするモリブデンもそうめんのカロリー以外に要チェック

貧血などのサポートになる栄養

5mintojapanさんの投稿
22351941 364505927339687 205183034545143808 n

カロリー以外にチェックしておきたいそうめんの栄養としてあげられるのがモリブデンと呼ばれる栄養。モリブデンはミネラルの一種で、血液の巡りを良くする効果があるとされている栄養です。血液の巡りが良くなることによって、貧血などの予防に役立てられるのが魅力。夏バテ気味のときは栄養不足になって貧血も起こりやすいので、こうした栄養で防いでいきたいですね。

脂質の代謝にも高い効果を表す

血流が良くなるということは代謝も上がり、脂質や糖質の代謝を促す効果も期待することができるようになります。なので、カロリーを気にしてさえいればそうめんはダイエットにも良い効果をあらわしてくれるのがわかりますね。そうめんに含まれる便利な栄養をしっかりと活用できるように、カロリーを把握しながらそうめんをいただいていくのがおすすめです。

カロリーの取りすぎで太るのを予防するクロムもそうめんに含まれる

食欲を抑制し、カロリー過多で太るのを防ぐ

tomoki017さんの投稿
22427192 450901788638271 7832885776458186752 n

ダイエット中に嬉しいそうめんの栄養がクロム。クロムは血糖値をコントロールする働きがあるとされ、食欲をおさせる効果を発揮してくれるとされている栄養です。クロムの働きによって食べ過ぎを防止し、カロリー過多になるのを防げるのが嬉しいポイント。しっかりと食べ方さえ工夫していけばそうめんはダイエットに役立つヘルシー食材と言えるでしょう。

中性脂肪を減らす栄養効果も

クロムには中性脂肪の燃焼を促進する働きもあるとされています。糖質を代謝する際にエネルギー消費を促進し、脂肪燃焼につなげられるのが嬉しいポイント。中性脂肪を溜め込んでおくと生活習慣病の原因にもなってしまうのでなるべく早めに対処したいですね。そういった意味でもヘルシーにそうめんを食べれば健康的な生活のサポートになってくれるのではないでしょうか。

カロリー過多で太るのはそうめんの食べ方に問題がある

そうめんだけを摂取する食べ方だとカロリーのとりすぎで太る

これまで見てきたように、そうめんには基本的にダイエットの役にたつ栄養が含まれていることがわかります。それなのにそうめんを食べたことによって太ってしまったとなった場合には食べ方に問題があるのかもしれません。もっとも避けておきたいのがそうめんだけを食べるということ。そうめんだけを食べることによってカロリーのとりすぎになってしまいます。

morinokinoko709さんの投稿
22430353 202044677002710 7881037195979522048 n

そうめんは腹持ちが良くないのでたくさん食べないと満足感を得られず、結局はカロリーオーバーになってしまうのが問題。そうめんをメインにすることによってカロリーのとりすぎになり、結局はそうめんが太る原因となってしまうのです。そういったそうめんの食べ方は避けながらそうめんを楽しんでいくことが大切。

そうめんは炭水化物ということを意識しよう

m_food2323さんの投稿
22426907 126825271402510 5032735140061642752 n

そうめんは基本的に炭水化物であるということを忘れないようにしましょう。炭水化物を食べ過ぎるとカロリーが多くなってしまうのに加えて脂肪になりやすい糖質をたくさん摂取することにつながってしまいます。そうめんはツルツルと食べられるのでついつい食べすぎになりがち。そうならないように工夫をしながらそうめんを食べていくことが大切になります。

たくさんのそうめんを夕飯にとる食べ方はカロリー消費ができない

夜の時間帯は代謝が落ちる

team24_26さんの投稿
22427297 364268577311815 927621057995603968 n

それでは、そうめんを食べるときに気をつけておきたいポイントをチェックしていきましょう。まず気をつけておきたいのがそうめんを食べる時間帯です。人間は基本的に朝に代謝が上昇していき、昼間をピークに徐々に下がっていくのが特徴。なので、夜の時間帯は代謝が最も落ちている時間帯とも言えるので食べるものには注意が必要になります。

そうめんを夕飯に食べ過ぎるとカロリー過多になって太る

harada.sankusさんの投稿
22351758 356557198119010 2661504792819400704 n

代謝が落ちている時間帯にそうめんをたくさん食べるとエネルギーとして消費することができず、脂肪として溜め込む原因になってしまいます。なので、夕飯にそうめんを食べるのであれば少量にしておくことが大切。食べてからエネルギーとしてしっかりと消費できる範囲のそうめんを食べるなら問題ないので、量を考えながらいただいてくださいね。

太ることなくそうめんを楽しめる食べ方は?

