ショートスリーパーの特徴とは?短眠のコツや危険性など徹底調査

皆さんはショートスリーパーという言葉を聞いたことがありますか?今回特集するのは、「ショートスリーパー」についてです。そんなショートスリーパーの特徴や方法、コツ、危険性などをたっぷりまとめてご紹介していきます。ショートスリーパーを目指す方必見です。

ショートスリーパーの特徴とは?短眠のコツや危険性など徹底調査

目次

  1. ショートスリーパーにいい?悪い?特徴や方法をご紹介!
  2. ショートスリーパーとは?
  3. 睡眠不足とショートスリーパーは違う?
  4. ショートスリーパに関係有り!睡眠の豆知識
  5. 良質な睡眠を取る理由
  6. ショートスリーパーには遺伝子的特徴がある!?
  7. ショートスリーパーの性格的特徴って?
  8. ショートスリーパーにはメリットがある?
  9. 逆に知りたい!ショートスリーパーのデメリット
  10. ショートスリーパーには成功者が多いって本当!?
  11. ショートスリーパーになりたい!実践方法の着目点とは?
  12. ショートスリーパーになるための具体的な訓練方法
  13. ショートスリーパーを目指すなら抑えておきたいコツ
  14. ショートスリーパーへの危険性とは?
  15. ショートスリーパーの眠りを妨げる原因とは?
  16. ショートスリーパになるために見直したい習慣たち
  17. ショートスリーパーの食事のポイント
  18. 眠るための環境づくりもショートスリーパーには大切!
  19. ショートスリーパーにおすすめしたい!寝る前の新習慣
  20. ショートスリーパーで1日を長く、時間の有効活用!

ショートスリーパーにいい?悪い?特徴や方法をご紹介!

今回ご紹介するテーマは、ショートスリーパーです。暮らしの中で睡眠はとても大切な時間です。そんな睡眠の重要さと共にショートスリーパーを目指す方へ、特徴やメリット、デメリット、さらにはショートスリーパーになる具体的な方法やコツをたっぷり特集していきます。

ショートスリーパーとは?

最初にご紹介するのは、ショートスリーパーとはという部分です。暮らしの中で睡眠はとても重要なサイクルの1つです。今回は、暮らしの中での睡眠をピックアップした特集です。まずは、ショートスリーパーの基本知識からお届けしていくことにしましょう。

ショートスリーパーは…【睡眠が短くても健康に過ごせる人】

ショートスリーパーとは、その名の通り、短い睡眠で健康を保てる方のことを指します。別の名前では、短眠者と呼ばれることもあります。1日の平均睡眠時間は7〜8時間とされていることに対して、ショートスリーパーは、6時間未満でも健康的に暮らしを送れるそうです。

睡眠不足とショートスリーパーは違う?

続いては、ショートスリーパーと一緒にされがちな睡眠不足との違いを比較しながら見ていくことにしましょう。果たして、睡眠不足とショートスリーパーとではどんな違いがあるのでしょうか?

睡眠不足とショートスリーパーはこう違う!

ショートスリーパーとは、短い睡眠でも健康的に暮らしていける人に対して、睡眠不足は寝たくても自分にとっての十分な睡眠が取れていない状態のことを言います。ショートスリーパーは、わざと短く睡眠を取る方法で、睡眠不足は予期せず、何らかの原因でそうなってしまうことです。

ショートスリーパに関係有り!睡眠の豆知識

ショートスリーパーの基礎知識をご紹介した後は、睡眠について触れていきましょう。睡眠とは、周期的に繰り返す意識を失う現象です。意識を失うといっても失神や気絶とは全く違って外からの刺激で比較的簡単に覚醒します。

睡眠のしくみとは?

睡眠には、大きく分けて2つの種類があります。それは、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」です。ノンレム睡眠は脳が眠っている状態で、レム睡眠は、眼球がキョロキョロと動いている状態のことです。この2つの睡眠が平均90分1サイクルとして、ノンレム睡眠60〜80分、レム睡眠が10〜30分ほどを一晩6〜8時間ほど4〜5回繰り返すことで睡眠サイクルとなります。

良質な睡眠とは?

良質な睡眠とは、朝起きた時に目覚めがよく、1日の暮らしが快適に過ごせることとあります。理想の睡眠時間は、7〜8時間とされていますが、人によって理想よりも短眠の人もいれば、それよりも長い睡眠が必要な人もいます。さらに、時間以外にも良質な睡眠を取るコツは色々あります。

Thumb睡眠の質を上げる10個の方法!睡眠が足りてるのにすっきりしない時におすすめ!

