日焼け止めの塗り方のポイントとは?効果的・正しい量や順番を徹底解説

日焼け止めは女性にとって手放せないアイテム。日焼け止めといってもただ塗るだけではダメ!今の塗り方だとあんまり効果がないかも?そんな日焼け止めの塗り方のポイントや、使う上で効果的で正しい量を詳しく調べてまとめました!メイクで使う順番もご紹介します!

目次

  1. 日焼け止めの正しい量や塗り方は知っていますか?
  2. 1年中必須アイテム「日焼け止め」
  3. 日焼け止めは塗り方で効果が変わる!
  4. 日焼け止めの塗り方のポイント
  5. 意外と重要!日焼け止めは正しい量を使おう
  6. メイクでの順番は?日焼け止めっていつ使う?
  7. 日焼け止めを塗り直したいときの塗り方
  8. 日焼け止めは必ず落とそう
  9. より効果的にしたいなら塗り方を見直してみて
  10. まとめ:きちんと日焼け対策をしよう!

日焼け止めの正しい量や塗り方は知っていますか?

日焼け止めは女性にとって毎日のように使うアイテム。特に夏の紫外線対策には欠かせない日焼け止めは、塗り方が重要って知っていますか?日焼け止めって意外と適当な塗り方をしている方もいるかと思いまが、実はただ塗るだけではダメなんです。塗り方や使う量によって効果が薄くなってしまっているかもしれません。そんな日焼け止めの効果的な塗り方を解説します!

日焼け止めの塗り方だけでなく、使う量にも秘密があるんです!「日焼け止めは毎日塗ってるし大丈夫」とお思いの方や、「日焼け止めを塗っているのに焼ける…」という方は要注意!実は量が少なくて効果が出ていないかも?ほとんど毎日使うものだから、できるだけ効果的に使いたいですよね。今回は日焼け止めの塗り直し方法やメイクで日焼け止めを使う正しい順番もご紹介します!

1年中必須アイテム「日焼け止め」

日焼け止めは夏しか使わない…なんてことをしている方は今すぐ見直して!紫外線は夏だけでなく一年中降り注いでいるので、きちんと対策をしないとシミやしわの原因にもなってしまいます。紫外線で受けたダメージは時間がたつと現れる…日頃のスキンケアはとにかく大事です。雨の日や曇りの日でも紫外線はありますので、外に出るときは必ず日焼け止めを塗ることをおすすめします。

日焼け止めにも種類があり、中には落ちにくいウォータープルーフのものもあります。夏場は特に汗をかくので日焼け止めも落ちやすくなりますので、ウォータープルーフタイプを活用すると良いでしょう。その他のシーズンでも紫外線は意外と強いので、UVカット効果のある化粧品を一緒に使うこともおすすめです。一年中肌へ影響する紫外線の対策をきちんと行って美白を目指しましょう!

Thumbウォータープルーフ日焼け止めおすすめランキング!敏感肌でも安心なのはどれ?

日焼け止めは塗り方で効果が変わる!

日焼け止めは塗ればOKというわけではなく、実は塗り方にも気をつけなければなりません。紫外線を浴びる恐れがある肌部分すべてに塗った方がいいですが、ただ塗るだけでは効果的とは言えません。塗り方によってはムラができて効果が出ていない・薄くなっていることも…。日焼け止めをきちんと伸ばすことが重要ですが、使う量にも注目しましょう。

Thumb日焼け止めのSPFってどういう意味?PAとの違いを調べてみた!

日焼け止めの塗り方のポイント

体の中で特に注意したいのが顔ですよね。顔への紫外線のダメージは大きく、シミやしわができてから後悔する方も多いようです。メイクの中で日焼け止めを使う方も、体に使う場合でも効果的な塗り方があるのはご存知ですか?今回はそんな効果的な塗り方のポイントをいくつかご紹介します!このポイントを気を付けるだけでダメージが抑えられ、肌にも優しい!

塗り方ポイント①肌のスキンケアをしてから日焼け止めを塗ろう

n_cos73さんの投稿
23421776 1544891338910210 1892897472959741952 n

日焼け止めをそのまま肌に塗っている方もいると思いますが、化粧水などでスキンケアしてから塗ることをおすすめします。日焼け止めを塗る前にきちんと肌のスキンケアをしていないと、日焼け止めが落ちやすく効果が薄くなってしまうことも。日焼け止めを塗る前に化粧水でしっかりと肌に水分を与え、乳液や美容液でフタをしましょう。

塗り方ポイント②ムラなく伸ばすことが重要

chottoskincareさんの投稿
23498419 129016037812159 5155445688602984448 n

日焼け止めってべたつくから少ししか塗ってない…という方は要注意ですよ!べたべたするのが嫌だからといって少量で抑えていると、日焼け止めがムラになって効果が減っているかもしれません。ベースとして適量(目安量)を半分とり顔全体に広げてから、残りの半分を重ねてつけることでよりムラのない効果のある塗り方になります。

塗り方ポイント③日焼け止めは丁寧に優しく塗ろう

hana_ouo1さんの投稿
23421980 875701652594259 6303822138558119936 n

肌になじませようとすり込んだり、強くこするのは肌へのダメージになるのでNGです。肌トラブルの原因になってしまったら元も子もないので、塗るときは丁寧に優しく塗るようにしましょう。顔に塗る際はおでこ・両頬・あご・鼻に5点置きをし、顔の内側から外側にかけて伸ばすと良いですよ。塗るというよりペタペタと軽くたたくように塗るとよりムラなくできます。

