結婚して転職するのにベストなタイミングはあるの?大切なポイントや注意点

結婚の予定と同時に転職を検討する人もいるかと思いますが、どのタイミングで転職をするのが良いものか悩んでしまう事もありますよね。今回は結婚前後のベストな転職のタイミングや、覚えておきたいポイントなどをまとめてご紹介していきます。

結婚して転職するのにベストなタイミングはあるの?大切なポイントや注意点

目次

  1. 結婚を控えた転職のタイミング、ベストなのはいつ?
  2. 結婚前の転職は都合に合わせた職探しが可能
  3. 結婚前の転職は出産予定次第でデメリットも
  4. 結婚後の転職は生活に合わせた仕事探しが可能
  5. 結婚後の転職は思う様にいかない場合も多い
  6. 転職先を探すなら男女の割合を確認しておく
  7. 結婚生活と両立可能な勤務形態か確認を
  8. 転職先を選ぶには何を最優先すべきか決めておく
  9. 転職のタイミングは結婚前がベスト
  10. 結婚後は金銭的な融通が利くならアルバイトも検討
  11. 転職前には出産の可能性も考慮しておく
  12. 結婚相手と転職について話し合いをしておく
  13. 転職前に資格を取得しておくのも有効
  14. 転職活動中には結婚生活優先の考え方はNG
  15. 転職のタイミングを把握して、結婚生活との上手な両立を

結婚を控えた転職のタイミング、ベストなのはいつ?

結婚を機に転職を検討しているという人も少なくないのではないかと思いますが、できる事ならよりベストなタイミングでの転職ができると嬉しいものですよね。結婚をすれば当然これまでとは生活が変わり、思い通りにはいかない事も増えてきてしまうものです。

転職をしたにも関わらず仕事内容が想像と違っていたり職場の環境が合わず、慣れない結婚生活のストレスも相俟って夫婦仲まで険悪になってしまう…なんて状態はできれば避けたいものです。転職を検討するのであれば、独身の頃以上に慎重に行動すべきなのかもしれません。

今回はそんな結婚前後の転職にベストなタイミングや、転職をする際に覚えておきたい注意点、更には結婚前と結婚後の転職でそれぞれのメリットとデメリットについてもまとめてご紹介していきます。今は転職は考えていないという人も、覚えておいて損はありませんよ。

Thumbシングルマザーの仕事・資格でおすすめは?転職で最優先すべきことは?

結婚前の転職は都合に合わせた職探しが可能

まずは結婚前に転職を検討しているという場合のメリットについてですが、パートナーとお付き合いを始めてまだ日が浅かったりする場合には、暫くは夫婦二人の生活を大切にしたい為に出産の予定を立てる事はしていないという場合も多かったりするものですよね。

転職をする場合には労働時間や雇用形態といった様々な条件を総合して転職先の候補を挙げていくものですが、結婚後の生活を想像してより良い条件の転職先を探す事ができるのも一つのメリットです。採用する側も、年齢の若さや独身女性の方が選びやすいといった場合もあるのだとか。

現在の職場で結婚後も働き続ける事ができる様な環境が整っていれば転職の必要も無いかもしれませんが、結婚後に新居を構えて通勤が難しくなってしまったりする場合もありますよね。早めに行動をしておける方がより最適な転職先を見つける事ができるかもしれません。

Thumb30歳でも転職は可能か!安定収入の公務員になる資格や方法を紹介!

結婚前の転職は出産予定次第でデメリットも

一方で結婚前の転職先探しというのは、結婚後の生活次第ではデメリットの方が大きくなってしまう可能性も無いとは言い切れない様です。転職をする際に安定した給与を得られる事を考えれば、正社員として働きたいと考える人も多いのではないでしょうか?

しかし結婚後は家事を優先していきたいと考える人の場合には、正社員として働き続ける余裕が無くなってしまう事もあるかもしれません。男性側が仕事をメインとして家計を支えていく場合、女性側が家事を行わなければ家庭は荒れ放題になってしまいます。

更に男性と違い女性の場合には妊娠出産となった場合、妊娠前と同じ様に働き続けるのは困難です。転職をしたばかりであるにも関わらず産休となってしまっては、たとえ会社で許可をされていたとしても職場の人からしてみればあまり良い印象にはならないものですよね?

