結婚15年の記念日!水晶婚式の意味や夫婦におすすめプレゼントは?

結婚とは?結婚15年とは?その他の記念日は何があるの?結婚15年の記念日、水晶婚式の意味や記念日にまつわるいろいろなことを調べてみました。15年を共に歩んだ夫婦におすすめのプレゼントは?気になるあれこれを全部まとめてご紹介いたします。

結婚15年の記念日!水晶婚式の意味や夫婦におすすめプレゼントは?

目次

  1. 結婚15年を迎えた夫婦の道のり
  2. 結婚15年にまつわる記念日のプレゼント
  3. 結婚の記念日の数え方
  4. 30年目以降の結婚記念日
  5. 夫婦が大切にする記念日とは?
  6. 結婚15年の記念日・水晶婚式の意味
  7. 結婚15年の記念日・水晶婚式の祝い方
  8. 結婚15年の記念日を迎える夫婦へのおすすめプレゼント
  9. 結婚15年という時期は・・・
  10. 15年間夫婦が長続きするためのコツ
  11. 結婚15年の水晶婚式はおすすめのプレゼントで祝おう

結婚15年を迎えた夫婦の道のり

簡単に結婚15年といいますが、その道のりは長くて平坦なものではないはずです。そのでこぼこ道を一緒に乗り越えてきた夫婦だからこその絆、信頼関係が育ってくるものです。その結婚15年を祝う水晶婚式の由来について調べてみました。

そもそも水晶婚の水晶とは、クォーツ・クリスタルとも言われます。水晶とは二酸化ケイ素が結晶化してできた鉱物の中でも、無色透明な石英を指します。不純物が混じらなかった石英のみが水晶とされるのです。その水晶の名がついた結婚15年の水晶婚式は、15年連れ添った夫婦の無色透明な・・・。クリアな信頼関係を表しているのです。

結婚15年にまつわる記念日のプレゼント

結婚15年という節目の記念日のプレゼントは、やはり水晶がいいでしょう。水晶婚式という名前もついているので、無色透明にこだわった”水晶”をモチーフにした贈り物をするのはいかがでしょうか?パートナーへの贈り物なら、ネックレスやペンダントといったいつも身につけていられるものを夫婦揃ってつけるというのもいいかもしれませんね。

結婚の記念日の数え方

1年目の結婚記念日

結婚1年目の結婚記念日。まだまだ初々しい夫婦は、紙婚式といいます。新婚気分が抜けない1年目!夫婦で歩いていく長い道のりはまだまだ始まったばかりです。これからの2人の未来はまだ白紙のようなものです。まだ真っ白な紙に夫婦2人の人生設計を描く意味でもあるこの紙婚式。

プレゼントするアイテムも紙にまつわるプレゼントを用意して夫婦揃って楽しい食事などを楽しむのはいかがでしょうか?

5年目の結婚記念日

結婚5年目の記念日は木婚式と言います。5年を迎える前にも、2年目は綿婚式、3年目は革婚式、4年目は花実婚式と言われます。結婚して5年も経つと、結婚生活もしばし落ち着きをみせます。夫婦2人の関係が大きな大木のようにしっかりとしてくることから、木に例えて木婚式と呼ばれるようになったそうです。大木は地面にも深く根を張ります。

その様が家族ひとりひとりがしっかりと自分の居場所を確立し、家族の繁栄を表しているという説もあるほどです。ですので、結婚5年目を迎える夫婦へのプレゼントには、木にまつわるプレゼントが良いとされています。

木婚式で人気があるプレゼントは、木のぬくもりを感じることができるお箸やお椀などが喜ばれているようです。木のフレームがおしゃれな時計や木製の家具なども記念品として長く夫婦の心に刻まれそうですね。

10年目の結婚記念日

結婚10年目は錫・アルミニウム婚式と言います。10年に至るまでも、6年目は鉄婚式、7年目は胴婚式、8年目は青銅婚式、9年目は陶器婚式と言います。結婚10年目の錫・アルミニウム婚式の意味は、錫(すず)のように美しく人生を歩んできた夫婦の10年の歳月を振り返り、感謝する記念日となります。

錫・アルミニウム婚式に贈りたいプレゼントは、やはり節目の10年目なので、結婚指輪を新調するご夫婦が多いようです。新婚当初のように2人揃って指輪を買いに行くと、ちょっと気分も新婚気分に逆戻りするかもしれませんよ。

15年目の結婚記念日

結婚15年目はテーマでもある水晶婚式です。水晶は無色透明。この水晶のように透き通った夫婦関係をイメージした水晶婚式。おすすめのプレゼントはズバリ!旅行です。結婚15年といえば、ツーといえばカーのような阿吽(あうん)の呼吸が出来る頃。いつもいく国内旅行だけでなく二人で歩いてきた想い出の土地を巡る旅をするのも、夫婦の絆を深めるいい旅になるかもしれません。

もちろん結婚15年目の前にも記念日は1年事にあります。結婚11年目は鋼鉄婚式、12年目は絹・麻婚式、13年目はレース婚式、14年目は象牙婚式といいます。

20年目の結婚記念日

結婚20年といえば立派なベテラン夫婦。結婚20年目は磁器婚式といいます。磁器婚式の意味はというと、薄いのに耐久性に優れている磁器のように、簡単に壊れたりしない夫婦の固い絆を表していると言われています。

