離乳食の初めての食材選び!食べさせ方やはじめ方はどうする?

初めての離乳食のときに役立つ食材や食べさせ方についてまとめました。野菜や卵など初めての離乳食に使う食材の食べさせ方には工夫が必要になります。初めての離乳食でも上手な食べさせ方にできるように野菜や卵といった食材についてチェックしていきましょう。

離乳食の初めての食材選び!食べさせ方やはじめ方はどうする?

目次

  1. 初めての離乳食に役立つ食材や食べさせ方を知りたい!
  2. 初めての離乳食はいつ頃からはじめる?
  3. 初めての離乳食の食べさせ方はどうする?
  4. 初めての離乳食に慣れてきたら野菜にチャレンジ
  5. 初めての離乳食に慣れた後におすすめの食材
  6. 初めての離乳食で卵はOK?
  7. 初めての離乳食の食材にチャレンジするときの食べさせ方
  8. 初めての離乳食で避けておきたい食材
  9. 離乳食は冷凍保存しておくと便利!
  10. 初めてにぴったりな野菜などの食材を離乳食に取り入れていこう!

初めての離乳食に役立つ食材や食べさせ方を知りたい!

初めての離乳食はとても大切

初めて離乳食を子供に与える場合、使用する食材や食べさせ方はとても大切になります。離乳食には段階があり、それをしっかりと考えながら与えないと子供の体調不良やアレルギーなどにつなげる可能性もあるので気をつけましょう。段階をしっかり踏んで離乳食を与えれば子供の健全な成長につなげることができるので、十分に管理しておきたいですね。

初めての離乳食だったとしてもきっちり段階を踏んでいけば子供に悪影響を与えることなく進められるので親もあまり緊張することなく進めたいきたいですね。離乳食は子供に「食べるのは楽しい!」と思ってもらうためにも大切な段階になるので、美味しい離乳食を準備しながら初めての離乳食シーズンを乗り切っていきましょう。

食べさせ方や食材を工夫して初めての離乳食に挑もう!

「初めての離乳食の食べさせ方はどうすれば良い?」「野菜や卵など初めての離乳食で食べさせない方が良いものはある?」といった場合に役立つ初めての離乳食情報についてまとめました。初めての離乳食だったとしてもポイントをおさえておけば安心。子供の成長に合わせてぴったりの離乳食を与えながら成長のサポートをしてあげてくださいね。

初めての離乳食はいつ頃からはじめる?

座れるようになっている

それでは、まずは離乳食をはじめる目安についてチェックしていきましょう。離乳食をはじめる時期は大体月齢5ヶ月くらいと言われていますが赤ちゃんの様子を見ながら判断することが大切です。5ヶ月になったとしても赤ちゃんの準備ができていない場合は離乳食ははじめない方が良いので様子をしっかり見ながらはじめていきましょう。

離乳食をはじめる目安としてあげられるのがしっかりと座れるようになっているかどうかということ。赤ちゃんがベビーチェアに自立して座れるようになっていれば離乳食を与えられるようになっています。もし、まだ座ることができないようだったら様子を見ながらスタートする時期を決めてくださいね。

食べ物に興味を出す

大人が食べている食べ物に興味を持ったり、口をもぐもぐさせるような様子を見せている場合も離乳食を始める時期の目安。ミルク以外の食べ物に興味を持つことによって、離乳食を食べる準備が赤ちゃん自身にできているサインになります。食事をしているときに食べたそうな様子を見せるようになったら離乳食をはじめる準備をしても良いでしょう。

Thumb離乳食のおかゆレシピ!10倍粥から軟飯までを炊飯器やレンジで簡単に

初めての離乳食の食べさせ方はどうする?

初めての離乳食は10倍粥を小さじ1杯から

初めての離乳食はいきなりたくさん食べさせると赤ちゃんの体調不良の原因になるので気をつけましょう。離乳食は少しずつ与えながら段階を踏むことが大切になります。初めての離乳食で食べさせるのは10倍粥。10倍粥を作ったらしっかりと裏ごしをしてペースト状にします。そうして作った10倍がゆをまずは小さじ1杯から与えてください。

1日目の離乳食は10倍粥を小さじ1杯のみにして、あとはいつも通りミルクを与えるようにしましょう。このように徐々に食器を使って離乳食を食べるということを教えていくのが離乳食の大切なポイントになります。

徐々に量を増やす食べさせ方にしよう

1〜2日目は10倍粥を小さじ1、3〜4日目は10倍粥を小さじ2といったようにだんだん離乳食の量を増やしていきます。小さじ1ずつ増やしていくことによって、徐々に赤ちゃんも離乳食に慣れてくるので様子を見て進めてくださいね。10倍粥に慣れてきたら野菜などの食材も少しずつ離乳食に取り入れて進めていきます。

Thumb離乳食にだしはいつからOK?赤ちゃんの舌を育てるだしの作り方や取り方

初めての離乳食に慣れてきたら野菜にチャレンジ

10倍粥に慣れてきたら野菜を取り入れる食べ方にしよう

10倍粥に慣れてきたら野菜を取り入れていきましょう。野菜は10倍粥のようにしっかりとペースト状にするのがポイント。赤ちゃんはまだ咀嚼に慣れておらず、消化機能も整っていないので離乳食の粒が残っているとお腹の調子が悪くなってしまうことがあります。ペースト状に裏ごしした野菜を少しずつ与えながら様子を見て離乳食のバリエーションを増やしてみてくださいね。

