離乳食のオクラはいつから?すぐ使える種の下ごしらえの方法は?

いつもの忙しく育児や家事などをしている中、離乳食を手作りで子どものために作ってあげたいですよね。そんな育児中のママたちへ。オクラはいつから食べさせてもいい時期や下ごしらえの方法、オクラの離乳食レシピなどをご紹介します。

離乳食のオクラはいつから?すぐ使える種の下ごしらえの方法は?

目次

  1. 離乳食とは
  2. 離乳食の4つの時期
  3. オクラはいつから食べられる?
  4. オクラは身体にいいの?
  5. オクラの下ごしらえ
  6. オクラの冷凍保存方法
  7. オクラと魚を使った離乳食初期レシピ
  8. オクラとカボチャと豆腐を使った栄養たっぷり離乳食レシピ
  9. レンジで簡単!オクラの手づかみの離乳食レシピ
  10. パサつくサツマイモがオクラで食べやすくなる!?離乳食レシピ
  11. オクラと鶏肉を使った手づかみ離乳食レシピ
  12. 子どもに人気の定番レシピ
  13. オクラの旬の夏にピッタリ離乳食レシピ
  14. きのこが食べやすくなるオクラを使った離乳食レシピ
  15. 子どもと一緒なメニューが食べれる簡単レシピ
  16. オクラと納豆の粘り気でとろみをつけよう
  17. オクラで離乳食に彩りをつけよう
  18. オクラは離乳食に取り入れると便利!

離乳食とは

赤ちゃんが初めて口にする食べ物

生まれて間もない赤ちゃんは、初めに口にするのはミルクや母乳で栄養を摂っています。赤ちゃんが順調に成長すると、ミルクや母乳だけでは栄養が不足してしまうので、それを補うのが離乳食です。その離乳食を通して、ミルクや母乳以外で栄養を取る手段を得るのです。赤ちゃんにとって今後の大切な栄養源となる食べ物となります。

離乳食を始めるには

離乳食を始める目安は生後5~6か月とされています。始めるのが早いから良い、遅いから悪いとはいうわけではなくその子にあったタイミングで始めます。周りの子が始めたからといって焦らずに、その子のタイミングを見つけましょう。

開始のタイミングは、3つのポイントがあります。身体を支えると座れていること、食べ物に興味を示していること、授乳のリズムが一定になってきたことが挙げられます。この3つのポイントも大切ですが、子どもの体調も見ながら始めていきましょう。

Thumb離乳食開始の時期は?どんなサイン?スタートの遅い・早いの違いを解説

離乳食の4つの時期

離乳食は幼児食に移行する発達過程の時期を4つの段階にわけています。4つの時期は、発達段階に応じて具体的にあらわす呼称です。それは呼称とは、離乳食初期、離乳食中期、離乳食後期、離乳食完了期です。それぞれの時期により、食べる量や、食材の形状、大きさなどが変わってきます。それでは簡単に説明していきます。

離乳食初期

離乳食初期は、生後5~6か月ごろを目安に液体状の離乳食を飲み込む練習をする時期です。まずは1日に1回の授乳の時間を離乳食1回食を置き換え、10倍粥スプーン1さじから始めましょう。1日ごとに1さじずつ食べる量を増やしていき、野菜のすりおろし、豆腐、白身魚、卵黄のすりつぶしを徐々にあげていきます。そして、1回の食事の量が増えてきたら、2回食にしていきます。

離乳食中期

離乳食中期は、生後7~8か月ごろが目安になります。豆腐のようなかたさで3㎜大程の離乳食を舌でつぶす練習をする時期です。この時期から、赤身魚やささみ、全卵3分の1などが食べらるようになります。また、野菜の食べる種類や量も増えていきます。

離乳食後期

離乳食後期は生後9~11か月が目安になります。バナナくらいのかたさで5㎜程に刻んだ離乳食を、歯ぐきでつぶす練習する時期です。この時期には3回食になり、自分で手づかみをして食べます。また、青背の魚や鶏肉、牛肉なども食べれるようになってきます。

離乳食完了期

離乳食完了期は、1歳~1歳6か月ごろが目安になります。歯ぐきでしっかり噛めるかたさで1㎝程のサイコロ状の離乳食を上手に噛めるようになる時期です。この時期には、スプーンやフォークで少しずつ食べるようになり、食べムラも少しずつ出てきます。また、牛乳が飲めるようになったり、豚肉などが食べられるようになったりします。

Thumb離乳食の準備は大丈夫?食器以外にも用意したい便利グッズを徹底調査!

