洗濯板の人気ランキング!おすすめの100均アイテムなどの使い方を紹介

昔の洗濯は洗濯板が使われていたと聞いたことがある人は多いのではないかと思います。現代は洗濯機があることで洗濯は簡単になりました。そのため、洗濯板を使っている家庭は減っていますが、実は洗濯板は洗濯機と併用して使うことがおすすめと言われています。

洗濯板の人気ランキング!おすすめの100均アイテムなどの使い方を紹介

目次

  1. 洗濯板が今でもあるのはなぜか
  2. 洗濯板がよく使われていたのはいつなのか
  3. 洗濯板の現在の使い方は
  4. 洗濯板は節水になると言われている理由
  5. 洗濯板による衣類の傷みはどうなのか
  6. おすすめの洗濯板の材質とは
  7. おすすめの洗濯板の大きさとは
  8. 洗濯板の人気ランキング第3位
  9. 洗濯板の人気ランキング第2位
  10. 洗濯板の人気ランキング第1位
  11. その他のおすすめ洗濯板とは
  12. おすすめの100均の洗濯板とは
  13. 洗濯板を使う時の洗剤とは
  14. 洗濯板の正しい使い方とは
  15. 洗濯板の使い方の重要な注意点
  16. まとめ:洗濯板と洗濯機と並行して使うと時短にもなる

洗濯板が今でもあるのはなぜか

洗濯板を使用して洗濯をするということを考えただけで重労働と思えます。子供がいる家庭では、泥汚れなどで手洗いすることが多いために、洗濯板で洗濯することがどれだけ重労働なのかよくわかると思います。

しかし、現在でも洗濯板はよく使われいる100均でも購入できるアイテムになります。洗濯板は過去に震災などがあったことも影響して、見直されています。

また、洗濯機自体がどんな汚れにも対応しているわけではないことも、洗濯板が今でもあると言えます。そのため、洗濯する時に使われてる人気のアイテムなども多数存在します。

洗濯板が見直された時期があったのは、節約志向の世の中になっていることも上げられます。そのため、洗濯板を使った洗濯方法がまた注目されています。

衣類を綺麗に保つには、色々な汚れに対して、少しの手間をかけることが必要になります。その一つとして、洗濯機と並行して洗濯板はあると便利なアイテムと感じる人が多いのかもしれません。

洗濯板がよく使われていたのはいつなのか

昔から洗濯機はあったわけではありません。洗濯機がない時代には洗濯板を使用して洗濯していました。洗濯機が発売されてからも、不具合などもあったことで、洗濯板と併用して使っていることもあったと言われています。

洗濯板が一番使われていたのは、明治から昭和中期頃までと言われています。その後は、洗濯機の普及や洗濯機の性能が良くなると共に洗濯板は使用されることが少なくなりました。そして、洗濯板のある家庭を見かけることがなくなりました。

そんな洗濯板は、日本で作られたものではなく、外国から伝わってきたものと言われています。そのため、洗濯板がない頃には、手でもんで洗っていたために、洗濯板は活気的な洗濯アイテムだったと思えます。

洗濯板で洗濯する際には、必ず大きなたらいと一緒に使っていたと言われています。洗濯機がない頃は洗濯するアイテムとして洗濯板とたらいはセットとして考える物でした。そのため、大きな洗濯板と、大きなたらいがあることが普通でした。

洗濯板の現在の使い方は

衣類の頑固な汚れは洗濯機ではなかなか落とすことができません。また、つけ置きするだけで落ちる汚れと落ちない汚れもあります。

洗濯する際に、衣類についた汚れを落とす方法は色々と違うとも言われています。また、最近では落ちない汚れはクリーニングに出すということを考える人も増えています。

しかし、洗濯板があると、ある程度の頑固な染み付いた汚れを落とすことができます。しかし、それを知っている人は多くないためか、洗濯板の普及は進んでいないようにも感じられます。

洗濯板を使っている家庭は特に、子供がいる家庭になります。洗濯板を使うと泥汚れを落とすことが簡単にできると言われていることで、部分洗い用のアイテムとして使用されています。さらにワイシャツの襟や袖汚れにも使うことができるので、皮脂汚れを落とすことにも効果があります。

