キャンプの定番料理を紹介!アウトドアで人気の簡単おいしいレシピは?

キャンプで作ることができる定番・人気の料理をまとめました。小さなお子さんはもちろん、お酒を飲む大人まで楽しめる、簡単でおいしい料理・レシピをご紹介します。キャンプの時には家族やお友達とみんなでワイワイ楽しく料理を作ってみましょう。

キャンプの定番料理を紹介!アウトドアで人気の簡単おいしいレシピは?

目次

  1. アウトドアで作れる美味しい料理紹介!
  2. キャンプ料理の定番と言えばバーベーキュー!
  3. お肉料理で豪華に!スペアリブ
  4. ジューシーなローストビーフは男女共に人気!
  5. 好きな具材と好きな味付けで楽しめる!ホイル焼き
  6. お酒のお供にもぴったりのアヒージョ
  7. みんな大好きなカレーもアウトドアの定番料理!
  8. カラフルで彩りの綺麗なパエリア
  9. 焼きおにぎり
  10. あったかおいしいおでんはアウトドアにぴったり
  11. キャンプの朝食に!ホットサンド
  12. ほくほくの焼き芋はキャンプ・アウトドアの定番!
  13. デザートには甘くて美味しい焼きりんごがおすすめ
  14. 手軽でおしゃれな「スモア」もおすすめ
  15. 美味しい料理を作ってキャンプをより楽しく!

アウトドアで作れる美味しい料理紹介!

家族やお友達と楽しく過ごせるキャンプは、定期的に行っているという方も多いのではないでしょうか。しかし、キャンプなどアウトドアで料理を作る時って、ワンパターンになってしまいがちです。

このまとめでは定番のものをメインに、アウトドアで作れる料理をご紹介します。まとめを参考に、キャンプなどのアウトドアシーンでおいしい料理作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

キャンプ料理の定番と言えばバーベーキュー!

アウトドアで作れるキャンプの定番料理!

キャンプをはじめ、アウトドアシーンで用意する料理の定番は「バーベキュー」ですね。好きな食材を持ち寄り、好きなものを食べることができるので、多人数でも楽しめるのがバーベキューの魅力です。

バーベキューは定番なので既に行っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかしバーベキューはお肉・野菜はもちろんのこと、食材に変化をつけることで内容もかわり、また違った楽しみ方ができます。

魚介類を焼いて豪華なバーベキューに

普段お肉をメインにしたバーベキューをする方が多いと思いますが、魚介類を焼いた豪華なバーベキューもおすすめです。えび、いか、たこ、貝類などを網で焼くと香ばしくておいしいのでおすすめです。

ただし、人数が多い場合は甲殻類アレルギーの方がいないかどうか配慮しましょう。野菜・肉・魚介類と全てを用意して様々な食材を楽しめるバーベキューにしても良いですね。

デザートにはマシュマロがおすすめ

また、バーベキューのデザートにおすすめなのが「マシュマロ」です。焼きマシュマロは普段食べているマシュマロと違った食感になり、外側は香ばしく、中はトロッとクリーミーになってとても美味しいのです。小さなお子さんから大人まで楽しめるので、バーベキューの際にはマシュマロを用意してみてはいかがでしょうか。

お肉料理で豪華に!スペアリブ

おつまみにもおかずにもぴったりなスペアリブ!キャンプにおすすめ料理

バーベキューの傍らで焼いたり、その他の料理につけ合わせるおかず・おつまみとしてもおすすめなのがスペアリブです。骨のついたお肉って、普段のものよりもさらに美味しそうに見えますよね。メインにもなり、お酒にもぴったりのスペアリブはキャンプで喜ばれること間違いなしの一品です。

キャンプで作る!スペリブのレシピ

まずはキャンプの前日に下準備をしておきます。鍋にたっぷりのお水を入れ、スペアリブ(800g)を10分ほど茹でます。ボウルにすりおろし玉ねぎ(1/2玉)・おろしニンニク(一片)・醤油(大匙3)・パイナップルジュース(大匙3)・はちみつ(大匙3)・ケチャップ(大匙3)を入れ、よく混ぜます。