初めての離乳食におすすめの野菜

それでは、初めての離乳食におすすめの野菜をチェックしていきましょう。初めての離乳食におすすめなのが甘みの強いカボチャや人参といった野菜です。ほうれん草もおすすめ。他にはカブや玉ねぎ、大根、カリフラワー、トマトなどの野菜が離乳食にぴったり。トマトは湯むきをして種をとる必要があるので離乳食に使う場合は気をつけてくださいね。

かぼちゃをはじめとした甘みを感じられる野菜は赤ちゃんでも食べやすいのでぜひ離乳食に取り入れてみてはいかがですか。少しずつ離乳食に野菜を増やして食べられるバリエーションを増やしていきましょう。赤ちゃんが食べるのが楽しい!と思えるような離乳食の工夫をプラスしていきたいですね。

初めての離乳食に慣れた後におすすめの食材

白身魚や豆腐といった食材を取り入れよう

野菜の離乳食に慣れてきたらタンパク質も離乳食に取り入れるようにしていきましょう。初めての離乳食におすすめなのが豆腐や白身魚といったタンパク質です。これらの食材なら脂身がほとんどないので消化機能が発達していない赤ちゃんでも安心して離乳食に入れることが可能。小さじ1から徐々に離乳食の中に混ぜて、赤ちゃんに食べさせてみてくださいね。

しっかりとすりつぶした食べさせ方にする

豆腐や白身魚も野菜や10倍粥と同じようにしっかりと裏ごしをしていくことが大切になります。裏ごしをして滑らかな状態にしてから離乳食に混ぜて入れていきましょう。離乳食初期の段階はなんでもすりつぶして与えるのが鉄則なので気をつけてくださいね。月齢が上がってきたら離乳食に食感を感じられるようにしていきましょう。

初めての離乳食で卵はOK?

卵は離乳食中期に入ってから

良質なタンパク質として知られている卵ですが、初めての離乳食に入れても良いのでしょうか?答えはNG。卵はアレルギーを起こす可能性が高いので離乳食初期に与えるのはやめておきましょう。離乳食中期に入ってから徐々に気をつけながら卵を与え始めるのがポイント。初めて離乳食で与えるときは卵のアレルギーに注意してくださいね。

最初は卵黄のみ与える

離乳食中期に入った後、卵を与える場合は黄身から与えます。卵の白身の部分にはアレルギーを引き起こす可能性が高い成分が含まれているので離乳食中期に入ってからも与えないようにしましょう。卵黄はしっかりとすりつぶして離乳食で与えます。卵黄が離乳食で食べられるようになってから1ヶ月後くらいに全卵を小さじ1程度から与え始めてくださいね。

初めての離乳食の食材にチャレンジするときの食べさせ方

初めての食材は午前中にあげる食べさせ方にしよう

初めて離乳食で与える食材がある場合は、与える時間も大切。初めての離乳食の場合は午前中に与えましょう。アレルギーなどの反応は離乳食を与えてから数時間後に現れる場合もあるので午後に与えて異変が起きてもすでに病院がしまっていた、ということがありえるからです。万が一のことを考えて病院に行ける午前中に与えてくださいね。

異変があらわれたら病院へ

初めての食材が入った離乳食を与えてから数時間は赤ちゃんの様子を見ましょう。顔が赤くなるなどの異変が見られたらすぐに病院へ行きます。その後は医者の意見を聞きながら離乳食に使う食材を決めていくのがおすすめ。

初めての離乳食で避けておきたい食材

乳児ボツリヌス症の原因となるはちみつ

離乳食を作る場合に気をつけておきたい食材についてもチェックしておきましょう。まず離乳食で気をつけたいのがはちみつ。はちみつにはボツリヌス菌が含まれており、これが乳児ボツリヌス症を引き起こす原因になることがあります。1歳未満の子供の離乳食には絶対に入れないようにしてくださいね。

アレルギーを起こしやすい牛乳

牛乳もアレルギーを起こしやすい食材なので離乳食初期に与えるのはやめておきましょう。離乳食中期〜後期に入ったくらいから加熱した牛乳を少しずつ与えながら様子を見ます。牛乳が大丈夫そうならホワイトソースなどの離乳食に活用していきましょう。

Thumb離乳食の牛乳はいつから大丈夫?加熱や冷凍方法など知っておきたい進め方

離乳食は冷凍保存しておくと便利!

離乳食の手間を減らせる冷凍保存

離乳食は毎回作るのが大変なので冷凍保存するのがおすすめ。冷凍保存しておけば離乳食作りの手間をぐっと減らすことができます。

簡単にできる冷凍保存方法

離乳食を作ったら製氷皿に入れて冷凍しましょう。冷凍できたらジッパー付き保存袋で密閉して冷凍庫に入れて完了です。だいたい1週間ほど持つので、時間があるときにまとめて離乳食を作るのがおすすめ。与える場合は必ず加熱をして解凍します。常温解凍だと細菌が繁殖する可能性があるので気をつけましょう。

Thumb離乳食の冷凍方法!作り置きの保存の仕方や期間・解凍のやり方を伝授

初めてにぴったりな野菜などの食材を離乳食に取り入れていこう!

離乳食は子供の成長に合わせながら進めていくことが大切になります。初めての食材は様子を見ながら少しずつ与えていくことが大切。アレルギー反応が見られたらすぐに病院へ行ってくださいね。また、なかなか離乳食が進まなくても焦らないことも重要です。子供が楽しく食べられるように工夫をしながらマイペースで離乳食を与えていきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-19 時点

新着一覧