結婚も妊娠もおめでたい事ではありますが、初めての事というのは想像以上に慣れないものであり予想外のトラブルも起こるものです。転職後すぐに職場に迷惑をかけてしまう事が無いよう、結婚前の転職は男性以上に慎重に検討をしていきたいものです。

Thumb面接の自己紹介まとめ!転職での面接のポイントや対策の例文を紹介!

結婚後の転職は生活に合わせた仕事探しが可能

結婚後の転職にももちろんメリットはあるものです。結婚をしてすぐには新しい生活に慣れず苦労が多い事もあるかもしれませんが、ある程度結婚生活を経験した後の転職であれば、どういった仕事を選べば家庭と仕事を両立する事ができるのかも想像しやすくなるものです。

結婚生活とはこんなものだろうと想像だけで選ぶ場合もある結婚前の転職とは違い、実際に自分自身で結婚生活を体験した後であれば転職での失敗も少なく済むかもしれません。子供が幼いうちは育児で手一杯な事も多いものですが、子育てが一段落した後なら仕事にも集中しやすくなります。

Thumb退職理由の例文まとめ!本当の転職理由や面接での上手な伝え方

結婚後の転職は思う様にいかない場合も多い

しかし結婚後の転職というのもメリットばかりではありません。実際に育児を終えて復職をしようと考える女性も多いものですが、思う様に転職ができずにパートとして働いているというパターンも案外少なくない様です。これは希望する職種などによっても違いがあるのだとか。

問題無く産休や育児休暇を取得する事ができたとしても復職できなければ意味がありませんし、復職のしやすさなども考慮した上で早めに転職先などの検討をしておく方が良いのかもしれません。事前の情報収集はとても大切です。

Thumb面接のお礼メール・お礼状の書き方まとめ!転職・就活に使える例文紹介!

転職先を探すなら男女の割合を確認しておく

もしも現在の職場が結婚後にも働き続けるには微妙な条件であるという場合には、なるべく今よりも条件の良い転職先を探すのが普通ではないかと思います。しかし転職先として候補を選ぶ際に、どの様な基準で判断をすれば良いかわからない事もあるかもしれません。

転職先の候補としては、まず職場内での男女の人数を大まかにでも把握する事ができると良い様です。職場内に女性が多ければ、その職場では女性が働きやすい環境が整っている可能性があると考えられるのだとか。特に産休などの実績のある会社なら柔軟な対応が期待できそうです。

Thumb人間関係に疲れた時の対処法とは?職場や会社の転職は最終手段!

結婚生活と両立可能な勤務形態か確認を

転職先を決める上で大切な事といえば、産休や育休以外にも勤務形態も非常に重要な項目と言えるのではないでしょうか。子供ができる前は比較的柔軟な対応をする事ができても、出産以降は思う様にいかないのが現実ですよね。子育てには想像以上に時間を取られてしまうものです。

そういった場合に短い時間での勤務に切り替える事が可能な職場であれば、無理をする事無く仕事と家庭を両立する事もできるのではないでしょうか?独身時代と同じ様にとはいかないのが結婚生活ですし、共働きをするのであればそういった部分も考慮をしておく必要がありそうです。

勤務形態次第で結婚生活に悪影響も

更に残業が当たり前といった職場環境であったり、頻繁に出張がある様な職場の場合には家族の時間が取りづらい事も多いですよね。生活費優先で理解のある家庭環境であれば良いかもしれませんが、場合によっては夫婦関係にも悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

Thumb仕事を辞めたい理由まとめ!うつ病になる前の対処法や転職の方法・心構え

転職先を選ぶには何を最優先すべきか決めておく

全ての事柄を自分の都合良くというのはなかなか難しいものではありますが、転職先を決める前には自分の中で何を一番優先すべきか、これだけは妥協できないという条件をはっきりとさせておくという事も実はとても大切な事である様です。