最近の洗濯板の使い方は、家庭で洗濯するだけではありません。最近では小さな洗濯板も多く出ているので、キャンプや出張先、海外旅行などにも持っていって、洗濯する人も増えていると言われています。

さらに、洗濯板は洗濯する目的以外にも使われています。それは、楽器として演奏にも使用されていることです。しかし、楽器として洗濯板を使用している姿を見ることはなかなかないかと思います。

洗濯板は節水になると言われている理由

現在、節約志向の家庭が増えています。それに伴い、洗濯板は節水になるとも言われていることで、震災などがあったことなどから、見直されているとも言われています。

洗濯板を使用すると節水になると言われているのは、先に洗濯板で頑固な汚れを落としておくことで、洗濯機の時間を短縮することもできるために、節約にも繋がるからと言われています。

さらに、少ない洗濯物でも洗濯機を使っていたという人なら、洗濯板を使った洗濯をすることで節水に繋げることもできます。

洗濯機で少ない洗濯物を洗ってしまうと、多くの水を使用します。それを考えると少ない洗濯物の場合は洗濯板で洗濯するとかなりの節水になるといわれています。

ボタンを押すだけの便利な洗濯機ですが、使用している水の量は多いとも言われています。洗濯機での節水を考えるなら、ドラム式の洗濯機を選ぶことが重要とも言われています。

普通の洗濯機になると、洗濯物の倍の量の水を使うことになるので、上手に洗濯板をしようすることで、節水することが可能になり、節約に繋がることになります。

Thumb洗濯の時間はかけすぎに注意!10分の洗いで汚れを落とす方法は?

洗濯板による衣類の傷みはどうなのか

洗濯板がない人は、頑固な汚れは手洗いしている人は多かと思います。しかし、手洗いは衣類を傷めてしまっていると言われいます。そのため、洗濯ブラシなどの洗濯アイテムを使用して衣類の傷みを少なくすることが必要になります。

けれども、洗濯アイテムを使った手洗いも時間を要する汚れがあります。そうなると、力を加えてしまって、衣類を傷めていることもあります。

手洗いは衣類と痛めると思っている人は、洗濯板で汚れがよく落ちると言われていても、衣類の傷みのほうがかなり気になる人も少なくないのではないかと思います。

洗濯板によっては、衣類の生地によって使い分けることができる物もあります。また、洗濯板の波型が衣類の傷みがへるように改良されているものもあります。

しかし、自分自身で力を加えてゴシゴシと洗ってしまうと、やはり衣類の傷みは出てしまいます。衣類の傷みは洗っている人の力加減にもよります。そのためには、汚れは頑固になる前に落とすことで衣類の傷みを減らすことができます。

Thumb洗濯の「手洗い」知ってますか?基本の方法をマスターしておきましょう!

おすすめの洗濯板の材質とは

洗濯板の材質は、よく知っているのは木材の物になります。その他にも、金属やガラスなども用いられていると言われています。

木材の洗濯板の材質としては主にサクラが使用されています。サクラは湿気に強い材質であることで洗濯板によく使用されいています。

どんな材質の洗濯板でも、使い終わった後には必ず手入れが必要と言われています。それは、洗濯板にカビや雑菌がつかないようにするためになります。そのため、使い終わったら水気をよく切るために干しておく必要になります。

この最後の手入れなどのことを考えると、最近ではプラスチック製の洗濯板がおすすめと言われて人気になっています。更にはポリエチレンなどの柔らかくて軽い素材の物も出てきています。

時代とともに、使い方も変わっていることから、色々な材質の洗濯板があり、種類が多くなっていて迷ってしまうほどになっています。

おすすめの洗濯板の大きさとは

昔の洗濯板の大きさは多きいイメージがあります。大きな衣類でも洗わないといけないと時代だったことを考えると、洗濯板も大きいものが必要と思えます。しかし、最近の洗濯板は、手軽に使えるようにミニタイプの洗濯板が人気になっています。

ミニタイプの洗濯板の中でおすすめなのは、材質が木材のサクラを使用した洗濯板やプラスチック製の洗濯板になります。お風呂場で使われている桶で洗濯ができるサイズの物が人気にっているようです。

