メガネ女子のメイク方法まとめ!ポイントはフレームとのバランス?

メガネ女子におすすめしたいバランスのとれたメイク方法をまとめました。女子がメガネにメイクを合わせたい場合はフレームとのバランスを見たメイク方法がおすすめ。メガネ女子の魅力をアップさせるおすすめのメイク方法をチェックしていきましょう!

メガネ女子のメイク方法まとめ!ポイントはフレームとのバランス?

目次

  1. メガネ女子におすすめのメイク方法を知りたい!
  2. 女子がメガネをかける時はベースメイクの方法にこだわろう
  3. メガネ女子におすすめのベースメイク方法は?
  4. メガネ女子は眉メイクにもこだわるのがおすすめ!
  5. メガネ女子の眉メイク方法はフレームのあり・なしで決めよう
  6. 眉のカーブはフレームに合わせて描くのがおすすめのメイク方法
  7. メガネでアイシャドウのメイクをする場合のおすすめポイント
  8. 近視の場合におすすめしたいアイシャドウメイク方法
  9. 遠視メガネをかける場合に最適なアイシャドウのメイク方法
  10. メガネとのバランスのとれたアイラインのメイク方法は?
  11. メガネをつけた時はマスカラメイクにも注意が必要
  12. チークはフレームと重ならないようにするのがメイクのポイント
  13. 目元のくすみはハイライトを入れてカバー
  14. リップメイクは華やかにしてメガネとのバランスを取ろう
  15. メガネに最適なメイク方法を取り入れてみよう!

メガネ女子におすすめのメイク方法を知りたい!

フレームなどとのバランスが大切なメガネのメイク

視力が落ちてしまった人はもちろんのこと、裸眼の人でもオシャレとして取り入れることが多くなってきたメガネ。メガネを身に付けることでオシャレ度がグッと上がってワンランク上のコーディネートを楽しめるのが魅力ですよね。メガネをかけるときは全体の服装のバランスを見るのはもちろんのこと、メイクとの相性もチェックしておくことが大切になります。

お気に入りのメガネをつけたコーディネートに仕上げても、メイクがメガネに合っていないとバランスをとることができません。メイクもしっかりとメガネに合わせたものにすることで魅力的なメガネ女子になることができるので、メイクにも手抜きをせずにこだわっていきたいですね。メガネをかけているとついついおざなりになってしまうメイクですが、頑張ってやっていきましょう。

おすすめのメイク方法で魅力的なメガネ女子になろう

「メガネをかけた時に最適なメイクの方法とは?」「メガネとバランスがとれたメイク方法を知りたい!」という場合におすすめのメガネメイクについてまとめました。メガネメイクにこだわりたい場合はしっかりと基本的なポイントをおさえておくことが重要になります。メガネに最適なメイクを取り入れて、素敵なメガネ女子に変身してみてくださいね。

Thumbメガネがずれる原因とは?対策方法や防止グッズで悩みを解決!

女子がメガネをかける時はベースメイクの方法にこだわろう

メガネのノーズパッドがメイク崩れを引き起こす

メガネをつけた時のメイクでまず気をつけておきたいのベースメイクです。メガネのノーズパッドは眉間のところに密着するため、メガネをつけているうちにノーズパッドの部分がメイク崩れを引き起こしてしまうことがあるので注意が必要。メガネをかけてもメイクがよれないようにベースメイクを工夫していくことによって、1日を通してきれいなメイクをキープできます。

フレームなど顔につきやすい部分にも注意

そのほかにもメガネには顔につきやすい箇所がいろいろあります。メガネの形にもよりますが、フレームなど顔につきやすい箇所が多いメガネだからこそメイクが崩れないような工夫をすることが重要なポイント。ベースメイクをしっかり行っていけばメガネをかけたとしても崩れることはないのでまずはベースメイクにこだわりながらメガネメイクを仕上げていきましょう。

メガネ女子におすすめのベースメイク方法は?