茹でたスペアリブはキッチンペーパーで水気を拭き取り、調味料を混ぜたボウルに入れ、全体をスペアリブにつけるように馴染ませます。ビニール袋にタレとスペアリブを入れ、冷蔵庫で一晩寝かせます。(タレが漏れやすいので袋は二重などにして零さないようにしましょう)クーラーボックスなどで持ち運びをしてください。

食べる前に炭火でスペアリブを焼いて、焦げ目が出てきたら完成です。事前に用意しておくことで当日は焼くだけで簡単に作ることができます。前日に用意しておく工程も難しくないので、料理が苦手な人でも安心して作ることができます。ただ焼いて食べるお肉とはまた違った魅力がありますよね。

ジューシーなローストビーフは男女共に人気!

アウトドアで作れるローストビーフ!キャンプで豪華なお肉料理を

肉料理で人気のメニューの1つが「ローストビーフ」ですね。パーティーシーンにもよく使われる豪華な肉料理のイメージがあると思いますが、キャンプで手軽に作ることができるってご存知でしょうか。焼いたお肉も良いですが、肉料理の中でも比較的さっぱりと食べられて、多くの人に好まれやすいローストビーフはキャンプでもおすすめです。

キャンプで作れるローストビーフのレシピ

ジップロックにももまたは肩ロースの牛肉(300g〜400g)を、醤油(50ml)・赤ワイン(50ml)・すりおろし玉ねぎ(1/2)・すりおろし生姜(小さじ1/3)・ニンニク(小さじ1/3)で揉み込んで半日ほど冷蔵庫で寝かせます。焼く1時間前に室温のところに出しておきます。

汁を捨てないように牛肉を出し、網または鉄板で焼きます。全体的に焼き色がついたら、火を弱める(または火から遠ざけて)焦がさないように8分ほど焼きます。これをアルミホイルに包み、30分ほど保温します。保温が終わったら食べやすい厚さに切ります。保温した時の肉汁・つけ汁・はちみつを小鍋に入れ煮詰めればソースになります。

ご飯に乗せてローストビーフ丼もおすすめ

また、ご飯の上に作ったローストビーフを乗せれば、今人気の「ローストビーフ丼」の完成です。卵黄をトッピングしたりネギを散らしたりするとより見た目も豪華になります。人気の肉料理で定番のおいしいローストビーフをアウトドアで簡単に作れるのでぜひ挑戦してみてくださいね。

好きな具材と好きな味付けで楽しめる!ホイル焼き

アウトドアで作れるキャンプの定番料理の1つ!

キャンプやバーベキューなどでも定番料理の1つがホイル焼きですね。アルミホイルで包んでいるので食べやすい上、様々な味や香りが閉じ込められるので食材が風味よく食べられる料理の1つです。ホイル焼きは中に入れる具材を変えることで変化がつくので様々な食べ方を楽しむこともできますね。

ホイル焼きの具材や味付けにバリエーションを

ホイル焼きは色々な食材や組み合わせを楽しめます。人気なのは鮭や鱈などの魚系やきのこ、お肉だと鶏を使うのが定番です。塩胡椒でシンプルな味付けもおいしいですが、バター醤油にしたり、ハーブなどで香りづけをしたり、レモンを使用したりすることでよりおいしいホイル焼きにすることができます。

バーベキューなどでお肉を焼いている傍で、お魚や野菜などをホイル焼きにするのもおすすめです。持ち寄った食材を利用してホイル焼きに挑戦してみるのはいかがでしょうか。

お酒のお供にもぴったりのアヒージョ

キャンプで作れるおすすめ料理!女性に人気のアヒージョ

具材をオリーブオイルとニンニクで煮込んだ、スペイン料理の定番「アヒージョ」も今キャンプやバーベキューなどアウトドアの際に人気のレシピです。バケットを用意するもよし、具材をおつまみにして召し上がるのもおすすめです。

アヒージョの定番具材は?

アヒージョはオリーブオイルとニンニクで具材を煮込むだけなので、用意するものは至ってシンプルです。具材の定番はエビやタコなどの海鮮類ですが、鶏肉を使うのもおいしいですよ。また、きのこや玉ねぎ、ジャガイモなどを入れると食べ応えがあります。オリーブオイル・ニンニクと相性の良い食材であれば、どんな具材もアヒージョに活用できます。

みんな大好きなカレーもアウトドアの定番料理!

