離乳食初期にさつまいもの調理方法は?ペーストやレンジを使った簡単レシピ

初めての離乳食。何をどうやって食べさせたらいいの?わからないことも解決。さつまいもは離乳食初期から使える優れモノ。喜んでしっかり食べて、すくすく育ってほしい。ママはいろいろと悩みますよね。他の食材とも組み合わせやすいさつまいもの簡単レシピを紹介!

離乳食初期にさつまいもの調理方法は?ペーストやレンジを使った簡単レシピ

目次

  1. 離乳食がスタート!初期からずっと使えるさつまいも
  2. 離乳食づくり、さつまいもの調理方法は?
  3. 離乳食初期(ゴックン期)5~6カ月ごろの離乳食の注意点
  4. 離乳食の進め方と目安量
  5. さつまいもに含まれる栄養は?
  6. 離乳食初期に向いてるさつまいもの選び方
  7. 離乳食作りに重宝するグッズ
  8. さつまいもを使った離乳食初期レシピ、レンジで簡単に作るには?
  9. 離乳食初期・さつまいものペーストがレンジで簡単にできる!
  10. 離乳食初期をレンジで簡単に作ろう!:ミルキーさつまいものレシピ
  11. 野菜の恵み離乳食初期レシピ:さつまいもペースト&野菜スープ
  12. 離乳食初期スイーツレシピ:さつまいもっプルをレンジで簡単に作る!
  13. 免疫力を高める離乳食初期レシピ:かぶ&さつまいものミルキースープ
  14. お豆腐でクリーミーな離乳食初期レシピ:さつまいもの白和え
  15. さつまいもをおいしく保存するには
  16. 医食同源、便秘予防のメニューにさつまいも
  17. 離乳食初期に与えてはいけないもの・食べにくいもの
  18. 離乳食初期に上手に使ってとても便利!ベビーフード
  19. まとめ:離乳食初期にさつまいもの調理方法は?

離乳食がスタート!初期からずっと使えるさつまいも

離乳食初期・中期・後期っていつ?

母乳や粉ミルクをコクコクと一生懸命飲んでる赤ちゃん。口の中に白い歯が見えてくる5か月ごろから、他の食べ物の味や舌ざわりを覚えて唇や舌を使って食べる練習をするのが、「離乳食初期」です。成長の具合はみんなそれぞれなのですが、5~6か月ごろと言われています。離乳食初期にはさつまいもはレンジで蒸したりしてペースト状にして食べることができます。

離乳食中期

モグモグ期とも言われます。ペースト状の離乳食から堅さが少し増して、口の中の筋肉と舌と歯を使って咀嚼(そしゃく)する練習をする時期です。食べられるものの種類もかなり増えてきます。一般的に7~8か月ころです。離乳食は火を通し舌でつぶせる豆腐くらいの固さです。さつまいもペーストはまだまだ大活躍です。

離乳食後期

歯ぐきを使ってかむ練習をするカミカミ期とも言われます。運動量が増えて体が引き締まる9~11カ月ごろです。順調に離乳食が進んでいれば3回食になりますね。離乳食の固さはバナナくらい。さつまいもを柔らかく煮たものを食べることができます。離乳食を手づかみで食べたりするころです。

離乳食づくり、さつまいもの調理方法は?

さつまいもは、煮る・焼く・蒸す・炊く…そしてペーストに

さつまいもの調理方法は一般的に、鍋で煮る、炊飯器で一緒に炊く、電子レンジで加熱する、オーブントースターで焼く、という方法があります。パパやママが焼き芋をオーブントースターで焼いたときに中身の部分を少し取って裏ごししてペースト状にして離乳食として与えることもできますね。調理に使える時間やママの状況で調理方法を選ぶと良いのではないでしょうか?

離乳食初期(ゴックン期)5~6カ月ごろの離乳食の注意点

離乳食は素材の味を大切に1日1品1さじから始めましょう!

栄養価の高いさつまいも。早く離乳食で食べさせたいですが、まずは、つぶしがゆを少し食べられるようになってからにしましょう。さつまいもは比較的アレルギーの少ない食材ですが、初めて食べさせる食材は、さつまいもに限らず体調の良いときにアレルギーが起きないか様子を見ながら与えましょう。口の中や周りが腫れ上がったりじんましんが出たりしたら医師に要相談!

離乳食初期、初めは素材の味を生かしてペースト作り

このころの離乳食の調理のポイントはトロっとポタージュ状で、熱くも冷たくもない人肌くらいの温かさ。素材の味を生かした調理を心がけましょう。食べ物の味を覚えること、食べやすいことで食べる楽しみを赤ちゃんが感じてくれます。離乳食スタートして1週間はつぶしがゆを食べさせて、次に野菜や果物へ進めてみましょう。

離乳食の進め方と目安量

離乳食は少しずつ進めていきましょう!

