そうめんかぼちゃの茹で方は?基本の食べ方や人気のレシピまとめ

そうめんかぼちゃの茹で方や切り方、人気のレシピについてまとめました。そうめんかぼちゃは茹で方や切り方をチェックしておけば、いろいろな食べ方ができるのが魅力。そうめんかぼちゃの茹で方と切り方を学んで、人気レシピを活用していきましょう!

そうめんかぼちゃの茹で方は?基本の食べ方や人気のレシピまとめ

目次

  1. そうめんかぼちゃの茹で方や切り方を知りたい!
  2. そうめんかぼちゃってどんなもの?
  3. そうめんかぼちゃはどんな味がする?
  4. そうめんかぼちゃのカロリーや栄養は?
  5. おいしいそうめんかぼちゃの選び方
  6. そうめんかぼちゃはどうやって保存する?
  7. とても簡単!そうめんかぼちゃの切り方
  8. そうめんかぼちゃの簡単な茹で方とほぐし方
  9. そうめんかぼちゃを使った人気の食べ方とは
  10. さっぱりおいしい!そうめんかぼちゃの中華風ナムルのレシピ
  11. 食べ応えもある!そうめんかぼちゃのチャンプルレシピ
  12. 濃厚でおいしい!そうめんかぼちゃのマヨネーズ和えレシピ
  13. そうめんかぼちゃのエスニック風炒めのレシピ
  14. 爽やかに食べられる!そうめんかぼちゃの酢の物レシピ
  15. そうめんかぼちゃをいろいろな食べ方で楽しもう!

そうめんかぼちゃの茹で方や切り方を知りたい!

いろいろな食べ方ができるそうめんかぼちゃ

独特の食感を楽しむことができ、さまざまな食べ方ができると人気を集めているそうめんかぼちゃ。いつもとは違った珍しい野菜を食べたいときにぴったりです。そんなそうめんかぼちゃを調理したいと思ったとき、茹で方や切り方をどうすれば良いか迷ってしまいますよね。そんな場合は、茹で方や切り方のポイントをチェックしておくことが大切になります。

そうめんかぼちゃの人気レシピをチェックしよう

「そうめんかぼちゃの茹で方や切り方はどうすれば良いの?」「そうめんかぼちゃの人気の食べ方をしりたい!」という時に役立つそうめんかぼちゃ情報をまとめました。そうめんかぼちゃをおいしく食べるには下処理の方法をあらかじめ知っておくと便利。そうめんかぼちゃの基本的な調理方法をチェックして、おいしい食べ方を取り入れていきましょう!

Thumbかぼちゃのカロリーは?ダイエット中でも大丈夫な食べ方や調理方法は?

そうめんかぼちゃってどんなもの?

ズッキーニ近いかぼちゃ

そうめんかぼちゃの正式名称は「金糸瓜(きんしうり)」。瓜の一種に数えられ、かぼちゃの分類に入りますがズッキーニ近い野菜でもあります。日本ではそうめんかぼちゃと呼ばれている他、英語ではスパゲッティスカッシュ(スパゲッティ瓜)と呼ばれているのも特徴。もともとは能登の伝統野菜として知られ、スーパーにはあまり出回らず産地の直売所などでよく見られます。

茹でると繊維状になる

そうめんかぼちゃはその名前の通り、茹でると繊維状になってそうめんのように見えるのが特徴。綿状になったそうめんかぼちゃの特徴を生かして、そうめんのようにめんつゆとして食べる地域もあります。かぼちゃとは異なった珍しい見た目がうけて、instagramやTwitterなどのSNSでも人気。そうめんかぼちゃを見つけたら、ぜひ調理してみてはいかがですか。

Thumbかぼちゃには栄養価が沢山!炭水化物以外にも体に良い効果とは?

そうめんかぼちゃはどんな味がする?

