離乳食に鶏ひき肉はいつからOK?簡単に使えるパラパラミンチを作ろう!

離乳食期に鶏ひき肉はいつから食べられるようになるのか?子供の大好きな鶏ひき肉のハンバーグや鶏ひき肉の肉団子のレシピなどをご紹介します。離乳食でも美味しく鶏ひき肉を食べられるよう保存方法やアレンジなどをご紹介。ぜひ試してみてくださいね。

離乳食に鶏ひき肉はいつからOK?簡単に使えるパラパラミンチを作ろう!

目次

  1. 離乳食で鶏ひき肉はいつから食べられる?
  2. 鶏ひき肉が食べられる離乳食中期とは
  3. 離乳食で使う鶏ひき肉の選び方は?
  4. 離乳食で使う鶏ひき肉の下ごしらえのやり方
  5. 自家製鶏ひき肉が離乳食にはおすすめ!
  6. 下ごしらえした鶏ひき肉は冷凍保存がおすすめ
  7. 鶏ひき肉を使った離乳食におすすめレシピ①
  8. 鶏ひき肉を使った離乳食におすすめレシピ②
  9. 鶏ひき肉を使った離乳食におすすめレシピ③
  10. まとめ:鶏ひき肉を使って美味しい離乳食を作ろう

離乳食で鶏ひき肉はいつから食べられる?

離乳食でお肉を食べられるのはいつから?

お肉などのたんぱく質は血や筋肉を作ってくれるので赤ちゃんの成長を促します。お肉に含まれるビタミンB1はご飯やパンなどの炭水化物の糖質をエネルギーに変えるのに必要なビタミンです。そんなお肉はいつから離乳食に取り入れられるのでしょうか?栄養の沢山あるお肉はいつから離乳食に使えるのかお母さんは疑問になってしまいますよね。

そんなお肉を離乳食で食べられるようになるのは赤ちゃんがおかゆや野菜、白身魚や豆腐などのたんぱく質が食べられるようになった離乳食中期から食べられるようになります。お肉の中でも離乳食で初めて食べるお肉は鶏肉が一般的ですがその鶏肉のなかでも鶏ひき肉は細かくする離乳食にはぴったりのお肉なんです。作る時間の短縮や食べやすさも兼ね備えているんですよ。

Thumb離乳食の献立スケジュール!初月や2ヶ月目のメニューやコツは?

鶏ひき肉が食べられる離乳食中期とは

赤ちゃんの離乳食の進め方

赤ちゃんが鶏ひき肉を食べられるようになる離乳食中期とは生後7ヵ月から8か月ごろの赤ちゃんです。もちろん赤ちゃんの成長によっていつからお肉が食べられるものなどは様々ですが、離乳食では生後5ヵ月から6ヵ月頃に始める離乳食初期、離乳食中期、離乳食後期、離乳食完了期と時期によって分かれており徐々に幼児食へと切り替わっていきます。

離乳食中期とは生後7ヵ月から8ヵ月頃のことを言い、1日2回食になり食べ物の固さは舌で潰せるくらいのものをもぐもぐと食べられるようになることからもぐもぐ期とも呼ばれています。この離乳食中期では全粥を中心とした主食と野菜や果物、魚やお肉、豆腐などのたんぱく質を使ったメニューで1日2回決まった時間に離乳食を食べるようになります。

Thumb離乳食はいつまで?普通食へ大人のご飯を取り分けるポイントとは?

離乳食で使う鶏ひき肉の選び方は?

離乳食中期から食べられるようになる鶏ひき肉は普段使われているスーパーなどでもよく販売されています。スーパーで販売されている鶏ひき肉は脂肪分が多いことがありますので赤ちゃんの離乳食で使うものを選ぶ際には鶏もも肉を使った鶏ひき肉でなく、鶏むね肉を使った鶏ひき肉を選び、なるべく白い脂肪分が多いものは避けて選ぶようにしましょう。

Thumb離乳食にたんぱく質を取り入れよう!簡単レシピやおすすめ食材は?

