便秘解消に即効性があるのは?今すぐ出したいおすすめの裏技はある?

便秘になると体が重く、ニキビや肌荒れ、気分も優れず憂鬱になります。頑固な便秘が解消できるような、即効性の効果が期待できる裏ワザってあるのでしょうか?この記事では、いますぐ出してスッキリしたい即効性を重視した、おすすめの便秘解消法を紹介していきます。

便秘解消に即効性があるのは?今すぐ出したいおすすめの裏技はある?

目次

  1. 即効性を追求!頑固な便秘から今すぐ解放されたい!
  2. ①即効性重視の便秘解消法!下剤を飲む
  3. ②便秘解消の最後の砦!浣腸は即効性が桁違い
  4. ③意外と有効?自ら進んで即効性を試すなら摘便を
  5. ④便秘改善の王道!即効性を信じて腹部マッサージ
  6. ⑤腸を重点的に刺激!うつぶせ運動は手軽なのに即効性あり
  7. ⑥簡単で即効性の効果抜群!ツボ押しで腸の動きを促す
  8. ⑦つまさき立ちで健康効果も!即効性があるのにいつでもどこでも実践可能!
  9. ⑧朝起きてコップ一杯の水を飲むだけで即効性がある?
  10. ⑨便秘解消には即効性の効果が高い食事を
  11. 出した後は長期的な便秘体質改善を目標に!
  12. 食生活の見直しを最優先!便秘にならない食事を
  13. 生活に無理なく運動を取り入れる!体を動かすと腸も元気に動き出す
  14. 毎朝、トイレに座る習慣をつける
  15. まとめ:即効性の便秘解消の成功後は「やってはダメな事」を改善しよう

即効性を追求!頑固な便秘から今すぐ解放されたい!

便秘でお腹が張って辛い………

便秘――それは老若男女、年齢問わず悩み苦しんでいるテーマです。日本では便秘で悩んでいる人口が、増加の一途をたどり、女性の約60%が便秘の悩みを抱えていると言われています。また、60歳以上の高齢者になると、身体機能の低下、運動不足といった理由も加わり、男性でも新たに便秘で苦しむようになる方がいるそうです。

最近では、小中学生でも便秘で悩んでいる子供も多く、子供向けの便秘薬のテレビコマーシャルが流れて、衝撃を受けた方もいるのではないでしょうか。

便秘は「女性だから」「高齢者だから」ではなく、誰でもなる可能性がある

生活環境の変化や、食習慣、筋力の低下なと、様々な原因によって誰にでも便秘になる可能性があります。これまで便秘には無縁で、快便で通して来た人が、職場での人間関係のストレスから便秘になったり、出産してから急に頑固な便秘になり、薬が手放せなくなってしまったなど、よく聞く話です。

便秘の原因は様々ですが、あなたの生活習慣をチェックしてみて、便秘を引き起こしていそうな要因に心当たりがあるなのら、それを改善させるように取り組むのが一番です。しかし、まずは、今お腹にたまって苦しい便を出すのが最優先ですから、以下から即効性があるおすすめの便秘解消方法をお伝えしていきますね。

Thumb妊娠中の便秘解消法を知りたい!簡単に改善できる方法はある?

①即効性重視の便秘解消法!下剤を飲む

緊急事態にはコレ!一旦出してスッキリしましょう

辛くて辛くてどうしようもない!今すぐ出してスッキリしたい!というくらい、便秘症状が重い場合は、下剤などの薬を使うのが、確実に溜まった便を出す有効な裏ワザです。1週間以上便が出ていないのなら、水分がなくなった便が腸でカチコチになっているため、自力で出すのは至難の技でしょう。

大腸の水分が足りなくなり、固くなってしまった便は、腸の中に滞留してしまいます。便の塊が、腸の通り道を塞いでいる状態のため、後から来た便も先へ進めず、次々と滞留して固くなってしまうのです。

頻繁に使うと便秘悪化の恐れも?下剤や便秘薬は「便秘治療薬」ではない

頑固な便秘で、自力で頑張ってもどうしようもない!そんな時には、緊急的な裏ワザとして下剤で出してしまうのは、非常に良い解決策です。しかし、出なくなったら下剤を飲めば解決すると思い、頻繁に便秘薬を使ってばかりいると、大腸が自力で働くのを止めてしまい、かえって便秘の悪化に拍車をかけることになりかねません。

便秘薬や下剤は、困った時には大変心強いアイテムですが、頼ってばかりいると、逆に便秘が酷くなってしまいます。多様することで、体が薬の効能に慣れてしまい、使い続けると便意に鈍感になり、自力での排便が難しくなります。そして、より強い薬を飲むことに…という悪循環に陥ってしまうのです。

下剤や便秘薬を飲むときは、「非常時のみ」「薬局で買うなら、薬剤師に症状を伝えておすすめを紹介してもらう」「酷い時は病院を受診し、処方薬を飲む」「緊急時に飲んで出したあとは、食事や運動で生活習慣の改善をし便秘解消に努める」など、以上を注意し、安易に常用しないようにしましょう。

便秘薬・下剤の種類は多種多様。飲み方は守ること!