クセがなくいろいろなレシピに使える

そうめんかぼちゃを食べるときに気になるのがそうめんかぼちゃの味わい。そうめんかぼちゃは基本的にクセはほとんどなく、さっぱりとした味を楽しむことができます。かぼちゃのような濃厚な味わいではなく、きゅうりやズッキーニといった部類の瓜系野菜の味に近いのではないでしょうか。さっぱりとした料理を食べたいときにぴったりの野菜です。

シャキシャキとした食感

かぼちゃと言うとほっくりとした食感を思い浮かべるかもしれませんが、そうめんかぼちゃはシャキシャキとした食感が特徴。歯ごたえがあり、料理にアクセントとして使うのに適しています。

そうめんかぼちゃは茹でてから味をつけたり、炒めたり、といったようにいろいろな調理をすることができます。加熱をしてもシャキシャキは損なわれないので、ぜひ独特の食感を楽しんでみてはいかがですか。

そうめんかぼちゃのカロリーや栄養は?

そうめんかぼちゃのカロリー

そうめんかぼちゃのカロリーも気になりますよね。そうめんかぼちゃの100gあたりのカロリーは24kcal。そうめんかぼちゃ1個(675g)の場合は162kcalになります。カロリーを見ると、かなりヘルシーな食材と言えるのではないでしょうか。ダイエット中に食べるのにもぴったりな野菜と言えそうですね。

そうめんかぼちゃの栄養成分

そうめんかぼちゃにはビタミンCや葉酸といった栄養が含まれています。ビタミンCは若々しいお肌を保つためには欠かすことができない栄養素。シミやくすみを防ぎ、きれいな肌をキープするサポートをしてくれます。また、コラーゲンの生成を助ける働きもあるのでハリのある肌を作り出してくれるのも嬉しいポイント。そうめんかぼちゃは低カロリーなだけでなく栄養も豊富です。

おいしいそうめんかぼちゃの選び方

色むらがない

おいしいそうめんかぼちゃを選ぶためには色を見てみましょう。そうめんかぼちゃは全体的に黄色をしています。この黄色にムラがないそうめんかぼちゃがおすすめ。味が均等でおいしいそうめんかぼちゃになります。

ずっしりとした重みがある

ずっしりとした重みがあることも大切なポイント。重みがあるそうめんかぼちゃは中身がしっかり詰まっている証拠です。また、軸の付け根で締まった状態になっているのも要チェック。この状態になっていたら食べ頃であることを表しているので、おいしくいただいていきたいですね。

そうめんかぼちゃはどうやって保存する?

まるごとの場合は冷暗所で保存

まるごとのままのそうめんかぼちゃであれば、風通しの良い冷暗所で保存することができます。常温で1〜2ヶ月ほど保存できるのが嬉しいポイント。傷みにくいので、気軽に保存することができそうですね。

カットしたそうめんかぼちゃは冷蔵庫へ

そうめんかぼちゃをカットした後はラップでぴったりと包んで冷蔵庫で保存しましょう。カットした後に長く放置しておくと傷んでしまうことがあるので、なるべく早く使い切るのがおすすめです。

とても簡単!そうめんかぼちゃの切り方

そうめんかぼちゃの切り方1:輪切りにする

それでは、そうめんかぼちゃの切り方は茹で方についてチェックしていきましょう。そうめんかぼちゃは2cmくらいの輪切りにする切り方にします。

そうめんかぼちゃの切り方2:中の綿や種を取り除く

輪切りにしたら中央にある種や綿を取り除きましょう。その間に大きな鍋にお湯を沸かしておいてくださいね。

そうめんかぼちゃの簡単な茹で方とほぐし方

そうめんかぼちゃの茹で方は?

そうめんかぼちゃの下処理が終わったら、熱湯で茹でます。10〜20分ほど茹でて、そうめんかぼちゃの中身が繊維状にほぐれてきたらOK。

茹で終わったら水にさらしてほすぐ

茹で終わったらそうめんかぼちゃを冷水に浸します。そのまま手で繊維をほぐしていきましょう。これでそうめんかぼちゃの下準備は完了。しっかりと水気を切ってから調理してくださいね。

そうめんかぼちゃを使った人気の食べ方とは

おひたしなどにする食べ方が定番

そうめんかぼちゃは茹で上がったものに味付けをしておひたしやナムルなどにするのが一般的。シャキシャキとした食感が生かされ、おいしいおひたしに仕上げることができます。また、炒めものに使うのもおすすめ。

チーズなど洋風の食材とあわせた食べ方もおいしい

マスカルポーネチーズと和えて洋風のおつまみにするのもおすすめ。シャキッとした食感でチーズとも相性ぴったりです。パスタソースをかけてパスタのようにして食べるのも良いですね。好みの食べ方を取り入れていきましょう。