離乳食で使う鶏ひき肉の下ごしらえのやり方

鶏ひき肉を離乳食で使う際には基本的に下茹でをして脂肪分を取り除いてから離乳食に使います。まずは沸かしたお湯に鶏ひき肉を入れてアクが出てきたらアクを取りながらしっかりと茹でます。鶏ひき肉全体にしっかり火が通ったらざるにあげてしっかり冷まして赤ちゃんが食べやすいようにほぐしておきます。茹でた際に出てくるアクをしっかりと取ることがポイントです。

また離乳食中期で赤ちゃんが初めて鶏ひき肉にチャレンジする際やしばらくの間は鶏ひき肉は茹でるとパサパサになってしまい、口に入れた際に食べにくい場合もありますので茹でてからほぐした鶏ひき肉をさらにすり鉢などですりつぶしたり、包丁で更に細かく刻んであげると赤ちゃんも食べやすくなり、美味しく鶏ひき肉を食べられるようになります。

Thumb離乳食の初めての食材選び!食べさせ方やはじめ方はどうする?

自家製鶏ひき肉が離乳食にはおすすめ!

離乳食には自家製鶏ひき肉を

スーパーなどで販売されている鶏ひき肉は脂肪分が多いものが多く、なかなか白い脂肪分が少ないものを選ぶのにも苦労するときもありますよね。そんな時にはスーパーで販売されている鶏ささみを購入して自家製の鶏ひき肉を作ることも出来ちゃうんです!そして普通に鶏ひき肉を購入するより、鶏ささみを使って自家製鶏ひき肉を作ることで一度に沢山の鶏ひき肉を作ることが出来ます。

離乳食におすすめ!自家製鶏ひき肉の作り方

自家製鶏ひき肉の作り方をご紹介します。まずは鶏ささみを用意します。鶏ささみの筋を取り除き冷凍します。しっかりと冷凍した鶏ささみをすりおろし器ですりおろしたら簡単に自家製鶏ひき肉が出来上がります。また筋を取ってからしっかりと茹でて冷ましたものを冷凍してすりおろし器ですりおろしても離乳食を作る時にさっと使えるのでとても便利です。

Thumb離乳食完了期1歳からの献立は?大人と同じメニューで作れる?

下ごしらえした鶏ひき肉は冷凍保存がおすすめ

スーパーで販売されている鶏ひき肉も、自家製の鶏ひき肉もどちらも下ごしらえが済んだら冷凍保存がおすすめです。さっと使いたい分だけ取り出して鶏ひき肉のハンバーグにしたり煮物にも使えたりと、毎回毎回使う分だけ下ごしらえしてから離乳食の調理に使うとなると手間も増えてしまい、お母さんの負担も増えてしまいますよね。

下ごしらえの済んだ鶏ひき肉は1回分ずつ製氷皿に分けたり、ジップロックなどの冷凍用保存袋にパラパラにした状態で冷凍保存しておくことで使いたいときに使いたい分だけ取り出して調理することが出来ます。また鶏ひき肉を使ったハンバーグなどは鶏ひき肉と他の具材を合わせて成型した状態で冷凍保存しておくとあとは焼くだけなのでとても便利です。

Thumb離乳食6ヶ月目の進め方や量は?食べない時に知っておきたいポイント

鶏ひき肉を使った離乳食におすすめレシピ①

離乳食におすすめ!鶏ひき肉のハンバーグレシピ

ひき肉を使うメニューの定番はやっぱりハンバーグ!大人が食べるハンバーグは牛ひき肉や合いびき肉を使うことがほとんどですよね。ですが赤ちゃんには牛ひき肉や合いびき肉は脂肪分が多くなかなか消化することが出来ませんのでおすすめが出来ません。でも子供の大好きなハンバーグ、赤ちゃんも食べたいですよね。そんな時に使うのが鶏ひき肉を使ったレシピがおすすめです。

鶏ひき肉を使って赤ちゃんが食べるのにヘルシーで美味しいハンバーグを作っていきましょう。まずは下ごしらえの済んだ鶏ひき肉と水切りをしっかりとしたお豆腐、ニンジンやほうれん草などのお好きな野菜を細かく切って食べやすいサイズにしたものをすべてボウルに入れてよく混ぜ合わせます。この時ニンジンなどの火の通りにくい野菜は先にレンジで火を通してくださいね。

鶏ひき肉とお豆腐、野菜などを混ぜ合わせたものを赤ちゃんの成長に合わせたサイズに成型します。手づかみ食べが始まっているお子さんなら手づかみ食べのしやすい形に成型するのも良いですね。ハンバーグの形に成型出来たら油を薄くひいたフライパンに並べて蓋をして両面焼き色がついて中までしっかりと火を通したら美味しいハンバーグの完成です。

Thumb離乳食2ヶ月目のスケジュール!食べる量やおすすめの食材は?

