自立と自律の意味の違いや関係性とは?働く女性が輝くための豆知識

自立と自律の意味の違いは定義で理解するより、原理原則に基づいて頭の中でイメージしていくと自立と自律の意味の違いについて理解することが出来ます。働く女性がいつまでも輝きながら仕事を続けられる為、健康で公私ともに充実することが出来る豆知識を考えていきます。

自立と自律の意味の違いや関係性とは?働く女性が輝くための豆知識

目次

  1. 自立と自律、同じ言葉に思えてしまいがちである
  2. 自立と自律には大きな差があります
  3. 自立だけだと単なる自己満足で終わります
  4. 自立ではなく自律とはいったいどうゆうものか
  5. 本当の自立とは何か?
  6. 本当の自律とは何か?
  7. 自立と自律、それぞれの言葉が持つ意味とは
  8. 自立「independence」自律「autonomy」英語で訳すと
  9. 自立は技能的、自律は意識的である
  10. 自立から自律へ
  11. 働く女性が輝くための豆知識とは
  12. 女性の昔と今の違い
  13. 女性にとっての本当の幸せとは
  14. 女性にとってますます暮らしやすい世の中に
  15. 女性がいつまでも輝かしく働くために・まとめ

自立と自律、同じ言葉に思えてしまいがちである

自立と自律では使い方としても意味が違います

「自立と自律」という言葉は読み方が同じ「じりつ」であるので一見、言葉の使い方として同じ意味の言葉であるように使ってしまっているんではないでしょうか。しかしその漢字の意味を理解していくとその言葉を持つ意味の違いがだんだん理解出来てくると思います。

自立と自律の正しい使い方

自立しているとはどういったことなのか。自律していることはなど、具体的にどんな違いがあるのか「自立」と「自律」の意味の正しい使い方などをこれから様々な視点から説明していきます。

自立と自律には大きな差があります

自立と自律の「差」って

子供が一人でお箸を持ってご飯を食べたり、洋服を一人で着替えたりして他から助力を受けずに独り立ちすることは「自立」になります。一人でトイレが出来るようになり、歯を磨いたり顔を洗ったり出来るようになることも「自立」です。しかしその後に自分の食べたい料理考えるようになってそれを料理したり、

自立は基礎で自律は応用でもある

自分が着たい洋服が何か考えるようになり、洋服などを買ってきて自分の好きな風にコーディネートしたりするなど他からの強制ではなく自分自身の立てたルールによって方向付けして行動していくことは「自律」になります。

自立だけだと単なる自己満足で終わります

自立だけでなく、自律するには

親から資金の援助なしに自活出来ることは生活力を維持していることが出来ているので「自立」していることになります。「自立」と「自律」の意味の違いの例として、例えば会社に入社してから仕事の基礎について先輩に一から教わり、

自立から自律へ成長

ある程度の仕事が出来るようになると新入社員としてはまず自立していることになりますが、それで満足してまうと自己研鑽しないでそれ以上の人としての成長にはなりません。結局自律ではなく自立しているだけだということになります。

自立ではなく自律とはいったいどうゆうものか

自立と自律の概念について

それでは「自立」ではなく「自律」というのはいったいどうゆうものなのかというと、他からの支配や助力を受けないで自分の行動を自分の立てたルールに従って正しく行うことです。自立と自律の意味の違いは明確に区別はされてはいません。

自律は自分のルール

ドイツ≪哲≫カント倫理学の中心概念。自分の欲望や他からの命令に従わないで自分の意志により客観的な法則を立てて行うことが自律しているということになります。哲学者が考える自立と自律の概念。

本当の自立とは何か?

本当の自立について考える

自立、自立と言っても子供の時の自立と大人になってからの自立ではまた意味が違ってきます。またその間の思春期の頃の自立も違ってくると思います。では子供の頃の自立は生まれてきてまず生き物としての人間としての基礎の基礎部分での自立になるので、自分の意志というよりもハイハイしてその後2本足で立ち上がるなど本能部分で習得する部分は基礎段階の自立ということになります。

大人にとっての自立

では大人にとっての自立とは、経済的な自立はありますが自分で部屋を借りて一人暮らしをして炊事や家事などもこなすということも自立していると言えます。となると他からの助力なしに自分の力で物事を行っていくことはすべて自立していることになります。しかし年齢によっての自立の定義は少し違ってくるようにも思えますので、やはり大人ならばまず成人したときに初めて自分の力で

子供と大人の間の時期の自立

物事を行うことは自立しているということになると思います。あと思春期の時期の自立ですが、まだまだ親の援助が必要な年齢ですが中学生になってくればだいだい自分の力で出来るようになってくるので、自分で部屋の掃除が出来るなど親の手伝いをしたりなどこれも自立しているということになります。

本当の自律とは何か?

