ボディスクラブの使い方を解説!顔や背中の効果的な方法や選び方とは?

すべすべの肌になるためにボディスクラブを始めてみましょう!正しい使い方を覚えれば自宅でも簡単に行うことができます。定期的にボディスクラブをすることで、新しい肌の生まれ変わりをサポートします。基本の使い方から気になる背中や顔まで使えるやり方を紹介しちゃいます!

ボディスクラブの使い方を解説!顔や背中の効果的な方法や選び方とは?

目次

  1. ボディスクラブでツルツルの肌になろう!
  2. 解説!ボディスクラブの効果とは?
  3. お風呂時間をマッサージタイムにしよう!
  4. 優しくマッサージすることがポイント
  5. トラブル肌にボディスクラブはNG
  6. ボディスクラブはやりすぎ注意!
  7. マッサージのやり方を覚えてきれいになろう!
  8. ボディスクラブは顔に使える?
  9. 顔のスクラブで透明感をアップ!
  10. ボディスクラブで美しい背中を手に入れる
  11. 背中のニキビとボディスクラブの使い方
  12. 背中へのボディスクラブの使い方
  13. 塩?砂糖?ボディスクラブの選び方
  14. ボディスクラブの保存方法
  15. ボディスクラブ上手な使い方でツルツルボディを手に入れよう!

ボディスクラブでツルツルの肌になろう!

どうも最近、肌がガサガサしてるみたい。そんな時はボディスクラブを使ってみたらどうでしょう。優しくマッサージすることで、びっくりするくらいツルツルのお肌になるんです。小さなツブツブが、皮膚の古い角質を落とし、毛穴に詰まった汚れを綺麗に取り除いてくれるので、まるで生まれ変わったかのようなすべすべのお肌になることができます。

解説!ボディスクラブの効果とは?

古い角質を取り除く

ボディスクラブは、女性はもちろんのこと男性にも使えるボディケアアイテムです。その効果は、ただ汚れを綺麗に落とすだけではありません。皮膚がガサガサやザラザラな状態になっている時は、古い角質が溜まっている時です。ボディスクラブでマッサージすることによって、古い角質が取り除かれ驚くようなすべすべの肌になるのです。

肌のターンオーバーを助ける

肌の角質層が硬くなってしまっていても、ボディスクラブでマッサージすることにより、古い角質が取れて肌のターンオーバーが正常に働くようになります。またスクラブ剤には、保湿成分が含まれているものが多く、柔らかでなめらかな潤いのある肌になることができます。スキンケアの浸透もよくなり肌のくすみもとれて、透明感がある肌に生まれ変わります。

毛穴の黒ずみ・ニキビ予防にも

気になる毛穴の黒ずみは、余分な皮脂や古い角質が詰まってできてしまいます。ボディスクラブを使うことで、毛穴の汚れがキレイに取り除かれ、毛穴を目立たなくしてくれる効果があります。また、毛穴に汚れや皮脂、古い角質が溜まることでニキビの原因にもなります。ボディスクラブはそんなニキビの予防にも効果があるのです。

お風呂時間をマッサージタイムにしよう!

ボディスクラブの使い方・基本編①

ボディスクラブを最も効果的に使うのであれば、お風呂タイムが最適です。基本的な使い方として、清潔に洗った後の肌にボディスクラブを使うからです。汚れたままの体にスクラブを塗っても、効果がないからです。また、ボディスクラブで肌を傷めてしまわないように、濡れた状態で使用することが大切です。

スクラブはいわば、研磨剤のような効果があるので、乾燥したままの肌には負担になってしまいます。そのため、キレイに体を洗った後に、濡れたままの状態ですぐにボディスクラブを使うことのできるお風呂は、一番適した場所なのです。ゆっくりと丁寧にスキンケアできるお風呂タイムは、リラックス効果もあります。

