チェック柄の種類を画像・イラストで解説!各デザインの名前や特徴とは?

マフラーにシャツ、スカート、パンツなど色んなところでチェック柄を見かける機会が多くあります。今回は、身近な柄でもあるチェック柄を特集します。チェック柄には、たくさんの種類があることをご存知でしたか?そんなチェック柄の種類をまとめてみました。

チェック柄の種類を画像・イラストで解説!各デザインの名前や特徴とは?

目次

  1. チェック柄の種類イロイロ!画像と共にご紹介
  2. チェック柄の種類の前にチェック!
  3. 【アーガイルチェック】はスタンダードな人気柄!
  4. 【ギンガムチェック】は一番シンプルな柄
  5. アーガイル、ギンガムと並んで人気の種類【タータンチェック】
  6. 【グレンチェック】は上品なチェック柄
  7. 【ハウンドトゥース】はレトロなチェック柄
  8. 【シェパードチェック】はシンプルなのにおしゃれなチェック柄
  9. 【バーバリーチェック】は可愛いナチュラル柄
  10. 【マドラスチェック】は色鮮やかなチェック柄
  11. 【ブロックチェック】は美しい四角の集まりの柄
  12. 【バッファローチェック】はワイルドなイメージのチェック柄
  13. 【バッファローチェック】はクラシカルなチェック柄
  14. 【ピンチェック】はシンプルだけどメリハリのチェック柄
  15. 【ウィンドペンチェック】はシンプルでクラシカルな柄
  16. 【グラフチェック】はモノトーンのチェック柄
  17. 【タッタソールチェック】は少しカラフルだけど使いやすい柄
  18. 【ハーリキンチェック】は道化師の服を元にした柄
  19. 【トーンオントーン】は多彩な色が楽しめる柄
  20. チェック柄の種類を知ると服を選ぶのが楽しくなる!

チェック柄の種類イロイロ!画像と共にご紹介

服屋さんに行くとよく見かけるチェックの柄。男女ともに大人気の柄の種類の1つです。今回は、たくさんの種類があるチェック柄の種類を名前はもちろん、画像やイラスト付きでご紹介します。チェック柄の中には、スタンダードな柄からあまり目にしたことがないチェック柄までたっぷりお届けします。

チェック柄の種類の前にチェック!

まずはスタンダードな服の柄としても人気のチェック柄についてご紹介します。あまりに身近すぎてどんな柄なのかという点はなかなか知らないことも多いようです。チェック柄の種類をチェックする前に、「チェック柄」自体のことについてお話ししていきましょう。

チェック柄とは…【模様の1種】

チェック柄は、服や雑貨などでよく見かける柄の1種です。別名「格子模様」と呼ばれることもあります。チェック柄には、多くの種類があり、普段着る服はもちろんですが、国の正式な服の模様として使われているものもあります。服の世界でもシャツやスカート、パンツ、小物類など色んな場面で見かけます。

【アーガイルチェック】はスタンダードな人気柄!

種類①

ここからは、服などにもよく活用されるチェック柄の種類をいくつかご紹介していきましょう。チェック柄の名前や特徴、画像やイラストでわかりやすくお届けしていきます。まずは身近なチェック柄であるアーガイルチェックからです。秋冬に似合うチェック柄になっています。

アーガイルチェックとは?

アーガイルチェック柄は、いくつかの色のひし形が作られていて、その中心を辺にして細い線が走っているところが特徴です。主にセーターやカーディガン、靴下などに活用されています。その独特の見た目からそろばん柄とも呼ばれているそうです。

アーガイルチェックの特徴とは?

アーガイルという名前は、スコットランドの地名でそこに住む民族が着ていた衣装に多く扱われている柄の種類です。その昔、アーガイル城に住む王女が愛する人のためにタータンチェックを元にしながらアレンジを加えて編みあげたことがチェック柄の始まりと言われています。

【ギンガムチェック】は一番シンプルな柄

種類②

2つめのチェック柄の種類は、ギンガムチェックです。先ほどご紹介したアーガイルチェック柄同様、スタンダードなチェック柄の種類になります。似たようなチェック柄も中にはありますが、画像やイラストがあるとさらに分かりやすいですよね。

ギンガムチェック柄とは?

