離乳食にはきなこがおすすめ!栄養満点のレシピでバランスの良い食事を

離乳食にきなこは使っていますか?きなこは栄養満点でぜひお子様に摂っていただきたい、離乳食には大切な食材です。色々なメニューにも使えるので便利な食材でもあります。今回は、離乳食にはきなこがおすすめ!栄養満点のレシピでバランスの良い食事をまとめてみました。

離乳食にはきなこがおすすめ!栄養満点のレシピでバランスの良い食事を

目次

  1. 離乳食にはきなこがおすすめ!
  2. 離乳食初期:「きなこバナナ」
  3. 離乳食初期:「きなこ粥」
  4. 離乳食中期:「きなこのミルクパン粥」
  5. 離乳食中期:「きなこヨーグルト」
  6. 離乳食中期:「きなこ蒸しパン」
  7. 離乳食中期:「かぼちゃのきなこ団子」
  8. 離乳食後期:「きなこボール」
  9. 離乳食後期:「きなこホットケーキ」
  10. 離乳食後期:「きなこで食べる豆乳寒天」
  11. 離乳食後期:「きなこビスケット」
  12. 離乳食きなこのレシピまとめ

離乳食にはきなこがおすすめ!

きなこは、基本的には大豆を炒って振るい分けして作られる粉末のことを言い、大豆のそのままの栄養が摂れると言われています。きなこには、大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンとは、女性ホルモンの働きと似ているもので更年期障害などの予防効果があります。

お子様にぜひきなこを摂ってほしい理由としましては、まず、風邪予防効果があります。ウイルスなどから守ってくれる働きがあります。もう一つは、便秘解消効果です。老廃物を外に出してくれる働きがあります。ちょっと便秘気味だと感じたら、きなこを食べさせて下さい。

きなこは、小さいお子様からお年寄りまで幅広く摂っていただきたい大切な食材です。今回は、きなこはいつから食べられる?離乳食にいつから使えるの?離乳食のきなこレシピを時期別にご紹介いたします。

離乳食のきなこはいつから初めていいの?

離乳食初期(5~6か月頃から)食べても大丈夫とされています。しかし、きなこの主な原因は大豆なのでアレルギー問題も関わってきます。なので、初めて離乳食で、きなこを食べさせる時は、少量からゆっくり試して下さい。

きなこは、栄養成分が豊富で食べさせたい食材でもありますが、きなこは種類がたくさんありますね。その中でも原料が違うきなこもたくさんあります。お子様に離乳食で食べさせる場合は、商品の原料の所をよく読んで購入するようにしましょう。

離乳食初期:「きなこバナナ」

栄養満点の離乳食きなこレシピ①

糖質、たんぱく質がたっぷりの離乳食です。材料(1回分)は、バナナ50g、きなこ大さじ1、お湯またはミルク少々です。作り方は、バナナは一口大にしてレンジで加熱、すり鉢で潰します。

きなこをお湯で伸ばします(粉ミルクを溶かしたものでも大丈夫です)。潰したバナナと伸ばしたバナナを合わせ、きなこを乗せて出来上がりです。コツやポイントは、調理しやすいバナナをペーストにし、慣れてきたら、きなこをプラスして栄養アップです。お子様が大好きな離乳食ですね。

離乳食初期:「きなこ粥」

栄養満点の離乳食きなこレシピ②

きなこをかけるだけでいつもと違う味が楽しめる離乳食です。白粥に飽きてしまったお子様に、離乳食初期からおすすめです。材料(1人分)は、7~10倍粥小さじ3~5、だし汁大さじ1、きなこ小さじ1~2です。「フリージングお粥」離乳食の進み具合に合わせたお粥を作ったら、フリージングしておくと便利です。

「だし汁」昆布と鰹節でだし汁を作り、大さじ1づつ冷凍保存します。作り方は、フリージングしておいたお粥とだし汁を電子レンジで加熱します。だし汁を加えた分、お粥が柔らかくなります。とろみが足りない場合は水溶き片栗粉を加え電子レンジで加熱します。とろみ付けには、生協の「とろみちゃん」が便利です。

離乳食にはかかせない調味料ですね。水で溶かないで、直接振りかけ混ぜてから電子レンジで加熱します。お皿に盛り付け、きなこをふりかけたら完成です。コツやポイントは、ほんの少しとろみをつけるだけで離乳食を与えやすいし、お子様は食べやすくなります。

離乳食中期:「きなこのミルクパン粥」

栄養満点の離乳食きなこレシピ③

少し食感を残して作ってみるのもいいと思います。きなこはパンにも合います。離乳食にピッタリです。材料は食パン(サンドイッチ用)2分の1枚、ミルク60cc、きなこ小さじ1、さつまいも大さじ1、ニンジン小さじ1です。

作り方は、材料を離乳食中期用に柔らかく煮て細かくして冷凍保存したのを、レンジで加熱して作りました。食パンにミルクときなこを入れてレンジで加熱します。よくかき混ぜます。さつまいも、ニンジンは細かく刻み柔らかく茹でたものをきなこパン粥に盛り付けて出来上がりです。

離乳食中期:「きなこヨーグルト」

栄養満点の離乳食きなこレシピ④

たんぱく質が足りない時に冷蔵庫から入れるだけです。簡単な離乳食です。材料は(1回分)は、プレーンヨーグルト食べる分、きなこ少々です。作り方は、食べさせる少し前にヨーグルトをお皿に入れます。冷たすぎると食べずらいので早めに出します。

きなこを入れて出来上がりです。コツやポイントは、離乳食のたんぱく質のストックが無い時やお皿に入れるだけなので、急いでいる時などにも便利な離乳食です。大人の方でもお好きなメニューです。