さっぱりおいしい!そうめんかぼちゃの中華風ナムルのレシピ

そうめんかぼちゃの中華風ナムルに必要な材料

そうめんかぼちゃの茹で方や切り方をチェックできたら、そうめんかぼちゃの具体的なおすすめレシピを見ていきましょう。そうめんかぼちゃを使ってぜひ作っておきたいのが中華風ナムル。そうめんかぼちゃのシャキシャキとした食感をいかしたナムルはクセになる味わいです。あともう1品欲しい時に役立つので、ぜひ作ってみてはいかがですか。

そうめんかぼちゃの中華風ナムルに必要な材料は、きゅうり1/2本、そうめんかぼちゃ1/4個、カニカマ5本、砂糖小さじ1/2、醤油大さじ1、ごま油小さじ1、酢大さじ1と1/2になります。仕上げにすりゴマをふりかけて風味をアップさせるのもおすすめ。カニカマのかわりにハムを入れても良いですし、人参や玉ねぎのスライスをプラスしてボリュームアップしてもおいしいです。

人気を集めるレシピ

そうめんかぼちゃを輪切りにしたら熱湯で5分ほど茹でます。冷水に浸してそうめんかぼちゃの繊維をほぐしましょう。きゅうりは千切りにして塩を揉み込み、水気が出てきたら絞ります。水気を切ったそうめんかぼちゃときゅうり、裂いたカニカマ、砂糖、醤油、ごま油、酢を混ぜ合わせてください。味がしっかりと馴染んだら器に盛り付けて完成です。

食べ応えもある!そうめんかぼちゃのチャンプルレシピ

そうめんかぼちゃのチャンプルに必要な材料

そうまんかぼちゃをご飯と相性ぴったりなおかずに仕上げたい!という場合にぴったりの食べ方がそうめんかぼちゃのチャンプル。いろいろな野菜と一緒にチャンプルに仕上げることによって食べ応えのあるそうめんかぼちゃ料理ができあがります。簡単に作れるので、料理初心者の人でも気軽に作れるのが嬉しいポイント。ぜひそうめんかぼちゃのレパートリーに入れてはいかがですか。

そうめんかぼちゃのチャンプルに必要な材料は、そうめんかぼちゃ300g、人参40g、しいたけ1個、ピーマン1個、豚肉60g、オイスターソース、鶏がらスープの素、ごま油、薄口醤油、塩胡椒になります。入れる具材は他の物でもOK。もやしや玉ねぎなど冷蔵庫に余っているような野菜でも大丈夫です。気軽にそうめんかぼちゃチャンプルを作ってみてくださいね。

簡単な人気レシピ

ピーマンはヘタと種をとって千切りにします。人参も千切りにしましょう。しいたけは石づきをとって薄くスライスします。そうめんかぼちゃは輪切りにしてから茹でて冷水にとり、ほぐしておいてください。フライパンにごま油をしいたら豚肉を炒めます。豚肉が色づいてきたら人参といためましょう。

人参に熱が入ってきたらそうめんかぼちゃとしいたけ、ピーマンを加えて炒め合わせます。オイスターソースと鶏がらスープの素、薄口醤油で味付けをし、塩胡椒で味を整えたら完成。

濃厚でおいしい!そうめんかぼちゃのマヨネーズ和えレシピ

そうめんかぼちゃのマヨネーズ和えに必要な材料

濃厚な味わいのそうめんかぼちゃの料理を作りたい!という場合にぴったりなのがそうめんかぼちゃのマヨネーズ和え。マヨネーズで和えることによってそうめんかぼちゃが濃厚な味わいになり、おいしくいただくことができます。マヨネーズ以外にゴマを入れるのがレシピのポイント。ゴマのこうばしい風味が加わり、クセになるおいしさに仕上がります。

そうめんかぼちゃのマヨネーズ和えに必要な材料は、カニカマ1パック、そうめんかぼちゃ200g、練りゴマ大さじ2、マヨネーズ大さじ2、醤油小さじ1/2、酢小さじ1になります。辛味を加えたい場合は練り辛子を少々入れましょう。ピリッとした風味になってお酒のおつまみとしてもおいしくいただくことができます。仕上げにいりゴマをふりかけるのもおすすめ。