良質な睡眠を取る理由

暮らしの中で、睡眠の効果は、さまざまなものがあります。次は、良質な睡眠を取る理由にもなる良質な睡眠の効果をご紹介します。良質な睡眠を取ることは、私たちの身体に良質な効果をもたらしてくれます。

理由①身体や脳の疲れを回復してくれる

睡眠を取る1つめの理由は、身体や脳の疲れを回復してくれる効果です。私たちは、暮らしていると脳や身体を使います。そのため疲労が溜まりますが、その1日の疲れを解消するため、睡眠によって身体も脳も休めてあげる必要があります。

理由②ストレスの解消

2つめの睡眠を取る理由は、ストレスの解消効果です。暮らしていると疲労と同時にストレスも溜まります。睡眠を取ることで、脳が休まり、脳を休ませることが出来ます。ストレスが溜まってしまうと、身体的や精神的に負担がかかってしまいます。

理由③美肌効果が得られる

良質な睡眠を取ることの理由の3つめは、美肌効果があります。良質な睡眠を取ることで、お肌のターンオーバーが正常に保たれてキレイなお肌を維持することが出来ます。美肌は、潤いのあるツヤとハリ感、さらには肌トラブルを解消してくれると言われています。

ショートスリーパーには遺伝子的特徴がある!?

ショートスリーパーと言われる短眠者の人には、遺伝子的特徴と性格的特徴があります。この2つがショートスリーパーの人の特徴になります。まずは、ショートスリーパーの遺伝子的特徴からチェックしていきましょう。

ショートスリーパーの遺伝子的特徴って?

ショートスリーパーの鍵を握る遺伝子は、「DEC2」とちう遺伝子で、この遺伝子を持っている人はレム睡眠がとても短いため、短時間でぐっすり眠れるそうです。このショートスリーパーは、DEC2という遺伝子がなくても意識的になることが出来ると言われています。

ショートスリーパーの性格的特徴って?

続いては、ショートスリーパーの性格的な特徴をご紹介します。ショートスリーパーの性格的特徴にもさまざまな特徴があります。その中でも3つの性格的特徴をお届けしていきましょう。

特徴①ポジティブな性格

ショートスリーパーの性格的特徴の1つめは、ポジティブだと言うことです。ポジティブな人は、物事を楽天的に解釈出来ますし、失敗を恐れず、ストレスに強い特徴があります。さらに、どんなことが発生したとしても気持ちの切り替えが早いこともあり、時間を有効的に活用出来ます。

特徴②好奇心が旺盛

ショートスリーパーの人の2つめの性格的特徴は、好奇心がおう盛なことです。色々なことが知りたいですし、やってみようというチャレンジ精神があります。初めてのことなどは失敗することもありますが、尻込みせずにやってみようとする思考を持っています。

特徴③決断力がある

ショートスリーパーの人の3つめの性格的特徴は、決断力にあります。ショートスリーパーの人は、決断力や信念を強く持っているので、何が起きてもぶれることなく自分の決めた目標へと足を進めていく特徴があります。ここまでご紹介して来たポジティブな性格や好奇心が旺盛な性格がショートスリーパーの人に多いようです。

ショートスリーパーにはメリットがある?

続いては、ショートスリーパーのメリット、デメリットがあります。ショートスリーパーになろうと思ってもそのメリットやデメリットを把握してから実践するとGOODです。物事には、全て表と裏があります。まずは、メリットからご紹介していくことにしましょう。

メリット①1日が充実する

ショートスリーパーのメリットの1つめは、1日が充実する点です。最初の方にもお話ししたように平均睡眠時間は、7〜8時間と言われています。その平均睡眠時間が6時間以下になるとその分、行動出来る時間が増えます。そのため、自分の趣味を始めたり、興味あることを行うことも出来ます。

メリット②時間が有効的に使える

2つめのメリットは、時間が有効活用出来る点にあります。短眠であるショートスリーパーになることによって、時間が有効的に使えるので、1日が長くなり、その分色々なことができるようになります。

