キャップが似合わない理由は?似合う顔のタイプや帽子の選び方を調査

キャップが似合わない理由や顔のタイプよって似合うキャップの選び方についてまとめました。キャップが似合わないのは顔のタイプや選び方に理由があるかもしれないので似合う選び方を取り入れることが大切。自分に最適なキャップを取り入れて似合わない問題を解決しましょう!

キャップが似合わない理由は?似合う顔のタイプや帽子の選び方を調査

目次

  1. キャップが似合わない理由を知りたい!
  2. キャップをかぶり慣れていないのが理由で似合わない
  3. キャップの選び方が服装に合ってないから似合わない
  4. キャップに似合わない髪型をしているのが理由の場合も
  5. キャップのサイズの選び方が間違っているから似合わない
  6. 自分に似合うキャップのサイズの測り方は?
  7. 顔の形に似合わないキャップの選び方をしている
  8. 丸顔タイプに似合うキャップの種類の選び方は?
  9. 面長タイプがキャップが似合わない問題を解決できる選び方は?
  10. 逆三角形の顔の場合に似合うキャップの選び方
  11. ベース型タイプの顔に似合うキャップの選び方を知りたい
  12. 大きい顔のタイプにふさわしいキャップの選び方
  13. 真似してみたい!おしゃれなキャップのコーデ
  14. こんなキャップのコーデもおすすめ!
  15. キャップが似合わない理由を知って、似合うようにしよう!

キャップが似合わない理由を知りたい!

キャップが似合わないのには選び方が間違っている場合も

「おしゃれなキャップをかぶりたいけれども、自分にはイマイチ似合わないな……」と感じていることはありませんか?キャップが似合わないと感じる場合は、キャップの選び方が間違っているのかもしれません。自分にぴったりなキャップの選び方をチェックしておけば、似合わないという問題も簡単に解決できるのでぜひ取り入れておきたいですね。

キャップが似合わない理由を知っておくことによって、どのようなタイプのキャップを選ぶべきなのかわかりやすくなるのもポイント。キャップにはさまざまな種類があるので、その中から自分に最適な形やサイズを選ぶことが重要になります。たくさんある中から自分にぴったりなキャップを見つけておしゃれなコーディネートを楽しんでみませんか?

キャップが似合わない理由を知って似合うようにしよう

「キャップが似合わない理由を知りたい!」「どういうキャップの選び方をすれば良いの?」という場合に役立つキャップが似合わない場合の解決方法をまとめました。ちょっとしたポイントをおさえることによってしっかりと自分に似合うキャップを見つけることができるようになるので、キャップでおしゃれを楽しみたい場合はぜひ活用してみましょう!

Thumbフェスは帽子を被るのがおすすめ!レディースのおしゃれな帽子を紹介!

キャップをかぶり慣れていないのが理由で似合わない

キャップをかぶり慣れていないと、似合うかぶり方がわからない

キャップが似合わないと感じる理由としてまずあげるのがキャップをかぶり慣れていないということ。どんなファッションのアイテムもそうですが、自分が普段慣れていないものを身につけるとぎこちない雰囲気になり、「似合っていないかな?」と思ってしまいがちです。どのようにキャップをかぶれば良いのか理解できれば、きっと似合うようになるはず。

キャップをかぶり慣れることも大切

「キャップは似合わないから……」という固定観念を抱いてあまりキャップを被らないようになっていると、結局はキャップにかぶりなれることができず、いつまでもキャップが似合わないようになってしまいます。キャップを似合うようにするためにはかぶりなれることも大切。思い切ってキャップをかぶる機会を増やし、慣れてみてはいかがですか。

キャップをかぶるのに慣れてくれば、だんだんとどういったかぶり方が自分に合っているのかがわかるようになってきます。キャップをかぶるときに鏡を見ながらどういった角度が自分に合っているのか確認してみましょう。そうして慣れていくうちにキャップがだんだん自分に馴染んでいくので、似合わないと思わずに慣れるようにしてみてはいかがですか。