塗り方ポイント④日焼け止めのタイプによって塗り方を変えよう

97_memogramさんの投稿
23507029 892410580915012 5756313159501611008 n

日焼け止めには種類があり、クリームタイプやミルクタイプ、ジェルタイプなど物によってテクスチャも様々。テクスチャによって塗りやすさや適量が変わるため、日焼け止めのタイプによって塗り方・塗る量を変える必要があります。塗るときは一度に全部塗るのではなく、二回に分けて重ね塗りすると効果的です。普段使っている日焼け止めに合った塗り方をしましょう。

塗り方ポイント⑤塗り直しをすることでより効果的に

bouquetkaoruさんの投稿
23279701 1743044219038912 9048113886296801280 n

日焼け止めは汗などで落ちてしまうので、なるべく塗り直しをすることをおすすめします。塗り直しの目安はだいたい2~3時間ごと。塗りなおすといってもあまり時間をかけられない方や、場所に困る方にはスプレータイプがおすすめです。塗り直すことによって効果もアップするのでできるだけ行いましょう。

意外と重要!日焼け止めは正しい量を使おう

日焼け止めの効果を十分に発揮させるために重要になるのが「量」です。正しい量を使っていないとムラになってしまうこともあります。日焼け止めは少ないとムラになり、多すぎても落ちやすくなります。日焼け止めの正しい量ですが、日焼け止めの種類によっても変わってくるので、あくまでも目安量になるので注意してくださいね。

日焼け止めを顔に塗るときの目安量はクリームタイプで言うとだいたい500円玉サイズ。意外と量を多く使うので、その分消費が激しくなってしまいます。テクスチャの硬めのものだともう少し少なくてもOKです。メーカーによってはパッケージに目安量が書かれている場合もあるので、購入した際は確認することをおすすめします。正しい量と塗り方で効果アップを目指しましょう!

メイクでの順番は?日焼け止めっていつ使う?

メイクをする上での日焼け止めを塗る順番はご存知ですか?日焼け止めはベースメイクの順番の中に入ります。化粧水などスキンケアでしっかりと肌を整えた後、日焼け止めを顔全体や首に塗ります。その後に下地、ファンデーションと続き、これが日焼け止めを塗る順番の流れになります。きちんと保湿を行うことで日焼け止めの浸透もぐっと上がるので、スキンケアは重要です!

__kyangram__さんの投稿
23348267 355431668202047 111412551169867776 n

意外とやってしまいがちなのが、下地やファンデーションに日焼け止め成分が配合されているときにそれだけで済ましてしまうこと。下地やファンデーションに日焼け止め効果があったとしても、日焼け止めは塗っておくのがベストです。ファンデーションなどはよれやすく落ちやすい、部分的に塗ったりとムラになりやすいので日焼け止めはどんな時でも必須ですよ!

日焼け止めを塗り直したいときの塗り方

r.o.u_officialさんの投稿
23101465 1404080769689160 4266886202818297856 n

塗り直すのは面倒に感じる方もいると思いますが、日焼け止めは落ちやすいのでできるだけした方が効果的です。メイクの上から塗り直すのはメイクが崩れてしまうので、できるだけベースメイクを落としてから塗り直す方法が理想的ではあります。でも外出先だとそうはいきませんよね。時間がかかるし場所も困る…。

aroaran0418さんの投稿
22858079 137179570267035 1138390144185794560 n

そんな時は乳液でファンデーションを落としたり、パウダータイプやスプレータイプを使うのをおすすめします。乳液は化粧直しで持っていると便利なアイテムですが、日焼け止めを塗るときも同様に活躍してくれます。日焼け止め効果のあるファンデーションを使うのも手です。塗り直す前にしっかりと汗や皮脂を摂りましょう。塗り直しは2~3時間ごとが理想です。

日焼け止めは必ず落とそう

日焼け止めはメイクと同じでずっとつけていると肌への負担になり、肌トラブルを招く原因になります。ウォータープルーフタイプのものだと水では落ちにくいため、しっかりとクレンジング・洗顔などのスキンケアを行いましょう。そのまま放置すると肌へのダメージになりますので、帰宅したらできるだけ早めに落とすと肌への負担も多少は軽くなりますよ。

より効果的にしたいなら塗り方を見直してみて

日焼け止めは成分だけでなく、塗り方や量、使う順番まで気にするとより効果的に使うことができます。特に量に関しては知らなかった方も多いのではないでしょうか?今まで日焼け止めを使っていたけど効果があまり感じられなかったという方は、塗り方などを見直してみてください。もちろん日焼け止めを塗る前、塗った後のスキンケアも忘れずに!

まとめ:きちんと日焼け対策をしよう!

日焼け対策はとにかく大事。メイクをする上で、下地やファンデーションに日焼け止め効果があるからといって塗らないのはNG。きちんとした塗り方や順番、目安量を守って使えば今後の肌も安心です!シミやしわの原因を少しでも減らしたい方は日焼け止めの塗り方にも注目してみてください。

日焼け止めは一回塗ればいいのではなく、汗などで落ちてしまうことがあるため塗り直しも必要です。面倒だと思う気持ちもあると思いますが、塗り直しをした分効果もあるので積極的にUVカットの化粧品なども使いましょう。今回紹介した基本的な塗り方は簡単で、今からできるのでぜひやってみてくださいね!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