離乳食1~2日目はつぶしがゆ1さじ。3~4日目はつぶしがゆ2さじ。5~6日目はつぶしがゆ3さじ。7~10日目はつぶしがゆ4さじと野菜または果物1さじ。離乳食11~15日目はつぶしがゆ5さじと野菜/果物2さじと魚または豆腐1さじ。要するに、①穀類(炭水化物)②野菜/果物(ビタミン・食物繊維)③魚/豆腐(タンパク質)とバランス良く食べられるのを目標にしましょう。

離乳食16日目~1か月

離乳食16~25日目はつぶしがゆ6さじと野菜/果物3さじ魚/豆腐2さじ。離乳食26~30日目はゆぶしがゆ30g野菜/果物15g魚/豆腐5g。様子をみながら徐々に離乳食を増やしていきましょう。離乳食がスタートして1か月過ぎたころには、赤ちゃんもママもだいぶん離乳食に慣れてきて好みも出てきますね。兄弟って、同じお腹から生まれても好みって違いますよね。

離乳食を舌で押し戻してばかり。味に飽きてきたのかな?と感じたら

離乳食が進んで味に慣れてきて、少し飽きてきたかな?というときは10倍粥と副菜(例えばさつまいものみるく煮)を別々に食べさせるのをやめて、混ぜて(さつまいものミルクがゆにして)食べさせてみるとまた新しい味になって離乳食を食べてくれます。素材の味の良い相性…大人の感覚で一緒に食べて美味しいもの同士は離乳食でもおススメです。

離乳食全般に基本のペーストは使える!

離乳食は基本のペースト(さつまいも・じゃがいも・かぶ・大根・かぼちゃなど)にベビーフードの緑黄色野菜などを混ぜると葉物の栄養が上手く摂れて、メニューのバリエーションが広がります!ペーストの固さを整えるのに何でのばすかで味も変わりますね。さ湯・野菜スープ・みそ汁の上澄み・果汁・ミルク…と、のばすもので、おかずにもデザートにもなりますよ。

離乳食初期は、さつまいもの繊維が喉にひっかからないようにペーストにする

離乳食を始めるまでは、母乳とミルクなどの液体しか口にしたことが無い赤ちゃん。離乳食初期、さつまいもはお口の中の違和感があまりないように、パサつきもないよう、さつまいもの繊維がのどにひっかからないように、液体で薄めてあげると飲み込みやすいですね。離乳食作りでは、さつまいもはこの点に気を付けて調理しましょう!

さつまいもに含まれる栄養は?

さつまいもは離乳食の食材では神的存在

さつまいもの主成分はでんぷん。炭水化物です。食物繊維、ビタミンB1・C・E、カリウムも豊富に含み、細胞膜をβカロチンが守ってくれます。さつまいものビタミンCは熱で壊れにくい上、リンゴの数~10倍もあってコラーゲンの生成を助け、免疫を強化してくれます。さつまいもって優れモノですね。

カリウムをたくさん含む、さつまいも

さつまいもは他の野菜より多くカリウムを含み、体の余分な塩分を出して血圧を正常に保つ力があります。さつまいもの天然の甘さが、赤ちゃんの食欲をグイッと誘ってくれます。さつまいもは離乳食として、とっても頼もしい存在です!

離乳食初期に向いてるさつまいもの選び方

さつまいも…古いものは苦くなって離乳食に向かない

離乳食初めだからこそ、美味しいさつまいもを食べさせたいですよね。見た目ふっくらとしたデコボコや傷、黒っぽい斑点のない、ずっしり感のある、ぷっくらつるつる豊満ボディなさつまいもが甘くて新鮮でおいしいです。

さつまいもの表面にねっとりとした蜜のようなものが出てるのは、特におススメです。ひげ根が堅いもの、皮の一部が黒くなているさつまいもは古く苦い物が多いので避けましょう。おいしいさつまいもを食べて、さつまいもを好きになってくれたら嬉しいですよね。

さつまいもの基本情報 (秋 根菜)… 旬は 9〜11月 ほどよい甘みがあり、料理はもちろん、デザートにも幅広く利用できる人気の食材です。日本各地でいろいろな品種が作られており、紅あずまや金時いもなどが有名。最近では、沖縄地方の特産品だった紅いもも広く流通しています。中身まで赤紫色の秘密は、アントシアニンという色素で、ポリフェノールの一種です。さつまいもは切り口が変色しやすいので、切ったらすぐに水にさらすのが、色よく仕上げるポイントです。

さつまいもの種類は多くて、特に甘いもので安納いもというさつまいももありますね。赤ちゃんに食べさせる前に大人が先に試食してみましょう。

Thumb離乳食のエプロン人気ランキングTOP10!おすすめの選び方は?

