離乳食にひじきはいつから?下ごしらえの方法やおすすめのアレンジレシピ

赤ちゃんに食べさせる離乳食は、安全で健康に良くて美味しいものをあげたいですよね。ここではひじきを使った離乳食についてご紹介します。ひじきはいつから食べさせることが出来るのか、そして下ごしらえの方法やアレンジレシピなど、まとめて解説します。

離乳食にひじきはいつから?下ごしらえの方法やおすすめのアレンジレシピ

目次

  1. 離乳食は赤ちゃんの大切なごはん
  2. ひじきの離乳食はいつから?
  3. ひじきの嬉しい栄養成分
  4. ひじき離乳食の下ごしらえ
  5. ひじきを離乳食に使う注意点
  6. ひじき入り豆腐ハンバーグ
  7. 栄養満点ひじきの煮物
  8. ひじき入り蒸しパン
  9. ひじき入り和風うどん
  10. ひじきとチーズのサラダ
  11. ひじきのだし巻き卵
  12. ひじき入りおやき
  13. ひじきと豆腐のあんかけ
  14. ひじきの白和え
  15. ひじきとオクラのお味噌汁
  16. ひじきで美味しく健康的な離乳食を

離乳食は赤ちゃんの大切なごはん

離乳食のスタート

生後5~6か月あたりから、段々と母乳だけでなく離乳食を食べさせる時期になってきます。この離乳食のスタート時期は、あくまでも目安であって、細かいタイミングについては赤ちゃんによって個人差があります。

離乳食を始められる判断の基準としては、首や腰がすわっていて自分で座れること、スプーンを口に入れるのを抵抗しないこと、授乳や睡眠などの生活リズムが整っていること、母乳やミルクだけではお腹が持たなくなってきたこと…などが挙げられます。

また、大人の食事に興味を示すようになったら、食べることへの関心が育っている印です。初めて離乳食をあげる日は、赤ちゃんの体調のいい日にしましょう。風邪気味の時やお腹の調子が良くない日は避けます。もちろん、お母さんの準備もきちんと整ったタイミングがスタートの日として良いでしょう。

離乳食にはステップがある

離乳食の時期は、大きく初期・中期・後期と分けて考えられます。初期は生後5~6か月からで、ドロドロに柔らかくした状態のものを用意します。午前中の1回だけ離乳食を与えて、あとは母乳やミルクをあげましょう。離乳食スタートから2か月ほど経ったら、離乳食中期に入ります。

離乳食中期には朝と夕食の2回に増やし、下と上あごを使ってつぶせるくらいの柔らかさの離乳食を用意します。主食と副菜を組み合わせたり、見た目や味に変化を与えてあげると良いでしょう。離乳食中期を2か月ほど続けたら、離乳食後期に入ります。

離乳食後期になると、中期よりも少し硬いものが食べられるようになります。とはいえまだ歯茎でつぶして食べるので、熟れたバナナくらいの柔らかさが良いでしょう。手づかみで簡単に食べられる、おやきや蒸しパン、茹でた野菜スティックなどがおすすめです。離乳食後期には、大人と同じように一日3回の食事になります。

Thumb離乳食のとうもろこしレシピ!コーン缶より簡単に裏ごしができるおすすめは?

ひじきの離乳食はいつから?

いつからOKか、食材によって様々

離乳食には初期・中期・後期と段階があることが分かりましたね。では、ひじきを使った離乳食はいつから食べさせることが出来るのでしょうか。その答えは「乳食後期」からです。食材によっていつから赤ちゃんに食べさせられるかは異なります。

ひじきはとても健康に良い食材です。ただ、ひじきは消化吸収に良い食材ではないので、離乳食初期の赤ちゃんの体には負担になってしまいます。そのため、ひじきを使った離乳食は生後9~10か月の離乳食後期に入ってから食べさせましょう。

Thumb離乳食でなすはいつから?レンジでの調理法や冷凍の仕方をチェック!

ひじきの嬉しい栄養成分

ひじきには赤ちゃんに良い栄養が!

