フレンチトーストはフランスパンがおすすめ!口の中でとろける作り方は?

フレンチトーストはお好きですか?美味しいフレンチトーストの作り方を知って、おしゃれなランチや女子会のメニューに加えてみませんか?美味しいフレンチトーストを作るにはフランスパンがおすすめです!美味しいフレンチトーストをフランスパンで作る方法をご紹介します!

フレンチトーストはフランスパンがおすすめ!口の中でとろける作り方は?

目次

  1. フレンチトーストはフランスパンがおすすめ!?
  2. フレンチトーストにおすすめのパンはフランスパン!
  3. フランスパンでフレンチトースト!切り方は?
  4. フランスパンで作るフレンチトーストのポイント!
  5. フランスパンで作るフレンチトースト!材料は?
  6. フランスパンフレンチトーストの作り方!
  7. フランスパンフレンチトーストの裏技!
  8. フランスパンフレンチトーストはスキレットもおすすめ!
  9. フレンチトーストに何かける?おすすめは?
  10. フランスパンでフレンチトースト!まとめ

フレンチトーストはフランスパンがおすすめ!?

女子にも子どもにも大人気のフレンチトースト!どうせなら美味しいフレンチトーストを作ってみたくありませんか?美味しいフレンチトーストを作るにはちょっとしたポイントを押さえておく事が大切です!フレンチトーストは子どもの朝食やおしゃれな女子会、ちょっとしたお家パーティーでもメニューに加えられるのでおすすめです!

一言でフレンチトーストと言っても、様々な作り方がありますね。フレンチトーストの専門店なんていうのもあるくらいです!しかし、ここでは、料理が苦手な人でも、自宅のフライパンで簡単に作れる美味しいフレンチトーストの作り方をご紹介していきたいと思います!

フレンチトーストにおすすめのパンはフランスパン!

あなたはフレンチトーストをどんあパンで作っていますか?つい手元にある食パンで作ってしまっていませんか?もちろん、食パンでも十分美味しいフレンチトーストを作る事はできますが、よりおしゃれな料理にするために、見た目を重視して、フランスパンをおすすめします!

美味しいフレンチトーストにはフランスパンがおすすめです!フランスパンは固くて苦手という人も多いですね。子どもにとっても、フランスパンはそのままトーストすると固く、食べにくいので苦手な子も居るようです。しかし、この固いイメージのあるフランスパンは実は美味しいフランスパンに変身してくれます!では早速、簡単で美味しいフランスパンで作るフレンチトーストの作り方のポイントをみていきましょう!

フランスパンでフレンチトースト!切り方は?

料理をする上で実は見落としがちなのが、その食材の切り方です。料理は見た目も大切です。今回はまず、簡単で美味しいフレンチトーストを作るための、美味しいフランスパンの切り方から勉強していきたいと思います!フランスパンは斜めに切っていきます。料理をする上で出来上がった料理の見た目も大切です。フランスパンもたてに輪切り状態に切るよりも、斜めに切ったほうが見た目はおしゃれです。

また、フランスパンを斜めにカットする事で、フランスパンが空気に触れる面が大きくなります。フランスパンが空気に触れる面が多いと、しっかりとフレンチトーストの液をフランスパンが吸い込んでくれるので、フレンチトーストをふわふわに料理する事が出来るのです!フランスパンの厚さは好みなのですが、最低でも2センチ以上は厚みがあったほうが美味しいフレンチトーストになります。もっとフランスパンを厚くカットする場合は、フランスパンの中央に十字に切り込みを入れるとフランスパンが卵液をよく吸い込みのでおすすめです。

フランスパンで作るフレンチトーストのポイント!

美味しいフレンチトースト料理の作り方のポイントはまだあります。卵液は最低でも10分以上は染込ませることがポイントです。可能であれば、一晩休ませるとよりじっくりとパンに卵液が染込み、美味しくなります。しっかりと一晩卵液を染込ませるのが、中がしっとりとしたフレンチトーストの作り方です。じっくりと染込ませる料理時間が持てない場合も、しっかりと準備した卵液を吸い込ませた方がふんわりとた仕上がりになります。

その場合、染込ませたいからとフランスパンをぎゅうぎゅうと押したりせず、自然に卵液を染込ませるようにしましょう。しっかりと卵液をバケットに染込ませる工夫のひとつとして、乾燥したパンをしようするのがおすすめです。水分の抜けたカラカラのフランスパンがおすすめです。フランスパンをぎゅうぎう押してしまうとふっくらとしたフレンチトーストに料理する事ができにくくなります。美味しいフレンチトースト料理にしたいのであれば、理想としては卵液にフランスパンを一晩染込ませるのがおすすめです。

フランスパンで作るフレンチトースト!材料は?

フライパンで作るフレンチトーストのレシピをご紹介します。料理が苦手な人でも、簡単に美味しいフレンチトーストを作る事は可能です!では材料です。乾燥したバケットは1/2本使用します。卵は2個、牛乳を120cc砂糖15g、グラニュー糖50g(グラニュー糖が無い場合は、砂糖65gでも可)バター50g。これが材料になります。

バケットは乾燥したものを使用しましょう。卵液を作る際は、卵の白身が残らないようにきっちりと混ぜましょう。混ぜたものをざるなどで漉すと簡単によく混ざった卵液を作る事が出来るのでおすすめです。この卵液に一晩バケットを浸していきます。理想としては一晩ですが、しっかりとバケットが卵液を吸い込んでいれば大丈夫です。両面に卵液が染込むように時間を見てひっくり返して両面浸しましょう。

フランスパンフレンチトーストの作り方!