鶏ひき肉を使った離乳食におすすめレシピ②

離乳食のどんなメニューにもアレンジ可能!肉団子レシピ

次に紹介するのは子供の大好きな肉団子レシピ!肉団子は通常豚ひき肉などで作りますが牛ひき肉や合いびき肉と同様豚ひき肉は脂肪分がかなり多く赤ちゃんは上手く消化することが出来ません。でもお子さんの大好きな肉団子は鶏ひき肉でも簡単に作れちゃうんです!何個も一度にたくさん作って冷凍保存しておけば肉団子を使った色んな離乳食メニューに変身します。

まずは下ごしらえの済んだ鶏ひき肉とお豆腐を2:1の割合でボウルに入れます。そこに細かくみじん切りにした玉ねぎをレンジでチンしたものとにんじんをすりおろしたものを加えて混ぜます。さらに片栗粉適量と醤油少々を加え混ぜます。手やスプーンなどを使って小さい団子状にします。沸かしたお湯に入れて浮き上がってきて中までしっかり火が通ったら完成です。

ざるに取り出したものをそのまま使う場合は大丈夫ですが冷凍保存する場合はしっかり水気を拭きとってから冷凍してください。この鶏ひき肉を使った肉団子は例えばトマト風味のスープ、シチュー、肉団子をメインとした煮物など様々な離乳食メニューに加えてアレンジすることが出来ますのでぜひ一度にたくさん作って冷凍保存しておくことをおすすめします。

Thumb離乳食でのミキサーの選び方!簡単レシピや使い方のコツは?

鶏ひき肉を使った離乳食におすすめレシピ③

離乳食におすすめ!鶏ひき肉を使ったそぼろあんかけレシピ

赤ちゃんの離乳食主食のメインとなるのが大体全粥ですよね。でも赤ちゃんが成長するにつれ離乳食で色んな味を覚えてくるとなかなか全粥そのままでは食べなくなるのに悩まされるお母さんも少なくないはず。そんな時には鶏ひき肉を使ったそぼろあんかけでお粥も美味しく完食してくれたらとても嬉しいですよね。そんなそぼろあんかけのレシピをご紹介します。

まずは下ごしらえの済んだ鶏ひき肉と細かくみじん切りにした玉ねぎ、サイコロ状に小さく切ったニンジンを小鍋に入れます。そこにひたひたの水を加えて沸騰させます。玉ねぎとニンジンにしっかりと火が通ったらコンソメまたは和風だしを少量加えます。最初からだし汁で煮ても構いません。そこに醤油を少量加えて更に水溶き片栗粉を加えてとろみがついたら完成です。

この鶏ひき肉を使ったそぼろあんかけはお粥にかけてそぼろあんかけご飯にするのはもちろん、サツマイモやジャガイモを蒸したり茹でたものにそぼろあんかけをかけることでそのままではなかなか食べづらいイモ類も美味しく食べやすくアレンジすることが出来ます。このそぼろあんかけも冷ましたら製氷皿に入れて冷凍保存しておくととっても便利に使うことが出来ます。

Thumb離乳食の時間はいつあげるのがいいの?外出の時はどうする?

まとめ:鶏ひき肉を使って美味しい離乳食を作ろう

鶏ひき肉はいつから離乳食で取り入れられるのか、いつからどんなメニューで離乳食を作ったら良いのかまとめてみるとお子さんが離乳食中期になったらたんぱく質の食材としてぜひ取り入れていきたいお肉。そんなお肉の中でも鶏ひき肉は下ごしらえが済んだらとっても使いやすく、簡単に離乳食のメニューに取り入れやすいものです。ぜひ鶏ひき肉をメニューに取り入れてくださいね

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-29 時点

新着一覧