冬野菜の旬の時期を調査!おすすめの種類の特徴や家庭菜園での育て方を解説

野菜が値上がりしつつある今、家庭菜園が人気を集めています!そうでなくとも、冬は野菜はちょっと高いし種類も少なくなりますよね?そこで、冬が旬で家庭菜園でも育てれるおすすめの野菜をご紹介しましょう。自分で育てた野菜なら、いつもより美味しく感じるはずですよ。

冬野菜の旬の時期を調査!おすすめの種類の特徴や家庭菜園での育て方を解説

目次

  1. 冬の野菜はちょっと高い!
  2. 自分で冬に野菜を育ててみませんか?
  3. 冬に旬を迎える野菜
  4. 冬野菜は自分で簡単に育てれる?
  5. 冬野菜の代表!白菜の育て方
  6. 冬以外も活躍!定番野菜の大根
  7. 冬には緑の野菜が少なくて…救世主のほうれん草と小松菜
  8. ほっこり冬に温まる野菜なら里芋!カブも美味しい!
  9. ちょっとくせ者?冬に美味しい野菜と言ったら春菊とネギ!
  10. 野菜は賢く家庭菜園の時代!

冬の野菜はちょっと高い!

寒くなってくると、野菜も少なくなり値段もちょっと高く感じますね。鮮やかな緑黄色野菜が豊富な夏に比べると、淡い色合いの野菜や根菜が目立つようになり、冬なのもあってあまり種類も多くありません。しかし、冬が旬の野菜はとっても甘くて夏に取れる野菜と比べると煮込み料理にも向いていて、冬ならではの料理の鍋にもぴったり!冬野菜には冬野菜ならではの楽しみがあります。

値段が高くなっても、野菜はなるべくたくさん食べたい物ですよね。冬は日照時間も短く、野菜はどうしても高くなってしまいます。取れる種類も、冬に育てれるものだけになってしまうのでやはり種類は少なくなってしまいます。そうすると、多少高いのを我慢してでもある野菜を選んでなるべく買うようにしてしまいませんか?冬ならではの悩み事ですね。

自分で冬に野菜を育ててみませんか?

値段が高いなら、自分で栽培しちゃえばいいじゃない!とは安直過ぎるでしょうか?しかし、最近家庭菜園をする人も随分増えて来ましたよね!冬が旬の野菜も、自分で簡単に育てれるんです。時期が時期なので、どうしても高くなってしまう野菜でも、自分で育ててしまえば値段を気にしないでたくさん食べる事が出来ますよね!しかも取れたてなら一層おいしいはずです!

そこで、冬が旬の野菜を、野菜ごとに特徴や育て方を交えてご紹介していきます。簡単に育てれるものばかりなので、ご紹介する野菜なら比較的初心者さんでも育てていけることが出来ちゃいます。それぞれ育てる時期や収穫の時期があるので、冬いっぱい野菜を色々楽しめてしまいますよ?

冬に旬を迎える野菜

冬に旬を迎える野菜は、意外と多いのです。夏に収穫できる野菜でも、貯蔵して冬に甘味が増す野菜も冬が旬と言えます。代表的なのは南瓜です。また、キャベツは一年中どんな時期でも出回っていますが、甘味が増す冬から春にかけてが旬だと言われています。どの時期でも見かける水菜や小松菜、チンゲン菜やほうれん草も実は冬が旬の野菜なのです。

レタスも冬が旬の野菜です。他にも人参や野沢菜、ブロッコリーなどのメジャーな野菜も実は旬!鍋に大活躍な、大根や白菜、ネギなどももちろん冬が旬の野菜です!夏の方が野菜が旬なイメージがありましたが、冬が旬の野菜もたくさんあるんですね!年中見かけるごぼう、冬の楽しみのさつまいもや百合根などの根菜類も冬に旬を迎えます。

冬野菜は自分で簡単に育てれる?

冬野菜は、根菜類などの種類も多く中々自分で育てるのは難しそうなイメージがありますよね?ましてや、野菜を育てるのには不向きな寒さと日照時間の短い冬です。家庭菜園でも、ビニールハウスなどがなければ出来ないのではない?と、中々思いつきませんが、実は冬に旬を迎える野菜でも意外と簡単に育ててしまう事の出来る野菜も多いのです。

しかも、今回ご紹介する簡単に家庭菜園で育てれる種類の野菜はプランターで栽培可能な種類の物ばかりなんです!プランターなら、霜が降りそうになったら暖かい部屋に簡単に移動出来てしまうので温度管理の難しい冬でも安心して育てていく事が出来ます。その冬に旬を迎える野菜の種類や特徴、栽培時期などを詳しく見ていきましょう!

冬野菜の代表!白菜の育て方

まずは冬に旬を迎える野菜の中でも代表的な、白菜です!白菜は、アブラナ科と言う種類で生はもちろん、火を通しても栄養素を摂取出来るのが特徴です。冬に旬を迎えるので、種まきは8月から9月に行い、苗は9月から10月には植え付けます。これで一冬中取れたての白菜を楽しむ事が出来ます!大きめのプランターで2~3株程度、家庭菜園のスペースがあればたくさん栽培出来ます!