本当の自律について考える

次に「自律」についても考えてみます。自律、自律と言っても自立と違いこちらの自律の意味は自分の気ままを押さえて、自分の立てたルールに従って自分で行っていくことになります。自立とは違い少し難しい定義になると思いますが、まず子供にとっての自律について考えていきます。子供の頃の自律と言っても基本は基礎部分を習得するのが精一杯なので中々自律までに至ることは

大人にとっての自律とは?

難しいことなのかもしれません。大人になると自分の考えで行動するようなことが自律に繋がってきます。会社では自分で企画書を書いてプレゼンをするとなると自分の考え、発想などが必要になってきます。でも自律となるともう一段階の行動が加わります。新しいプロジェクトを会社にとって立ち上げて自ら先頭になって実行していくことはかなり自律していることになると思います。

大人にとってもう一段階上の自律

ベンチャー企業に勤めていて、退職したあとに自分で新しい会社を起業するというのもかなり自律していることになると思います。完全に他存ではなく自分の考えで行動を起こしています。まさに自律していると言えます。次に思春期のころの自律というと音楽に目覚めてギターを弾くようになったり、サッカー部に入り自主練習で朝から走りこみをしたりシュート練習をしたりすることは自分の意志

子供と大人の間の時期の自律

での行動なので自律していることになります。中学生や高校生ぐらいの年齢になってくると選択肢もかなり増えてくるので自分の考えで動くことが多くなってくると思います。趣味に対しても自分の発想と意志で行動しますので、友達と一緒に考えて編み出した遊びも自律であり、工作も自律、絵を描くことも自律、自作漫画を描くことも自律していると言えるではないでしょうか。

自立と自律、それぞれの言葉が持つ意味とは

自立と自律、言葉の意味を分析

自律という意味において自分を律するという言葉はありますが、自分を立っするという言葉はありません。なので「自分で立つ」独り立ちする、要するに自立というのは「独立」するという意味になります。律するには管理や規律化するという意味があるので自分を律している人間、

自立「自分で立つ」自律「自分でコントロールする」

となると自分でコントロールすることの出来る独り立ちした大人であるということになります。そうゆう意味でも自立と自律は違いがあるとことが分かります。自立は「独立」自律は「規律化」

自立「independence」自律「autonomy」英語で訳すと

自立と自立をスペルにする

自立という言葉を英語でいうと「independence」になり、スペルを分解すると『in』否定『dependence』依存・たよるになります。自律は「auto」独自の・自己の・自身の『nomy』…学・規則という意味になります。シンプルに訳すと自立は〈頼る〉に〈否定〉で【頼らない】

自立は依存しない、自律は独自のルール

〈依存〉に〈否定〉で【依存しない】。そして自律は〈独自の〉に〈規則〉で【独自のルール】、〈自己の〉に〈規則〉で【自己のルール】というように自立と自律を英語にしてスペルを一度分解して組み立てると分かりやすくなると思います。

自立は技能的、自律は意識的である

よちよち歩きの赤ちゃんが自分の足で立ちあがり、歩けるようになるまで。そして次のステップで階段を上り下りすることが出来るまでになります。最初はカタコトでも言葉を話せるようになり、次第に字も読めるようになりそして次第に文字を書くようになっていくなど技術的な発達は「自立」というカテゴリーに当てはまります。

その後、自分の意志で行きたいところに向かって歩いていき、自分の読みたい本を購入して自分の書きたい絵や文章を書いていくようになると自分の意識的に好きな趣味思考などが働いて独自に行動していけるようになるとそれは「自律」というカテゴリーに当てはまっていくということになります。

自立から自律へ

人は生まれてまず多くの基礎の部分を習得し、そして次第に自分の発想や能力を生かして様々なものを創造していきます。環境や経験、たくさんの情報などから吸収したものを頭の中で整理していき、自分の目的や役割などを導き出して「自立」からまさに「自律」という次の段階への道を切り開いていきます。

自立から自律へのステップ

その結果、今の科学や技術が発達した素晴らしい世の中になっているんではないでしょうか。もしかするとこれから人は更に「自立や自律」の次のステップを切り開き、進んでいく途中なのかもしれません。

働く女性が輝くための豆知識とは

現代では外に出てバリバリ仕事をするような自律した女性がたくさん増えてきています。普段の暮らしの中で子育てや家事により主婦としてのストレスや生活習慣もありますが、外で働くとまったく違う環境になるので精神的ストレスや体力的にも負担が大きくなってくると思います。