オクラはいつから食べられる?

オクラの食べれる時期

食材によっては、食べれる時期と食べれない時期があります。オクラはいつ食べれるのでしょうか?オクラの食べれるのは、離乳食中期です。オクラは粘り気があり、のどごしもよい野菜の1つです。離乳食を作るのに、とろみ素材としてとても重宝します。また、冷凍保存もできるため、育児中のママにはとても助かるとろみ食材ですね。

オクラは身体にいいの?

オクラの栄養素

オクラには、緑黄色野菜βカロテイン、カリウム、カルシウムを豊富に含んでいる野菜です。βカロテインはがん予防、免疫力を高める効果があります。その他にもオクラの特徴的な粘りがあり、その粘りにはガラクタン、ペクチン、アラバン3つの食物繊維を含んでいます。

特にペクチンには整腸作用を促す作用があり、便秘予防の効果があります。離乳食がはじまって便秘になったりする子どものためにピッタリな食材ですね。

Thumb離乳食で便秘の解消方法!赤ちゃんに効く食べ物や原因・対策は?

オクラの下ごしらえ

オクラの下ごしらえの方法は2つあります。離乳食の時期によって下ごしらえをかえていくと調理も楽になります。下ごしらえの方法に共通するのはオクラの産毛とりです。産毛をとるには、まな板の上で塩をかけて転がして板ずりをします。またはオクラに塩をかけて手もみをします。それでは、産毛のとった後の下ごしらえの方法をお教えします。

下ごしらえ①

1つ目は、産毛をとったオクラのへたの部分を切り落とし、竹串または菜箸で種を取り除きます。種を取り出し、水でオクラの種をきれいに流します。鍋に入った沸騰したお湯に処理を終えたオクラを入れ、やわらかくなるまでゆでます。ゆでる時間の目安は5分ですが、やわらかさは確認しながらゆでてください。これで、1つ目の下ごしらえ方法は終了です。

下ごしらえ②

2つ目は、産毛をとったオクラを、水できれいに流して塩と産毛を取ります。その後、沸騰したお湯をはった鍋にクラをやわらかくなるまでゆでます。やわらかくなったオクラを取り出し、オクラのヘタを切り落とします。ヘタを取ったオクラを縦に2等分になるように切り、小さなスプーンで種をかき出していきます。これで、2つ目の下ごしらえ方法は終了です。

下ごしらえが終わったオクラは、離乳食中期の方はみじん切りにしたり、離乳食後期から離乳食に可愛らしくアクセントをつけたい方は下ごしらえ①の方法で、お星さまの形を残して切ってみたりしてトッピングというのも可愛らしいですね。このように、オクラをどのような形で残したいかによって下ごしらえの方法を変えるのをオススメします。

オクラの冷凍保存方法

毎日家事や仕事、育児に追われているママに必見。毎回板ずりやゆでたりして下ごしらえをすると時間がかかっていやという方は、冷凍保存がオススメです。冷凍保存の方法によっては味が落ちる可能性があるため、正しい冷凍保存をしましょう。

オクラの冷凍保存は、冷凍中に味が落ちる原因となるオクラの産毛をとり、やわらかくゆでて種をとります。水けは必ず取り、離乳食の進みに合わせて切ったり、そのまま保存したりしていきます。離乳食中期は、みじん切りにして使う量に合わせて保存用のパックに保存すると、少し使いたいときに使えるので便利です。星型に切り保存するときは、空気を抜きながら密封をします。

