離乳食に里芋はいつから使える?レンジで出来る簡単おすすめレシピは?

離乳食に里芋はいつから使えるのか気になりませんか?サツマイモなどは離乳食初期から食べられるので里芋も大丈夫かと思いきや、里芋はアレルギーが出やすく粘りがすごいので初期には向いていません。今回は離乳食に里芋はいつから使えてレンジでのおすすめレシピをまとめました。

離乳食に里芋はいつから使える?レンジで出来る簡単おすすめレシピは?

目次

  1. 離乳食に里芋はいつから?
  2. 離乳食に使う里芋の簡単な下ごしらえとは?
  3. レンジ簡単離乳食レシピ①「里芋グラタン」
  4. レンジ簡単離乳食レシピ②「里芋とベーコンの揚げないコロッケ」
  5. レンジ簡単離乳食レシピ③「里芋のお粥」
  6. レンジ簡単離乳食レシピ④「野菜いっぱいの里芋お焼き」
  7. レンジ簡単離乳食レシピ⑤「里芋入りの筑前煮」
  8. 手づかみで離乳食!「里芋のお好み焼き」
  9. 離乳食後期のおかず!「里芋と鶏の煮物」
  10. 離乳食後期!「里芋の土佐煮」
  11. 離乳食に里芋はいつから使えるのか!まとめ

離乳食に里芋はいつから?

離乳食に里芋を取り入れて大丈夫なのはいつからか気になりますよね。里芋は離乳食中期(7~8か月頃)からがいいといわれています。ただし、大人の方でも皮を剥いたりなどの下ごしらえをした際に手がかゆくなったりすることありますよね。里芋はアレルギー症状が出る可能性があるのです。

離乳食で里芋をお子様に食べさせる時は、口の周りがかゆくなって赤くなったり、かぶれたりすることがある可能性もありますので、様子を見ながら、離乳食で里芋を始めて食べさせる場合は、少しづつ食べさせるようにして下さい。

里芋は、熱中症予防、便秘解消、貧血予防などの効能がありますので、アレルギーが出ないようでしたら離乳食に摂り入れて食べさせてあげて下さい。今回は離乳食に里芋を使った簡単なレンジレシピをご紹介いたします。

離乳食に使う里芋の簡単な下ごしらえとは?

里芋は電子レンジで簡単に下ごしらえができます。まず里芋を好きなだけ準備します。里芋を洗って泥を落とします。耐熱皿に並べて、ラップをせずに電子レンジで加熱します。大体600wで里芋1~2個(100g)につき1分半~2分が目安です。

少し冷めたら、両端を切り落としてキッチンペーパーなどで里芋を抑えて、皮を引っ張るように剥きます。コツやポイントは、途中で里芋の上下をひっくり返すと均等に熱が入ります。竹串などで刺すと中まで柔らかくなったか確認できます。離乳食に使う場合は、ここから月齢に合わせてすり潰したりして、使わない分は冷凍保存でストックして下さい。

レンジ簡単離乳食レシピ①「里芋グラタン」

電子レンジで簡単に里芋離乳食が作れるおすすめレシピを5つご紹介いたします。調理の仕方によって、ホクホクしたり、ねっとりしたり色々な食感が楽しめます。離乳食にいかがでしょう。

レンジとトースターで簡単時間短縮です。鍋いらずで、離乳食にピッタリです。材料(1人分)は、里芋(調理済み・冷凍)5個、牛乳150ml、味噌大さじ2分の1、パン粉適量、チーズ適量です。作り方は、里芋は耐熱容器に入れて電子レンジで加熱します。

里芋に牛乳と味噌を入れて里芋を潰しながら混ぜます。ねっとりしてきたら、チーズとパン粉を乗せてトースターで焦げ目がつくまで焼いて離乳食里芋グラタンの出来上がりです。コツやポイントは、鶏肉や玉ねぎ入りの離乳食里芋グラタンでもすごく美味しいです。

レンジ簡単離乳食レシピ②「里芋とベーコンの揚げないコロッケ」

里芋の水煮を使ったレンジでチンの簡単離乳食レシピです。材料は、里芋の水煮100g、玉ねぎ2分の1個、ベーコン少量、パン粉大さじ1~2、片栗粉大さじ1、無添加コンソメ小さじ2分の1です。作り方は、パン粉はフライパンで約3分半程、乾煎りして茶色にしておきます。

玉ねぎとベーコンはみじん切りにしてボウルに入れ、ラップをせずに600w2分30秒加熱します。里芋の水煮をボウルに加え、ラップをして600wで1分30秒~2分加熱して柔らかくして潰します。温かいうちに片栗粉、コンソメを加えて混ぜます。小さじ1づつラップで丸め、フライパンに投入してフライパンを振ってパン粉を全体に付けたら離乳食の出来上がりです。

コツやポイントは、里芋は生からチンする場合は600w5~6分です。玉ねぎのシャキシャキが嫌いなお子様の場合は、里芋を加えてから更にチンして下さい。お好みで里芋と玉ねぎは別にチンして下さい。簡単に離乳食を作れるのは嬉しいですね。

レンジ簡単離乳食レシピ③「里芋のお粥」

里芋はレンジでチンでとっても簡単な離乳食です。材料(10回分くらい)は、ご飯大さじ山盛り2、里芋1個、醤油小さじ2分の1、鰹節と昆布でとった出汁50cc~です。作り方は、里芋は洗って水気を少し含ませてサランラップに包みます。

レンジで3分くらい様子を見ながら、里芋が柔らかくなるまで加熱します。里芋の皮を剥き、他の全材料と一緒にミキサーに数秒かけるだけで離乳食の出来上がりです。(ミキサーが無ければ、すり鉢ですりつぶすだけです)コツやポイントは、里芋は皮つきのままレンジで加熱すると、するっと皮が剥きやすくなります。