優しくマッサージすることがポイント

ボディスクラブの使い方・基本編②

ボディスクラブにはクリームやジェルなどの形状がありますので選び方はお好みで大丈夫でしょう。基本の量はスプーン1杯程度です。よく濡らした肌にボディスクラブをのせて、優しくクルクルと円を描くようにマッサージをしましょう。丁寧に肌の上をすベらせていくようにマッサージします。この時、肌の角質を落としたいからといって、力を入れてこするのはよくありません。

スクラブは研磨剤のような役割をしますので、強くこすると摩擦で肌を傷めてしまいます。優しくマッサージすることを意識しましょう。マッサージは角質を取り除いてくれるだけでなく、血行をよくしてくれる効果も期待できます。肌の代謝が上がることで、健康で健やかなお肌になることができるでしょう。

トラブル肌にボディスクラブはNG

ボディスクラブの使い方・注意点①

ボディスクラブは、小さな粒が研磨剤のような働きをして皮膚表面の硬くなった古い角質を削り落としてくれます。強くこすりすぎると、肌そのものを傷めてしまう可能性もあります。また傷や、ニキビなどが肌にできている時は、ボディスクラブの刺激は強すぎます。

背中にニキビができると、とても気になりますが赤く炎症を起こしているニキビの時はボディスクラブは控えましょう。白ニキビや黒ニキビの場合は、毛穴の詰まりを取り除くためにもボディスクラブでマッサージをするといいでしょう。スクラブ剤の選び方としては、粒子の細かいスクラブがおすすめです。他にも皮膚が炎症を起こしている、傷が出来ている場合はボディスクラブは行わないようにしましょう。

ボディスクラブはやりすぎ注意!

ボディスクラブの使い方・注意点②

肌の古い角質が取れて、ツルツルになると嬉しくなって、つい毎日ボディスクラブをやりたくなります。でも、顔と一緒で体の皮膚も、そんなに角質が溜まるわけではありません。肌への刺激も考えて、週に1から2回のペースで十分です。それ以上やると、皮膚に負担をかけてしまいます。スクラブのあとは、しっかりと保水、保湿のスキンケアを行いましょう。

ボディスクラブは、肌の敏感な人や弱い人には選び方に注意が必要です。たとえ週に1回だとしても、肌に刺激を与えてしまうため、余計に皮膚が硬くなってしまう場合があります。そんな時は、ボディスクラブの回数を見直してみましょう、またボディスクラブの中には、保湿成分がたっぷりと入っているものもあるので、マッサージ後の肌を守ってくれるものもあります。自分の肌をよく観察して合っているスクラブを選びましょう。

マッサージのやり方を覚えてきれいになろう!

ボディスクラブの上手な使い方

せっかくボディスクラブを使ってマッサージをするのですから、上手に使って思う存分効果を堪能しましょう。

身体のマッサージは下半身太りや、むくみ、冷えなどにも効果があります。スクラブ剤を使うことで、皮膚表面だけでなくセルライトなどにも効果が見られるようになります。ボディスクラブの中には塩を使って引き締め効果があるものや、アロマオイルで香りやその効能を楽しむものなど種類がたくさんあります。

ボディスクラブの選び方は自分の肌に合っているものや好みの物で大丈夫です。マッサージはお風呂タイムに、下から上へリンパを流すように意識しながら丁寧に行いましょう。足ヤセやポッコリお腹など、気になる部分は特に念入りにマッサージします。スクラブとマッサージの効果を両方実感することができるでしょう。

ボディスクラブは顔に使える?

顔用のスクラブの使い方

ボディスクラブでツルツルの肌になるのなら、ぜひ顔にも使いたいですよね。でも、ボディスクラブは体用であり、顔に使うには刺激が強すぎます。肌が本来必要としている成分まで落としてしまい、肌トラブルを招く恐れもあります。選び方はボディスクラブよりも優しい成分で作られたもので、フェイススクラブ(顔用)がありますのでそちらを使うようにしましょう。

フェイススクラブも使い方は、ボディスクラブと同じです。よく濡らした肌に適量をのせ、優しくマッサージします。スクラブを行った後は、スキンケアを必ず行ってください。スクラブ後の肌は、柔らかく乾燥しやすい非常に無防備な状態になっています。化粧水や保湿で肌を守ってあげましょう。

顔のスクラブで透明感をアップ!