自律した女性について考える

日々の暮らしの中で有効的な時間の使い方が大事になってきます。仕事をするというのは男性にとっても女性にとっても大変だと思いますが、そういった暮らしの中で自律した女性がいつまでも生き生きと輝かしく働ける豆知識について考えていきたいと思います。

女性の昔と今の違い

ひと昔前では自立した女性は20代で結婚して、仕事を退職して夫と一緒に暮らすというのが当たり前でした。現在は30歳を過ぎてもいまだ独身で仕事に専念している女性が多くなっています。

女性の今の暮らし

結婚したとしても共働きの女性も多く、家事に協力的な夫も増えてきているのでお互いに役割を分担しながら結婚生活を過ごしているケースも珍しくありません。そういった理由で外で働く女性が年々増加していると思われます。

女性にとっての本当の幸せとは

結婚し、家庭を持って夫と新しい暮らし「生活」をする。そして出産して子育てをするということは女性にとっては最大の幸せです。若い内に出産をしておくと体力的にも育てやすいと思います。しかしまだ経済的には余裕がなかったり、まだ色々やりたいことがあるのに育児を優先した結果、

他にやりたい事をあきらめざるを得ないといったことで将来の選択肢に悩む女性も多いと思います。ただ若い内だと親の年齢も若く、経済的に援助してくれる場合があるのでやはり年齢が若い時に子供を産んでおいた方がいいという考えもあります。

女性にとってますます暮らしやすい世の中に

安倍内閣で掲げた一億総活躍社会により、少子高齢化に歯止めを掛けるために子育て支援などで更に女性が外で働きやすい環境になってきています。昔と違い夫にも育児休暇が与えられ、経済的にも心配しないで子育てに専念することが出来ます。

働く女性が増えてくると男性と違い、給料の使い方として服装やメイク、髪型やエステなどのお洒落ビューティーの分野での消費。あとお金の使い方としてショッピングモールでの買い物やワンランク上のライフスタイルのために暮らしのアイテムとして家電や家具を買ったり、食料品でも高級なものでも購入するようになるので経済効果としても貢献します。

男性のお金の使い方として趣味などに消費したりもしますが、女性の方が幅広く人付き合いなどでのお金の使い方であるなど、多趣味な女性が多いのでお金の消費率が高くなり暮らしの水準も上がってくるので経済活性化にも繋がっていきます。

なので女性が外で働くようになると暮らしにも変化が起きていきます。夫の給料だけだとどうしても生活費に重点を置いてしまいますが、自分の給料があるのでお金の使い方として好きな趣味や人付き合いなどにも消費する余裕が出来るので生活に幅が出来てきます。

女性がどんどん社会に進出していくと、細かい気配りが出来るので過剰労働になりやすい世の中でもサービス残業や有給休暇が取りにくい会社でも女性の意見が通るようになればもっと働きやすく、暮らしやすい環境になってくると思います。

そういったことで働く女性が輝くための豆知識として、女性がバリバリ外で働くためにはまずプライベートが充実していることが大事ということになります。女性は家庭を守ることも必要なので育児や家事などをちゃんとこなすことが出来る環境であることが必要になってきます。

その上で自分のプライベートの時間も必要ですし、ショッピングや買い物などに充てる時間も必要になってくるのでその点を充実させることも必要ということです。

その為には協力をしてくれる夫も必要ですし、完全週休二日制など休みを適度に与えてくれる会社も必要になってきます。なかなか会社によっては休暇が取りにくいところもあるので会社選びにも気を付けなければいけませんですし、夫も共働きに理解して協力してくれるかどうかは分かりません。

しかしそのプライベートの充実は働く女性が輝くためには必要になってくるのである程度でもいいので育児と家事、そして自分の自由な時間を持てるように夫や会社にも相談して話し合って協力してもらえるように交渉するのが先決です。豊かな暮らしと自分の時間の有意義な使い方としてもプライベートの充実にはとても重要になります。

女性がいつまでも輝かしく働くために・まとめ

≪まとめ≫・お金の使い方としてエステやネイルなど自分をリラックスさせるようなビューティー分野に消費する・ショッピングやワンランク上のライフスタイルとしてのアイテムを購入。育休や週休二日制など働く女性に配慮がある会社を選び、

もしくは会社に相談・夫に共働きとして家事や育児などについて協力してもえうようによく話し合う・以上のことでプライベートも充実していれば素晴らしい環境でいつまでも輝かしく女性が外で働くことが出来るんではないでしょうか。

関連する記事はこちらから

Thumb苦情を英語で伝える!ビジネスでクレームを丁寧に伝える例文まとめ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-09-21 時点

新着一覧