そうめんの一人前はどのくらい?おいしく見える盛り付け方のコツは?

そうめんの一人前ってご存知ですか?ヘルシーなイメージのそうめんですが、カロリーはどれぐらい?気になる一人前の量やカロリーをまとめてみました!さらに、そうめんがおいしく見える盛り付けも合わせてご紹介!キレイに盛り付けてそうめんを楽しもう!

そうめんの一人前はどのくらい?おいしく見える盛り付け方のコツは?

目次

  1. そうめんの一人前の量はどのぐらい?
  2. そうめんの一人前は100グラム!
  3. 気になる一人前のカロリーは?
  4. 必見!そうめんがおいしく見える盛り付けをご紹介!
  5. 1.水菜の緑のアクセントが素敵!そうめんの清涼感を活かす盛り付け!
  6. 2.究極のシンプルさ!そうめんに気品を感じる盛り付け!
  7. 3.明太子の赤が映える!センス溢れる盛り付け!
  8. 4.スタミナがつくぞ!と視覚に訴える盛り付け!
  9. 5.そうめんの上を優雅に泳ぐ金魚が美しいアイデア溢れる盛り付け!
  10. 温かいそうめん料理、にゅうめんの盛り付けをご紹介!
  11. 茹でたそうめんにひと手間加えたアレンジ料理の盛り付けをご紹介!
  12. 紹介例から見るそうめんの盛り付けのコツとは?
  13. そうめんの盛り付け方のコツまとめ

そうめんの一人前の量はどのぐらい?

何故かそうめんはついつい茹ですぎてしまう・・・

そうめんを茹ですぎて残してしまったなんて経験ありませんか?殆どの人が、乾麺タイプのそうめんを茹でてそうめんを作ると思いますが、乾麺1束ってなんか少なく感じてしまうんですよね。

そうめんの一人前の量が分かれば、ついつい茹ですぎちゃうなんて事も無くなるかもしれません!では、一体そうめんの一人前ってどれぐらいなんでしょう?

そうめんの一人前は100グラム!

100グラムってどのぐらい?1束?

乾麺タイプのそうめんは束になっている事が多いのですが、あの束のグラム数は商品によってまちまちで、1束100グラムの一人前になっているものもあれば、1束100グラム以下になっているものもあります。

気になる一人前のカロリーは?

そうめんは低カロリーなイメージがありますが・・・

そうめん一人前100グラムのカロリーは約356キロカロリーです。ヘルシーなイメージがあるそうめんですが、意外と高いですね。これは、あんまん1個やいなり寿司3個とほぼ同じカロリーになります。

そうめんの主な原料は小麦粉です。うどんやパンと同じ原料だという事を考えると高カロリーなのも頷けます。しかも、乾麺では製造過程において植物性油を使用しますので更にカロリーが高くなるのです。

カロリーが気になる人は、茹で上がったそうめんを水で洗う事で油を落とすと多少カロリーを下げる事が出来ます。そうめんだけでは栄養が偏ってしまうので、そうめんを減らしてヘルシーな付け合わせで量を調整したりすれば、栄養バランスが良くなり、さらにカロリーも下げることが出来ます!

うどんやそばと一人前のカロリーを比べてみると?

乾麺タイプのうどんやそばと比較してみましょう。乾麺うどんは一人前100グラムあたり約348キロカロリー、乾麺そばは一人前100グラムあたり約344キロカロリーとなり、うどんやそばと比べるとそうめんが一人前で10キロカロリーほど高いという結果に。

一見カロリーが高そうに見えますが実はそんなことはないのです

というのも、茹でると量が増えるのを加味していないからです。うどんとそばは乾麺を茹でると約2.5倍の重量になるのに比べ、そうめんは乾麺を茹でると約3倍の重量になります。これを踏まえて一人前100グラムの1グラムあたりのカロリーを算出すると、うどんは約1.39キロカロリー、そばは約1.36キロカロリーになるのに対して、そうめんは約1.18キロカロリーと逆転するのです。

Thumbそうめんは太る?カロリーや栄養・太らない食べ方を徹底調査!

必見!そうめんがおいしく見える盛り付けをご紹介!

ついつい真似したくなるそうめん料理の盛り付けをご紹介!

