茶色の髪色ヘアカタログ!暗めのブラウンヘアカラーが人気!

今回ご紹介する特集は、茶色の髪色です。茶色の髪色は、ヘアカラーの中でも基本となるカラーになります。これをベースに色んなカラーバリエーションが広がります。そんな茶色ベースの髪色をさまざまな方向からお届けしていきます。是非、参考にしつつヘアカラーを決めましょう。

茶色の髪色ヘアカタログ!暗めのブラウンヘアカラーが人気!

目次

  1. スタンダードで人気の茶色ベースの髪色特集!
  2. 茶色ベースの髪色はこう分ける!
  3. ダークブラウンも茶色の髪色の定番に!
  4. 人気の茶色ベースの髪色はこれ!
  5. 明るさで変わる!?茶色の髪色バリエーション
  6. クールに決めよう!アッシュ×茶色ベースの髪色
  7. 密かに人気のマットをプラスした茶色の髪色
  8. ピンクと茶色で女性らしい髪色へ!
  9. ちょっと大人なパープルと茶色の髪色もおすすめ!
  10. 茶色ベースの髪色はバリエーションが豊富!

スタンダードで人気の茶色ベースの髪色特集!

皆さんはどんな髪色が好きですか?髪色の中でもベースとなる色味の中に「茶色」があります。髪色の名前で使う時は、「ブラウン」という名前で聞くことが多いですが、人気でおすすめのカラーです。今回は、そんな茶色をベースにした髪色のヘアスタイルをご紹介します。

茶色ベースの髪色はこう分ける!

まずは茶色ベースの髪色を大きく分けてからおすすめのブラウンの髪色ヘアスタイルをご紹介していくことにしましょう。茶色のヘアカラーは、種類が豊富です。そんな茶色の髪色の魅力と共に茶色のヘアカラーを早速分けていきましょう。

髪色が茶色である魅力は?

茶色の髪色の魅力は、今でも何度もお伝えしていますが、やはりヘアカラーのバリエーションにあります。ヘアカラーは明度で分けられますが、カラー別で分けることも出来ます。茶色というヘアカラーは、ニュートラルな種類なので、どんな色味とも相性抜群です。

その①明るさで分ける

茶色の髪色の分類方法の1つめは、明るさです。ヘアカラーの明度レベルには、だいたい10段階くらいに分けられます。今回の茶色の髪色のヘアカラー集では、暗めの茶色、ナチュラルな茶色、ハイトーンの茶色、大きく3段階に分けてお届けしていきます。

その②カラーで分ける

2つめの茶色の髪色の種類は、カラーで分ける方法です。ヘアかラーの種類の中には、茶色以外にもアッシュ、マット、ピンク、パープルなどのさまざまな種類があります。茶色のヘアカラーにそれらの色味をミックスすることで雰囲気の違ったブラウンが楽しめます。

ダークブラウンも茶色の髪色の定番に!

ここからは、早速茶色の髪色を明るさ別にご紹介していくことにしましょう。最初は、暗めの茶色の髪色でもあるダークブラウンベースのヘアカラーです。最近では、暗い茶色ベースの髪色が人気になっています。そんな人気のヘアカラーのヘアスタイルをお届けします。

ヘアスタイル①ツヤ感のあるブラウンベースのヘアカラー

ブラウンベースのヘアカラーにするとツヤ感が生まれます。ベースのカラーを他のカラー単体だけでなく、ブラウンを混ぜ込むことで安定して似合うカラーに変わります。

ヘアスタイル②お肌に馴染むシンプルヘアカラー

少し赤みを感じるブラウンのヘアカラーになります。ブラウンのヘアカラーも室内と室外では微妙に色味の違いが出来てその部分でも楽しめる髪色です。

ヘアスタイル③スモーキー感抜群のブラウンベースカラー

ボブのヘアスタイルを活かしたブラウンベースのヘアカラーです。少しスモーキー感を感じさせる暗めのヘアカラーで少し大人なシンプルヘアカラーになります。ブラウンベースのヘアカラーのもう1つの魅力はツヤ感です。

人気の茶色ベースの髪色はこれ!