ひじきには、赤ちゃんの健康のために嬉しい栄養成分がたくさん含まれています。なんと、ひじきのカルシウムは牛乳の約12倍、食物繊維はごぼうの約7倍、マグネシウムはアーモンドの約2倍です。赤ちゃんは一度にたくさんのご飯を食べるわけではないので、ひじきのように出来るだけ栄養価の高い食材で離乳食を作ってあげたいですね。

ひじきに含まれるカルシウムやマグネシウムは、骨を強くしてくれる栄養素なので赤ちゃんの成長のためにとても大切です。また、ひじきに含まれる食物繊維には腸の環境を整える作用がありますから、赤ちゃんの便秘予防や肥満予防にひじきは効果的です。

ひじきに含まれるカルシウムは、たんぱく質・マグネシウム・ビタミンDと一緒に摂取することによって効率的に吸収できるようになります。そのため、ひじきと一緒に魚介類やきのこ類、豆類などの食材を使って離乳食を作ってあげると良いでしょう。

Thumb離乳食メニュー・8ヶ月編!おすすめのレシピや1週間の献立は?

ひじき離乳食の下ごしらえ

ひじきを使う前に

離乳食を作る際には、大人用の食事を作るよりも下ごしらえが大切です。自分の歯で噛んで食べてしっかり消化できる大人とは違って、赤ちゃんは歯で食べ物をかみ砕くことが出来ませんし、消化する力も未成熟です。そのため、離乳食に合わせた下ごしらえをきちんとしておげる必要があります。

ひじきの下ごしらえの方法は、①乾燥ひじきをあらって、水で戻します。②何度か水を変えて、ひじきを振り洗いします。水が綺麗になればOKです。③お湯かだし汁で、ひじきが柔らかくなるまで煮ます。④茹でたひじきの水気を切り、みじん切りにします。以上が離乳食にひじきを使う際の下ごしらえです。

乾燥ひじきではなく生のひじきを使う場合でも、殺菌するために湯通ししてから調理しましょう。下ごしらえを終えたひじきは、製氷皿に小分けに入れて冷凍してもOKです。忙しい中で毎日離乳食を用意するのはなかなか大変ですから、うまく工夫して調理できると良いですね。

Thumb離乳食に使いたい鉄分豊富な食材は?青のりなどを使った栄養満点レシピ

ひじきを離乳食に使う注意点

ひじきの使い方の注意

離乳食にひじきを使う際には、下ごしらえの方法で解説したように、水で戻してから必ず茹でるようにしましょう。ひじきに含まれる「無機ヒ素」という成分には、発がんリスクがあるといわれています。この無機ヒ素は、ひじきを水戻しと茹で戻しすることによって9割減らすことが出来ます。

また、ひじきに限らず離乳食を与える際には、少しずつ与えることが大切です。始めて食べさせる食材についてはアレルギーの可能性もあるので、様子を見ながら一口ずつ与えます。万が一体調が悪くなって病院に行く必要が出た時のために、初めての食材は午前中に食べさせることがおすすめです。

Thumb離乳食の豆乳はいつからOK?おすすめのレシピから冷凍方法を紹介

ひじき入り豆腐ハンバーグ

ひじきのアレンジ離乳食レシピ①

豆腐ハンバーグは、大人用のレシピとしても健康に良くて人気ですよね。ひじきを入れた豆腐ハンバーグのレシピはお馴染みでしょう。離乳食用のアレンジレシピでも、ひじきを使うのがおすすめです。

ひじき入り豆腐ハンバーグの作り方は、①下ごしらえしたみじん切りのひじきと、水切りしてつぶした木綿豆腐をボウルで混ぜます。②水気を切ったツナと片栗粉、小麦粉を加えて更に混ぜ合わせます。

③適当な大きさに分けて、油を薄く伸ばしたフライパンで焼きます。④片面に焼き色が付いたらひっくり返して、蓋をして蒸し焼きにします。火が通ったら完成です。ひじき入り豆腐ハンバーグは、多めに作っておいて冷凍保存するのもおすすめです。

材料を全て混ぜた時点で、大人用のものと離乳食用のものを分け、離乳食用の方はそのまま、大人用には醤油などを加えて焼けば、家族みんなのご飯を一緒に用意することが出来ます。何でも自分で手づかみで食べたがる子どもにおすすめな、ひじきの離乳食アレンジレシピです。