アウトドアで作れるキャンプの定番料理!

アウトドアの定番料理の1つがカレーですね。お鍋で具材を炒めて煮込むだけなので、手軽にできる上、多くの人が好きな料理の1つといえます。カレールーを使用することでより手軽に作ることができますし、材料も少なく済むのでコストパフォーマンスが良いのもカレーの魅力の1つではないでしょうか。

カレーは、鶏・牛・豚とどんなお肉でも作れるのが嬉しいですね。また野菜も定番のにんじん・玉ねぎ・ジャガイモはもちろん、その時にある野菜をたっぷりと入れて作るのもおすすめです。2泊以上宿泊をしたり、大人数のキャンプなどにもおすすめです。

ご飯を飯ごうで炊いて、大鍋でカレーを作るというのはキャンプならではの楽しみといえますよね。秋冬などの寒い時期のキャンプにも体が温まるのでおすすめの料理です。また簡単に作れるので、お子さんと一緒に作ることもできます。

カラフルで彩りの綺麗なパエリア

アウトドアで作れる!SNS映えも抜群のパエリア

キャンプで炊くご飯は、炊飯器とはまた違った美味しさがありますよね。美味しいご飯料理が1つあれば、メインにも主食にもなります。そこでおすすめなのがパエリアです。カラフルな野菜をたっぷりと乗せて、見た目も綺麗で美味しいパエリアを作ってみましょう。

キャンプで作るパエリアのレシピ

10人分の分量でご紹介します。玉ねぎ(2つ)・ニンニク(1/2)はみじん切りにしておきます。ソーセージ(10本)・ベーコン(10枚)・パプリカ(1つ)は1cm程度に切ります。あさりは砂抜き、エビは背わたをとります。お米は洗い、ザルで水気を切っておきます。

オリーブオイルとにんにくを火にかけて熱し、魚介類を塩胡椒で炒めます。そこに白ワイン(適量)を入れ、蒸し焼きにし、具材を一旦お皿に出します。その鍋にツナ缶(1つ)・カットトマト缶(1つ)・玉ねぎ・ベーコン・ソーセージ・米を入れ強火にかけます。グツグツとしてきたら、取り出した魚介類とパプリカ・ピーマンを加えます。

アルミホイルで蓋をし、火に15分かけたら火から外し、10分ほど蒸らして完成です。簡単でおいしい上。具沢山なので満足感もあります。上記で紹介しているアヒージョやスペアリブを焼く傍で作っても良いですね。

焼きおにぎり

アウトドアで作れるキャンプの定番料理!

こんがりと香ばしい焼きおにぎりは、シメなどにはもちろん、キャンプの際の朝ごはんにもおすすめです。老若男女を問わずに食べられるので、家族やお友達などみんなで楽しむことができます。キャンプで簡単に作れておいしい焼きおにぎりのレシピをご紹介します。

キャンプで作る焼きおにぎりのレシピ

お米と醤油(大さじ1〜1/2)・バター(10g)を混ぜ合わせます。お米を好きな大きさにわけ、好きな形になるように握っていきます。おにぎりの形になったら、表面に刷毛で醤油を塗ります。それを焦げ目がつくように焼けば簡単に焼きおにぎりの完成です。ご家庭ではオーブントースターで代用も可能です。手軽にご飯をアレンジすることができますね。

あったかおいしいおでんはアウトドアにぴったり

アウトドアで作るおでんが美味しすぎる!

紅葉シーズンなどのキャンプは、体が冷えて肌寒く感じることがありますね。そういった時に食べたいのがおでんです。年齢を問わずに人気の料理なので、キャンプにもぴったりの料理です。普段作っているおでんの手順でOKなので、火にかけて煮込むだけで出来る手軽さが嬉しいですね。

市販のパックを使って、具沢山にしても良いですし、タネの種類を4〜5種に絞って副菜の変わりに作るのも良いですね。余ったら翌日の朝もおいしく食べられるのがおでんのメリットではないでしょうか。

鍋でグツグツと煮込んだおでんはキャンプなど、外で食べるのにぴったりの料理です。料理が得意ではない人にもおすすめの一品です。肌寒い時期のキャンプで食べる料理としていかがでしょうか?

