離乳食6ヶ月目の進め方や量は?食べない時に知っておきたいポイント

離乳食6ヶ月目にぴったりな食材やメニュー、分量についてまとめました。離乳食6ヶ月目に入っても食べない食材がある場合の対処法についてもご紹介します。離乳食6ヶ月目に入ったら知っておきたい食材やメニュー作り、量について学んでいきましょう!

離乳食6ヶ月目の進め方や量は?食べない時に知っておきたいポイント

目次

  1. 6ヶ月目の離乳食のメニューや食材について知りたい!
  2. 離乳食がはじまるのは5ヶ月〜6ヶ月目から
  3. 6ヶ月になったらチェックしておきたい!離乳食のステップ
  4. 6ヶ月の子供の離乳食に入れたい糖質の分量
  5. 6ヶ月目の子供の離乳食に入れたい野菜や果物の量
  6. 6ヶ月に入った子供に与えたいタンパク質系の食材の量
  7. 6ヶ月になったら2回食の離乳食メニューにしていこう
  8. 離乳食を食べない子供の対処方法は?
  9. 離乳食を食べない場合はこんな方法も対処として使える
  10. 6ヶ月の離乳食のメニューや食べない時の対処法をチェックしよう

6ヶ月目の離乳食のメニューや食材について知りたい!

6ヶ月目に入ったら離乳食は次の段階へ

月齢6ヶ月になったら離乳食もそろそろ次の段階へと進む時期になります。月齢5ヶ月目から離乳食を始めている場合は1ヶ月を目安にステップアップしてみてはいかがですか。

そんな時に知っておきたいのが6ヶ月の子供の離乳食のメニューの作り方や食べさせておきたい食材について。基本的な情報をしっかりとおさえておくことで6ヶ月の子に栄養バランスの整った離乳食を与えられます。

6ヶ月の離乳食のメニューや分量についてチェックしよう

「月齢6ヶ月になったら離乳食はどうすれば良い?」「6ヶ月の子供にぴったりの離乳食の食材やメニューについて知りたい!」という場合にぴったりな離乳食情報についてまとめました。離乳食は子供の健康的な体を作るために欠かすことができないので、基本情報を知っておくことが大切。6ヶ月の子供が美味しく食べられる離乳食を作っていきましょう。

Thumb離乳食の野菜スープの作り方!初期でもOKの超簡単おすすめレシピは?

離乳食がはじまるのは5ヶ月〜6ヶ月目から

10倍粥小さじ1杯からはじまる離乳食

離乳食がはじまるのはだいたい5ヶ月目くらいからになります。離乳食を食べられるような状態になったら離乳食を取り入れてみてくださいね。離乳食をはじめるかどうか判断するためにチェックしておきたいのが子供がベビーチェアに座れるかどうかということ。座れないと離乳食を食べられないので、ちゃんと座れられるかチェックしましょう。

また、大人の食事に興味を持ったりもぐもぐする動作を見せはじめたら離乳食をスタートさせる時期。こういった状況を判断して離乳食が始められそうだったら10倍粥から離乳食をはじめます。まずは裏ごしした10倍粥を小さじ1杯から始めていきましょう。様子を見て離乳食の段階を進めていきます。

子供の成長段階に合わせて進めよう

だいたい月齢5ヶ月目くらいから離乳食を始めるのが一般的ですが、子供の様子を見ながら判断することが大切。ちゃんと子供が離乳食を食べられるような状態でない場合、無理して食べさせても意味がありません。もし5ヶ月になってもまだ早いと感じた場合は6ヶ月を目安に離乳食をスタートさせてもOK。子供の成長に合わせて進めてくださいね。

Thumb離乳食のおかゆレシピ!10倍粥から軟飯までを炊飯器やレンジで簡単に

6ヶ月になったらチェックしておきたい!離乳食のステップ

10倍粥になれたら野菜をプラス

それでは、離乳食の基本的なステップについてチェックしていきましょう。まずは10倍粥小さじ1杯からはじめ、ミルクで栄養を補っていきます。10倍粥の量は2日おきくらいに小さじ1杯ずつ増やしてくださいね。10倍粥を食べるのに慣れてきたら、次は野菜を与え始めます。野菜はしっかりと裏ごしをしてペースト状にして食べやすくするのがポイント。

初めての食材を食べさせる場合は午前中に食べさせるのがおすすめ。万が一アレルギー反応が出てしまったとしても午前中であれば病院にすぐ行くことができます。アレルギー反応は数時間後に出る場合もあるので午後に新しい食材を食べさせてアレルギーが出てしまっても病院が開いていない場合があるので要注意。様子を見ながら早めの時間にあげてくださいね。

野菜慣れたらタンパク質系の食材も入れよう

野菜を食べるのに慣れてきたら次はタンパク質系の食材にステップアップします。こちらも裏ごしをしてペースト状にしたものからスタートさせましょう。小さじ1杯からはじめて、子供の様子を見ながら少しずつ増やしていきます。これが5〜6ヶ月目にやっておきたい離乳食の基本的なステップアップ。子供が食べやすい工夫をしながら進めてくださいね。

6ヶ月の子供の離乳食に入れたい糖質の分量

6ヶ月に入って食べられる糖質系の食材

それでは5〜6ヶ月目くらいに離乳食に取り入れておきたい糖質の具体的な種類や量について見ていきましょう。離乳食初期に当たる6ヶ月目は、米やそうめんといった糖質を与えていきましょう。野菜が食べられるようになったらサツマイモやカボチャといった野菜から糖質をとるのもおすすめ。サツマイモやカボチャは甘みが強いので子供も食べやすいです。