皮脂くずれしにくい下地でメイクを整える

それでは、メガネをかけた時のベースメイク方法についてチェックしていきましょう。メガネをかけたときに取り入れておきたいのが皮脂くずれしにくい下地。メガネをかけているときは通常以上に皮脂くずれが引き起こしやすいので、皮脂くずれしにくい下地でしっかりとカバーしておくことでメガネが触れる部分もきれいな状態をキープすることができます。

ファンデーションは薄めにし、フェイスパウダーで仕上げる

メガネをかける場合、ファンデーションは薄めにしましょう。ファンデーションを濃く入れてしまうとメガネによってメイクがよれた場合にはっきりとファンデーションの跡がわかってしまいます。また、メガネにもファンデーションがつきやすくなってしまうので薄づきにするのがおすすめ。ファンデーションを薄めに入れたら、きになるところはコンシーラーで整えます。

シミやクマなど、気になる箇所もコンシーラーでぼやかせばファンデーションを厚塗りしなくてもきれいな状態に仕上げることができます。肌馴染みの良いコンシーラーを活用してみてくださいね。最後はフェイスパウダーをふんわりとのせてベースメイクを仕上げていきましょう。フェイスパウダーをのせることで皮脂くずれを防ぎ、肌も綺麗な状態を維持できます。

メガネ女子は眉メイクにもこだわるのがおすすめ!

適当になってしまいがちなメガネ女子の眉メイク

メガネをかけるときは「眉毛はそんなに目立たないし、手を抜いても良いかな」と思ってしまいがちですがメガネをかけた場合も眉メイクはしっかりとこだわっておくことが大切になります。メガネをかけているからといって眉メイクの手を抜くとそのことがよくわかってしまい、全体的にだらしな印象になってしまうことも。そうならないために眉メイクもしっかり仕上げていきましょう。

眉メイクの方法にもこだわることで素敵なメガネ女子になれる

眉メイクもきれいに仕上げることができれば、より素敵なメガネメイクに仕上げることができるようになります。きっちりとした清楚な印象を与えられるので、ぜひ眉メイクもきれいに仕上げていきたいですね。メガネをした場合の眉メイクの方法もチェックしていきましょう!

Thumbメガネ跡を消す方法まとめ!消えない跡に効果的な対策はどれ?

メガネ女子の眉メイク方法はフレームのあり・なしで決めよう

フレームありの場合の眉メイクの方法

フレームがあるメガネの場合、眉の位置とフレームの位置がちょうどぶつかってしまうので眉を濃く描きすぎるとバランスが崩れて眉毛だけが強調されるようになってしまいます。眉毛だけが強調されるとバランスを感じられないメイクなってしまうので気をつけましょう。

フレームがあるメガネをつける時は薄めのブラウンのペンシルを使うのがおすすめです。ブラウンのペンシルを使って自然な色味になるように眉を描いていきましょう。メガネのフレームとのバランスも見ながら仕上げてみてくださいね。

フレームなしの場合はしっかり眉を描く方法がおすすめ

フレームがないメガネの場合、眉が薄いと全体的にぼやけた印象になってしまうので気をつけましょう。フレームがあるメガネの時とは違って、少し濃いめに眉メイクをしていくことが大切なポイントになります。濃いめのブラウンのペンシルなどを使って眉を描いていきましょう。濃いめに描くことでフレームとのバランスが取れ、洗練された印象に仕上げられます。

眉のカーブはフレームに合わせて描くのがおすすめのメイク方法

眉の角度をつけすぎるとメガネから浮いてしまう

メガネをつける場合、眉の角度をつけすぎるとフレームとのバランスが崩れておかしな印象になってしまいます。また、全体的にきつい印象になってしまうので眉の角度をつけるメイクの方法はおすすめできません。いつもは眉毛に角度をつけている場合もメガネをかける場合は眉の形を変えて、メガネとの相性の良いメイクに仕上げてみてはいかがですか。

フレームに合わせてなめらかカーブを描こう

メガネをかける場合、メガネのフレームにあわせて緩やかなカーブを描くようにするのがおすすめです。緩やかなカーブの眉にすることによって、優しげな女性らしい印象に仕上げられるのがポイント。かけるメガネのタイプに合わせてきれいに眉を仕上げることでワンランク上のメガネ女子になることができるので、眉の形にぜひこだわってくださいね。