キャンプの朝食に!ホットサンド

アウトドアで作れるキャンプの定番料理!

朝から飯盒でご飯を炊くのは少し大変ですが、食パンを用意してホットサンドにすれば美味しく、かつ手軽に朝食を用意できますよね。ホットサンドメーカーを用意するとより仕上がりは綺麗ですが、鉄板の上で焼き、ヘラで押しながら作ることもできます。焼き目がつくだけでも、いつものサンドイッチと違った味わいを楽しめます。

ホットサンドの具材は?

ホットサンドで悩むのが用意する具材ですね。切る必要がない具材として、ハム・ベーコン・チーズなどが挙げられます。キャベツなどをたっぷりと入れればヘルシーな野菜のホットサンドにもなります。また、デザート感覚でバナナやりんご、マシュマロをのせシナモンをふりかけるのもおすすめです。

ほくほくの焼き芋はキャンプ・アウトドアの定番!

キャンプの定番料理!焼き芋はアウトドアだとより一層おいしい!

焼き芋はキャンプで作るとより一層おいしく食べることができます。料理を作っている傍で焼くことも出来るので、おやつやデザートとして楽しむのもおすすめです。外で食べる焼き芋は普段食べているものよりもさらに美味しく感じられますよ。

キャンプでさつまいもを美味しく調理する方法は?

では、キャンプでさつまいもをより美味しく作る方法をご紹介します。水で洗い、濡らしたさつまいもを2つ折りにし、よく濡らした新聞紙で包みます。その上からさらに新聞紙がべちゃっとするくらい水をかけます。これをアルミホイルで包み、火の傍に置いておきます。

直火ではなく、少し離れたところに置いておくことで、甘みが出やすくなります。火力にもよりますが、30分前後が目安です。焦げると苦みなどが出てしまうので、火加減に気をつけましょう。

デザートには甘くて美味しい焼きりんごがおすすめ

アウトドアで作れるキャンプのおすすめデザート!

キャンプの際に作るデザートで、おしゃれな変わり種としておすすめなのが焼きリンゴです。りんごはそのまま食べても美味しいのですが、加熱をすることでより美味しく召し上がることができます。作る工程も簡単なので、キャンプやバーベキューの時にぜひ作ってみてほしい一品です。

キャンプで作る、甘い焼きりんごの作り方

りんごは芯をくり抜きます。1つに対しバターorマーガリン(5g)、シナモン(お好み)・砂糖またははちみつ(お好み)をホイルに包みます。弱火にかけじっくりと火を通し、20分程度加熱しりんごが柔らかくなったら完成です。

手軽でおしゃれな「スモア」もおすすめ

アウトドアで作れるキャンプのおすすめデザート!

焼いたマシュマロはキャンプでもおすすめのスイーツですが、これを使って「スモア」を作るのもおすすめです。クッキーやクラッカーの中に、焼いたマシュマロをサンドするだけですが、サクッとした食感の中からとろりとしたマシュマロのハーモニーがとてもおいしいのでおすすめです。

スモアの簡単な作り方!キャンプはもちろんご家庭でも!

マシュマロは火にかけてゆっくりと焼き、それをリッツやプレーンビスケットで挟めば完成です。ここにチョコレートを挟むのがアメリカでは大人気で、キャンプファイアーの定番なんだそうです。小さなお子さんから大人まで楽しめて、用意も簡単なので、手軽にデザートを用意したい時におすすめですよ。

美味しい料理を作ってキャンプをより楽しく!

キャンプで定番のおすすめレシピをまとめてご紹介しました。ぜひ簡単でおいしいレシピを活用して、キャンプの食事をより楽しい時間にしましょう。以上、「キャンプの定番料理を紹介!アウトドアで人気の簡単おいしいレシピは?」をお届けしました。

料理に関する記事はこちら

Thumb牡蠣のオイル漬けレシピ・作り方!おつまみに美味しい簡単絶品料理を紹介
Thumb春雨の簡単な戻し方は?色んな料理に使える下処理の正しい方法を解説
Thumbフードプロセッサーのレシピ特集!おかず・お菓子など簡単おいしい時短料理

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-20 時点

新着一覧