6ヶ月になったら30〜50gくらいの量を離乳食に入れよう

まずは小さじ1から離乳食の糖質をスタートさせます。徐々にならさせていき、離乳食を始めた1ヶ月後には30gくらいの糖質を離乳食で食べられるようにするのが目安。離乳食中期が近づく6ヶ月の後半には50gくらいの糖質を離乳食で食べられるようにするとスムーズです。ただし、あくまでも子供のペースに合わせて離乳食を与えてくださいね。

6ヶ月目の子供の離乳食に入れたい野菜や果物の量

6ヶ月目の子供におすすめの食材

おかゆの離乳食に慣れてきたら続いては野菜のステップに入ります。離乳食をはじめたばかりの5〜6ヶ月の時期は口当たりが良く、クセの少ない野菜を離乳食に取り入れるのがおすすめ。人参や玉ねぎ、カブ、カボチャ、サツマイモ、ほうれん草、小松菜といった野菜を離乳食に使っていきましょう。アレルギーが出ないかどうか確認しながら与えてくださいね。

15〜20gくらいの量を離乳食に入れよう

裏ごしをしてペースト状にした野菜を小さじ1杯からスタートさせます。離乳食を始めて1ヶ月経過したら15gくらいの野菜や果物を1日で食べられるようにしましょう。月齢6ヶ月に入って離乳食中期に近づいてきたら20gくらいの野菜と果物を1日で食べられるようにします。子供の様子を見ながら野菜のバリエーションを増やしてみてくださいね。

6ヶ月に入った子供に与えたいタンパク質系の食材の量

離乳食に入れられるタンパク質系の食材

野菜が食べられるようになったら続いてはタンパク質にステップアップしていきます。最初に与えるタンパク質は口当たりが良く、脂身も少ないものを選びましょう。5〜6ヶ月目に与えるのにぴったりなタンパク質は豆腐や白身魚。これらはあっさりとして口当たりが良く、良質なタンパク質が含まれているので子供の成長に役立てることができます。

5〜10gくらいの量を目安に離乳食に入れよう

タンパク質は離乳食を開始してからだいたい3週間後くらいからスタートします。裏ごしをしてペースト状にしたものを小さじ1杯からはじめ、子供の様子を見ながら増やしていきましょう。離乳食をはじめてから1ヶ月後には5gくらいのタンパク質を食べられるようにします。離乳食中期に近づいた頃は白身魚は10g、豆腐だけなら30gくらい食べられるようになっていると良いですね。

6ヶ月になったら2回食の離乳食メニューにしていこう

問題なく離乳食を食べ進められたら2回食のメニューに切り替え

離乳食開始から1ヶ月がすぎて、タンパク質までステップアップすることができたら1回食から2回食にうつります。2回食にすることによって、だんだん食事のリズムをつけていくことが大切。毎日同じくらいの時間に食事をすることができ、子供がスプーンで飲み込むことに慣れてきたくらいが2回食に切り替えるタイミングです。

2回目の離乳食メニューは1回目の1/3くらいの量にする

2回食をはじめる場合、2回目の食事は1回目の食事よりも1/3くらいの分量でスタートします。それから徐々に量を増やしていき、2回食も1回食と同じくらいの分量食べられるようにリズムをつけていきましょう。

離乳食を食べない子供の対処方法は?

食べない食材をおかゆに混ぜる

新しい食材を取り入れた場合、どうしても子供が食べてくれないことがありますよね。おかゆはちゃんと食べられる、というのであれば細かくしておかゆに混ぜてみてはいかがですか。また、バナナをはじめとした果物を食べられるようになっている場合はそういった好きな食材と一緒に与えるのもおすすめです。

食べない時はミルクの時間も調節

ミルクをたくさん飲んでお腹が空いていなかったり、逆にミルクが足りなくてお腹が空いて泣くことで離乳食を食べないことがあります。そういう場合はミルクをあげる時間を工夫しましょう。ミルクをあげてからだいたい3時間後くらいにお腹が空き始めるので、それくらいの間隔をあけてみてはいかがですか。

Thumb子供が離乳食を食べない!イライラしてしまうママにおすすめの対処法

離乳食を食べない場合はこんな方法も対処として使える

だしを効かせる

離乳食初期は味付けをする必要がありませんが、それだと味気なくなってしまうのでだしを効かせるのもおすすめ。だしであれば離乳食初期でも安心して与えられるので風味を加えていきましょう。

だしが効いていればなかなか離乳食を食べない子でも食べやすくなります。最初は昆布だしからはじめて、赤身の魚が食べられるようになったらカツオだしを加えるなど月齢に合わせただしを活用してみてくださいね。

食べない時はみんなで楽しい雰囲気を作る

子供が離乳食を食べてくれないからといって親がイライラしてしまっては雰囲気が悪くなってしまいます。子供はそういったことを敏感に感じているので、ますます離乳食を食べてくれなくなってしまうかもしれません。そうならないように家族みんなで楽しい雰囲気を作ることも大切。離乳食を食べたらたっぷり褒めてあげるなど楽しくなるような工夫を加えましょう。

Thumb離乳食にだしはいつからOK?赤ちゃんの舌を育てるだしの作り方や取り方

6ヶ月の離乳食のメニューや食べない時の対処法をチェックしよう

離乳食は子供の様子を見ながらペースに合わせて進めていくことが大切になります。他の子よりも遅れているからといって焦って離乳食のステップアップをしたとしても子供が食べる準備ができていなければ意味がありません。子供が美味しく離乳食を食べられるように工夫をしながら離乳食作りに励んでみてくださいね。徐々に慣れてくれば美味しく食べてくれるはずです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-16 時点

新着一覧