メガネでアイシャドウのメイクをする場合のおすすめポイント

ナチュラルなカラーを選ぶのがおすすめ

メガネをかけると自然と目元が強調されます。なので、メガネをかけたときに派手なアイシャドウをつけるとチグハグな印象になり、派手になりすぎてしまうので気をつけましょう。メガネとのバランスを考えるとナチュラルなカラーのアイシャドウを選ぶのがおすすめです。ナチュラルカラーを選ぶことによって、メガネをかけても主張しすぎずほど良いアイメイクになるのがポイント。

メガネをかける場合は、基本的にブランやゴールドなど肌馴染みの良い色を使っていきましょう。ブルーやピンクなど主張をするアイシャドウは避けておくのが無難。あくまでもメガネが主役のコーディネートになるので、目元を強調しすぎるとおかしくなってしまいます。肌馴染みの良いアイシャドウを選びながら洗練された印象に仕上げていきましょう。

近視か遠視かによってアイシャドウメイクの方法を変えてみよう

近視のメガネをかけるか遠視のメガネをかけるかによってもアイシャドウの入れ方は変わってきます。それぞれのメガネのタイプにあったアイシャドウのメイクをすることによって素敵に仕上げられるので、自分がどういったタイプのメガネをかけているのかも考慮に入れながらアイシャドウをのせていってくださいね。それでは、メガネに最適なアイシャドウの使い方を見ていきましょう。

Thumbメガネファッションを楽しもう!選び方のポイントやおすすめコーデご紹介!

近視の場合におすすめしたいアイシャドウメイク方法

フレームがある場合のアイシャドウのメイク方法

近視のメガネの場合、どうしても目が小さく見えてしまいがちです。ぱっちりときれいな目元に仕上げるために、アイシャドウの締めの色を少し強めに入れるのが近視のメガネをかける場合のメイクのポイント。アイシャドウパレットにある最も濃い色を活用していきましょう。

フレームがある近視メガネの場合は、締めの色を上瞼の1/3くらいのところまで入れましょう。そこまで入れたら中間色をのせてぼかしていきます。ぼかすことでナチュラルに仕上げられるので、グラデーションを意識して締めの色を使ってくださいね。

フレームがない場合は締め色を強調してバランスをとる

フレームのないメガネはフレームのあるメガネよりも目の印象が薄くなってしまうので、フレームがない場合はさらに締めの色を活用していきましょう。上瞼の1/2ていどのところまで締めの色を入れ、中間色を使ってぼかしていきます。ブラウン系をはじめとしたナチュラルなカラーを使えば派手には見えないので、全体のバランスを見ながらアイシャドウを使ってくださいね。

遠視メガネをかける場合に最適なアイシャドウのメイク方法

フレームがある時は締め色は控えめに

遠視の場合は近視のメガネの逆で目が大きく見えるので、アイシャドウはあまり強調させないほうがバランスがとれます。特にフレームありの遠視のメガネは目元がかなり強調されるので締めの色は少しで大丈夫。アイラインに重ねてニュアンスを与える程度、軽く締めの色をのせるだけで華やかな目元になれます。

フレームなしの場合はバランスを見ながら締め色を強調する

遠視のメガネでもフレームなしの場合はフレームありの時よりも印象が薄くなるので、上瞼の1/3程度まで締めの色を入れてぼかしていきましょう。全体のバランスを見ながら強調されすぎていないかチェックして調整してみてくださいね。

メガネとのバランスのとれたアイラインのメイク方法は?