卵、牛乳、砂糖を混ぜ、バケットを浸す卵液を作ります。一晩卵液に浸したバケットを焼いていきます。一晩卵液に浸すとバケットがしっかりと卵液を吸い込んでくれるので焼き上げた時にふわふわのフレンチトーストに焼き上げる事が出来ます。出来れば一晩浸しておくのが理想的です。

暖めたフライパンにバターを入れます。まずは片面焼き、片面に焼き色が付いたら反対側も焼いていきましょう。外側をかりっとさせるためにパンの耳の部分もフライパンで焼くことをおすすめします。フライパンは焦げ付かないように、弱火の強めの火力でフレンチトーストを焼いていきましょう。出来上がったら好みのシロップなどをかけて出来上がりです!簡単にふわふわのフレンチトーストを作る事ができます!

フランスパンフレンチトーストの裏技!

フライパンでもっと美味しいフレンチトーストを焼くための裏技です!時間に余裕があるようでしたら卵液に一晩漬け込む事をおすすめしますが、もし時間が無いようでしたらまず、分量の牛乳にバケットを浸しましょう。先に牛乳に浸す事で生地まで牛乳が浸されふわふわのフレンチトーストになります。牛乳に数分浸した後に溶いた卵と砂糖の液にパンを浸します。ちょっとした時間差でふんわりと美味しいフレンチトーストを作る事ができます。

っまた、美味しいフレンチトーストにするためには付け合せも大切です。バナナをカットしてバターでソテーしたものや、ブルーベリーなどを副えてもおしゃれで美味しいフレンチトーストになります。あとは好みのシロップなどで甘みを調節していただきましょう!また、どうしても時間の無い場合はパンを冷凍しておいて卵液に浸す前にレンジで温めなおすと卵液をしっかり染込ませることが出来るそうです。目安としては600ワットで30秒ほど暖めるのだそうです!

フランスパンフレンチトーストはスキレットもおすすめ!

最近流行のスキレットでも美味しいフレンチトーストが作れます!フライパンでも焼きあがりは同じで美味しいフレンチトーストになりますが、スキレットは焼き上げたそのままを食卓に出す事ができます。見た目もおしゃれで熱々のフレンチトーストをすぐにいただけるのでフライパンでなくてもスキレットで料理するのもおすすめです。

フライパンでの調理は、わざわざオーブンのように余熱をする手間もありませんし、簡単で良いですね。簡単で美味しいフレンチトーストをフライパンやスキレットで作ってみましょう。焦げ付いてしまわないように、片面2分ほどで焼き上げていくのがおすすめです。火力の調節も弱火でじっくり焼いて、外側をかりっと、中をふわふわに仕上げていきましょう!

フレンチトーストに何かける?おすすめは?

出来上がったフレンチトーストにはなにをかけますか?甘いのが苦手な人はもともと卵液に砂糖が入っていますのでそのままでも十分美味しいと思いますが、おすすめはメープルシロップや蜂蜜です。甘みを加えることでよりおやつ感が出ます。粉砂糖などを振ってもおしゃれですね。

卵液にバニラエッセンスを加えて浸すのもおすすめです。ほんのり香るバニラエッセンスは、メープルシロップや蜂蜜と相性がよいです。また、フルーツの付け合せや、生クリームなどをトッピングしても美味しいですね!フレンチトーストは各国で様々な作り方があるのだそうです。甘くないフレンチトーストがある国では、トマトなどの野菜をはさんで食べる事もあるそうです。

フランスパンでフレンチトースト!まとめ

自宅で作れる簡単で美味しいフレンチトーストの作り方についてまとめてきました。フレンチトーストは各国で様々な作り方があり、朝食としてまたはおやつやおしゃれなランチなどでも活躍してくれる料理です。お店で食べるフレンチトーストは外側がかりっとして、中はふんわりとしていて美味しいですよね。そんな外側がかりっとしていて中はふんわりとしたフレンチトーストをフライパンで作ってみましょう!

外側がかりっとしていて、中はふんわりしたフレンチトーストを作るには、まず乾燥したバケットを使用するのがポイントです。そのままでは固いフランスパンでも、卵液が染込みやすく、焼き上げると中はふんわりに仕上がります。理想としては卵液に一晩バケットを漬け込みますが時間が無い場合はバケットをあらかじめ冷凍しておいて卵液に浸す前に600ワットのレンジで30秒暖めます。こうれば約5分ほどで卵液をしっかりと吸い込ませる事ができます。

しっかりと卵液を染込ませたバケットは弱火で各面2~3分焼きます。焼き色が付いたら側面を焼いていきますが、焦げ付かないように注意しましょう。焼きあがったら好みのシロップやフルーツを盛り付けます。コツを押さえておけば、簡単に美味しいフレンチトーストを作る事ができます!是非試してみてください!

その他のフレンチトーストに関する記事はこちら

Thumbフレンチトーストは冷凍保存できる?方法や賞味期限をはどのくらい?
Thumbフレンチトーストが電子レンジで作れる!忙しい時にピッタリの簡単レシピ
Thumbフレンチトーストを牛乳なしで作ろう!絶品ふわとろレシピやアレンジ方法

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-09-23 時点

新着一覧