逆に知りたい!ショートスリーパーのデメリット

次は、ショートスリーパーであることのデメリットをご紹介しましょう。暮らしに取り入れる際には、一見マイナスのように見える一面もあることを知っておきましょう。

デメリット①疲れが取れにくい

ショートスリーパーのデメリットとしてあげられる1つめは、疲れが取れにくいという点です。睡眠を取る理由のところでも少し触れたように、私たちの身体は、暮らしの中で溜まった疲れを睡眠を取ることで解消しています。しかし、人によっては、短眠にすることが逆効果になり、暮らしの中での疲れが取れにくく、そのまま残ってしまう可能性があります。

デメリット②自律神経が乱れてしまう可能性がある

短眠でのデメリットの2つめは、自律神経が乱れてしまう可能性があることです。睡眠は、身体と同時に脳の疲労を回復して、整理してくれる効果があります。睡眠を短くすることで、脳の中が整理されにくくなり、精神的に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

ショートスリーパーには成功者が多いって本当!?

ここまでショートスリーパーの基本的な知識から、特徴、メリットでメリットをご紹介してきました。実は、このショートスリーパーの中には、成功者が多いと言われています。果たしてそれは本当なのでしょうか?さらに、その理由も一緒にお届けします。

ショートスリーパーに成功者が多い理由とは?

ショートスリーパーに成功者が多い理由には、ショートスリーパーの性格的特徴と睡眠時間を短くすることによる時間の充実さがあります。ショートスリーパーと言われている有名人には、ナポレオン、トーマス・エジソン、ビル・ゲイツ、明石家さんまさんなどがいます。性格的な特徴にもあるポジティブでアクティブな性格や思考に時間がプラスされて成功へと繋がるようです。

ショートスリーパーになりたい!実践方法の着目点とは?

先ほども少し触れましたが、ショートスリーパーは、訓練することによりなれる可能性があります。暮らしの中で、時間が増えて1日がさらに充実する短眠法を実践する時の大きなポイントとも言える着目点を3つご紹介しましょう。

その①時間

1つめは、時間です。ショートスリーパーは、睡眠時間を短くすることがポイントです。時間は、全ての人に1日24時間と平等に与えられています。短眠法で睡眠時間が短くても十分な睡眠の取れる習慣を作っていくことがコツです。

その②習慣

2つめのショートスリーパーのポイントは、習慣作りです。今まで平均7〜8時間取っていた睡眠や暮らしの中で上がり前になっている生活習慣を少しずつ見直していく必要があります。短眠法を少しずつ実践して体調とも相談しながら習慣化していきましょう。

その③計画

3つめのショートスリーパーの実践方法の大きなポイントは、計画性です。ショートスリーパーになろうと思ったら焦ってしまって急に睡眠時間を削ったり、極端な方法を使って実践する方がいます。それをしてしまうと体調に大きく変化が起きて逆効果になってしまいます。そのため、計画性を持って実践しましょう。

ショートスリーパーになるための具体的な訓練方法

次は、先ほどご紹介したショートスリーパーになるための実践方法のポイントを考慮した上での具体的な訓練方法をご紹介していきましょう。ショートスリーパーになる方法は意外にシンプルです。短眠法は、日々の訓練で少しずつ変化していきます。

訓練方法①睡眠時間を30分単位で短縮していこう!

ショートスリーパーになるための具体的な訓練法の1つめは、睡眠時間を30分ずつ短縮していくことです。ショートスリーパーの中には、睡眠時間が3時間未満の人もいます。だからといって、一気に今までの睡眠時間を短くしようとせず、30分ずつ減らしていき、慣れさせてあげましょう。

訓練方法②寝る前にはリラックスしよう!

ショートスリーパーになるための具体的な訓練法の2つめは、寝る前の時間を充実させることです。寝る前には、リラックス出来ることを取り入れて心を落ち着けて眠りにつくようにしましょう。湯船に遣ったり、音楽や香りなどもリラックス方法の1つです。こうすることで、穏やかな気持ちで眠れるので、良質な睡眠にも繋がります。

ショートスリーパーを目指すなら抑えておきたいコツ

続いては、先ほどの具体的な訓練法を実践していく中で、ショートスリーパーになっていくために抑えておきたいコツがあります。このコツを訓練法の中に取り入れることで、さらに具体的な短眠法になります。いくつかあるコツの中でも3つのコツをご紹介します。

コツ①仮眠を取り入れよう!