離乳食作りに重宝するグッズ

離乳食調理セット…レンジで消毒もできる!

離乳食作り、スプーン1さじからという、ごく少量の調理を衛生的にするのに便利なのが、ピジョンやコンビから出ている「調理セット」です。すりおろし、すりつぶし、裏ごし、ジュース絞り、冷凍保存ができて消毒も煮沸・レンジ・薬液OK(こしあみは煮沸消毒のみ)でフィーディングスプーンもセットしてあるんです。ママに金棒!?必需品ですね。

離乳食専用フリージンググッズ

離乳食作りに調理セットと一緒に活躍してくれるのが、離乳食用の冷凍小分けパック・フリージングブロックトレーです。とてもお手頃なお値段で、少ない量を調理する離乳食作りにちょうど良い大きさ。離乳食を作りおきして保存をして、スムーズに時短で赤ちゃんに安心していろいろなメニューを食べさせられます。離乳食作りの強い味方ですね!

さつまいもを使った離乳食初期レシピ、レンジで簡単に作るには?

下ごしらえ:離乳食初期はさつまいもの皮を厚めにむいて

さつまいもは切って置いておくとアクのために変色してしまいます。このさつまいものアクは皮の近くに多く、離乳食初期には味にクセのないよう、皮を厚めにむいて2㎝くらいに角切りして数分間水にさらして、アクを取り除いて食べさせましょう。さつまいもの美味しさアップ!

さつまいもの紫色の皮や実は、ポリフェノールが豊富で栄養価が高いです。離乳食が進んでカミカミ期ごろになったら、古い歯ブラシ等でデコボコまで良く洗って、皮ごと調理してみましょう。ごく新鮮なさつまいもは皮も柔らかいので、皮ごとラップにくるんで電子レンジでチンして、離乳食作りに使ってもいいのではないでしょうか。さつまいもの栄養、丸ごとゲットです。

調理形態… 火を通し、なめらかにすりつぶした状態にしましょう。(ヨーグルト程度)固さに迷った時には、裏ごしタイプのベビーフードも参考になります。

離乳食初期の調理のポイントは、赤ちゃんがお腹をこわさないように火を通す・加熱することですね。さつまいもは必ず加熱調理するのでその点は安心できますね。

離乳食初期・さつまいものペーストがレンジで簡単にできる!

レンジで簡単!さつまいもペースト作りのレシピ(5回分25g)

材料:さつまいも約2㎝×約1.5㎝を2個。作り方:あくを取って下ごしらえが済んださつまいもを耐熱容器に水にすっぽりかぶる程度に入れて、レンジ300W4分加熱(低出力の方が甘くなる)。つまようじをさつまいもに刺してみて、通ればOK。お湯を捨ててフォークの背でさつまいもをつぶして裏ごしをしたら出来上がりです!

さつまいも以外の野菜での「基本のペースト」をレンジで簡単に作るレシピ!

さつまいもの他にもニンジン、かぼちゃ、じゃがいも、里芋、かぶ、大根、をさつまいもと同じようにレンジでチンして裏ごして小分けしてフリージングするだけ。また、キャベツの芯や野菜の切れ端を耐熱容器に入れてレンジでじっくり加熱して冷まし、小分けしてフリージングした野菜スープは、素材重視でペーストをのばす液体として、離乳食初期には特に万能選手です。

離乳食初期をレンジで簡単に作ろう!:ミルキーさつまいものレシピ

いつも飲んでるミルクを、さつまいもと混ぜて離乳食に1品

ごく初期の離乳食メニューとして赤ちゃんにあまり違和感がないのが、このメニューではないでしょうか?母乳のママはフォローアップミルクや試供品でもらったりする粉ミルクを使うのも手ですよね。ペーストの堅さがわかりにくいときは、市販品のペーストを参考にすると良いですよ!牛乳は離乳食中期の7~8カ月ごろになったら少しずつ与えてみましょう。

Thumb離乳食初期の野菜の進め方!開始の時期やおすすめの種類やレシピは?