低カロリーで栄養満点な食材をトッピングする食べ方がおすすめ

happylife7272さんの投稿
22352054 356971231418209 5091630231295361024 n

太ることなくそうめんを食べるポイントとしてあげられるのが、そうめんは少なめにしてヘルシーなトッピングをプラスする方法。そうめんを減らせばその分だけカロリーを減らすことができ、またトッピングを低カロリーにすれば余計なカロリーを摂取することなくそうめんを楽しむことができます。トッピングを工夫してみてくださいね。

よく噛む食べ方もおすすめ

uetorihimeさんの投稿
22352010 1978624189017969 7624078038623322112 n

そうめんは食べ応えがあまりないため、ついついたくさん食べ過ぎてしまう傾向にあります。そういったことを防ぐためには良く噛むことも大切。よく噛むことによって満腹中枢が刺激されるので、そうめんの食べ過ぎを自然と防ぐことができるようになります。しっかり噛むことも意識しながらそうめんを食べてみてくださいね。

太ることなくカロリーをおさえるそうめんの分量

そうめんは1束にしてカロリーを抑える

k_sk0107さんの投稿
22344406 1432325783555270 110707566647967744 n

それでは、太ることなくそうめんを楽しめる分量についてチェックしていきましょう。そうめんは1束があたり50gほど。なので、1束のそうめんは65kcalほどになります。そうめん1束であればカロリーをとりすぎることもないので安心。ダイエット中は1束のそうめんにしておきましょう。

低カロリーなトッピングで工夫

superbaby8181さんの投稿
22430163 272565519920944 73342936015699968 n

低カロリーなトッピングを加えれば、全体的にヘルシーなそうめんに仕上げることができます。そうめんの分量が少ない分、トッピングに工夫をすることによって食べ応えのあるそうめんに。ダイエット中はこうした工夫をしながらそうめんを食べていきましょう!

燃焼効果のある栄養が高い食材とそうめんを組み合わせる

代謝を上げる栄養として知られるビタミンB群

sallibra69さんの投稿
22344848 513589208976222 7208546227682541568 n

代謝を上げる食材と一緒にそうめんを食べるのもおすすめの方法。脂肪燃焼効果があるとされているのがビタミンB群。ビタミンB群は豚肉や鶏肉といったものに含まれているので、ぜひそうめんと組み合わせてみてくださいね。

消化をサポートする高い効果があるアミラーゼ

消化をサポートする効果のあるアミラーゼを含むものと一緒にそうめんを食べるのもおすすめです。消化を促進することで炭水化物の吸収をスムーズにしましょう。大根おろしや山芋、キャベツなどがアミラーゼを含むおすすめ食材になります。

Thumb大根おろしに含まれる栄養素と効果を調査!美肌や健康にも良い?

糖質の吸収をおさえる効果の高い栄養をとるのもおすすめ

糖の吸収をゆるやかにする緑茶

hanazuloveさんの投稿
22426697 466014000451966 7769260002086223872 n

そうめんの糖質の吸収をおさえる飲み物と一緒に食べるのもおすすめの方法です。緑茶はカテキンを含み、糖質の吸収をおさえてくれるとされているのでダイエット中にぴったりの飲み物。そうめんを食べるときは緑茶を組み合わせてはいかがですか。

血糖値の上昇をおさえる効果の高い豆乳

血糖値が急激に上昇すると脂肪をため込みやすくなります。それを防いでくれるのが豆乳。良質なタンパク質を含む豆乳は血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

Thumb痩せたと話題の豆乳ダイエットとは?正しいやり方やその結果を徹底検証!

