赤いダニの駆除と対策方法まとめ!タカラダニの原因や私達に害はあるの?

洗濯ものや建物の壁面、場合によっては室内に入ってくるとても小さな赤い虫。実は、赤いダニであることをご存知でしょうか。今回はこの赤いダニで人間や動物にどのような害があるのか?その駆除と対策方法を詳しくまとめてお伝えします。

赤いダニの駆除と対策方法まとめ!タカラダニの原因や私達に害はあるの?

目次

  1. 赤いダニとは
  2. 赤いダニ(タカラダニ)の生態
  3. 赤いダニによる害はあるの?
  4. 赤いダニの駆除対策・水で流す
  5. 赤いダニの駆除対策・掃除機を利用する
  6. 赤いダニの駆除対策・テープやコロコロ
  7. 赤いダニの駆除対策・界面活性剤
  8. 赤いダニの駆除対策・高圧洗浄機
  9. 飛んでいるのは赤いダニ?その原因と対策方法
  10. 原因と駆除対策で赤いダニに悩まされない生活をおくろう!

赤いダニとは

日当たりのよいコンクリートに、とても小さな赤い虫が動いているのを見たことがある方は意外と多いのではないでしょうか。全国的に時期と条件がそろうと発生するこの赤い虫は、実はダニなんです。赤いダニの正式名称はカベアナタカラダニと呼ばれ、1mmと大変小さいのですが鮮やかな赤色でとても目につきます。

赤いダニが複数いると、とても気持ち悪く感じておられる方もいるでしょう。この赤いダニ、頻繁に駆除しても次から次に湧いて出て、完全な駆除対策がなかなか難しいのが現状です。特に気になるのが、室内に侵入してきたり、洗濯物についてくる赤いダニですね。

赤いダニによる人間や動物への被害はあるのか?後ほど詳しく「赤いダニによる害はあるの?」でお伝えしていきます。今回はこの赤いダニの駆除対策を方法別にお伝えしていきます。決まった時期だけに発生するので、その時期だけの対策方法として大変有効です。

Thumb赤ちゃんの虫除け対策・選び方は?安心安全で人気のおすすめ商品まとめ

赤いダニ(タカラダニ)の生態

赤いダニが発生するのは、5月頃からと言われていますが、晴れが続き乾燥している条件下で多く発生するようです。大体4月~6月頃に赤いダニは発生し、梅雨に入る頃には姿が見られなくなります。赤いダニの成虫期は、目につく鮮やかな赤色なので、余りにも多いと気持が悪いと感じてしまう方も多くいるのではないでしょうか。

赤いダニは3月ぐらいまでは卵で、成虫期間は余り長くありません。卵を産んだ後死に絶えてしまうようで、駆除するのであれば4月~6月ごろ、雨が続き湿気が多い場合はその手間も不要になるようです。このことから、後ほど紹介する駆除方法は、身近にある物や割安なものを使った物をメインにお伝えしていきます。

全国どこでも目にすることのできる赤いダニですが、実は詳しい生態は余り知られていません。発見される固体はすべてメスで単為生殖をしていること、発生時期や花粉を食べている程度の情報しかないのです。毎年、全国で不快な赤いダニがいると報告がされているのですが、人間やペットなどへの害はあるのでしょうか。後ほど、「赤いダニによる害はあるの?」で詳しくお伝えします。

Thumb顔ダニに効く石鹸ランキング!気になる効果や口コミもチェック!

赤いダニによる害はあるの?

赤いダニによる害の報告としては、「赤いダニをつぶした際に、皮膚に汁がつき炎症や湿疹が起きた」とあります。赤いダニをつぶすと、赤い汁が皮膚に付くのですぐにわかりますし、この程度であれば即座に洗い流すことで炎症や湿疹が起こるのを防ぐことができるでしょう。

日本で見つかる赤いダニでは、刺されて被害があったという報告はありませんが、アメリカの同種のダニで被害報告がされています。元々、花粉を吸って食事をとる赤いダニなので、人間やその他の動物にさすという行動はとりません。

日本にいる赤いダニの同種は昆虫に寄生しますので、宝を持っているように見えることから「タカラダニ」と呼ばれていますが、赤いダニの場合壁やコンクリート面、室内や衣類に付着してその場にある花粉を吸って食事をとっています。このことから、余り害などの影響を心配する必要はないようです。

Thumb顔ダニの症状をチェック!その特徴から正しい治療法まで調査!

赤いダニの駆除対策・水で流す

赤いダニは特に、コンクリート壁などで多く見ることができ、それらが壁を伝い室内に侵入するケースが多くあります。一番簡単でてっとり早い方法として、室内へ侵入する前に壁面を水で流します。

赤いダニが室内に入る原因である部分を流水することにより、赤いダニは流されて下へ落ちます。家の周囲で見かける場所が限られてくる場合、この方法がおすすめです。

また、家の周囲を廻っているコンクリートがある場合は水をかけておき地面から上がってくることを防ぐこともできるようです。ただし、赤ダニは風に吹かれて飛んでくる場合もあるので、完全な予防は難しいでしょう。

Thumbゴキブリは害がない昆虫!?ゴキブリの感染症や不衛生と不快害虫とは?