白菜の育て方のポイントは、種まきや苗の植え付け時期をしっかりと守ることと水やりです。白菜は害虫被害にあいやすい冬野菜なので、きちんとした植え付けの時期を守る必要があります。また、与える水が多くても腐ってしまうので水はけの良い土壌にして、水やりも必要な分だけしっかりと与えるようにしましょう。株同士の間隔も広い方がしっかりと育ってくれますよ。

収穫時期は、10月から1月まで楽しめます。寒さ対策をしっかりとしておけば、貯蔵も可能なので一冬楽しませてくれる野菜です!美味しい白菜を育てるには、土を根元に寄せてしっかりと肥料をあげるなどすると、みずみずしく美味しい白菜が出来るでしょう!また、新しい土で栽培するようにすれば害虫の被害も少なく、栄養が行き届いて立派な白菜になります。

冬以外も活躍!定番野菜の大根

一年中楽しめる野菜でも、特に冬に美味しくなり出番も増えるのが大根ですよね!サラダやおろしとして生でも美味しく食べれて、煮物から炒め物にも使う事が出来るだけでなく、漬物にまでなってしまい調理方法を選ばないのが大根の特徴ではないでしょうか。しかもそんな大根は、土壌もあまり選ばないので瘦せた土でも育てる事が出来る優れものなんです!

植え付けは、4月から5月と8月から9月と年に2回あるのも特徴です。春に植えて初夏に収穫するものいいですが、甘味が増して美味しいのは収穫が冬の夏の終わりころの植え付けです!大根は冬が旬の野菜ですからね!トウが立ちやすいのも夏の終わりに植えた方が立ちやすいです。土の深くまで成長するので、30㎝くらいまで深く耕し、プランターなら深めのプランターで育てます。

冬には緑の野菜が少なくて…救世主のほうれん草と小松菜

一年中見かけると言えば、ほうれん草や小松菜もですよね!しかし、甘味が増して栄養をぐっと蓄えた冬が旬の野菜でもあります!どちらも植え付けから1ヶ月程度から収穫出来るのも特徴です。すぐに収穫出来るのは、嬉しいですよね?初心者さんにもおすすめです。どちらも土づくりをしっかりとしておけば、丈夫に育ってくれるので簡単です!野菜用の培養土を使うと簡単です。

初心者さんにおすすめなのが、プランターで市販の野菜用の培養土で栽培する方法です!これなら手間もかからず、初めて家庭菜園を始めるにはぴったり!虫がつきやすいのもあるので、害虫用のネットなどを被せておきましょう。寒さに強い野菜なので、あまり気にしなくても大丈夫ですが寒冷被害が気になる場合には寒冷紗などを被せて育てましょう。

ほっこり冬に温まる野菜なら里芋!カブも美味しい!

冬の野菜と言ったら、根菜ですよね!ほっこり温まるカブや里芋も簡単に育てていけます!ほったらかしでも育てれるのが特徴なので、初心者さんでも簡単に始める事が出来ちゃいます!植え付け時期はカブは8月から10月、里芋はちょっと早く3月から5月です。収穫は9月頃から12月くらいが目安です。カブは悪くなりやすいので、たくさん取れたら漬物にしておくと良いでしょう。

プランターで育てる場合には、しっかりと土を作っておきましょう。カブは害虫がつきやすいので、害虫対策をしっかりとしておくのがポイントです。里芋は乾燥に弱いので、しっかりとした水やりや土作りがポイントとなります。どちらも火を通すとほくほくして美味しいので、寒い冬にはぜひ加熱調理して、体の芯から暖まりましょう!低カロリーなので太る心配もありません!

ちょっとくせ者?冬に美味しい野菜と言ったら春菊とネギ!

冬には鍋が嬉しいですよね!鍋に使える野菜と言えば、ネギや春菊をお忘れではないでしょうか?ちょっと癖がありますが、その癖が美味しさの秘密です。体を温めてくれたり、免疫力をつけてくれる大事な野菜です。どちらも植え付け時期が2つあり、ネギは3月から4月と9月から10月、春菊は3月から5月と8月から10月です。美味しくなる冬に取るためには秋口に植えましょう!

ネギの収穫は、11月から3月いっぱい楽しめます!特に寒い時期を超えたネギは、甘くとろっとして美味しいですよ!春菊は植え付けから1ヶ月程度で収穫していけるので、時期をずらしながら植え付けしていけば冬中楽しめます。また、春菊は根を残しておけば何度でも収穫可能です。ネギは、しっかりと耕した土で栽培して盛り土をしっかりすれば美味しく育ちます!

野菜は賢く家庭菜園の時代!

いかがでしたか?冬は野菜が不足する時期ですが、自分で栽培してしまえば野菜たっぷりで冬を越す事が出来ますね!ご紹介した野菜の他にも、ブロッコリーやカリフラワーなど、まだまだ冬に育てれる野菜はあります。プランターで柑橘類の栽培もおすすめです!ちょっと家庭菜園に慣れてきたら、冬に向けて色々な野菜や果実を育てて行けば楽しいかもしれませんよ?

一緒に読みたいおすすめの記事

Thumb白菜を栽培しよう!栽培方法・育て方のコツは追肥と害虫対策?
Thumb生姜を栽培する方法は?プランターでも出来る簡単な育て方!
Thumb野菜栽培を簡単にする方法!初心者も簡単プランター栽培を紹介

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2022-08-14 時点

新着一覧