そうめん自体はとてもシンプルな料理です。ただ、そのシンプルさ故に盛り付けに迷う人も多いのではないでしょうか?茹でたそうめんをそのまま器に入れて出すだけでもいいのですが、折角の料理ですので、視覚的にも楽しめる方がいいですよね!

ここからは、そうめんを上手に盛り付けて目でも楽しめる料理に仕上がっているものをご紹介していきたいと思います!是非、そうめんを作る際の参考にしてみてください!

1.水菜の緑のアクセントが素敵!そうめんの清涼感を活かす盛り付け!

中央に鎮座する薬味のネギもいい味だしていて、そうめんがさっぱりと食べられそうな感じを受けますね!あの無骨なそうめんの束をこんなに素敵な料理にするセンスには脱帽です。手間がかかってしまいますが、中央のネギを白髪ネギにしてみるのも良さそうですね!

2.究極のシンプルさ!そうめんに気品を感じる盛り付け!

ただのそうめんです。何故か、すごく良い感じに盛り付けてある様に見えますが、お皿にそうめんを寝かせ、茹で卵が添えてあるだけです。よくシンプルイズベストと言いますが、これ以上にシンプルで美しい盛り付けはないのでしょうか?ただそうめんがそこにあるだけなのにこの溢れ出る気品は最早芸術のレベルですね。

3.明太子の赤が映える!センス溢れる盛り付け!

明太子ととろろ昆布ときざみ海苔。地味な色の中にひときわ映える赤、器のチョイスも良いいのでとてもハイセンスな料理に仕上がってますね!そうめんだという事を忘れてしまいそうです。

4.スタミナがつくぞ!と視覚に訴える盛り付け!

すごくスタミナがつきそう!と見ただけで分かる盛り付けですね。こういった一目でどんな料理なのか分かる盛り付け方は一つのテクニックと言えます。スタミナがつく料理なら、スタミナがつきそう!と思いながら食べてもらった方がいいですもんね!

5.そうめんの上を優雅に泳ぐ金魚が美しいアイデア溢れる盛り付け!

見た目のインパクトは絶大!もしこれが食卓に並んだのならば、一生忘れることはないでしょうね!金魚はウインナー等に生ハムを巻き付けて作ります。水菜で水草を表現する他に、自分だけのアイデアを盛り込んでみてもいいですね!

温かいそうめん料理、にゅうめんの盛り付けをご紹介!

一人前づつ盛り付けるテクニックが重要です!

寒い時期は温かいそうめんで体の中から暖まりたいところです。温かいそうめんはどんぶりに盛り付ける事が多くなりますので、一人前づつの盛り付けを如何に上手に仕上げるかが鍵となります。ここからは、どんぶりに盛り付けた温かいそうめん料理をご紹介していきます!

1.シンプルながら無性に食べたくなる魅力を持つ盛り付け!

そうめんにすだちのみのシンプルな料理なのですが、何故か人を引き付ける魅力がありますね!茹でただけでも様になるそうめんだからこそ出来る芸当なのかもしれませんね。

2.そうめんで鴨南蛮!まるでお店に来たような気分になれる盛り付け!

そうめんで作っているので、蕎麦アレルギーの人も鴨南蛮が楽しめちゃいます!ネギと鴨肉に焼き色を付ける手間を惜しまない事で食欲をそそる見た目になります!水菜で緑のアクセントを加える事も忘れずに!

3.大盛りのネギでインパクトのある盛り付けに!

カツオ出汁とネギでさっぱりとしながらもボーリューミーなそうめん料理に!ネギの青い部分を使用する事で見た目が貧相にならず、インパクトのある仕上がりになっています!

Thumbそうめんの温かい人気レシピ10選!寒い夜にぴったりのにゅうめんは?

茹でたそうめんにひと手間加えたアレンジ料理の盛り付けをご紹介!

そうめんの可能性は無限大!?

シンプルで癖のない味わいのそうめんは幅広くアレンジされています。たった1束のそうめんが様々な料理に変わっています。ここでは、そうめんを使ったアレンジ料理とその盛り付けをご紹介してきます!

1.器選びにセンスあり!ジェノバ風そうめんの盛り付け!

緑のそうめんに緑のバジルを乗せる緑1色の料理ですが、ハート型の器と使用し、ハートの形に盛り付けることによって1色である事が活かしています。小鉢の付け合わせで彩りを加えてみてもいいですね!