また、最近では少しの汚れに洗濯板を使用する人が多いことから、洗面所に水を張って使用することができる小さいサイズの洗濯板がおすすめになっています。

置き場所などを考えたり、外出先でも使えるようにと考えられた洗濯板が多くなっているために、大きな洗濯板のイメージがありません。

洗濯板の人気ランキング第3位

洗濯板の人気ランキング第3位は、材質がポリエチレンの、小久保のミニ洗濯板、Ramoハンディ洗濯板になります。

この洗濯板は、自由自在に洗濯板を曲げることができることと、軽量で持ち運びにも便利ということでもおすすめになります。

100均の洗濯板にも似ていますが、少し違います。また、色のバリエーションが、白、ピンク、グリーンとあり、お部屋に合わせた色を選ぶことができるのも人気になります。

また、値段も安いことから、洗濯板を使いはじめてみようと思う人にも、お求めやすい価格になっていることでも上位に入ってるようです。

さらに、使い終わった後も引っ掛けておくだけで水が切れて、手入れがラクな点でもおすすめのアイテムになっています。

洗濯板の人気ランキング第2位

洗濯板の人気ランキング第2位は、土佐龍のサクラの洗濯板になります。材質は木材のサクラを使用しています。サクラは木材の中でも反り返りに強いとも言われているので洗濯板によく使われています。

また、土佐流は日本製であるためにも、使う方としては安心な洗濯アイテムになります。さらに、洗濯板の波形は衣類が傷まないようにと考えられた独自の形状であるとも言われているので、衣類の傷みが気になる人にはおすすめになります。

少し重さはあるので携帯用に持ち歩くということは厳しいとも言われていますが、重さがあるために、普段の汚れを落とす時には安定感があり、使いやすいと定評があります。

洗濯板の人気ランキング第1位

洗濯板の中で一番人気なのはロッタホームのミニ洗濯板になります。材質は木材の中で、水にも強く、反り返りにも強いと言われているサクラを使用した日本製になります。

持ち手が握りやすいように工夫されているので、力の加減をうまく調整することができます。そして、なんと言っても汚れ落ちがいいのが特徴になります。

表面の波型は衣類を傷めにくいように工夫されていて、汚れも落とすことができると万能な洗濯板で選んで間違いがない洗濯アイテムになります。

その他のおすすめ洗濯板とは

上位にランクインしなかった洗濯板はこれ以外にも多くあります。おすすめと言われている洗濯板には、無印良品の洗濯板もあります。

無印良品の洗濯板は持ち運びができるようにと考えて作られたと言われています。そのために、材質はポリエチレンで第3位に入った、小久保のミニ洗濯板と似ているようにも感じられます。

その他にも洗濯板には見えないようなおすすめの洗濯板は、サンコーの洗濯用品、びっくりフレッシュラクラク洗濯板になります。

洗濯板の表面が通常は波型になっていますが、びっくりフレッシュラクラク洗濯板は、特殊な繊維の断面になっています。そのため、衣類の傷みなどは気にならずに汚れを落とすことができます。

おすすめの100均の洗濯板とは

洗濯板はネット上でみて購入する人も多くなっています。安いものであれば、ネット上でも100均で購入する金額と同じ物もあります。

もちろん100均にも洗濯板はあります。100均のセリアでは曲がる洗濯板がおすすめです。これは手のひらサイズと小さく持ち運びに便利で100均アイテムとしては万能であるとも言われています。汚れ落ちは100均なのにしっかりと汚れを落とすこともできて人気があります。

また100均のダイソーにある洗濯板で人気なのは、シリコーン素材の手に握るタイプになります。形が違うので洗濯板というイメージが覆されます。ハンディタイプなのでいつでも使いやすいので100均アイテムとして色々な使い方ができるとも言われています。

100均のダイソーにあるハンディタイプの洗濯板は、洗濯ブラシとしても使うことができます。そのため、100均のセリアの洗濯板とセットで一緒に使うことで、更に汚れを落とすことができるようにも感じられます。

はじめて洗濯板を使ってみるとなると100均のものでも十分に普段の汚れを落とすことができます。手洗いよりも衣類を痛めることがないので、お試しの気持ちではじめるにはおすすめの洗濯板になります。