Thumb離乳食の冷凍方法!作り置きの保存の仕方や期間・解凍のやり方を伝授

オクラと魚を使った離乳食初期レシピ

鮭とオクラ和え

魚はパサパサしているため、のど越しが悪く飲み込みづらいですよね。片栗粉をまぶすのも方法ありますが、オクラを使えばとろみがつき、野菜も一緒に摂れる離乳食レシピです。今回は鮭ですが、鮭がまだ試していない方は白身魚でもおいしいですよ。

材料はオクラ1本、鮭1/2枚、お好みの野菜です。まずはオクラの産毛をとり、ゆでて種をとって下ごしらえをし、みじん切りに切りましょう。鮭はゆでるか焼くかして火を通しましょう。火を通した鮭をほぐし、ほぐした鮭の上にみじん切りにしたオクラを混ぜ合わせます。他の野菜を一緒に摂りたい方は、鮭とオクラとゆでた野菜を混ぜると野菜たっぷり鮭のオクラ和えにもなります。

オクラとカボチャと豆腐を使った栄養たっぷり離乳食レシピ

オクラとカボチャの豆腐のサラダ

豆腐だけだと味気なくて食べてくれないっていう方にオススメ、離乳食中期にピッタリのレシピです。かぼちゃで味を付け、オクラで粘り気をつけ食べやすく、そして手早く作れて簡単で、育児に家事に大変な時に使える離乳食レシピです。

材料は、オクラ15g、かぼちゃ15g、豆腐30gです。産毛をとったオクラをやわらかくゆで、種をとって下ごしらえをします。かぼちゃはレンジでやわらかくし、豆腐も同様にレンジで温めるのですが、適量の水を入れて温めます。そして、やわらくなった食材すべて混ぜ合わせたら完成です。

レンジで簡単!オクラの手づかみの離乳食レシピ

オクラの卵蒸し

なかなか野菜を食べてくれずなかなか栄養が摂れないっていう子の為に、卵を使えばあっという間に口にいれてくるます。そして、手づかみってが始まると、持って食べれるようなものを作ってあげたいですね。でも手づかみの作るの大変っていう方に簡単に作れる離乳食レシピです。また、離乳食としても食べられますが、味付けを大人用にするだけで、大人も食べれます。

材料は、オクラ1本、豆腐20g、お好みの野菜を適量、片栗粉小さじ1/2、だし汁大さじ2、卵1/2個です。まずオクラの産毛をとり、ゆでて種をとって下ごしらえをして、細かく刻みます。他の入れたい野菜も細かく刻みます。少し手間が省きたい方は、冷凍してある野菜でも可能です。耐熱容器にオクラ、野菜、片栗粉、だし汁、豆腐、卵を混ぜ合わせます。

その後レンジで40秒加熱します。加熱後、取り出して再び混ぜて合わせ、レンジで40秒加熱します。火が通っているか確認をし、通ってない場合は様子を見ながら10秒ずつ加熱してます。火が通ったら完成です。手づかみで食べさせたい時には、一口大の大きさに切ってあげます。

パサつくサツマイモがオクラで食べやすくなる!?離乳食レシピ

オクライモ

サツマイモを食べさせるけど、パサパサして食べづらそうにしている子にオススメです。サツマイモは手づかみ食でとても便利ですが、パサつくため喉に詰まりそうで怖いですよね。そんな時につなぎとして、オクラを使うことで、パサつきも押されられます。また、手づかみ食で冷凍保存できるため、育児に家事に追われているママには便利な離乳食レシピです。

材料は、オクラ3本、サツマイモ1本です。まずサツマイモをゆでます。ゆでたサツマイモは、皮をむきすりおろします。オクラも産毛をとりゆでて種をとり下ごしらえをして、みじん切りにします。すりおろしたサツマイモとみじん切りにしたオクラを混ぜ合わせます。

少し粘り気が手につくくらいを目安に分量を入れるようにすると粘り気が丁度よくなります。そして、一口大の大きさに丸めれば完成です。冷凍保存をしたい場合は、丸めてラップをかけて保存します。使いたいときはレンジで加熱するだけなので、時間短縮になります。