アレンジもいろいろある人気レシピ

そうめんかぼちゃは輪切りにし、熱湯で茹でます。10分ほど茹でたら冷水に浸して、繊維をほぐしていきましょう。繊維がほぐれたらしっかり水切りしておきます。裂いたカニカマ・練りゴマ・マヨネーズ・醤油・酢を混ぜ合わせてください。水気を切ったそうめんかぼちゃを加えたらしっかりと混ぜ合わせます。

全体に調味料が絡んだら完成。余ったら食パンにのせてトーストしてもおいしいので、いろいろなアレンジを楽しんでみてくださいね。

そうめんかぼちゃのエスニック風炒めのレシピ

そうめんかぼちゃのエスニック風炒めに必要な材料

そうめんかぼちゃをエスニック風味に炒めたレシピは、ヘルシーだけど食べ応えのある料理を作りたいとおきにぴったり。ナンプラーの風味がそうめんかぼちゃと絶妙にマッチして、ワンランク上の味わいを堪能できます。そうめんかぼちゃのシャキシャキとした食感がアクセント。いろいろな具材と組み合わせて、エスニック風炒めを楽しんでみてくださいね。

そうめんかぼちゃのエスニック風炒めに必要な材料は、そうめんかぼちゃ120g、生姜ひとかけら、にんにくひとかけら、鷹の爪1本、鳥ひき肉100g、人参10g、ピーマン1個、酒小さじ2、ナンプラー小さじ2、ごま油小さじ1、パクチー、塩胡椒になります。入れる具材は他の物でも大丈夫。そうめんかぼちゃはいろいろな具材と合わせやすいので、アレンジを加えてみてくださいね。

気軽に作れる人気レシピ

そうめんかぼちゃは輪切りにして茹で、冷水に浸します。冷水に浸してから繊維をほぐして水気を切っておきましょう。生姜とにんにくはみじん切りにし、鷹の爪は小口切りにします。人参とピーマンは千切りにしてください。フライパンにごま油をしいたら、生姜とニンニク、鷹の爪を炒めます。香りが出てきたから鳥ひき肉を入れて炒めましょう。

鳥ひき肉の色が変わったタイミングで人参とピーマン、そうめんかぼちゃを加えて炒め合わせます。ナンプラーと酒を加え、塩胡椒で味を整えたらちぎったパクチーを加えてさっと炒め合わせて完成。

爽やかに食べられる!そうめんかぼちゃの酢の物レシピ

そうめんかぼちゃの酢の物に必要な材料

そうめんかぼちゃはさっぱりとした酢の物にするのにも適しています。味のこってりとした料理の付け合わせにするのがおすすめ。多めに作っておけば冷蔵庫で常備菜としてストックしておけるので、あともう1品欲しい場合にもぴったりです。そうめんかぼちゃのシャキシャキとした食感がアクセントになっているので食べ応えがあり、副菜として大活躍。

そうめんかぼちゃの酢の物に必要な材料は、そうめんかぼちゃ200g、きゅうり1/2本、カニカマ3本、砂糖大さじ1、だし大さじ1と1/2、酢大さじ3、塩になります。この他にもミニトマトを入れても良いですし、刻んだパクチーを加えてエスニック風味にするのもおすすめ。シンプルなレシピなのでいろいろと工夫を加えてオリジナルの味に仕上げてみてくださいね。

おいしい人気レシピ

そうめんかぼちゃを輪切りにしてから茹でて、冷水に浸したら繊維をほぐします。そうめんかぼちゃはしっかりと水気を切っておきましょう。きゅうりは千切りにし、カニカマは裂いておきます。そうめんかぼちゃ・カニカマ・きゅうりをボウルに入れ、砂糖・だし・酢を混ぜ合わせてください。塩で味を整えたら器に盛りつけて完成です。お好みでゴマをふりかけるのもおすすめ。

そうめんかぼちゃをいろいろな食べ方で楽しもう!

そうめんかぼちゃの調理方法は意外と簡単。茹でてほぐしておけば、いろいろな料理に活用することができるので便利です。シャキシャキとした食感はクセになるおいしさ。そうめんかぼちゃを見つけたときは、ぜひ好みのアレンジでそうめんかぼちゃを楽しんでくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-10-23 時点

新着一覧