洗濯板を使う時の洗剤とは

洗濯板を使う時には、水やお湯だけでは汚れをしっかりと落とすことはできません。最近ではよく落ちると言われている、固形石鹸のウタマロや洗濯洗剤などを使用します。

泥汚れを落とす時に使用するのは固形石鹸のウタマロなどがおすすめと言われています。もともと泥汚れには固形石鹸がいいと言われています。固形石鹸がない場合には洗濯洗剤で大丈夫ですが、少しでもラクをしたい人は、泥汚れを落とすときには、洗濯板と固形石鹸の組み合わせがいいと言われています。

もちろん現在よく使われている液体洗剤を使って汚れを落とすことも可能になります。また、洗剤だけではなく、洗濯板と洗濯ブラシの併用も汚れを効果的に落とすとも言われています。

Thumb洗濯石鹸の人気ランキング!失敗しない洗い方や使い方のコツは?

洗濯板の正しい使い方とは

洗濯板の正しい使い方としては、まずは、洗濯板のカーブしている方が下になるように、水をはったバケツや桶、洗面所などに洗濯板を入れいます。

その後、洗濯する物は十分に水で濡らしてから洗濯板に広げます。そして、石鹸や洗剤を汚れが気になる場所に塗り込みます。

そして、洗濯板を使った正しい使い方は、洗濯物の上を片手で抑えて、もう片方の手で下の洗濯物を持ち上げて、生地同士をこすり合わせるようにして汚れを押し出していきます。この時手首を上手く使うようにすると衣類を傷めないです。

また、汚れを落とすときには水を洗濯物にかけるようにして洗うと、しっかりと汚れを落とすことができます。この時洗濯ブラシや歯ブラシなどを使う時の使い方は、汚れにこすりつけるようにして使います。

汚れが落ちたなら最後はすすぎになります。現在では部分的な汚れを落とすために洗濯板を使っている人もいます。そうなると最後のすすぎは軽くて、その後はいつものように洗濯機でもう一度洗ってください。

しかし、洗濯板で汚れを落とした後に、そのまま干して乾かすという人は、よくすすぐようにしてください。衣類の汚れを取るのと同じように、すすぎも大切なので、泡がなくなるまでしっかりとすすいでください。

Thumb洗濯の基本的なやり方とは?一人暮らしの初心者のために手順をレクチャー!

洗濯板の使い方の重要な注意点

洗濯板の使い方で重要な注意点は、洗濯板の向きになります。洗濯板の波型のカーブしている方を下にして使うと言うことを覚えておいてほしいと思います。

また、洗濯板で洗濯する場合には汚れは落とすことができますが、衣類の傷みは全くないとは言えません。そのため、ナイロンやポリエステル素材のものや、レースや刺繍があるものには使用するのは控えるほうがいいとも言われています。

さらに、ウエストなどにゴムが入っているものなどは、ゴムの部分は伸びやすいので、直接こすらなように内側に折り込んで洗濯するように注意する必要があります。

そして、洗濯板を使う時には、洗剤も使用するので、手荒れが気になる人はゴム手袋を使用することもおすすめになります。

洗濯板を使った汚れを落とす使い方として、2枚以上の洗濯物がある場合には、白いものや汚れが少ないものから洗うようにして、汚れが酷いのは最後に洗うようにすることも必要と言われています。

まとめ:洗濯板と洗濯機と並行して使うと時短にもなる

洗濯板は汚れを落とすには万能な洗濯アイテムです。現在では便利な洗濯機がありますが、頑固な汚れもまだまだあります。そのため、手洗いなしで洗濯することができるとは言えません。

洗濯板と洗濯機と並行して使うことで、汚れをしっかりと落として、洗い残しを防ぐことができます。これは時短にもなるし、衣類をいつも綺麗で清潔な状態で保つことができます。

洗濯前に手洗いをすることがある人は、ぜひ洗濯板を使ってみてほしいと思います。いつもよりもラクに汚れを落とすことが出来るかもしれません。そして、時間の余裕が少しだけ出来るかもしれません。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-14 時点

新着一覧