ショートスリーパーの実践方法で取り入れたいコツの1つめは、仮眠です。ショートスリーパーは、睡眠時間が短いことが特徴ですが、どうしても日中に眠くなることがあります。そんな時は、15分〜20分ほどの仮眠を取るようにしましょう。仮眠は、集中力を高めてくれる効果があります。その際、仮眠前にコーヒーなどのカフェインを摂ったり、座ったまま寝ることがコツです。

コツ②起きる時間は一定、寝る時間を短縮していく

ショートスリーパーの実践方法の取り入れ方のコツの2つめは、起きる時間は一定にして、寝る時間を短縮していくことです。先ほどの訓練法で睡眠時間を30分ずつ縮めていく方法も、起きる時間ではなく、寝る時間を短縮していくようにしましょう。

コツ③根気よく続けていく

ショートスリーパーの実践方法の3つめのコツは、根気よく続けていくことです。暮らしの中で新しいことを実践しようとすると中々結果が伴わなかったり、早くやろうと思って焦ってしまいます。そうではなく、短眠法を実践してショートスリーパーを目指していく過程で、自分の体調とも相談しながら地道に続けていくことがコツです。

ショートスリーパーへの危険性とは?

続いてお送りするのは、ショートスリーパーでいることの危険性です。さまざまなメリットを秘めている短眠法ですが、時には危険を伴う場合もあります。デメリットもご紹介しましたが、短眠法には、どういった危険性があるのでしょうか?

危険①免疫力の低下

ショートスリーパーになることでの1つめの危険性は、免疫力の低下です。もともとショートスリーパーの人であれば問題ないことでも、そうでない人がショートスリーパーになろうとするとこういった危険が考えられます。睡眠を取ることで成長ホルモンが分泌されて古い細胞を再生してくれます。睡眠時間が短くなるとその力が弱まり、病気にかかりやすくなる危険性が考えられます。

危険②マイクロスリープの危険性

ショートスリーパーになるにあたっての2つめの危険性は、マイクロスリープの危険性です。マイクロスリープとは、あまりの睡眠不足により自分が知らないうちに眠りに落ちているという状態です。このマイクロスリープは、時と場合によってはとても危険を伴います。例えば、運転中などにこのマイクロスリープに陥ってしまったら、事故の危険も考えられます。

ショートスリーパーの眠りを妨げる原因とは?

次は、ショートスリーパーだけでなく、良質な睡眠を取ろうとしている方の眠りの妨げになる原因をチェックしていきましょう。今からご紹介する3つのことを意識するだけで、良質な睡眠が得られる可能性があります。一緒に見ていきましょう。

原因①生活習慣

睡眠の妨げになる原因の1つめは、生活習慣です。私たちが暮らしている中に良質な睡眠に悪影響を及ぼすことが隠れています。例えば、仕事などでのストレス、アルコール、暴飲暴食、精神的な不安などもその中の1つです。これらを少しずつ改善していくことが良質な睡眠に繋がる可能性があります。

原因②ベッドルーム

睡眠を妨げてしまう2つめの原因は、寝るための環境です。つまり寝室の状態です。ベッドの状態や照明などがアンバランスだと良質な睡眠を取ることが困難になってしまいます。良質な睡眠を効率よく取るためにも寝るための環境をしっかり整えてあげる必要があります。

原因③携帯を見る

3つめの睡眠を妨げてしまう原因は、携帯電話です。寝る前についつい見てしまいがちな携帯の画面から放たれるブルーライトの影響や寝る前に見る仕事などのメールにより、脳が覚醒して寝るためのスイッチが切れてしまう可能性があります。

ショートスリーパになるために見直したい習慣たち

続いては、ショートスリーパーになるために見直したい習慣たちです。暮らしの中で私たちはそれぞれに習慣があります。その習慣たちを見直していくことで、健康的な生活を送るための助けになる可能性があります。

習慣①食事

暮らしの中で見直したい習慣の1つめは、食事です。最近は、ファースドフードの充実や時間がなくて食事のバランスが崩れている方が増えています。食事は、私たちの身体作りに大切な習慣の1つです。そのため、食事の調理法や食材を考える必要があります。

習慣②寝る前の習慣

2つめの習慣は、寝る前の習慣です。寝る前にすることで睡眠の質が変わることがあります。寝る前に、自分の心がリラックス出来るようなことを積極的に取り入れていくことで、短眠だとしても寝る時間を充実させましょう。

ショートスリーパーの食事のポイント

短眠を目指すにあたって覚えておきたい食事のポイントをいくつかご紹介します。これを意識しながら食事を取って行くと健康的にもGOODですし、良質な睡眠をとることが出来ます。是非、暮らしの中に取り入れてみましょう。