スクラブ洗顔は、顔の古い角質を落としてくれるので、くすみが消えて肌に透明感がでてきます。また化粧水や美容液などのスキンケアアイテムの浸透がよくなり、美容効果も期待できます。ほかにも小鼻の黒ずみや気になる毛穴、ニキビの予防など色々な嬉しい効果があります。

正しい使い方でくすみのない肌へ

まずはきちんとメイクを落としましょう。クレンジングの油分が残っているのも、スクラブの効果を邪魔するので、すすぎも丁寧に行ってください。スクラブの洗顔料は必ずきちんと泡立てて、肌の上で転がすように優しく洗いましょう。けっしてゴシゴシと力を入れたりしてはいけません。できるだけ肌に刺激を与えないようにしましょう。

顔へのスクラブは、刺激が強いのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。皮脂の多いTゾーンや小鼻、顎下のざらつきなど気になる部分だけをスクラブするのもいい方法です。自分の肌を観察して、状態の良い時に行うことをおすすめします。ニキビなどの炎症があったり傷があるときは、スクラブは行わないようにしましょう。

スクラブ洗顔の後は、必ずたっぷりの化粧水で水分を与え、乳液やクリームなどで保湿をしましょう。スクラブの効果が発揮されるのは、この洗顔後のスキンケアにかかっています。しっかりと刺激や乾燥から肌を守ってあげてください。

ボディスクラブで美しい背中を手に入れる

背中への使い方で気になるブツブツも撃退!

きちんとお手入れしているつもりでも、見落としがちなのが背中のケアです。普段なかなか目に入らない場所だけに、しっかりとスキンケアをすることが大事です。薄着の季節、背中の開いた服を着た時など、気づかないうちにチェックされているかもしれないですよ。男性は特に美しい背中の女性に憧れを抱いているので、バッチリとスキンケアしてモテモテになっちゃいましょう。

背中はもともと皮脂分泌量が多く、角質の厚い部分ですので毛穴が詰まりやすく、ニキビなどができやすいです。しかも、見えないうえに手が届かないなど自分では洗いにくいため、汚れが残りやすいのです。シャンプーやトリートメント、石鹸などの流し残しなども背中のトラブル肌の原因になります。

生活習慣の乱れや、ストレスなども皮脂分泌を過剰にする原因となります。背中はニキビなどができてしまっても、自分でケアすることが難しいため、悪化してしまう場合も多く、また跡に残ってしまう可能性も高いでしょう。ボディスクラブは、余計な角質を落として新陳代謝を正常にしてくれるため、ニキビの予防の効果も期待できます。

背中のニキビとボディスクラブの使い方

赤にニキビにボディスクラブはNG

背中に限らず、赤ニキビは肌が炎症を起こしている状態です。背中の毛穴に皮脂が詰まってしまいアクネ菌が悪さをしているのです。おすすめの方法は抗炎症作用のあるスキンケアを行うことです。まずは炎症を抑えることを優先しないと、炎症はひどくなり、ニキビの跡が残ってしまう事になります。このような時、皮膚に余計な刺激を与えるのは危険です。ボディスクラブは炎症が治まってから行いましょう。

白ニキビ・黒ニキビにはOK

白ニキビは背中の毛穴に皮脂が詰まり、ポコッと盛り上がった状態のことを言います。このまま放っておくとアクネ菌が大量に繁殖し、炎症を起こしてしまいます。まずはコメド(角栓)と言われる毛穴の詰まりをなくすことからはじめましょう。