強制的に大腸を動かして、滞留した便を肛門の入り口まで運ぶタイプの薬や、腸内の水分量を増やして便を柔らかくする薬など、便秘薬の効き方も色々あります。市販の薬なら、説明書やパッケージ裏を確認すると詳細が書かれていますので、飲む前に確認するといいですね。

持病のある方や、妊婦さん、小さいお子さん、赤ちゃんは、市販薬は避ける方が無難なため、病院を受診し安全な薬を処方してもらいましょう。

Thumb便秘薬でお腹の調子を改善!体操やツボ押し併用でつらい腹痛に決別!

②便秘解消の最後の砦!浣腸は即効性が桁違い

便秘でお腹が苦しくて、手を尽くしたけれど出ない!下剤を飲んだけど、いまいちスッキリしない…という最後の最終手段として浣腸を使って、便秘を解消する方法もあります。便秘薬や下剤が、服用後8~10時間後に便意を感じるのに対し、浣腸は薬液をお尻に入れてから、3~10分後に排便できるため、便秘薬と比較すると格段に裏ワザの即効性が高いのがわかると思います。、

しかし、浣腸も下剤や便秘薬と同じで、習慣的に使い続けてしまうと、体が慣れて効果が薄くなってしまいます。やむを得ない理由なら仕方ないですが、他に便秘解消の手段が残っている段階では、まず別の方法を試してからとし、本当にお腹が張ってどうしようもない時に使うのがおすすめです。

③意外と有効?自ら進んで即効性を試すなら摘便を

肛門のすぐ近くまで便が降りてきているが、カチカチでなかなか動いてくれない、便秘あるあるだと思います。便意はあって、入り口に詰まっている便さえ出てくれたらという時は、裏ワザとして摘便してみるのはどうでしょうか。

摘便とは、肛門をマッサージしながら入り口を広げ、指で届く部分の便を掻き出す方法です。これって医療行為じゃないの?素人がやっても平気なの?と思う人もいるかもしれないですね。病院などで、看護師さんが行ってくれるイメージがありますが、自分で自分の便を掻き出す分には、まっく問題はありません。

肛門付近の皮膚を触ってみて、明らかに便の塊がある場合は、腹式呼吸をしながら少しずつ肛門に力を入れ、徐々に肛門を広げながら摘便を行うといいでしょう。ただし、この裏技は、自分の肛門に指を突っ込んでも平気という方に限定されます。

摘便をする時は、指に臭いが付かないよう、使い捨てのビニール手袋を使うようにしましょう。もちろん実行した後は、手を石けんでよく洗って下さいね。

④便秘改善の王道!即効性を信じて腹部マッサージ

便秘は腸が正常に動かず、つくられた便が肛門付近まで運ばれずに大腸内に留まることで重症化していきます。通常、規則正しい生活リズムで十分な睡眠、適度な運動、バランスの良い食生活を送れていれば、自然に便意がやってきて排便できるのですが、何らかの理由で便意が来ない。便意はあるが、いきめない。など様々な理由で、腸が本来の働きをしてくれないのです。

腹圧をかけず、自然ないきみで排便するために、日ごろから腹部マッサージをするのも便秘解消におすすめの方法です。

一般的によく耳にするのが、ひらがなの「の」を書くように、お腹をマッサージする、「のの字マッサージ」です。

これは腸の走行が、ひらがなの「の」の書き順と同じであることに由来していて、お腹の中心のへそ周辺から刺激し、下腹部、右上、右上から真横に左まで移動、左下、肛門付近…といった具合に、順番に「の」を書くイメージで、ゆっくりと優しく撫でるように、軽く押しながらマッサージしていきましょう。

Thumb腸もみマッサージの正しいやり方!便秘解消やダイエットに効果的

⑤腸を重点的に刺激!うつぶせ運動は手軽なのに即効性あり

上記の腹部マッサージで、効果を実感できない場合、おすすめしたいのがコチラの裏ワザ、うつぶせ運動です。手でマッサージをしても、刺激する場所や力の加減で、なかなか腸へ十分な働きかけができないこともあります。また小腸は複雑な構造になっているため、手でマッサージをしても人によっては効果が実感できないことも。