2.カリっと焼いたそうめん生地でピザ!

表面はカリっと中はもちもち。そうめんの生地で作るピザです。そうめん生地とチーズとソースの色合いを見て、お好みの食材で1色アクセントを付けるのがコツです!このそうめん生地はピザだけではなくお好み焼き等にもアレンジ出来ます!

3.そうめんのアレンジ料理の定番そうめんチャンプルーの盛り付け!

そうめんのアレンジ料理としてすっかり定着したそうめんチャンプルー。野菜ときのことウインナーで作ったそうめんチャンプルーはちらし寿司の様な、見た目も楽しい仕上がりになっています!

一人前のそうめんで変幻自在にアレンジ!

チャンプルーとは沖縄方言で、混ぜこぜにしたものというような意味です。つまり材料は何でもいいのです!お好みの材料でオリジナルそうめんチャンプルーにチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね!

Thumbそうめんチャンプルーの作り方!麺がくっつかないコツや簡単レシピを紹介

紹介例から見るそうめんの盛り付けのコツとは?

一人前で盛り付けて高級感を演出!

ご家庭でそうめんを作る際は大皿にドンと盛って、皆で小皿にそうめんを取って食べるといった食べ方が多いのかと思いますが、そこをあえてそうめんを一人前に分けて盛る事で高級感溢れるそうめんにすることが出来ます!

一人前ではなく大皿に盛り付けて団らんのひとときを!

とはいえ、一人前づつ盛り付けるのは手間がかかるしめんどうに感じる人も多いのではないでしょうか。大皿に盛られたそうめんを皆で取りあって食べるというのもそうめんの醍醐味と言えますしね!大皿に盛り付ける際もひと工夫すれば、見た目から楽しめる事請け合いです!

器にもこだわってみよう!

一般的なそうめんの色は白ですので、真っ白い器にそうめんだけといった盛り方をしてしまうと見た目が貧相になってしまったりします。色付きの器を使用してそうめんの白を引き立てるような工夫をするだけでもかなり印象が変わりますね!白い器を使用する時は色付きのそうめんを混ぜてみるなんて手もあります!

そうめんの盛り付け方のコツまとめ

色付きそうめんというものもありますが、基本的にはそうめんは白いものです。白をどう扱うかがそうめんの盛り付けのカギになります。

器にこだわってそうめんの白を活かす盛り付けの場合は、シンプルな盛り付けになるように意識して、ゴテゴテと盛りすぎない様にすると高級感を出すことが出来ます。また、そうめんを透明な器に盛る事で涼し気な気分になれたりと、器一つで印象を決めることが出来ます。

そうめんの白をキャンバスにして彩りを加えていく盛り付けの場合は、色を3色程度に抑えるのがコツです。ごちゃごちゃと乗せすぎてしまうと汚く見えたりして逆効果になってしまいがちです。そうめんとメインの付け合わせの食材、アクセントに1色、薬味や海苔で1色を意識するとキレイにまとまりますよ!

夏の風物詩といったイメージがあるそうめんは冬になるとすっかり見かけなくなってしまう印象ですが、最近では季節を問わず一年中活躍しています。そうめんを茹でた後にひと工夫して、いつもとはちょっと違った盛り付けでそうめんを楽しんでみてください!

合わせて読みたいそうめんに関する記事はこちら!

Thumbそうめんをお弁当に!おすすめのお弁当箱や持って行くコツは?
Thumbそうめんと卵で釜玉そうめん?おすすめの卵を使った簡単レシピは?
Thumbそうめんかぼちゃの茹で方は?基本の食べ方や人気のレシピまとめ
Thumbそうめんつゆの簡単レシピ!簡単で美味しいめんつゆアレンジ
Thumbそうめんに合う薬味ランキング!定番から変わり種のおすすめは?
Thumbそうめんの茹で時間は何分?おいしい秘訣は短めにするって本当?
Thumbそうめんの賞味期限や保存方法!未開封の場合や開封後の保管はどうする?
Thumbそうめんがピザに大変身!サクサクにできる噂の家事えもんレシピって?
Thumb残ったそうめんをリメイク!チヂミなど簡単おすすめレシピ10選!
Thumbそうめんのアレンジレシピ20選!おすすめの簡単で美味しい食べ方は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-04 時点

新着一覧