家計がとても苦しいという事であれば収入の高い仕事を選ぶものですし、その分は自由に使える時間が削られてしまう事も覚悟しなければなりません。逆に仕事は男性側に任せて家庭を守るという場合には、勤務形態や育休といった制度を優先事項とするものです。

短時間で楽に高収入が得られる上に好きなタイミングで休める仕事というものがあれば、多くの人がその仕事を選びますよね。しかしそんな上手い話はそうあるものでもないので、結婚後の生活において何を優先すべきかは夫婦間でしっかりと話し合っておく必要がありそうです。

Thumb【六星占術】大殺界の意味と過ごし方紹介!転職や引越し、妊娠・出産は避けるべき?

転職のタイミングは結婚前がベスト

それならば結局転職のタイミングというのはいつがベストなのだろうか、と頭を悩ませてしまうかもしれません。始めにお伝えした様に、結婚前と結婚後、どちらのタイミングでの転職にもメリットとデメリットがあるものです。しかしタイミングとしては結婚前が良いのだとか。

もちろん人によっては結婚後の方が良いタイミングだったという場合もある様ですが、結婚をして慣れない生活を続ける中で職場の環境も一新し、慣れない事だらけの生活を続けるというのは想像以上にストレスが大きかったり、両立が難しい場合がある様です。

更に人によっては結婚後すぐに妊娠をして育児に追われ、復職をしようと考える頃にはかなりのブランクができてしまい、結果的に復職をする事が困難になってしまうパターンも多いのだとか。やはり結婚後の転職にはデメリットの方が多い場合がありそうです。

結婚前の転職であればまずは慣れた環境の中で新しい職場で働き始める事が可能となるので、そこから結婚までの期間にもよりますが、職場環境に馴染んだ状態で次に結婚生活に慣れていくという段階を踏む事が可能なタイミングでもある様です。

もちろん結婚前の段階で妊娠をするという人もいるかとは思いますが、結婚前後での転職について計画的に考えるタイプの人であれば大抵の場合にはパートナーとの今後の生活について、大まかにでも予定を立てているものではないかと思います。

転職後すぐの妊娠となってしまうと仕事を覚える前に産休に突入してしまう事も少なくありませんし、結婚後も仕事を続ける事を考えての転職なのであれば、そういった点も踏まえた上で結婚前のタイミングが転職をするにはベストであると言えるのではないでしょうか?

Thumb家事や仕事を楽にするタスク管理アプリとは?ムダがない効率的な方法を紹介

結婚後は金銭的な融通が利くならアルバイトも検討

転職をするといっても、必ずしも正社員として採用されなければならないという事もありませんよね?夫婦共働きで家計を支えていくとしても、生活にゆとりを持たせる為に働くという事であれば、収入額は大きくなくても良いという事だってあるかもしれません。

そういった場合には融通が利きやすいアルバイトやパートとして働く事も検討してみるのが良いかもしれません。正社員であれば収入が安定しているという安心感はありますが、仕事に対する責任の大きさはやはり給与額に比例してくるものですよね。

高収入でなくとも自分のペースで働く事ができて、近い将来妊娠も検討しているという女性であれば、アルバイトやパートといった働き方を選んだ方が結果的に両立をしやすく、負担も少なく済む場合がありそうです。条件次第では派遣社員も考慮しておくと良さそうです。

Thumb手帳の売れ筋ランキングまとめ!働く女性におすすめのブランドを紹介

転職前には出産の可能性も考慮しておく

転職の際にメリットの大きいタイミングについては理解できたのではないかと思いますが、転職前に女性が注意しておきたいのがやはり妊娠の可能性についてです。子供は授かり物なので、必ずしも自分達の立てた計画通りに妊娠できるとは限らないものですよね。

おめでたい事ではありますがやはり転職後すぐの休職というのはいかなる理由でも良い顔はされないものですし、本来であれば祝福されるべき事柄で人に迷惑をかけたくはないものです。結婚前後の転職の際には、一番注意しておかなければならない項目かもしれません。

Thumb家事都合と私事都合の意味の違いは?有給休暇の理由に問題あるの?