赤いダニの駆除対策・掃除機を利用する

先に「赤いダニによる害はあるの?」でもお伝えした通り、赤いダニの体液が皮膚に付着することが原因で起こる炎症や湿疹を防ぐために、つぶしてしまうことは避けた方がよいでしょう。赤いダニが部屋に入って来たら、掃除機で吸い込みます。洗濯物を取り込む際にも、見つけたら掃除機で吸うことで赤いダニの体液が衣類についてしまうことも防げます。

この際、小型の掃除機(ハンディークリーナー)があると便利でしょう。網戸などの隙間から入り込んだ赤いダニも、簡単に吸い込んで駆除することができます。

日当たりのよい出窓やフローリングの上に沢山いる場合は、拭き取ることでも解決しますが、その際は赤いダニの体液が皮膚に付かないよう気をつける必要があります。畳や衣類の場合は掃除機を使うことで、その心配もありません。

Thumb掃除機を一人暮らしの方が選ぶのはこれ!2017年版のおすすめを紹介!

赤いダニの駆除対策・テープやコロコロ

テッシュは勿論、セロハンテープやコロコロでも駆除対策として使うことができます。もしくは、使用済みのもので、まだ使えるものを再利用して駆除してもかまいません。

その際は、赤いダニの体液が皮膚や床についてしまう可能性があることを考慮しましょう。赤いダニが室内に侵入する原因について、先に「赤いダニの駆除対策 水で流す」でもお伝えしていますが、水で流すと家具や床が傷んでしまう場合は、この駆除方法があります。

テープやコロコロで赤いダニを駆除した場合は、その場所を念のため拭き取りします。拭き取りができない場合は、掃除機を利用した駆除方法がおすすめです。

Thumb網戸の虫除けご紹介!虫除けスプレーやゴムのおすすめランキング

赤いダニの駆除対策・界面活性剤

身近にある洗剤成分の界面活性剤を利用して、赤いダニを窒息させる駆除方法があります。食器や洗濯用洗剤、消臭剤などのスプレータイプの物を利用することができます。しかし、これらの洗剤を液体上のまましばらく置いておく必要があるので、室内である場合は床や壁の変色の原因となります。

網戸や窓サッシ等に散布して侵入を防ぐ方法もありますが、常に散布しておく必要があり、また水で薄めすぎると効果が無いので幾分手間のかかる駆除方法です。

赤いダニは飛ぶことができず、壁面を伝って室内に侵入するので、その侵入を防ぐ方法として界面活性剤を利用するといいでしょう。

Thumb壁紙や壁汚れの落とし方!カビ・ヤニのおすすめ洗剤や掃除方法を調査!

赤いダニの駆除対策・高圧洗浄機

赤いダニが家の壁面についている場合、高圧洗浄機があれば室内への侵入を防ぐには効果絶大です。先に「赤いダニの駆除対策 水で流す」でもお伝えした通り、水でも簡単に流すことができる虫なので、高圧洗浄機の威力で大概壁から落とすことができます。

赤いダニが最も発生しやすい時期を選んで、壁面の洗浄を行えば駆除も同時に行えます。最近では1万円以下の割安なものも出回っているので、洗車ついでに赤いダニを駆除するのもいいでしょう。

高圧洗浄機には、温水になる機能をもつものもありますが、赤いダニの駆除には温度は関係ありません。大量に発生したのを見かけた場合、室内への侵入も防げます。

Thumbシトロネラが虫除けのハーブで話題!アロマオイルの効能や効果とは

飛んでいるのは赤いダニ?その原因と対策方法

赤いダニの一番多く発生する時期に、赤い小さな虫が飛んでいることがあります。実際の色は濃いあずき色なのですが、大きさは1mm~5mm程度なので、赤いダニと勘違いしてしまいそうです。

赤いダニは飛ぶことはないのですが、飛んでいる場合は乾燥した食品(小麦粉・乾物・スナック類)を好むので注意が必要です。また、乾燥している畳や家具などの木材に付着することもあります。畳の内部に侵入した場合は、60度以上の高温で駆除します。

人間やペットに対しては無害ですが、こちらも赤いダニと同様大量にいることで不快感があるでしょう。発生原因が分からない場合は、外から侵入している可能性が高いです。また防虫剤や煙での駆除ができないので、不快害虫用の殺虫剤を使います。

Thumb虫除けの役割をしてくれる植物は?おすすめの虫よけになる木や花まとめ

原因と駆除対策で赤いダニに悩まされない生活をおくろう!

大量に発生すると、日当たりのよい窓際や床の上に大量に赤いダニを発見することがあります。「赤いダニによる害はあるの?」でもお伝えした通り、皮膚の弱い人や長時間赤いダニの体液に触れている状態でない限り人体やペットへの害はありませんが、少しでも侵入を防ぎたいですよね。

今回お伝えした赤いダニの駆除対策で、毎年4月~7月に体験することになる不快感を覚えずに済むでしょう。また、小さなお子さんやペットをお持ちの方であれば、赤いダニに対する危機感も幾分緩和したのではないでしょうか。

掃除機があればむやみにつぶすことなく、流したり吹き飛ばすだけで侵入を防げるので掃除ついでに赤いダニを駆除することもできるのではないでしょうか。今回お伝えした赤いダニは刺す習性が無い為、緊急駆除の必要はありませんが、人体へ大きな影響を与えることのあるマダニの場合は安易に扱うと大変危険です。マダニの幼虫時期は1mm程度で赤いダニと同じサイズなので、十分注意しましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2021-09-29 時点

新着一覧