キャップの選び方が服装に合ってないから似合わない

服装のミスマッチがキャップ似合わない理由になる

キャップが似合わない、と感じる場合は服装と合っていない可能性があります。キャップが服装と合っていないために全体的にバランスが整わず、結局はイマイチな印象になってしまうので気をつけましょう。キャップに合う服装はどういったものなのか考えながらバランスを考慮してコーディネートを組んでいけば、自然とキャップが似合うようになるはずです。

いつもの服装にキャップを合わせるのではなく、キャップをメインに据えてコーディネートを組んでみてはいかがですか。キャップをメインにしてコーディネートを組むことによってちぐはぐにならず、おしゃれな服装に仕上げることができるようになります。キャップが似合わない場合に、ぜひコーディネート全体を見直してみてくださいね。

キャップと服装とのバランスを見よう

キャップのデザインやカラーなどによって組み立てるべきコーディネートは変わってきます。「この色のキャップにはこういうデザインの服が合う」「こういうデザインのキャップなら、このトップスやボトムスがぴったり」といったように自分なりにバランスを考えながらコーディネートを考えてみましょう。定番のコーディネートが決まったらキャップも似合うようになります。

キャップに似合わない髪型をしているのが理由の場合も

髪型が合わないとキャップも似合わない

髪型が合わないのもキャップが似合わない理由としてあげることができます。髪型とキャップとの組み合わせがちぐはぐになってしまうがために結局はキャップが似合わないということになってしまうので気をつけておきましょう。どんな髪型がキャップ似合うのか考えながらその日の髪型を決めていくと、自然とキャップが似合うようになります。

最適な髪型を探そう

キャップに合わせてアップにしたり、あえてダウンスタイルにしてみたりといったようにキャップの種類によって髪型の雰囲気を変えてみましょう。鏡を見ながら自分れアレンジをしていけば、キャップにぴったりな髪型を見つけることができるはずです。いろいろなヘアアレンジをしながらキャップを組み合わせれば、オシャレ度もぐっと上がるのではないでしょか。

キャップにふさわしい髪型のアレンジができている人は、それだけでおしゃれに見えますよね。ちょっとした工夫によっておしゃれな雰囲気に仕上げることができるので、いろいろ試してみましょう。キャップが似合わないと感じている場合は髪型をアレンジしながら、自分に最適な雰囲気になるようにしてみてくださいね。

Thumbキャップに合う髪型は?可愛く見せるおすすめヘアアレンジまとめ

キャップのサイズの選び方が間違っているから似合わない

サイズ違いはキャップが似合わない大きな理由になる

キャップのサイズが間違っているのもキャップが似合わない大きな理由としてあげることができます。キャップには普通の洋服のようにサイズがあるので、最適なサイズを見つけることが大切になるので気をつけておきましょう。小さすぎるキャップは窮屈に見えますし、大きすぎるキャップはぶかぶかでおかしな雰囲気になるので注意してくださいね。

どんなのデザインが気に入ったキャップであっても、サイズがあってなければ意味がありません。サイズがあっていないがために「キャップは似合わないな……」と思ってしまう原因になることも。今一度、キャップのサイズを確認して自分に最適なサイズになっているのかどうか確認してみましょう。自分にふさわしいサイズであれば、きっと素敵な着こなしを楽しめるはずです。

自分に似合うサイズの選び方を知ることが大切

キャップのサイズがどのくらいのものであれば似合うのか知るためには、まず自分の頭のサイズを測る必要があります。自分の頭のサイズを測っておけば、簡単にキャップのサイズも見つけることができるようになるのでキャップを購入する前に自分の頭のサイズを測っておきたいですね。自分にぴったりなキャップを見つけるためにサイズを把握しておきましょう。

Thumbキャップに似合うヘアアレンジ特集!ロングヘアからショートヘアまで

自分に似合うキャップのサイズの測り方は?