ギンガムチェックとは、小格子柄とも呼ばれいます。チェック柄の中でも一番シンプルな柄で白を主にして別の色をプラスして2色で構成されています。ギンガムチェック柄の名前の由来は色々あります。童話の中でもスタンダードな柄として頻繁に登場したり、服の柄としても人気です。

ギンガムチェックの特徴とは?

ギンガムチェックは、海外では理髪店でクロスとして使われていることが名前の由来だという話しがあります。そのため、エプロンチェックとも呼ばれていたり、縦縞を現すマレー語のガンガン、フランスの地名のギャンガンという由来もあると言われています。

アーガイル、ギンガムと並んで人気の種類【タータンチェック】

種類③

3つめにお届けしていくチェック柄の種類は、タータンチェックです。画像やイラストをチェックしながらその違いを確認していきましょう。チェック柄によっても雰囲気が変わります。先程の2つの柄同様服などにも多く使われているチェック柄になります。

タータンチェック柄とは?

タータンチェック柄は、たくさんの色の糸で織った物でこのタータンチェックは、スコットランドやハイランド地方では、民族文化と深く結びついてキルトの柄としても有名です。名前の由来は、諸説ありますが、フランス語から来ている説が有力で、他にもゲール語、スペイン語をいう話しもあります。

タータンチェック柄の特徴とは?

タータンチェックの歴史は、古代のケルトまでに遡るという説もありますが、タータンチェックが定着して来たのは、16〜17世紀ごろのハイランド地方で衣装として定着したと言われています。そして、1746年、1度は禁止されたタータンチェックが再び復活したことで完全に定着して今に至るそうです。

【グレンチェック】は上品なチェック柄

種類④

4つめのチェック柄の種類は、グレンチェックです。少しレトロなチェック柄になっています。季節的にも秋冬の家メージが強いチェック柄の1つになっています。そんなグレンチェック柄とはどんなチェックなのでしょうか?名前がチェック出来たら、画像とイラストを照らし合わせながらチェックしていきましょう。

グレンチェックとは?

グレンチェックとは、小さめの格子柄と大きめの格子柄、数本のラインで構成されているチェック柄の種類です。ジャケットやパンツ、スカート、ベレー帽などの服や雑貨に多く見られます。グレンチェックは、名前を聞いたらわからなくても画像やイラストを見るとわかる方多いチェック柄かもしれません。

グレンチェックの特徴とは?

グレンチェックのグレンという名前の由来には諸説あります。1つめは、スコットランドのアーカートという地方の谷間で織られたところからつけられています。この谷間のことを「グレン」と呼ばれているそうです。もう1つは、グレナカート家の柄の1つという説もあります。

【ハウンドトゥース】はレトロなチェック柄

種類⑤

5つめのチェック柄の種類は、冬を連想させる独特のチェック柄の1つです。白と黒のイメージですが、他の色と組み合わせたハウンドトゥースの柄も存在します。他の色を組み合わせることで、明るさもプラス出来て、色んなチェック柄が楽しめます。

ハウンドトゥースとは?

ハウンドトゥースのチェック柄とは、直訳すると「狂犬の歯」という意味があり、柄を見るとまるで犬の歯が並んでいるような形を連想させるチェック柄の種類です。ハウンドトゥースだけでなく、チェック柄の名前は、海外と日本で違う場合があります。日本での和名は「千鳥格子」と呼ばれているそうです。主にジャケットやコート、マフラーなどの柄として目にします。

ハウンドトゥースの特徴は?

ハウンドトゥースの起源は、スコットランドのローランド地方と言われています。ハウンドトゥースは、先ほどご紹介したタータンチェック柄同様、紋章としてチェック柄が使われているそうです。1800年始めの頃にコットンやシルクなどに使用され、スカートやドレスにも活用されました。一度、無くなってしまったハウンドトゥースですが、再び復活し、それを機に世間に広まったそうです。

【シェパードチェック】はシンプルなのにおしゃれなチェック柄

種類⑥

6つめのチェック柄の種類は、シェパードチェックです。チェック柄は、一見他のチェック柄と似たような種類も多いですが、画像やイラストと一緒に見ていくとその違いが明らかです。このシェパードチェックもショップへ行くと目にするチェック柄になっています。

シェパードチェックとは?