コツ①食事の量を減らしていく

短眠を目指すための1つめの食事のコツは、食事の量を減らしていくことです。食べ物が体内に入るとそれを消化し、吸収しようとして多くのエネルギーが消費されます。そのため、食べる量が多すぎるとその分のエネルギーが使われるので、胃にも負担をかけてしまいます。

コツ②消化に良い食材を選ぶ

短眠を目指すための2つめの食事のコツは、消化に良い食材を選んであげることです。先ほどお伝えした食事量はもちろんですが、食事を摂る時に内臓の負担にならないような消化のいい食材を選ぶことも大切です。内臓に優しい食材は、うどんやおかゆ、豆腐、鶏肉、野菜類、根菜類などがあります。

コツ③煮込む・蒸す・野菜中心がおすすめ

短眠を目指すための3つめの食事のコツは、食事の調理法です。食事を作る時は、煮込む、蒸すなどの調理法を使って内臓に優しい野菜中心の食事がおすすめです。食材を煮込んだり、蒸したりしながら柔らかいメニューを作っていきましょう。

眠るための環境づくりもショートスリーパーには大切!

続いては、睡眠を取るための大切な場所である環境づくりです。睡眠時間が短いからこそ、寝るための環境を整えることは大切になってきます。今からご紹介する3つのポイントをチェックしていきましょう。

その①寝具

1つめのポイントは、寝具です。ベッドの大きさや形、布団、まくらなどがそれにあたります。実際に寝具を選ぶ時は、手で触れてみたり、ベッドを購入する時は寝てみたりしながら自分の気に入ったアイテムをチョイスするようにしましょう。

その②香り

2つめのポイントは、香りです。寝室に置くルームフレグランスやアロマテラピーを取り入れることがおすすめです。人の間隔の中でも臭覚は、感情に関係していると言われています。おすすめのアロマオイルは、ラベンダー、レモングラス、ゼラニウム、ローズマリーなどがあります。

その③照明&温度

3つめのポイントは、寝室の照明と温度です。照明は、蛍光灯などの強い光よりも、寝る前に照明を少し落としておくことがポイントです。その時は、関節照明がおすすめです。穏やかな光は、リラックス効果が期待できるそうです。さらに、寝る時の寝室の室温は、20〜22度くらいがおすすめです。

Thumb安眠方法についてまとめ!眠れない時はツボ・飲み物などどれが効く?

ショートスリーパーにおすすめしたい!寝る前の新習慣

最後に、短眠でも良質な睡眠を取ることができるように寝る前にしたいおすすめの新習慣をご紹介します。ショートスリーパーの方でなくても是非、寝る前に今からご紹介することを取り入れて、良質な睡眠を取るようにしましょう。

習慣①ストレッチを始めよう!

1つめにおすすめしたい寝る前の新習慣は、ストレッチです。お風呂から上がった後の筋肉は温まって柔らかくなっています。それをストレッチをすることで適度に動かして伸ばしてあげることが出来ます。そうすることで、しっかりと睡眠が取れて効果的だと言われています。

習慣②メラトニンの分泌を促進させよう!

メラトニンとは、体内時計に働きかけて覚醒と睡眠の切り替えをしてくれる、別名「睡眠ホルモン」と呼ばれるホルモンです。このホルモンの分泌を促進してあげることで、短時間でも上質な眠りを得られると言われています。メラトニンの分泌を妨げてしまうことは、夜食を食べること、お酒を飲む、冷たい水を飲む、携帯やパソコンを見る、暑いお風呂に入るなどがあります。

習慣③温かい飲み物を飲もう!

3つめのおすすめしたい寝る前の新習慣は、温かい飲み物を飲んでから寝ることです。寝る前に温かい飲み物を飲むと、身体が温まって血行が良くなり、副交感神経に働きかけることで良質な睡眠が得られます。おすすめの飲み物は、ホットミルクやホットココア、カモミールティー、生姜豆乳などがあります。

Thumb【寝る前のおすすめ飲み物】ダイエットや美容、疲労回復に効果のある飲み物まとめ!

ショートスリーパーで1日を長く、時間の有効活用!

いかがでしたか?ショートスリーパーは、メリットもあれば、デメリットもあります。訓練次第では、身体が慣れてショートスリーパーになることも出来ますが、遺伝的な特徴がある方とはまた違います。もし訓練方法を実践して身体に不調を感じるのであれば、止めることも大切です。無理だけはしないで、短眠法を試してみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-16 時点

新着一覧