メジャーを使って似合うキャップのサイズを測ろう

自分の頭のサイズの測り方はとても簡単です。おでこの最も出っ張っている部分を起点として、耳の上を通過しながら後頭部の出っ張っている部分へと回していきましょう。このようにしてメジャーではかれば、自分の頭のサイズがどのくらいなのか簡単に測ることができます。時間があるときにメジャーを使って測って、頭のサイズをチェックしてみてくださいね。

55cmくらいならSサイズ、57cmくらいならMサイズ、60cmくらいならLサイズといったように頭のサイズによってふさわしいキャップのサイズが変わってきます。自分の頭のサイズがわかったらそのサイズに合わせた表記のキャップを選んでいきましょう。

0.5cmくらい余裕を持たせると良い

あまりにもぴったりサイズだと窮屈に見えてしまう場合があるので、自分の頭のサイズよりも0.5cmくらい余裕を持たせるのもおすすめです。余裕を持たせることによって窮屈に見えず、自分にフィットしたキャップコーディネートを楽しむことができるので取り入れてみてくださいね。

また、キャップを選ぶときはちゃんとサイズが合っているかどうかかぶってみることも大切です。実際にかぶってみて小さい・大きいの判断をしながら自分に最適なサイズを選んでいきましょう。

顔の形に似合わないキャップの選び方をしている

顔の形に似合うようにする選び方は大切

人にはそれぞれ顔の形があり、それに合わないキャップをかぶると全体的におかしな印象になってしまいます。もしキャップがどうしても似合わない、と感じてしまう場合は自分の顔似合わないキャップのデザインを選んでしまっている可能性があるので気をつけましょう。顔の形似合うようにすることによって、自分にぴったりなキャップを選ぶことができます。

自分はどのタイプの顔なのかチェックしておこう

自分は丸顔なのか、面長なのかといったようにどういったタイプの顔の形をしているのかキャップを選ぶ前に把握しておきましょう。どういった顔のタイプなのか把握しておくことによってキャップ選ぶがぐっと楽になります。鏡を見て、どういう雰囲気の顔の形をしているのか見てみてください。それで把握しておけば、ふさわしいキャップを選べます。

自分の顔のタイプに合ったキャップをかぶることは、自分の顔のコンプレックスも隠せることにつなげられます。キャップはただおしゃれとしてかぶるだけでなく、顔の形で気になっている箇所を隠すためにも役立つので、そういった意味でも自分の顔の形にぴったりなキャップを選んでくださいね。

丸顔タイプに似合うキャップの種類の選び方は?

丸顔タイプはニット帽が似合う

丸顔タイプの人におすすめしたいのがニット帽。ニット帽は上の部分にボリュームがあるので、丸顔の人でもすっきりとした顔周りに見せることができるようになります。ニット帽はいろいろな洋服に合わせやすいのも嬉しいポイント。ニット帽を選ぶときは、上の部分にボリュームがあるものを選んでいくのがおすすめです。

丸顔にはハットもおすすめ

丸顔にはツバのあるハットがおすすめです。ツバのあるハットを選ぶことによって丸顔をカバーすることができ、顔周りもきれいに見せられるのがポイント。また、丸顔の人は幼く見られがちなので大人っぽくしたい場合にもハットが役立ちます。ハットをかぶるだけで大人の女性らしさが引き出されるので取り入れてみてはいかがですか。

面長タイプがキャップが似合わない問題を解決できる選び方は?