シェパードチェック柄とは、スコットランド地方発祥のチェック柄の1種です。上の画像でもわかるように2色構成でギンガムチェックと似ているところがあります。混じり合っていないチェック柄のところに斜めのせんが入るところがこのシェパードチェック柄のポイントです。

シェパードチェックの特徴とは?

シェパードチェック柄の「シェパード」は、羊を意味する「シープ」飼うを意味する「ヘッド」から来ていると言われています。これは、羊飼いのことを指していて、スコットランドの羊飼いたちが始めて着用したことにより、シェパードチェックという名前がつけられたと言われています。和名では、小弁慶格子と言われています。

【バーバリーチェック】は可愛いナチュラル柄

種類⑦

次にご紹介する7つめのチェック柄は、バーバリーチェックです。この名前は、皆さん一度は耳にしたことや目にしたことがあるチェック柄の種類かもしれません。画像やイラストもなんとなく想像がつくかもしれません。そんなバーバリーチェック柄は、年齢や性別問わず馴染みのあるチェック柄と言えます。

バーバリーチェックとは?

バーバリーチェックとは、キャメルベースの色合いに黒と白の太めのラインと格子、赤のラインが印象的なスタンダードなチェック柄です。その名の通り、バーバリーというブランドから生まれたチェック柄の種類になっています。主に、マフラーや帽子、コートの裏地などで目にする機会も多くあります。

バーバリーチェックの特徴とは?

バーバリーチェックの柄は、1924年に世界的に有名なブランドである「バーバリー」が、コートの裏地の柄として使用されたことが始まりになっています。実は、このバーバリーチェックは、公募で生まれた柄だそうです。最初のうちは、コートの裏地として使われていた柄も1967年には、傘やスカーフ、バックなどにも広がったそうです。

【マドラスチェック】は色鮮やかなチェック柄

種類⑧

8つめのチェック柄の種類は、マドラスチェックという種類になります。今までご紹介したチェック柄に比べると明るめでふんわりとした雰囲気があります。マドラスチェックという言葉も聞き慣れない方もいると思いますが、画像やイラストなどを参考に一緒にチェックしていきましょう。

マドラスチェックとは?

マドラスチェックとは、インドが発祥のチェック柄で、天然染料で染められた意図を使うので、水洗いで色が落ちたり、滲みが出ることでマドラスチェック独自の色合いが表現出来るところが特徴です。黒や白などのモノトーン系の色よりも明るくて鮮やかな色で構成されているチェック柄になっています。

マドラスチェックの特徴とは?

マドラスチェックは、インドのマドラスという港町で生まれました。先ほどもお伝えしたように鮮やかなカラーが魅力です。南インドの最大の都市として発展し、現在は「チェンナイ」と呼ばれています。南インドの独特の雰囲気が反映された柄になっています。

【ブロックチェック】は美しい四角の集まりの柄

種類⑨

9つめのチェック柄の種類は、服の柄としてもスタンダードなブロックチェックです。とてもシンプルなチェック柄で、服以外の雑貨などにも使用されています。一見ギンガムチェックと似たところがありますが、その違いも含めて今からご紹介していきます。

ブロックチェックとは?

ブロックチェックとは、ギンガムチェックより大きい格子のチェック柄です。その違いは、ベースの色にあります。ギンガムチェックは、白をベースに構成されたチェック柄なのに対してブロックチェックは、白以外の他の色がベースとして使われることがあります。正方形の格子の一定の柄で構成されています。

ブロックチェックの特徴とは?

ブロックチェックには、海外の名前以外にも和名があります。イラストや画像を見てもわかるように一定のブロック体で構成された見た目から「市松模様」と呼ばれていて、江戸時代の「佐野川市松」という歌舞伎役者が白と紺のブロック体の模様をした袴を着用したことで、人気に火がついて市松模様と呼ばれたそうです。

【バッファローチェック】はワイルドなイメージのチェック柄

種類⑩

次にご紹介するチェック柄の種類は、バッファローチェックです。どこかアウトドア感があって、基本的に厚手の生地のアイテムが多いように感じます。大きめの柄なので、他のアイテムとも合わせやすくて1枚取り入れるとメリハリをつけてくれます。

バッファローチェックとは?