Thumb離乳食用スプーンの選び方!赤ちゃんが使いやすいおすすめ20選

栄養満点ひじきの煮物

ひじきのアレンジ離乳食レシピ②

ひじきを使った料理といえば、煮物は定番ですよね。ひじきの煮物は大人が食べる和食メニューとしても人気ですが、離乳食用にアレンジしたひじきの煮物もおすすめです。

こちらのレシピは、ひじきと一緒に人参や大豆を使うことによって、ビタミンやミネラル、たんぱく質をバランス良く摂れる離乳食になっています。離乳食用のひじきの煮物の作り方は、①みじん切りにしたにんじんと大豆を出汁で煮ます。

②にんじんと大豆が柔らかく煮えたら、細かく刻んだ油揚げと下ごしらえをしたひじきを加えて更に煮れば完成です。大人用のメニューと兼ねるなら、煮込む途中で鍋を分けて、大人用の方には醤油や砂糖で味付けを加えると良いでしょう。作り置きにして冷凍するのも便利です。

Thumb離乳食は便利なレトルトを上手に使おう!無添加でおすすめのベビーフードは?

ひじき入り蒸しパン

ひじきのアレンジ離乳食レシピ③

蒸しパンは、離乳食後期に入った赤ちゃんへの食事やおやつにとてもおすすめです。手でつかんで簡単に自分で食べることが出来るので、楽しく積極的に食事をすることができるでしょう。蒸しパンは様々な食材を入れてアレンジレシピを考えることができます。ここでは、ひじきを使った作り方をご紹介します。

基本的に、ホットケーキミックスや米粉などで作った生地に、下ごしらえをしたひじきを混ぜて蒸し器で蒸せばOKです。シリコンスチーマーを使うと、電子レンジで蒸しパンを作ることができるので手間が省けて便利です。

また、蒸すのではなくフライパンで焼いて、ひじきパンケーキを作ることも出来ます。ひじき以外の食材を組み合わせる場合には、きな粉や青汁、コーン、さつまいもなどがおすすめです。

Thumb離乳食11カ月目の献立!後期の進め方や量・おすすめのレシピまとめ

ひじき入り和風うどん

ひじきのアレンジ離乳食レシピ④

優しい味わいの和風うどんも、離乳食後期の赤ちゃんにおすすめのメニューです。ひじき入り和風うどんの作り方は、①既定の時間よりも1~2分長くうどんを茹でます。

②うどんに、下ごしらえをして茹でたひじきと、熱湯をかけて塩抜きしたちりめんじゃこをのせます。③最後に青のりをかけたら、ひじき入り和風うどんの完成です。野菜を加えたい場合には、柔らかく茹でたブロッコリーを入れると相性が良くておすすめです。

Thumb離乳食のじゃがいもはいつから?簡単に出来るポテトの調理方法やレシピは?

ひじきとチーズのサラダ

ひじきのアレンジ離乳食レシピ⑤

ひじきを使ったヘルシーなサラダもおすすめの離乳食です。ひじきサラダの作り方は、下ごしらえしてみじん切りにしたひじきと、柔らかく茹でて小さく切ったかぼちゃ、茹でてみじん切りにした枝豆を混ぜて、カッテージチーズで和えれば完成です。

ひじきの味に加えて、かぼちゃの甘みやチーズのコクがあって、味わいの豊かな離乳食です。離乳食から、色々な味のものや美味しいものを食べさせてあげることは、食育の第一歩です。ぜひ、栄養のバランスが良くて美味しい離乳食を考えて上げましょう。

Thumb離乳食を3回食にするのはいつから?量や時間・食材の固さを徹底調査!

ひじきのだし巻き卵

ひじきのアレンジ離乳食レシピ⑥

だし巻き卵は、大人でも食卓やお弁当で人気のあるメニューですよね。離乳食後期の赤ちゃんにもだし巻き卵はおすすめです。作り方は大人用と変わらず、溶き卵にだし汁を加えて焼くだけです。その際に、ぜひ下ごしらえをしてみじん切りにしたひじきを加えてみましょう。

一緒にノンオイルのツナ缶を入れると、相性が良くておすすめです。また、ひじきと青のりの組み合わせも良い相性のレシピです。大人用のメニューと兼ねて作ることができるので、手間が省けて助かる離乳食メニューです。

Thumb離乳食の準備は大丈夫?食器以外にも用意したい便利グッズを徹底調査!