フレームのある遠視メガネに最適なアイラインの入れ方

メガネをかける場合のアイラインや黒やダークブラウンを選んで、ぱっちりとした目元を演出していきます。フレームのあるメガネや遠視のメガネの場合は目元がもともと強調されているので、アイラインは細く描くので大丈夫。細く入れることでほど良く目をぱっちりと見せることができ、メガネとのバランスも取れてきれいに仕上げることができます。

近視メガネorフレームなしの遠視メガネにおすすめのアイライン

近視メガネの場合はフレームあり・なしに関わらず目の印象が薄くなってしまうので、少し太めにアイラインを入れるのがおすすめ。また、遠視のメガネもフレームがないと印象が薄くなる場合があるため、太めに入れると良いのではないでしょうか。目尻から少しはみ出すように入れると目が大きく見せる効果があるので試してみてくださいね。

メガネをつけた時はマスカラメイクにも注意が必要

つけまつげやロングタイプのマスカラだとメガネにつく

メガネをつけた場合はマスカラの入れ方にも注意が必要です。ロングタイプのマスカラをつけた場合、メガネにマスカラがあたってしまい、マスカラの液がメガネについてしまうことがあるので気をつけてくださいね。マスカラがメガネにつくと汚く見えますし、とるのも大変なのでメガネをつける場合はロングタイプのマスカラはおすすめできません。

また、つけまつげもメガネをつける婆にはおすすめできません。つけまつげがメガネにあたって邪魔なのに加えて、メガネに当たることによってつけまつげがズレてしまうことがあります。つけまつげがズレると悲惨な状態になってしまうので、メガネをかける場合はつけないようにしてくださいね。

カールをつけて透明マスカラで仕上げ

メガネをつけたときにマスカラをつけたい場合は、まずはビューラーでしっかりとカールをつけましょう。カールをつけたら、カールのキープ力が強いボリュームタイプもマスカラを根元のところにつけます。毛先までつけず、根元につけることでカールをキープするのがポイント。仕上げに透明マスカラをつければナチュラルなカールのまつげに仕上がります。

Thumb可愛いメガネ女子が人気な理由!おしゃれなフレームやケースを紹介

チークはフレームと重ならないようにするのがメイクのポイント

メガネのフレームとチークが重なると強調されすぎる

メガネをかける場合、フレームとチークが重なる位置に入れると強調されすぎてしまいます。幼い雰囲気にもなってしまうので気をつけましょう。

フレームよりも下の方に入れよう

フレームよりも少し下めに入れることで洗練された大人の印象に。色は薄づきでナチュラルに仕上げましょう。

目元のくすみはハイライトを入れてカバー

淡いアイメイクがメインだとくすみが気になる

メガネをつけたメイクの場合、基本的に目元はナチュラルカラーで仕上げるのでくすみがきになる場合がありますよね。そんな場合はハイライトを入れましょう。

ハイライトを入れることで目元がきれいに

目尻の部分のCラインを中心に軽くハイライトを入れてみましょう。こうすることでアイメイクが薄くてもパッと華やかな印象に仕上げることができます。ただし、ラメやパールが入っているハイライトだと派手になりすぎるのでナチュラルな風合いのハイライトを使うのがおすすめ。

リップメイクは華やかにしてメガネとのバランスを取ろう

華やかなリップを合わせることで女性らしさを出す

メガネをかけていると全体的にマニッシュな印象になるので、リップを華やかにすることで女性らしさを引き出します。いつもはあまりリップをつけない人も、メガネの時はリップにこだわって女性らしい仕上がりにしてみてはいかがですか。

オーバーリップ気味でふっくらと

リップは少しオーバーリップ気味に入れてみましょう。オーバーリップ気味にすることで唇を強調することができます。グロスも入れてふっくらとした質感も強調。目元やチークが控えめな分、リップにこだわってメイクを仕上げてみましょう。リップの色は服の色やアイシャドウの色の合わせて選んでみてくださいね。

メガネに最適なメイク方法を取り入れてみよう!

メガネをさらに素敵に見せるためには、眉や目元、チークなどポイントごとのメイクにこだわることが大切になります。メガネをかけているからこそ、しっかりとメイクにこだわることで素敵な雰囲気に仕上げることができるようになるので、基本ポイントはしっかりおさえておきましょう。流行のメガネをかわいく見せるメイクをぜひ楽しんでみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-06-24 時点

新着一覧