縦長に見えるキャップは似合わない

面長タイプの人の場合は、顔が縦長に見えるようなデザインのキャップは似合いません。特にニット帽は避けておきましょう。ニット帽は上にボリュームがあるので、面長の人がさらに縦長に見えるようになってしまいます。なので、面長な人は顔が縦長に見えないようなデザインを選んでくださいね。

カンカン帽やキャベリンなどがおすすめ

面長な人は縦のラインを強調しないようなカンカン帽やキャベリンがおすすめです。カンカン帽はトップの部分が平らになっているので縦長のラインを強調せず、きれいに仕上げられるのでぴったり。キャベリンハットも面長な人におすすめです。女性らしい雰囲気も楽しめるので、取り入れてみてはいかがですか。

逆三角形の顔の場合に似合うキャップの選び方

逆三角形の顔は顎が小さいのが特徴

逆三角形の顔のタイプの人は、顎が小さいのが特徴になります。横幅と縦幅のバランスを間違えると、イマイチな印象になってしまうので気をつけましょう。逆三角形である場合は、自分の顔のバランスを見ながらキャップのデザインを決めていくことが大切になります。

ベレー帽やキャスケットが似合う

ツバが小さくて丸みのあるベレー帽やキャスケットであれば逆三角形の顔の形の人でもバランスがとりやすいのでおすすめです。可愛らしい雰囲気に仕上げることができ、女性らしさも引き立つのでぜひ取り入れてみてはいかがですか。

ベース型タイプの顔に似合うキャップの選び方を知りたい

ベース型タイプの顔はエラを強調するキャップは似合わない

ベース型タイプの顔の人はエラがはっているのが特徴になります。なので、エラを強調するようなキャップを選ぶと全体のバランスが崩れてしまうので気をつけましょう。キャップのデザインを工夫すればエラも気にならないようなコーディネートに仕上げることができるので、うまく活用しながらキャップを楽しんでみてくださいね。

キャスケットやキャベリンなどがおすすめ

ベース型のタイプの人にはキャスケットやキャベリンがおすすめ。ツバが広めに取られているタイプの方がエラをカバーすることができるので取り入れてみましょう。逆にベレー帽などツバがないタイプのものだとエラが強調されてしまうので、そうならないように気をつけてくださいね。

大きい顔のタイプにふさわしいキャップの選び方

しっかりと自分にあったサイズを探す

顔が大きいタイプの人は、まずは自分に合ったサイズを見つけることが大切になります。伸縮性のあるニット帽だったとしても無理をして頭の中に入れるとパツパツになっておかしな印象になってしまうので気をつけましょう。頭のサイズをはかり、どういったサイズであれば合うのか把握してぴったりのものを選んでくださいね。

ツバつきのものだと小顔効果がある

顔が大きめの人はツバが広めのタイプがおすすめ。ツバが広いことによって小顔効果を期待することができ、全体のバランスを整えることができます。

真似してみたい!おしゃれなキャップのコーデ

個性的なキャップをアクセントに

自分にぴったりなキャップが見つかったら、ぜひコーディネートを楽しんでみましょう。個性的なデザインを選べばそれだけでアクセントになるので、トップスやボトムスはシンプルにするのがポイントです。

キャスケットを大人っぽく着こなして

ダウンショルダータイプのニットとキャスケットを合わせて大人の女性らしい雰囲気に仕上げるのも良いですね。秋冬シーズンにぴったりです。

こんなキャップのコーデもおすすめ!

白でまとめて女性らしく

白のキャップに合わせて全体を白でまとめると、バランスがとれるようになります。このように色やデザインを合わせてコーディネートを組み立ててみてくださいね。

赤いニットと黒のキャスケットを合わせて

赤いニット帽と黒のキャスケットの組み合わせがおしゃれなコーディネート。ちょっと派手めなニットでも、落ち着いた色合いのキャスケットを合わせることでまとまりが出ます。

Thumbおすすめ帽子コーデ特集!レディース向けの冬にぴったりな帽子といえば?

キャップが似合わない理由を知って、似合うようにしよう!

キャップが似合わないのには何かしらの理由があります。その理由を見つけて、自分にぴったりなキャップを選ぶようにしてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-21 時点

新着一覧