結婚相手と転職について話し合いをしておく

結婚前後の転職に関しては、パートナーともしっかりと話し合いの場を設けておく必要もあるものです。男性側が働いて女性が家庭を守るという場合には役割分担ははっきりしていますが、共働きだとどちらがどのくらいの家事を担当するのかモメてしまう事も多いものですよね。

特に男性の中には共働きであるにも関わらず、「家事は女性がやるもの」「男は料理などしない」といった考え方を持つ人も一定数いたりするものなので、事前にきちんと話し合いをしておかなければいざ転職後にトラブルを招く原因にもなりかねないものです。

もしも男性側が「結婚後は家庭に入って欲しい」という場合には転職をせず、仕事は男性に任せて専業主婦になるという女性もいますよね。そういった際にも家計のやりくりや子育てといった事について話し合っておくのは、円満な結婚生活を送る上でとても重要な事ではないでしょうか?

Thumbタブレットを有効活用!ビジネスでの活用方法やアプリを調査

転職前に資格を取得しておくのも有効

元々は転職をするつもりは無かったけれど、育児も一段落して働きに出たいと考える女性もいるかもしれません。しかしブランクがあると採用される事はなかなか難しく、転職活動が長引いてしまう事だって無いとは言い切れないものですよね。

そういった場合には、希望の職種が決まっているのであれば必要な資格を取得しておくというのも、転職活動においてはとても有効な方法である様です。採用する側も、何の資格も持たない求職者よりもはっきりとした資格を持つ人の方が採用しやすいものですよね。

特に医療事務やインテリアコーディネーター、ケアマネージャーといった資格を取得しておけると、転職には有利に働く事も多い様です。転職を希望する職種は決まっていないという場合でも、まずは資格の取得から始めてみるというのも良いかもしれません。

Thumb社会人におすすめの資格10選!転職に有利な働きながら取れるのはどれ?

転職活動中には結婚生活優先の考え方はNG

ちなみに転職をする際に家庭を大事にしたいと考えるあまり、採用に不利になる様な情報を隠して転職をしたりする人もいたりする様ですが、そういった行動はしない方が賢明です。無事に採用されたとしても嘘はいつかバレてしまうものですし、印象も一気に悪くなってしまいます。

更に転職の際の条件として「休日出勤はできない」「残業はしたくない」といった風に、条件ばかりを提示しすぎるのも当然良くない行動です。結婚後は自分だけの生活ではなくなるものなので難しい部分もあるかもしれませんが、妥協点を見つける事も大切です。

自由に動く事ができていた独身時代とは異なり、結婚を機にする転職というのは条件を絞るのも難しい場合も多いかもしれませんが、特に優先すべき項目のみを挙げた上で妥協できる部分は会社側の条件に合わせる事も時には必要なものです。

Thumb面接での逆質問まとめ!転職や就活で面接官に答える最後の一言とは

転職のタイミングを把握して、結婚生活との上手な両立を

結婚前後の転職の際に覚えておきたいベストなタイミングや、様々な注意点などをご紹介してきましたが、結婚前後の生活環境や優先すべき項目というのは当然人によって様々なものですよね。スムーズな転職ができる事もあれば、思う様にいかない事もあるものです。

生活の仕方を模索しながらの転職であれば自分自身の思うままに仕事を選んでみるのも良いかもしれませんが、結婚生活というのは自分一人だけのものではありませんし、パートナーと結婚後の生活についてしっかりと話し合いをしておく事が最も重要なのではないでしょうか?

条件次第では男性より転職が難しい事もあり、時には転職に失敗してしまう事もあるかもしれません。しかし迷ったり悩んだりしてしまった時にはパートナーを始めとした周囲の人々に相談をしてみるというのも、解決の糸口を掴む為のヒントになるかもしれません。

Thumb就活本おすすめランキング!本当に役立つ読むべき就活本は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-19 時点

新着一覧