20年という長い月日を一緒に過ごした夫婦だからこそその夫婦にしかわからない見えない絆というものが生まれてくるのでしょう。磁気婚式にプレゼントしたいものは、これからの長い年月も夫婦で人生を歩んでいく意味を込めて、ペアの湯のみやお茶碗を贈ることが主流のようです。

結婚20年を迎える前に通る結婚16年目は、黄玉(トパーズ)婚式、17年目は紫玉(アメジスト)婚式、18年目は石榴(ガーネット)婚式、19年目は風信子(ジルコン)婚式と言います。

25年目の結婚記念日

結婚20年目までは1年毎にあった記念日も20年を過ぎると5年毎になってきます。結婚25年目の記念日は銀婚式です。いよいよ夫婦もちょっとやそっとじゃ倒れない、ブレない夫婦となります。この頃になると夫婦の子供達も立派な大人になっているはず。子どもたちから嬉しいサプライズプレゼントがあるかもしれませんね。

銀婚式にふさわしいプレゼントといえば、やはり”銀”にちなんだ贈りものが喜ばれます。ネックレスやブレスレットといった夫婦2人で付けられるアクセサリーから、夫婦2人がくつろぐ自宅にマッチするインテリアなどはいかがでしょうか?時を重ねるごとに深みがます銀のように、これからも美しく輝きつづける夫婦には、ぴったりのプレゼントではないでしょうか?

Thumb結婚記念日っていつがいいの?挙式した日?それとも入籍した日?

30年目以降の結婚記念日

結婚30年目は真珠婚式、35年目は、珊瑚婚式、40年目はルビー婚式、45年目はサファイア婚式、50年目は金婚式。ここでやっと金婚式なんですね。結婚50年目という大きな節目には、半世紀を共に過ごす夫婦を祝う記念日です。プレゼントも金にちなみ、金製品の贈り物をする習慣があります。

結婚50年を夫婦で元気に祝うことができる喜びを、周囲の人とともにパーティーを開いて祝うのも想い出に残るイベントとなるでしょう。金婚式を過ぎても記念日は続きます。結婚55年目にはエメラルド婚式、60年目にはダイヤモンド婚式、65年目にはブルースターサファイア婚式、そしてそして70年目にはプラチナ婚式と、夫婦の記念日は結婚70年目まであるのです。

Thumb結婚記念日サプライズ7選!結婚記念日当日でも間に合うサプライズも紹介

夫婦が大切にする記念日とは?

夫婦が大切にする記念日というと、やはり結婚記念日がダントツです。およを90%の夫婦が大切にしたい記念日として結婚記念日を挙げています。結婚記念日のお祝いは、やはり忘れてはならない大切な日のようです。結婚記念日の次には、お互いのお誕生日を大切にしているご夫婦が多いようです。

ではその大切な結婚記念日はどのようにして過ごしているかといいますと、外食に出かけるが第1位!次いで、家で特別なメニューの食事を摂る、その次にプレゼントを贈るという具合です。夫婦の大切な記念日は、普段とはちょっと違った食事を夫婦で味わうことが多いようですね。

結婚15年の記念日・水晶婚式の意味

結婚15年を迎えた夫婦を祝う水晶婚式の意味は、水晶という無色透明の石英のように、お互いにクリアな信頼関係を築きつつ、これから先の人生も共に歩んでいこうという壮大なテーマが隠されています。水晶のように不純物のないクリアな関係、そう、お互いに隠し事のない、そして何でも分かり合える理想の夫婦の姿がそこに有るのかもしれません。

結婚15年の記念日・水晶婚式の祝い方

水晶婚式を迎えた夫婦には、水晶にまつわるアイテムをプレゼントするといいでしょう。夫から妻へのプレゼントは、水晶のアクセサリー、あまりアクセサリーを身につけないという奥様へのプレゼントは、クリスタル(ガラス)製の置物などをプレゼントするのもおすすめです。

結婚15年の記念日を迎える夫婦へのおすすめプレゼント

結婚15年を迎えるお夫婦へのプレゼントをお考えの方は、夫婦で使えるペアのグラスや食器などが喜ばれるでしょう。クリスタル(ガラス)製のグラスやマグカップ、またインテリア時計などもいろいろな種類があり、おすすめです。

結婚15年という時期は・・・

このように結婚15年を迎えるには長い長い道のりがあるのです。一口に15年と軽く言えないほどの夫婦の道のりがあります。夫婦2人だけの15年の場合も・・・。子育てに奮闘した夫婦、そして家族の15年の場合も・・・。それは山あり谷あり・・・。

その夫婦にしかわからない特別なもの。他の誰にもわからない15年という道のりを共に歩んで乗り越えてきた夫婦だからこそ、大切にできる記念日なのかもしれません。

15年間夫婦が長続きするためのコツ

「3年目の浮気」なんていう歌もありましたが、15年目の離婚という熟年離婚も増えている昨今。15年という長い月日を共に生き、一緒に居続けるには危機を乗り越えるためのコツがあるようです。

日々の小さな不満を貯めず、放置せず、その都度その都度、クリアにしていく作業と、生活をしていく上で起こりうる難題を夫婦力で話し合い、意見を出し合い、解決していくという努力が必要といえそうです。

結婚15年の水晶婚式はおすすめのプレゼントで祝おう

結婚15年の水晶婚について詳しく調べてみました。近々15年を迎えるというご夫婦はぜひ、水晶婚の意味を知り、夫婦としての意識を再認識して、お互いにぴったりのおすすめプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか?夫婦の関係を見つめなおすいい機会かもしれません。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-01-23 時点

新着一覧