バッファローチェックは、先ほどご紹介したブロックチェックと間違えられがちですが、その柄は全く違います。イラストや画像を見比べると違いが明らかになります。ブロック柄は、正方形を集めて1つ1つの色がはっきりした柄ですが、バッファローチェックは、ベースのカラーの上を薄い黒ラインが走っているチェック柄になります。

バッファローチェックの特徴とは?

バッファローチェックの発祥の地には、色々な説があり、スコットランドやニューヨークという説、さらには、猟師が山の中で人と獲物との見間違いを防ぐために生まれたという話しもあります。厚手の素材で作られているバッファローチェックのアイテムが多くあります。

【バッファローチェック】はクラシカルなチェック柄

種類⑪

11個めのチェック柄の種類は、ガンクラブチェックです。このガンクラブチェックも千鳥格子と似たような柄をしていますが、少し違う点があります。そのため、パッと見では見分けがつかない場合もありますが、イラストや画像を照らし合わせながら見ていきましょう。レトロな雰囲気を感じるチェック柄になっています。

ガンクラブチェックとは?

ガンクラブチェックとは、全ての色味に統一感があり、基本的にはベースの色と同系色で濃淡のある色が3色使われて構成されているチェック柄になります。先ほどもお伝えしたように千鳥格子と似たような感じですが、チェックの柄にも牙のような鋭い角がなく、モノトーンというよりブラウンベースの色が基本として使用されます。

ガンクラブチェックの特徴とは?

ガンクラブチェックの始まりは、1874年になります。狩猟クラブが作られた時に使われたユニフォームことが始まりです。そこからこの名前が付けられたと言われています。今では、クラシカルなイメージからスーツやスカート、ジャケットなどに使われています。クラシカルな印象で、上品さのあるチェック柄になっています。

【ピンチェック】はシンプルだけどメリハリのチェック柄

種類⑫

12個めのチェック柄の種類は、ピンチェック柄です。チェック柄の種類の中で、一番細かい柄だと言われています。その分、ファッションの中に取り込みやすいチェック柄でもあります。このチェック柄の種類をチェックしていきましょう。

ピンチェックとは?

ピンチェックとは、その名の通り、まるでピンをスタンプしたような細かいチェック柄が特徴の種類になります。日本では、その細かさから「微塵格子」と呼ばれていて、カラーもさまざまな組み合わせが存在しています。チェック柄が細かいので、無地に見えてしまうこともあるようです。

ピンチェックの特徴とは?

ピンチェックは、先ほどもお伝えしたようにあまりの細かさから遠くから見ても分からない場合があります。主にシャツやスーツなどに多く使われていて、チェック柄が前に出過ぎない分色んなアイテムとも合わせやすい特徴があります。格子の幅もさまざまなので、それによりチェック柄の印象が異なります。

【ウィンドペンチェック】はシンプルでクラシカルな柄

種類⑬

次にご紹介するチェック柄は、ウィンッドペンという名前のチェック柄です。中には、ウィンドウペンという表記もありますが、同じ種類を指しています。このチェック柄も結構目にする機会が多い柄かもしれませんね。チェック柄は時にシンプルに時にメリハリをプラスしてくれる種類が多くあります。

ウィンドペンチェックとは?

ウィンドペンとは、画像やイラストを見てもわかるようにまるで、窓枠のような細かいラインの格子が並んだチェック柄になります。全て同じ大きさの正方形で出来ていて、チェック柄なのにどこか落ち着いた雰囲気を感じさせます。

ウィンドペンチェックの特徴とは?

ウィンドペンのチェック柄は、主にスーツやスカート、パンツなどの服によく見かけます。使われている色味も2色であることが多いので、とてもシンプルで落ち着いた印象を受けます。ラインも細く描かれているので、パッと見は、無地に見えることもあります。

【グラフチェック】はモノトーンのチェック柄

種類⑭

14個めのチェック柄の種類は、グラフチェックです。先ほどもここでも比較的シンプルなチェック柄の種類をご紹介しています。チェック柄には、色のついたカラフルな種類もあれば、このようにシンプルな種類もあります。

グラフチェックとは?