野菜の恵み離乳食初期レシピ:さつまいもペースト&野菜スープ

お手製野菜スープとさつまいもを混ぜてレンジで簡単に離乳食

基本のさつまいもペーストと野菜の切れ端達から作った野菜スープを混ぜるだけ。冷凍保存した野菜スープをレンジで数秒間あたためて程よい堅さにしましょう。味にクセがなく、さつまいも独自の味を赤ちゃんが覚えてくれるでしょう。さつまいもといろいろな野菜のビタミンが豊富に取れて、栄養価が高い1品です。

Thumb離乳食初期のりんごはいつから?すりおろしで大丈夫!冷凍保存の仕方とは

離乳食初期スイーツレシピ:さつまいもっプルをレンジで簡単に作る!

デザートのようなメニューです。さつまいもペーストに赤ちゃん用リンゴジュースを加えてよい固さにするだけ。冷凍したさつまいもペーストは解凍して、ジュースの方をレンジで数秒温めるとうまくいくようです。リンゴを使う場合はすりおろして果汁だけを使うと舌触りが良いです。味が濃いので少しぬるま湯でうすめましょう。さつまいもとリンゴは相性抜群です。

レンジで簡単!離乳食初期スイーツレシピ:さつまいもオレンジ

酸味の少ないオレンジやみかんを使いましょう。「酸っぱい」味は刺激が強いですね。最初のころは赤ちゃんがびっくりしないように、湯冷ましにほんの少し果汁を入れて、さつまいもペーストに混ぜてよい堅さにしましょう。酸っぱすぎないか、赤ちゃんの表情を見て与えましょう。離乳食が進むと共にオレンジ果汁も量を少しずつ増やしていくとうまくいきますよ。

離乳食初期レシピ:さつまいもと玉ねぎペーストを使って、さつまいもニオン

玉ねぎ½(80g)をスライスしたものを耐熱容器にのせ、ラップをしてレンジで600W3~5分加熱して裏ごしすると、甘~い玉ねぎペーストができあがります。さつまいもペーストと混ぜ、野菜スープや湯冷ましで堅さを整えれば出来上がりです。玉ねぎペーストに野菜スープを混ぜても一品できますね。さつまいもと玉ねぎのダブルのスイートハーモニー。

レンジで簡単!離乳食初期レシピ:さつまいものお味噌汁

離乳食を初めて1か月くらい経ったら、ベビーフードの和風だしに同量のお味噌汁(大人用…もちろん豚汁のはダメですよ)の上澄みを混ぜて飲ませてみましょう。大豆アレルギーが無いのを確認出来たら、さつまいもペーストをこの薄めたお味噌汁で溶くと栄養価の高い1品になります。大人のお味噌汁を作る途中に、みそを溶く前に取り分けて具材を裏ごししてもラクチンですよ。

Thumb離乳食のみかんはいつからあげていいの?剥き方や簡単レシピは?

免疫力を高める離乳食初期レシピ:かぶ&さつまいものミルキースープ

春の七草、「スズナ=かぶ」ペーストを使ってレンジで簡単にできる!

かぶの葉を切り取り、5㎜くらい厚めに皮をむきましょう。繊維をしっかり取り去るためです。1㎝の半月切りにしたものを、鍋で10分程度煮てブレンダーでペーストにする方法もありますし、必要な量を耐熱容器にかぶるくらいの水と一緒に入れてラップをしてレンジで500W3分加熱してつぶして裏ごしする方法もあります。

離乳食で胃腸をあたためる…さつまいも&かぶのパワー

かぶペーストとさつまいもペーストといつも飲んでいるミルクを合わせて固さを調整すれば出来上がり!かぶは水気があってさつまいもと相性が良いです。冬の初めの体を温める離乳食メニューです。かぶには炭水化物の消化を助けるジアスターゼ、でんぷんを分解するアミラーゼが豊富に含まれていて、胃にやさしく、風邪・便秘に薬効があります。

レンジで簡単!離乳食初期レシピ:さつまいものお粥

さつまいもペースト5gにつぶしがゆ10gの割合に混ぜて、和風だしやミルクで固さを調整したら出来上がり。離乳食が進んでたくさん食べるようになったら、さつまいもペーストとおかゆの量を増やして人参ペーストや緑黄色野菜のベビーフードを少し混ぜても良いですね。さつまいもの甘さと適度な固さが、他の食材との離乳食ペースト作りに上手く活かされています。

お豆腐でクリーミーな離乳食初期レシピ:さつまいもの白和え

レンジで簡単!さつまいもとお豆腐のクリーミーなコラボ

絹豆腐2㎝角1かけらをレンジで30秒加熱して、さつまいもペースト5gに混ぜて、和風だしや野菜スープでのばして固さを整えれば出来上がり。ただ、さつまいもと混ぜて与える前に、お豆腐ペーストだけで食べさせて大豆アレルギーが無いのを必ず確認しましょう!さつまいもとお豆腐の混ぜる割合はお好みでいろいろ試してみてください。