レンジ簡単離乳食レシピ④「野菜いっぱいの里芋お焼き」

柔らかな里芋と、シャキシャキした野菜がベストマッチです。野菜を細かくしてレンジで加熱すれば離乳食になります。材料(2人分)は、里芋5~6個、ごぼう10cm、人参6分の1本、めんつゆ適量、みりん適量、山椒少々、大根適量、きゅうり適量、赤黄色トマト適量、ゴマ塩適量、ごま油適量です。作り方は、レンジ用の容器に洗った里芋を入れます。

レンジで、柔らかく潰せるように加熱します(里芋やレンジによっても違いますが、10分前後が目安です)。ラップで団子が出来る柔らかさです。ごぼう、人参を細かく切ります。里芋と細かく切った野菜をまとめます。フライパンにごま油を入れ両面ひっくり返してしっかり焼きます。調味料を回し入れしっかり味を付けます。

添え物もきゅうりと大根をピューラーで切ります。赤黄色のトマトも切り、お皿に盛りゴマ塩を振ります。しっかり味付けした里芋団子もお皿に盛り離乳食の出来上がりです。野菜を衣に焼くと香ばしいと思います。このやり方もチャレンジしてみて下さい。焼くときにあまりいじらないようにします。

レンジ簡単離乳食レシピ⑤「里芋入りの筑前煮」

仕上げはレンジでチンで野菜がだし汁を吸ってくれます。野菜たっぷりで食物繊維が豊富な離乳食です。材料は、人参20g、里芋20g、ごぼう5g、いんげん5g、しいたけ5g、だし汁30cc、醤油5滴です。

作り方は、全部の野菜を茹でます。柔らかく茹でたら食べやすい大きさに切ります。耐熱容器にすべての材料を入れてレンジで加熱して離乳食の出来上がりです。(500wで2分ほどでも)コツやポイントは、シイタケは繊維が多く食べにくいので他の食材よりも細かく刻んで下さい。

手づかみで離乳食!「里芋のお好み焼き」

電子レンジ以外の調理法ですが、簡単に美味しく里芋の離乳食が作れます。3つほどご紹介いたします。

里芋の出汁が良い味を出しています。材料(生地)は、米粉大さじ2程度、キャベツ4分の1枚、人参少し、長ネギ2cm程度、納豆(ひきわりだと楽)2分の1パック、里芋の煮っ転がしの残り(なくても可)1つ、ふりかけ適量、水、塩ほんの少し、(タレ)は、離乳食用和風だしの素1回分、醤油数滴(香り付け)、お湯(和風だしの素の分量に従う)

片栗粉適量、(トッピング)鰹節(なくても可)適量、青のりなど(なくても可)適量です。作り方は、キャベツ、人参、長ネギをみじん切りにしてシリコンスチーマーに入れ600wで1分加熱します。1分そのまま蒸らします。みじん切りが面倒な方は、野菜の素を代用してもいいです。納豆がひきわりでない場合は包丁でたたきます。

里芋の煮っ転がしをよく潰します。野菜、納豆、里芋を混ぜ合わせ、子供用のふりかけをご飯にかける用量でかけます。塩、米粉を混ぜ合わせます。(主食にする方は米粉は2倍入れて下さい)水を米粉の袋に書いてある割合より少し多めに入れます。目分量で入れてもかまいません。

普通のお好み焼きの生地より少し緩めになったら、フライパンに油を薄くひき、手づかみしやすいように細長く焼きます。蓋がある場合は蓋をして、両面しっかり焼いて下さい。和風だしの素をお湯でときそこに醤油を加えます。さらに片栗粉を混ぜ合わせ、600wで10秒加熱しさらに混ぜとろみがついたら離乳食の出来上がりです。

離乳食後期のおかず!「里芋と鶏の煮物」

冷凍ストックをチンするだけです。離乳食にピッタリです!材料(1食分)は、里芋(冷凍ストック)15g、人参・シイタケ(冷凍ストック)20g、鶏(冷凍ストック)5g、だし10ml、みそ少量です。

作り方は、みそ以外の材料(冷凍ストック)を耐熱皿に入れ、600wで1分加熱します。少量のみそを溶かして、好みの熱さまで加熱して離乳食の出来上がりです。

離乳食後期!「里芋の土佐煮」

離乳食後期にピッタリです。材料(1人分)は、里芋20g、人参10g、油小さじ5分の1、出汁大さじ2と3分の2、砂糖小さじ5分の1、醤油小さじ5分の1、塩少々です。

作り方は、里芋は5mm厚さのイチョウ切りにし、サッと茹でます。人参は5mm厚さのイチョウ切りにし、里芋と人参を軽く炒め出汁を加えて柔らかく煮ます。調味料を加え、煮汁が少なくなるまで煮たら離乳食の出来上がりです。コツやポイントは、里芋の土佐煮に合うメニューは、鮭のマヨネーズ焼きとブロッコリーのごま和えです。

離乳食に里芋はいつから使えるのか!まとめ

離乳食に里芋はいつから使えるのか、レンジで簡単なおすすめ離乳食レシピをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。里芋は和食のイメージがあると思いますが、洋食やお菓子などにも使えます。栄養素がたくさんあります。ぜひ、離乳食で作って食べさせてみてはいかがでしょうか。

「離乳食」についてもっと知りたいあなたへ

Thumb離乳食の牛乳はいつから大丈夫?加熱や冷凍方法など知っておきたい進め方
Thumb離乳食にだしはいつからOK?赤ちゃんの舌を育てるだしの作り方や取り方
Thumb離乳食のチーズはいつから?カッテージチーズから進めるおすすめレシピ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-16 時点

新着一覧