Thumb離乳食初期にさつまいもの調理方法は?ペーストやレンジを使った簡単レシピ

オクラと鶏肉を使った手づかみ離乳食レシピ

オクラ入りつくね

野菜と肉を一緒に手づかみで食べてくれると嬉しいですよね。そんな手づかみ食にピッタリな離乳食レシピです。今回の野菜はオクラと人参を使っての離乳食になります。他の野菜を入れたい時は、人参の代わりにいれる方が肉崩れ防止になります。

材料は、鶏ひき肉100g、人参2~3㎝、オクラ3本、片栗粉小さじ2、水大さじ1.5、醤油小さじ1/2、油少量です。人参を皮むいてやわらかくゆでて、細く切ります。オクラは産毛をとり、ゆでて種をとって下ごしらえをして、みじん切りをします。次に、鶏ひき肉に水と片栗粉入れて混ぜます。

よく混ざったら、人参とオクラ、醤油を入れて混ぜます。フライパンに油をひいて加熱し、一口大に丸めたタネを弱火で片面3分ずつ焼きます。両面3分ずつ焼いたら、中まで火が通ってるか確認をします。冷凍保存もでき、冷ましてラップに包んで冷凍できます。

つくねだけでなく、牛ひき肉を使ってオクラ入りのハンバーグもおいしくいただけます。卵を使わずのオクラがつなぎとしての役割をするため、卵アレルギーの子にオススメの離乳食です。またハンバーグも冷凍保存できるため、育児中のママには便利な離乳食レシピです。

Thumb離乳食用ハンバーグレシピ!ひじきなどを使ったアレンジ活用術や保存方法

子どもに人気の定番レシピ

オクラの卵焼き

育児や家事など大変な時にレシピが浮かばない。そんな時に定番レシピ、卵焼き。手づかみで食べる際に、オクラだと粘り気があって手が汚れて嫌だなって方に、手づかみで食べやすい離乳食レシピです。オクラ以外にもほかの野菜を入れてもおいしいですよ。ただ入れすぎるとうまく巻けなくなるので、野菜の量を調節してください。

材料は、オクラお好みの量、卵1/2個、かつおぶし少々です。まずオクラをゆで、種をとり下ごしらえをし、みじん切りにします。卵、みじん切りにしたオクラ、かつおぶしを混ぜ合わせ、フライパンに油をひき、焼いていきます。卵に完全に火が通ったか確認をし、火が通ってたら完成です。冷凍保存をする場合は、切り分けてひとつずつラップに包みます。

オクラの旬の夏にピッタリ離乳食レシピ

ツナとオクラのそうめん

夏にピッタり、つるっといって食べやすいレシピになっています。他の野菜を付け加えても、その野菜までつるっといって食べてくれますよ。また。早く作れて、主食も野菜もタンパク質を一緒に摂りたい方にオススメな離乳食レシピです。

材料は、そうめんとツナ缶(水煮)お好みの量、オクラ2本、めんつゆ大さじ1、水大さじ6、すりごま少々です。オクラの産毛をとり、ゆでて種をとって下ごしらえをして、みじん切りにします。そうめんは、子ども用に売られているそうめんまたは大人用のそうめんを短くして、ゆでます。めんつゆを水で薄めます。濃さは自分で調節して、水の量を増やしたり、減らしたりしてください。

ツナは水煮の場合はそのまま使っても大丈夫ですが、オイルの場合は油抜きをして、ゆであがったそうめん、みじん切りにしたオクラと混ぜ合わせ、めんつゆをかけます。最後にお好みですりごまをかけたら完成です。

オクラの形を使って可愛い離乳食へ

離乳食後期または完了期に、オクラはみじん切りだけでなく、オクラの特徴的な星を利用して、星型にきったものをそうめんに散らばしても可愛いですよね。また、そうめんだけでなくうどんやパスタにも使えるので、離乳食がオクラを使ってかわいくなります。

Thumbそうめんの離乳食レシピ!初期・中期の時期にピッタリの食べ方は?