離乳食中期:「きなこ蒸しパン」

栄養満点の離乳食きなこレシピ⑤

所要時間15~20分で簡単に作れる離乳食です。材料(小カップ2個分)は、薄力粉20g、ベーキングパウダー1g、牛乳40cc、きなこ小さじ2です。作り方は、フライパンや鍋に少量のお湯を沸かします。

粉類をすべて混ぜ合わせます。牛乳を入れ、よく混ぜ合わせます。フライパンに生地を入れたカップを入れ、蒸します。約8~10分蒸して出来上がりです。きなこで粉っぽくなるので、牛乳は気持ち多めだと赤ちゃんも食べやすい離乳食になると思います。

離乳食中期:「かぼちゃのきなこ団子」

栄養満点の離乳食きなこレシピ⑥

離乳食の手づかみ食べにおすすめです。かぼちゃの甘味とヨーグルトの酸味がマッチしていて、おやつや副菜としても楽しめる離乳食です。材料(1人分)は、かぼちゃ2cm角切り3個、ヨーグルト小さじ1、きなこ適量です。

作り方は、2cmくらいの角切りにしたかぼちゃをレンジで3分くらい加熱します。柔らかくなったらかぼちゃの皮はカットします。かぼちゃを潰したら、ヨーグルトを加えて混ぜます。1口大に丸めて、表面にきなこをまぶして出来上がりです。美味しくて何個も食べたくなる離乳食ですね。

離乳食後期:「きなこボール」

栄養満点の離乳食きなこレシピ⑦

離乳食後期は手づかみ時期です。簡単に作れてパクパク食べられる離乳食です。材料は、おかゆ(5倍粥~軟飯)適量、きなこ適量です。作り方は、おかゆを赤ちゃん用スプーン1杯分すくってお椀などに入れてきたきなこにコロコロまぶします。

ラップに取り出し、指でコロコロと形を整え、少し固めます。再度、きなこをまぶして出来上がりです。コツやポイントは、たくさん作って、冷蔵、冷凍しておけば食べる前にレンジで加熱してあげられます。その際、しっかり熱を入れてよく冷まして下さいね。

離乳食後期:「きなこホットケーキ」

栄養満点の離乳食きなこレシピ⑧

離乳食後期にピッタリのメニューです。材料(手のひらサイズ1枚分)は、ホットケーキミックス大さじ2、豆乳または牛乳大さじ2、きなこ小さじ1、バター少量です。

作り方は、全て材料を混ぜ合わせます。フライパンに薄くバターを塗り、材料を流し入れます。プツプツしてきたら、裏返して出来上がりです。コツやポイントは、フライパンを1度冷やすといいですね。

離乳食後期:「きなこで食べる豆乳寒天」

栄養満点の離乳食きなこレシピ⑨

離乳食後期用のレシピです。きなこと豆乳と寒天よせが好きなお子様におすすめです。材料(大人1人プラス子供1人分)は、豆乳200cc、砂糖大さじ1、棒寒天3cm、きなこ適量です。作り方は、寒天は水につけて戻します。豆乳を鍋に入れ、温めます。フツフツしてきたら、お砂糖を入れて焦げないように混ぜます。

戻した寒天を小さくちぎって入れ溶けるまで混ぜます(沸騰してきたら火を弱めるか消して下さい)溶け切ったら粗熱をとってからタッパーに入れます。冷蔵庫に入れて冷やし固めます。固まったらラップまたはフタをします。適当にスプーンですくってきなこをかけて出来上がりです。コツやポイントはタッパーに流し入れた後何回かトントンとタッパーを落とすと中の空気が抜けます。

離乳食後期:「きなこビスケット」

栄養満点の離乳食きなこレシピ⑩

ビスケットはいつからいいの?と思いませんか?今回ご紹介いたしますレシピは、素朴な味で米粉使用によって固すぎず、ちょうど噛む練習にもなる最適な固さの離乳食です。なので離乳食後期から食べられます。材料は米粉(薄力粉でも)130g、きなこ10g、砂糖(今回はきび砂糖)30g、卵1個、バター(サラダ油でも)10g、豆乳(牛乳でも)大さじ3です。

作り方は、卵、砂糖、豆乳を泡立て器でよく混ぜ、さらにレンジで完全に溶かしたバターを投入しよく混ぜます。米粉で作ると結構生地がぼろぼろして、まとまらないですがぼろぼろしてもラップ上でぎゅっとまとまれば大丈夫です。米粉ときなこを卵などが入っているボウルに投入し、ヘラでさっくり混ぜます。生地をまとめたら冷蔵庫で10分冷やします。

ラップ上で麺棒で生地を伸ばし、ラップ上で包丁で切り分けます。ラップを開けフォークで穴を開けます。型をとってももちろんいいです。オーブンで180度で20分焼き、よく冷やしたら出来上がりです。コツやポイントは、粉の種類によって硬さが微妙に変わります。薄力粉の場合、米粉よりまとまりやすいので豆乳や牛乳無しで大丈夫です。

離乳食きなこのレシピまとめ

離乳食きなこのおすすめ栄養満点レシピといつから始めても大丈夫なのかご紹介いいたしましたが、いかがでしたでしょうか?月齢が進むにつれて離乳食を食べられる量や食材が増えます。きなこと一緒に混ぜたりして離乳食を作ってみてはいかがでしょうか。体に良い食材なので、ぜひ食べさせてあげて下さい。

「離乳食」についてもっと知りたいあなたへ

Thumb離乳食のチーズはいつから?カッテージチーズから進めるおすすめレシピ
Thumb離乳食にキャベツはいつから大丈夫?裏ごしやペーストの作り方や簡単レシピ
Thumb離乳食で納豆はいつから大丈夫?赤ちゃんもおいしいおすすめレシピ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-12-03 時点

新着一覧