続いてご紹介するブラウンベースの髪色の明るさは、明るさの度合いで言うとちょうど中間くらいの明るさです。この明るさは、ビジネスシーンなどでもよく基準とされる色味で全体の印象を明るく、なおかつツヤを保ったままヘアカラーを楽しむことが出来ます。

ヘアスタイル①深みのあるブラウンへアカラー

ブラウンの持っているツヤ感を活かした深みのあるヘアカラーになっています。ビジネスシーンであってもこの深みのある色であれば、大人で落ち着いたイメージに見えます。ビジネスシーンでは、清潔感や爽やかさも大切ですが、落ち着いた雰囲気もポイントになってきます。

ヘアスタイル②やや明るさを感じるブラウンカラー

キラキラと輝くようなツヤ感と明るさを感じるヘアカラーになっています。ヘアカラーは、ストレートのヘアスタイルでももちろん素敵ですが、巻いたりして動きを加えていくとさらに光を浴びて色んな色合いに変化します。

ヘアスタイル③スモーキー感が魅力のブラウンベースのヘアカラー

スモーキー感のあるブラウンカラーは、ヘアカラーの中でも人気となっています。ツヤのあるヘアカラーに少しスモーキー感を加えることで大人な印象の中にカッコいいイメージがプラスされます。

明るさで変わる!?茶色の髪色バリエーション

ヘアカラーの明るさで最後にお届けするブラウンカラーの種類は、ハイトーンカラーです。カラー剤で施術することが出来る最大の明るさからプリーチを使った色味がそのまま表現されるヘアカラーまで、ブラウンのヘアかラーは、明るさに変化をつけるだけで、こんなにも印象が変化します。

ヘアスタイル①カラー剤を使って最大に明るくしてみよう!

明るくしたい時は、痛みが気になる方の場合、カラー剤で最大の明るさまで上げようとします。しかし、カラー剤では限界があるので、もっと明るくしたい場合はブリーチ剤で明るくしてから施術を行うダブルカラーが必要になります。髪質によってもその境界線は異なりますが、髪のダメージが気になる方はカラー剤を使った最大のヘアカラーをしていきましょう。

ヘアスタイル②ブリーチで明るくした髪にカラーをON!

ヘアカラーそのものの色を出そうと思うとブリーチ剤で明るくした髪の毛にもう一度カラーを施す方法になります。アッシュやピンクなどの色を単体で施術するよりもブラウンを入れることで、ベースの黄色感も少し緩和されてツヤ感のある仕上がりになります。

ヘアスタイル③ミルキーブラウンに深みをプラス!

ブリーチで明るさを明るく出来るところまで明るくするとどうしても黄色くなってから白く変化していきます。まるで真っ白なキャンパスに色を乗せるようなイメージでブラウンを入れていくとカラー剤そのものの色が表現されます。モデルさんは、ブラウンベースにアッシュや赤みをブレンドした色をプラスして黄色みを抑えてヘアカラーされています。

クールに決めよう!アッシュ×茶色ベースの髪色

続いては、明るさではなく色味に注目した茶色ベースの髪色をご紹介していきましょう。この色味に着目した色の種類も多いですが、その中でも代表的な色味を4つご紹介していきます。まずは、男女問わず人気のアッシュブラウンからです。

ヘアスタイル①深みを感じるアッシュブラウン

アッシュとは、色味で言うとブルーに当たります。そのアッシュをヘアカラーにオンするとスモーキーさとツヤ感を同時に感じることが出来ます。そこへ深みのあるブラウンを混ぜることで、さらにツヤ感と深みが増してどこか柔らかみのあるヘアカラーになります。

ヘアスタイル②アッシュにグレーをプラスしてさらにスモーキーに

ヘアカラーをする時にアッシュだけでもGOODですが、もっとスモーキーさが欲しい時は、そこへグレーを混ぜることもあります。グレーという色味はアッシュよりもスモーキーなカラーになります。そのカラーをブラウンベースにすることで、スモーキーさの中にツヤ感が加わっておしゃれなカラーが出来上がります。

Thumbアッシュカラーが可愛い♡髪色の色落ち具合も楽しめる最強ヘアカラー!