体を冷やさないそうめんの食べ方を取り入れるのも大切

体を温める栄養を含む生姜や唐辛子などを使う

accorokeyさんの投稿
13556794 1751732151718195 117549286 n

体を冷やすと代謝が下がってしまうので、体を温めることも大切。唐辛子や生姜など体を温める食材をそうめんに取り入れて体を冷やさないようにしましょう。

そうめんを温めて食べる

taisukemasagoさんの投稿
22344590 129026121181060 6998885977494126592 n

そうめんを温かい汁と組み合わせて煮麺にするのもおすすめ。温かな汁が体の奥から温めてくれます。

簡単でおいしい!豚キムチそうめんのレシピ

豚キムチそうめんに必要な材料

それでは、おすすめのそうめんレシピをチェックしていきましょう。まずおすすめしたいのが豚キムチ素麺。豚肉にはビタミンB群が豊富に含まれ、代謝アップの役に立ちます。また、キムチには唐辛子が含まれているので体を温める効果が高いと言われているのが嬉しいポイント。そうめんとの相性もぴったりなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

swmk7さんの投稿
19623060 131615890757043 5300432389967708160 n

豚キムチそうめんに必要な材料は、しゃぶしゃぶ用の豚肉75g、キムチ30g、そうめん1束、きゅうり1/4本、長芋5cm、ネギ3cm、3倍濃縮のめんつゆ25ml、水50mlになります。トッピングする具材は好みに合わせて変えてみましょう。ニンニクは生姜のすりおろしを加えて風味をアップするのもおすすめ。ゴマをふりかけてこうばしくしてもおいしく仕上がります。

カロリー過多になりにくいレシピ

きゅうりは千切りにし、ネギは輪切りにします。長芋は皮をむいてからビニール袋に入れ、すりこぎなどでたたきましょう。鍋に水をたっぷり入れて加熱し、沸騰したらそうめんを表示時間通り茹でます。茹で上がったら菜箸を使ってそうめんをすくいましょう。

thlikoさんの投稿
21041333 1897548880506051 4153714647792353280 n

そうめんを茹でたお湯でしゃぶしゃぶ用の豚肉を茹でます。そうめんの澱粉がでているので、やわらかな豚肉に仕上がるのがポイント。茹で上がったら冷水で冷まします。器にそうめんを盛り付け、豚肉やきゅうり、長芋、キムチをトッピング。ネギを上にのせたらめんつゆと水を混ぜ合わせたものをかけて完成です。

ヘルシーで食べ応えばっちり!温かい豆乳そうめんのレシピ

豆乳そうめんに必要な材料

続いておすすめなのが温かい豆乳のそうめん。温かくすることによって体内の冷やすのを防ぎ、安心してそうめんを楽しむことができるようになります。また、豆乳を使って血糖値の上昇をおさえるのもポイント。栄養価の高い豆乳は栄養バランスを整えたいときにもばっちりの食材です。まろやかな味わいも楽しめるので、ぜひそうめんに使ってみてくださいね。

miizuchiiさんの投稿
20590174 341267662968755 1900364518416973824 n

豆乳そうめんに必要な材料は、ササミ1本、そうめん1束、酒大さじ1/4、豆乳190ml、鶏がらスープの素大さじ3/4、砂糖大さじ1/4、すりごま1/2、生姜ひとかけら、万能ネギ1本になります。具材はお好みに合わせて変えてくださいね。ゴーヤなどの夏野菜を炒めたものをトッピングしてもおいしいです。いろいろなアレンジを加えてカロリー控えめのそうめんを作りましょう!

太ることなく気軽に作れるレシピ

万能ネギは小口切りにし、生姜はみじん切りにします。ササミは耐熱容器に乗せて酒をふりかけ、塩も少々ふってください。600Wの電子レンジで2分加熱して粗熱を冷まし、食べやすい大きさにさきます。ササミを加熱したときに出た汁と豆乳、鶏がらスープの素、砂糖を鍋に入れたら加熱して温めてください。

la.na.i_1211さんの投稿
20759703 163678127533679 2165208694562750464 n

そうめんは表示時間通りに茹でて流水でぬめりをとります。器にそうめんを盛り付けたら、温めた豆乳スープを注ぎます。ササミをのせ、万能ネギと生姜、すりごまをトッピングしたら完成。

Thumb豆乳にはどんな効果?ダイエットに最適!飲む時間はいつがいい?

カロリーを控えて太ることなくそうめんを楽しもう!

koyuki_tibi_purinさんの投稿
22280602 534857356862891 7333338555462189056 n

太ることなくそうめんを楽しむためには食べ方が大切。いろいろな食べ方を工夫しながら、おいしく好みのそうめんをいただいてくださいね。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