グラフチェックは、方眼用紙を連想させるような種類で先ほどご紹介したウィンドペンチェックと同じようなイメージを受けますが、グラフチェックは白地であることがポイントです。正方形が集まった形は、ウィンドペンと一緒ですが、白地に細いラインで構成されているチェック柄がグラフチェックになります。

グラフチェックの特徴とは?

グラフチェックの一般的なデザインは、白地に青や赤の細いラインが入るのが特徴のようです。そのため、淡い色を感じる柔らかい印象のチェック柄になります。季節の中でも秋冬よりは、夏のシャツなどの服によく使われているチェック柄の種類のようです。

【タッタソールチェック】は少しカラフルだけど使いやすい柄

種類⑮

15個めのチェック柄の種類は、タッタソールチェック柄です。先ほどの2種類よりは少し色が入るタイプのチェック柄になっています。

タッタソールチェックとは?

タッタソールチェックとは、白地ベースに黒と赤などの2色のラインが交互に入っているチェック柄になります。やはりこのチェック柄も色が多く使われているわけではないので、シンプルに感じます。シャツに使われていることも多く、ややアクセントの効いたチェックになります。

タッタソールチェックの特徴は?

タッタソールチェックの「タッタソール」とは、ヨーロッパ地方にある馬の市場の名前で、そこで作った方の名前が取られ、名付けられています。馬にかける毛布、働く人たちのベストの柄にもなったそうです。

【ハーリキンチェック】は道化師の服を元にした柄

種類⑯

16個めにご紹介するチェック柄の種類は、ハーリキンチェックという種類です。あまり聞き慣れない名前かもしれませんが、イラストや画像を見ると思わず頷いてしまうような柄かもしません。早速チェックしていきましょう。

ハーリキンチェックとは?

ハーリキンチェックとは、今までの正方形のチェック柄とは違って、ひし形が集まったタイプのチェック柄で、一定の正方形が配置されたチェックよりも少し近代的な雰囲気を感じます。

ハーリキンチェックの特徴は?

実は、このハーリキンチェックという柄は、道化師が着ている服に由来して作られたと言われています。スタンダードな組み合わせは、白と黒ですが、中には、黒と赤などの組み合わせもあります。シンプルというよりは、他のチェック柄と雰囲気が違うため、少し目立つタイプのチェック柄になっています。

【トーンオントーン】は多彩な色が楽しめる柄

種類⑰

17個めの最後にご紹介するチェック柄の種類は、トーオントーンチェックです。色を重ねた時に生まれる色合いが絶妙なチェック柄になっています。このトーンオントーンチェックにはどんな特徴があるのかを一緒に見ていきましょう。

トーンオントーンチェックとは?

トーンオントーンチェックとは、色の種類の異なる色のラインを縦と横に重ねながら構成されるチェック柄の種類です。トーンオーントーンの配色には、色々あり、シャツなどに使われていることが多くあるようです。

トーンオントーンチェックの特徴とは?

トーンオントーンチェックの魅力であり、イラストでも分かるように、特徴は、縦と横で重ねられたラインと格子です。第一印象もポイントがあるチェック柄の種類です。さらに大きめのチェック柄が多いため、メリハリのある感じになります。

チェック柄の種類を知ると服を選ぶのが楽しくなる!

ここまでチェック柄の種類を12個ご紹介してきました。スタンダードで人気の種類もあれば、初めて耳にするチェック柄もあったと思います。今回ご紹介したチェック柄以外にもまだたくさんの種類のチェック柄があります。いつものファッションに色んなチェック柄を取り入れてみましょう。

もっとチェック柄について知りたいアナタへ!こちらも要チェック!

Thumbチェックシャツコーデ2017レディース!秋冬におすすめのお洒落な着こなし
Thumbチェックパンツコーデまとめ!秋冬におすすめのおしゃれな着こなし方は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-29 時点

新着一覧