密かに人気のマットをプラスした茶色の髪色

続いては、ブラウンベースのマットのヘアカラーです。ヘアカラーの種類の中では、一見スモーキーな印象を受けますが、スモーキー感よりはツヤ感を多く感じる色味です。マットは色味で言うとグリーンなのですが、光が当たるとグリーンが透けて見えるような素敵な色味です。

ヘアスタイル①ツヤ感マットで大人の女性に

少し濃いめのブラウンをベースにマットをプラスしたヘアカラーです。ヘアカラーの中では、アッシュやピンクに隠れてしまってあまり目立たない色味ですが、柔らかい印象を与えてくれてスモーキー感とツヤ感をタブルで欲しいという方にはおすすめの色味です。

ヘアスタイル②マットブラウンベースのヘアカラーにハイライトをON!

マットブラウンのベースカラーに細めのハイライトを入れた立体感を感じるヘアカラーです。ボブベースのヘアスタイルは、面が主役になっていますが、そこへハイライトでメリハリをつけてあげると一気におしゃれ感が増しますし、印象がガラリと変わります。

ヘアスタイル③明るめのマットブラウンもおすすめ!

ベースのトーンが明るめのマットブラウンです。明るくすればするほど、マット感を感じるヘアカラーになります。室内のヘアカラーと室外でのマットの感じが変わるので、2つのヘアカラーが楽しめるダブルで嬉しいスタイルです。

Thumbグリーンアッシュの髪色をヘアカラーで!【ブリーチなし・暗め】画像あり

ピンクと茶色で女性らしい髪色へ!

次は、ブラウンベースにしたピンク系のカラーです。ピンク系のヘアカラーは、女性の中でも大人気のカラーの種類になります。茶色ベースにすることで、ブラウンのナチュラル感とピンクの赤みがマッチして女性らしさ抜群のヘアカラーにしてくれます。

ヘアスタイル①ピンクがアクセントのブラウンカラー

ブラウンベースの色味にピンクの赤みがプラスされて柔らかさとツヤ抜群のヘアカラーになります。可愛らしさとどこかセクシーさを隠し持った女性におすすめのカラーになっています。ふんわりとしたカールとの相性も抜群です。

ヘアスタイル②ピンクとグレーをプラスしてあえてスモーキーに!

ヘアカラーの魅力は、色んな色と合わせることにより自分だけのオリジナルのヘアカラーが表現出来ることです。カラー剤を混ぜるだけでなく、自分が持っている髪質の色によって微妙な違いが出ます。ピンクとグレー、一見反対にも思えるこの2つのカラーをブラウンベースでONすることで、何とも言えない絶妙なカラーが表現出来ます。

ヘアスタイル③ブラウンが脇役!ピンクのツヤツヤカラー

ブラウンをあえて脇役に持って来てピンクの赤みを強調したヘアカラーです。フェミニンなヘアカラーは、女性らしく見られたいという方にぴったりのカラーです。思わず触れたくなるようなツヤ感にも注目ですね。

ちょっと大人なパープルと茶色の髪色もおすすめ!

最後にご紹介するヘアカラーの種類は、ブラウンベースのパープルカラーです。パープルは、色味で言うと紫になります。今までご紹介して来たアッシュ、マット、ピンクの中で、一番深みのある種類になります。ツヤ感はもちろん、その深い色合いから大人っぽくてセクシーな印象を与えてくれます。

ヘアスタイル①アッシュを取り入れたパープルブラウン

ややスモーキー感を感じるアッシュパープルブラウンです。明るさは明るめでもパープルの色味の濃さにより落ち着いて見えることも特徴です。

ヘアスタイル②パープルブラウンでツヤウルヘアーに

パープルのカラーは、赤に近い色味になっています。そのため、赤系が持つツヤ感が全面に表現されてツヤツヤの髪になります。さらに、ブラウンベースなので、誰にでも合う万能カラーになります。

ヘアスタイル③明るめも魅力のパープルブラウン

パープルブラウンは、明るめのカラーも魅力です。何より、先ほどもお伝えしたように明るくしてもその色味の濃さにより黄色っぽくなりにくい特徴があります。さらに、色が抜けてしまうと黄色くなってしまう方がパープルを取り入れたカラーをすると抜けた時の黄味を緩和してくれてGOODです。

茶色ベースの髪色はバリエーションが豊富!

いかがでしたか?今回は、茶色ベースの髪色をいくつかご紹介してきました。髪色と言ってもどのカラーをベースにするかで印象は変わります。色んなデザインを施すことで自分だけの髪色が表現出来ることもあります。それも髪色を決める上で1つの魅力になりますね。是非、自分だけのオリジナルカラーを見つけてみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-20 時点

新着一覧