さつまいもをおいしく保存するには

買ってきたら冷蔵庫に入れないで

お買い物してきたさつまいも。冷蔵庫の野菜室に入れますか?いえいえ、新聞紙にくるんで常温で程よい水気と乾燥に注意して保存すると約2週間くらいおいしく保存できます。長期保存したいときは、さつまいもをゆでて温かいうちにつぶして裏ごしをしてから小分けして凍らせて、保存容器に作った日にちを書いて冷凍保存します。

離乳食初期はママも忙しい。時短が叶う冷凍保存、作り過ぎ注意

まだ慣れてない中で必死に育児する毎日。余裕のある時に冷凍保存をまでしておくと、そこまでは大変ですが、毎日の離乳食作りが時短でストレスなくできます。多めのさつまいもをレンジで加熱して、ブレンダーでつぶして調理セットで裏ごしをしたものをストックしますが、大人が食べるものは1か月保存できますが、離乳食なので1週間くらいで食べきる量にしましょう。

医食同源、便秘予防のメニューにさつまいも

さつまいもの食物繊維

うんちが出ないと赤ちゃんもお腹が張って泣いたりします。最終手段は綿棒などでかんちょうをしたりですが、食物繊維の力を借りて「医食同源」で健康を維持しましょう!便秘解消に良いと言われる食物繊維ですが、水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維の2種類があります。さつまいも100g中に水溶性食物繊維は1.1g不溶性食物繊維は2.4g含まれています。

不溶性食物繊維ばかり摂りすぎると便秘が悪化することも

水溶性VS不溶性では、1対2の割合で摂るのが体には良いそうです。…さつまいもは理想的な食材ですね。ところが、りんご、バナナ、しそ、パセリ、グリーンピース、モロヘイヤ、枝豆、ニラ、ゆでいんげん豆、おから、エンドウ豆、ゆであずき、ゆで大豆、きのこ類は不溶性食物繊維の割合が水溶性に対して3~8倍以上もあります。便秘がちの方は摂る頻度や量に気を付けましょう。

さつまいもの他に水溶性・不溶性食物繊維のバランスの良い食材

さつまいもの他、にんじん、キウイ、そうめん、ごぼうは特に水溶性食物繊維・不溶性食物繊維のバランス・含有量共に良い、赤ちゃんが食べられる食材です。離乳食が進んだら、納豆も繊維のバランスが良い食品なので便秘がちの赤ちゃんにおススメです。

離乳食初期に与えてはいけないもの・食べにくいもの

食材をいくらつぶすことが出来ても、赤ちゃんの胃腸の消化能力や免疫機能はまだ未熟で、食べると体の負担になって体調を崩してしまうものがあります。コーンフレーク・鮭・鶏肉・豚肉・牛肉・納豆・卵・きのこです。ヨーグルトやチーズは△です。

離乳食初期に上手に使ってとても便利!ベビーフード

なるべく手作りで頑張ろう!と、ママたちは奮闘していると思いますが、食材によってはベビーフードを使った方が上手くいくメニューもあります。他の兄弟に時間を取られて、お仕事で、忙しいママ達の心の余裕を運んでくれる助っ人、ベビーフードは、毎日の彩り豊かな離乳食作りには欠かせない存在です。

なめらかで口どけがよく、素材の風味をいかしました。離乳スタート時の味慣らしとしても、デザートとしてそのまま食べても、手作り離乳食の素材としてもお使いいただけます。さまざまなメニューに応用できるので、アレンジを加えてご利用ください。 ※着色料、保存料、香料は使用していません。

まとめ:離乳食初期にさつまいもの調理方法は?

メニューに悩む離乳食ですが、さつまいもを厚めに皮むきして2㎝角に切って水に数分間さらし、耐熱容器に入れ水をかぶるくらい入れたらレンジで300W4分加熱して調理セットで裏ごし。たったこれだけでバリエーション豊かなおかずや主食やスイーツに変身!忙しいママの助けになって、ニコニコ離乳食タイム+赤ちゃんが健やかに成長されることを心よりお祈りしています。

もっと離乳食初期の簡単レシピについて知りたいアナタへ!

Thumb離乳食初期の豆腐作り置きレシピまとめ!おすすめや保存方法を紹介
Thumb離乳食にパン粥を始めたい!いつ頃からOK?おすすめの簡単レシピも
Thumb離乳食のとうもろこしレシピ!コーン缶より簡単に裏ごしができるおすすめは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-21 時点

新着一覧