マンションの防音と騒音対策!防音性の高い賃貸物件を選ぶコツは?

マンションを探す上で重要なのが「防音性」。騒音があると様々なトラブルにつながります。防音性の高いマンションを探したいと思う理由は人によって様々ですが、そんな賃貸物件探しのコツは?今回は防音性の高い賃貸物件を選ぶコツや、今からできる防音・騒音対策もご紹介します!

マンションの防音と騒音対策!防音性の高い賃貸物件を選ぶコツは?

目次

  1. マンション探しで重要な「防音性」
  2. 防音性の高いマンションのメリット
  3. 防音性の高いマンションを選ぶコツを4つご紹介!
  4. ①マンションの構造に注目しよう
  5. ②マンションの近くに学校や駅などがないか確認する
  6. ③過去に騒音トラブルが起きていないか確認する
  7. ④マンションで防音性が高い「角部屋」を狙う
  8. マンションを決める前に確認したいこと
  9. 防音性を高くする方法は?
  10. 騒音が酷いときの対策方法は?
  11. まとめ:快適に暮らすためにマンション選びは慎重に!

マンション探しで重要な「防音性」

マンションの賃貸物件で部屋を探すとき、とても重要なポイントなのがマンションの「防音性」。隣や上の階など、同じマンションに住む方との騒音トラブルはできるだけ回避したい問題ですよね。立地による騒音も場所により様々。騒音が酷いとストレスも溜まり快適な暮らしとは言えません。マンションの物件で防音性の高い部屋を探すコツとはあるのでしょうか?

今住んでいるマンションが防音が酷い・または子供が居て迷惑にならないよう対策したいという方もいるかと思いますので、そんな防音・騒音対策もご紹介します!住んでみないとなかなかわからない「騒音問題」ですが、対策をすることで少しでもストレスを少なくして快適に過ごしましょう!今回はそんなマンションの賃貸物件探しに役立つ選び方のコツや対策方法をご紹介します!

Thumb新婚夫婦おすすめ間取り!新婚生活の賃貸の家賃はどれくらいがいい?

防音性の高いマンションのメリット

マンションは集合住宅なので、当然住まわれている方も多くなります。生活音というのは意外と大きく響くもの。音楽を流したり友達を呼んで遊んだり、そういった音がお隣さんまで聞こえていたり逆に聞こえてきたりすることも。自分が発する音には意外と無頓着、逆に外から聞こえる音は敏感になってしまうものですよね。そんなマンションも「防音性」が高いと快適に過ごすことができます。

防音性が高いということは自分の生活音もあまり気にせず生活できますし、他の部屋や外の騒音が聞こえてくることも少なくすみます。壁や窓の造りは夏や冬などに重要な保温性の高さにも関係しますので、その分快適に過ごせるというメリットがあるんです!そのためマンションはできるだけ防音性の高い物件を探すことが、快適な暮らしをするために重要なのポイントなんですよ。

防音性の高いマンションを選ぶコツを4つご紹介!

賃貸物件のマンションは実は防音性が低い物件が多い特徴があります。賃貸物件というのは長く住むということを考えて造られているわけではないため、壁が薄かったりと防音性を重視していない建築構造になっています。そのため賃貸物件マンションを探すときはコツがいるのです!少しでも騒音被害を少なくするためには、ちょっとしたことにも気を付ける必要があるんですよ。

賃貸物件より分譲マンションの方が防音性が高い造りが多いのは住む期間を想定して造られているから」なんですね。今回はそんな分譲・賃貸物件探しで役立つ防音性の高い物件の選び方のコツを、4つのポイントに分けてご紹介!意外と探すときにノーチェックだったポイントもあるかも?暮らしていく中でできるだけ快適に過ごせるマンションを見つけてストレスフリーを目指しましょう!

①マンションの構造に注目しよう

マンションの建築構造は防音性に関係する

防音性の高いマンションを探すとき、物件の構造ってチェックしていますか?実は賃貸物件探しでこのポイントはとても重要です。一般的なマンションやアパートの建築構造は木造や鉄骨、鉄筋コンクリートの3種類が基本ですが、この構造の違いが防音性を大きく左右するんです!そのため物件探しでは必ずチェックしたいポイントなんです!

防音性が高いのは鉄筋コンクリート構造

基本の3つの構造の中でも一番防音性に優れているのが鉄筋コンクリート構造。壁の密度が高いため部屋の中の音が響きにくく、遮音性が高い特徴があるんです!もちろん同じ造りでも防音性の高さは物件によってさまざまなので、これだけで決めるべきポイントではありませんので注意しましょう。ドアの音や床の音も響きにくく、防音性はほかの構造より高いので参考にしてみてください。

②マンションの近くに学校や駅などがないか確認する

人が集まる場所はその分騒音もひどくなるもの。特に学校や駅の近くは人が多く、話し声なども多く響きます。学校が近い物件はお子さんがいる家庭が同じマンション内に多く住んでいる可能性もあり、床の音などが気になってしまうという方も注意が必要です。小中学校の近くの物件だと運動会などの時期は特に外の音が大きく聞こえてきます。