ひじき入りおやき

ひじきのアレンジ離乳食レシピ⑦

離乳食後期の赤ちゃんには、自分で手づかみで食べることができるおやきもおすすめです。ひじき入りおやきの作り方は、①茹でたじゃがいもをボウルに入れてつぶします。②ボウルに、下ごしらえをしてみじん切りにしたひじきと、ノンオイルのツナ、みじん切りの玉ねぎを加えて、じゃがいもとよく混ぜます。

③片栗粉を加えて、適度な大きさに生地を分けます。④フライパンに少量の油をひいて、分けた生地を並べて焼きます。⑤片面に焼き色が付いたらひっくり返して、フライパンに蓋をして蒸し焼きにしましょう。火が通ったら完成です。多めに作って冷凍保存することも出来るので、忙しいお母さんには助かるひじき離乳食レシピです。

ひじきを使ったおやきのレシピとしては、他にも鶏肉やコーン、小松菜、しらすなど、様々な食材の組み合わせで作ることができます。スティック状の形で焼けば、噛んでちぎる練習になりますし、一口大の大きさにすればフォークを使って食べる練習にもなって、離乳食後期の赤ちゃんにはとてもおすすめです。

Thumb離乳食の2回食メニュー!進め方のタイミングや量はどうすればいいの?

ひじきと豆腐のあんかけ

ひじきのアレンジ離乳食レシピ⑧

ひじきと豆腐は味も栄養も相性が良いので、離乳食のレシピとして多く使われます。次にご紹介する離乳食レシピも、ひじきと豆腐を使ったものです。作り方は、①下ごしらえをしてみじん切りにしたひじきと、小さめの千切りにした白菜とにんじん、茹でてほぐした鶏のささ身を鍋に入れて、だし汁で煮ます。

②煮えてきたら、絹ごし豆腐を手で崩しながら加えます。③水溶き片栗粉でとろみをつけます。④少量のしょう油をたらして風味を付けたら完成です。大人が食べても美味しいメニューで、ご飯やうどんにかけて食べるのもおすすめです。

Thumb離乳食にパスタはいつからOK?後期におすすめの簡単レシピ

ひじきの白和え

ひじきのアレンジ離乳食レシピ⑨

白和えは大人の食事メニューとしても人気な和食料理ですよね。ひじきを使った料理の定番でもあります。離乳食後期の赤ちゃんにも、ひじきの白和えはおすすめです。作り方は、それぞれ下ごしらえした食材を混ぜるだけなので簡単です。

ひじきは、下ごしらえをして細かく切ります。にんじんは、細かく切って茹でるか、レンジにかけて柔らかくします。枝豆も、茹でるかレンジにかけて柔らかくし、薄皮をむいて細かく刻みます。これらの食材と、すりおろした高野豆腐を混ぜて、和風だしで和えれば完成です。

ひじきとにんじんと枝豆の色に、高野豆腐が加わって、見た目が色鮮やかで美味しそうな離乳食になります。栄養面から見てもとても健康的なので、離乳食後期の赤ちゃんにぜひおすすめのひじきレシピです。

Thumb離乳食の時間はいつあげるのがいいの?外出の時はどうする?

ひじきとオクラのお味噌汁

ひじきのアレンジ離乳食レシピ⑩

離乳食後期には赤ちゃんの食べる量もしっかりしてくるので、大人の食事のように一汁三菜を意識したバランスのいい献立が必要になってきます。お味噌汁は、和食メニューの汁物の基本ですね。家族の食事のために作る味噌汁と兼ねて準備ができるので、離乳食にお味噌汁をアレンジするのはおすすめです。

ひじきをお味噌汁に使うというのは意外に思う人もいるかもしれませんが、ひじきはお味噌汁に使っても美味しい食材です。味噌汁の作り方としては、通常と同様でOKです。ただ、あまり味噌が濃すぎないように注意しましょう。

ひじきは、下ごしらえをしてみじん切りにして使います。そして、オクラは種を取って下茹でし、薄く小口切りにしましょう。オクラを入れることによって味噌汁にとろみが出るので、ひじきが食べやすくなります。

ひじきで美味しく健康的な離乳食を

ひじきを離乳食に使う場合はいつからOKなのかを解説し、ひじきを使ったおすすめの離乳食レシピをご紹介してきました。ひじきは栄養豊富な食材なので、賢く使ってぜひ赤ちゃんの成長を助ける美味しい離乳食を作ってくださいね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-03 時点

新着一覧