黒ニキビも同じように毛穴に詰まった汚れが、酸化してしまったものです。このように炎症を起こす前の段階で、ボディスクラブを使えば、毛穴の汚れを取り除くことができ、ニキビが悪化していくのを防ぐことができます。

背中へのボディスクラブの使い方

手が届かない時のタオルの使い方

背中は自分で洗うのが難しい部分です。ボディスクラブでマッサージなんて、できるわけない。手が届かない背中は、スキンケアをすることも難しいです。

そこで、おすすめなのがタオルの使い方を工夫することです。まずタオルの選び方は、綿やシルク素材の優しいタオルにすることです。そこにスクラブ剤をつけて、タオルを左右から引き、背中を優しくこするようにすることで、背中の真ん中までスクラブすることができます。

ボディスクラブを使ったら、化粧水での保水や保湿は必須です。もちろん背中もきちんとスキンケアをすることが必要です。スキンケアの選び方としては、スプレータイプの化粧水を使うと便利です。そうすることで広い範囲に化粧水をつけることができます。保湿はクリームなどを、タオルにぬり、ボディスクラブと同じように背中を滑らせてあげるといいでしょう。

塩?砂糖?ボディスクラブの選び方

ボディスクラブの種類は?

ボディスクラブは塩を使ったソルトスクラブや、砂糖を使ったシュガースクラブ、重曹を使ったものなどがあります。選び方は好みでもいいですが、使いたい場所の肌の状態をよく観察しておくことが大切です。

またジェルタイプやクリームタイプなどのテクスチャーの違いもあります。使われている素材は、シルクパウダーやはちみつ、ハーブ、海藻などたくさんの種類があります。選び方としては、肌の状態に合ったもので、保湿成分が入っているものが好ましいでしょう。また自分の好みにアレンジした手作りのボディスクラブも人気です。

効果を狙って選ぼう!

ボディスクラブの選び方として、自分の求める効果によって選ぶという方法もあります。塩のスクラブだと、粒が荒く刺激が少し強いですが、古い角質を取り除き、肌を引き締める効果があります。また塩に含まれるミネラルが肌をなめらかにし、新陳代謝を高めてくれます。

砂糖を使ったスクラブの場合、粒子が細かく低刺激で敏感肌の人にはおすすめです。また吸水力、保湿力に優れているためお肌を潤して、状態を整えてくれます。重曹は、ひじやかかとなど硬い角質の部分のスクラブに効果的です。さらに加えられている美容成分や香りなど、自分に合ったボディスクラブを見つけて、お風呂で優雅なスキンケアタイムを楽しんでみてください。

Thumbボディスクラブのおすすめ・人気特集!角質ケアでツルツルすべすべ美肌に

ボディスクラブの保存方法

ボディスクラブは一度使った後は、きちんと保存しておかないとすぐに劣化してしまいます。お風呂場に置いておく方が便利ですが、高温多湿の場所では中のオイルなどが変化し、時には容器を劣化させる場合もあります。また、ボディスクラブをすくうスプーンなども必ず容器から取り出して保管しましょう。

死海の塩が配合されているボディスクラブは金属を錆させるため、しっかりとふき取って保管することが大切です。ボディスクラブを使用する時には使い方をきちんと守ることが大切です。湿気を含んだり、空気に触れて雑菌が入り込む可能性も考えられます。一度開封したら早めに使い切りましょう。また、手作りのボディスクラブの場合は、その場で使い切るようにしましょう。

ボディスクラブ上手な使い方でツルツルボディを手に入れよう!

ボディスクラブは、週に1回か2回のスペシャルケアとして、生活に取り入れるとツルツルのお肌になれそうです。お風呂の中で優しくスクラブマッサージをすれば、気持ちもゆったりとリラックスできそう。普段のストレスを解消してくれます。まずは自分にピッタリのボディスクラブを上手に選んで、正しい使い方をしましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-24 時点

新着一覧