防音を望むのなら高速道路や線路の近くなども避けたい物件です。休日でも関係なく音が大きく響いてくるので、家にいる時間はしっかり休みたい方はこういった立地の物件は避けるようにするとストレスも少なくすみますよ。立地というのは騒音被害も関係しますので、近くの施設なども確認するべきポイントとして調べておくと良いでしょう。

③過去に騒音トラブルが起きていないか確認する

いいなと思う物件を見つけた場合、その物件で過去に騒音トラブルが起きていないか不動産会社の方に確認してみるのも一つの方法です。騒音トラブルが多い物件はマンションの造りに問題がある場合がありますので、そういった点を確認しておくと選ぶときに役立ちます。教えてくれるかは不動産に寄りますが、上の部屋に子供が住んでいるかなども気になる場合は聞いてみると良いでしょう。

④マンションで防音性が高い「角部屋」を狙う

角部屋の場合隣の部屋がひとつないということですので、その分騒音も少なく済むということです。もちろん上の部屋や一つある隣の部屋からの音はありますが、両隣からの音より少なくすみ自分の部屋の音でトラブルが起きることも減ります。上の階に住む場合は床の音などの問題は変わりませんが、隣人さんとの騒音トラブルを減らしたい方は角部屋がねらい目です!

マンションを決める前に確認したいこと

選び方のコツをご紹介しましたが、そうはいっても防音性の高さにはマンションの物件ごとに差が出てしまうものです。より防音性の高いマンションを選びたいあという方は、マンションを決める前に部屋の中で確認するべきこともあります。2つのポイントに分けてご紹介します!

壁を叩いて防音性を確かめよう

マンションも壁を叩くことで、壁の造りによる音の響き方確認することができます。防音性が低い壁は叩いても軽い音がし、裏側に響くような高い音がするため要注意です。防音性の高い硬くい壁の場合叩いてみるとつまった音がし響きにくはずですので、見学の際に確認してみると良いでしょう。

歩く音やドアの音にも注目しよう

歩くときの床の音は歩き方でも変わりますが、響きやすい床の場合は防音性が低く下の階まで響いてしまう恐れがあります。お子さんが居るご家庭はとくに気にしたいポイントですよね。下の階の方との騒音トラブルを減らすためにも床の音にもチェックして探しましょう。その他だとドアの開閉音やきしみなどにも注目してみてください。

防音性を高くする方法は?

お子さんがいる場合は時に気になる防音対策。そんなときは床に敷く防音マットを敷くと効果的です。歩く音を少なくしたい場合はスリッパを履くこともひとつの方法で、スリッパが音を吸収してくれるためおすすめです。それ以外にもオーディオ類は壁から離して置く、隣の部屋と隣接した壁は本棚などを置くことも効果的です。

意外と下の階に響く椅子を引くときの音などもアイテムを使うことによって少なくなります。防音対策というのは意外と多く存在し、対策グッズなども販売されています。引っ越しすることができない方は防音対策をすることでトラブルを減らしましょう。家具の配置などを工夫することによって音の響き方も変わるため、試してみると良いでしょう。

騒音が酷いときの対策方法は?

騒音って感じ方は人それざれ。ストレスの溜まっているときはとくに音にも敏感になりイライラすることもあるかと思います。そういったときに騒音対策は重要で、部屋の中で快適に過ごすために必要なこと。外からの騒音が酷い場合は防音カーテンを使ったり窓などに隙間テープをはる方法があります。隣の部屋の声が気になる場合は壁になるべく背の高い家具を置くと良いでしょう。

それでも騒音が気になって眠れないときなどは耳栓などのアイテムを使ってみるのも一つの方法です。耳栓は比較的安価で購入することができますし、ヘッドホンなどで好きな音楽聞いて過ごすのも手です。すぐに引っ越すことができない場合でどうしても気になる場合はこういった方法も試してみると、少しは改善されるかと思いますよ。

Thumb賃貸探し方・選び方ご紹介!賢く選ぶ賃貸物件の探し方コツが知りたい

まとめ:快適に暮らすためにマンション選びは慎重に!

賃貸物件の防音性の高いマンション探しはなかなか難しい問題ですが、ちょっとしたことが防音性を確かめる上でも重要になります。これから物件をお探しの方は今回ご紹介したコツを参考にして探してみてください。一度決めてしまうとなかなか引っ越すこともできないので、決める前に必ず確認をしましょう。今後の生活を大きく左右する問題だからこそ、慎重にならなければなりません。

お子様が居て床を走り回る音が気になる、という方は防音マットなどのアイテムを使ったりしっかりと対策をすることで下の階の人との騒音トラブルも回避できると思います。騒音は意外とストレスが溜まるもの。毎日暮らす場所だからこそ、しっかりと対策をして快適に暮らしましょう!賃貸マンション探しや騒音のお困りの方はぜひ参考にしてみてください!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-10-02 時点

新着一覧