きのこが食べやすくなるオクラを使った離乳食レシピ

しらすときのこのオクラ煮

きのこは歯ごたえがあり、なかなか飲み込むことが難しいですよね。そんな時に、オクラの粘り気を使って、食べやすく、おいしく離乳食をいただけるようにしてあるレシピです。

材料は、しいたけ10g、しらす5g、オクラ1本、醤油少々、かつお昆布だし200㎖です。まずオクラの産毛を取り、ゆでて種をとって下ごしらえをします。下ごしらえしたオクラとしいたけをみじん切りにし、しらすはゆでて塩抜きをします。みじん切りにしたオクラ、シイタケと塩抜きしたしらすをかつお昆布だしで煮ます。醤油で風味をつけたら完成です。

子どもと一緒なメニューが食べれる簡単レシピ

オクラチューハン

育児中のママは、離乳食と大人の分のごはんを用意するのが大変ですよね。そんな時に、野菜、たんぱく質、主食が摂れる簡単レシピ。一緒に作って、子ども分を取り分けて、後は大人用に味付けをするだけの時間短縮レシピです。

子ども一人分の材料です。オクラ2本、ほうれん草少量、納豆1パック、ご飯子供茶碗1杯、卵黄1個、醤油適量、ごま油小さじ1、和風だし適量です。大人のも一緒に作る場合、野菜を2倍の量にし、卵黄を卵1個に置き換え、ごはんもお好みの量を入れます。

まずオクラの産毛と種をとり下ごしらえをします。他の野菜も同様に下ごしらえをして、野菜をみじん切りにして、納豆と卵を混ぜ合わせます。混ぜたものにご飯を入れて混ぜ合わせ、醤油、和風だしを適量入れていきます。フライパンにごま油をひき、粘り気が少なくなるまで炒めます。はじめは子ども用に味をつけて、子どものを取り分けた後、大人用に味をつけをします。

オクラと納豆の粘り気でとろみをつけよう

オクラのとろとろスープ

チャーハンに引き続き、育児中のママの時間短縮レシピです。味付けの前に子ども用に取り分けて、大人用に味付けをするだけです。小松菜などの野菜を入れても、納豆、オクラの粘り気のおかげでつるっと食べられるので、栄養が摂れるレシピです。

材料は、オクラ4本、納豆1パック、水600㎖程度、大人用の味つけウイスパー大さじ1です。まずオクラは、産毛をとり、種とって下ごしらえをします。そして、離乳食の時期に合わせて好きな大きさにオクラを切ります。鍋に水を分量分に入れ、沸かします。

切ったオクラ、少し混ぜた納豆を入れて、オクラがやわらかくなるまでゆでます。火が通り、とろみが出てきたら、子ども用のスープの完成です。大人用は、ウイスパーと納豆のたれで味付けをし、完成です。

Thumb離乳食で納豆はいつから大丈夫?赤ちゃんもおいしいおすすめレシピ

オクラで離乳食に彩りをつけよう

大人の食事もそうですが、離乳食もやはり彩りがなければ、おいしく感じませんよね。そんな時に、オクラは星型で離乳食に可愛く色を付けてくれます。

保育園の弁当の彩りやキャラ弁の飾りつけとしても、忙しいママにとって簡単にできます。また七夕やクリスマスなどの行事の時に、子どもに可愛らしい離乳食を作ってあげたいママにも大助かりですね。オクラで離乳食を作ってみたいですね。

オクラは離乳食に取り入れると便利!

オクラは栄養があって、整腸作用など身体にいい食材です。離乳食中期から産毛をとり、種をとる下ごしらえをして、食べれることができます。また、他の食材を食べやすくするためのとろみをつけることができます。下ごしらえの後に冷凍保存もできて、時間短縮になります。

オクラの特徴的な形を利用して、離乳食が可愛らしく星の散らばったものになると子どもたちからも喜ばれます。オクラを使った離乳食で作ってみてはいかがでしょうか?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-03 時点

新着一覧

×