その点、うつぶせになると自分の体重で腸を圧迫するため、この刺激が腸全体に直接伝わることで、正常な腸の運動(ぜん動運動)を促すことになります。

うつぶせ運動の方法は簡単です。10分間うつぶせになった後、左右にゴロンゴロンと5~10回寝転がるだけです。寝転がって行うだけなので、手によるマッサージが苦手な人や、疲れて帰宅した後にテレビを見ながらでも、簡単に実践できるので、気軽に取り入れやすい裏ワザです。ガスが溜まって苦しい時にも、おすすめしたい裏ワザですね。

Thumb離乳食で便秘の解消方法!赤ちゃんに効く食べ物や原因・対策は?

⑥簡単で即効性の効果抜群!ツボ押しで腸の動きを促す

ツボ押しが便秘解消にも期待できる

ツボを刺激することで、本来の腸の動きを活性化させ血行を促進し、ぜん動運動を促して、便秘改善へとつながります。いつでもどこでも、思い立ったらサッと試せるように、手のツボでおすすめなものを紹介します。

間史(かんし)

即効性が期待できるツボなので、トイレに座っていて出ないと思った時、すぐに試せるので是非覚えておきましょう。

合谷(ごうこく)

大腸の働きを正常に整えて、便秘解消が期待できるツボです。また万病のツボと言われていて、頭痛、めまい、生理痛、肩こりなど、様々な症状に対して効果を発揮します。

神門(しんもん)

便秘以外にも、ストレスや不眠にも効果があるツボです。ようはリラックス効果が得られるというわけですね。深呼吸して、ゆったりとした気持ちで刺激しましょう。

Thumbマッサージのおすすめグッズは?ツボ押しなど100均でも買える!

⑦つまさき立ちで健康効果も!即効性があるのにいつでもどこでも実践可能!

人を選ばず、手軽に道具いらずに実践できる、つまさき立ち。場所はどこでも可能と言えば可能ですが、できれば裸足になって、壁に手をついた状態で行うのが安全なため、始めたばかりなら自宅が最適かも。

なぜ、便秘につまさき立ちがいいの?

ざっくり言うと、便秘になるのは腸が正常に運動をせず、血行が悪くなり、代謝が低下していることになります。つまり、代謝アップを目指し血行不良を改善することで、便秘解消を狙うわけですね。

つまさき立ちをすることで、ふくらはぎの筋肉を使うため、足腰や下半身の筋肉が強化し、血行が促進されます。同時に、腹部に力が入るため腹筋が強化、排便に使う筋肉(肛門括約筋など)が刺激され、結果的に便意につながるという仕組みです。

依存の心配がない手軽で即効性が期待できる運動

便秘薬や浣腸は、確かに効果は絶大で、便秘から解放されて大満足です。ですが、それはあくまでも一時的で、常用し継続的に使い続けてしまうと、逆に便秘が酷くなるばかりか、薬が効きにくくなってしまうという問題も。これに対して、つまさき立ちは依存の心配はありませんし、血流がよくなり筋力トレーニングにもなるため、気軽に取り入れたい解消法と言えますね。

⑧朝起きてコップ一杯の水を飲むだけで即効性がある?

目覚めたらすぐ「常温」か「ぬるめのお湯」を飲む

ポイントは冷たい水は、おすすめできないということ。朝起きてすぐは、内臓も省エネモードになっていますので、常温かめるめのお湯を飲むことで、自然な腸のぜん動運動を促すというわけですね。冷たい水だと刺激が強すぎて、逆に動きが鈍くなり、血行が悪くなる恐れがあるのです。

日本人は弛緩性便秘と言って、腸のぜん動運動が弱って便秘に陥っているパターンが多いため、水を飲んで腸に刺激を与えるこの方法は、効果てきめんな裏ワザです。

小まめな水分補給を心掛ける

便秘の原因として、見落とされがちな水分不足。便秘は腸内の水分が足りずに、便がカチコチに固まることで重症化していくため、日ごろからスムーズに排便するためにも、適切な水分補給を心掛けなければなりません。水分を含んだ便は柔らかいため、本来はほとんど力をいれずともスムーズに出せるはず。

便秘解消目的に留まらず、健康や美容にも適度な水分補給はおすすめです。意識して、水分を摂取するようにしましょう。気をつけたいのが、一度に大量の水分を摂るのではなく、小まめに何度も飲むことです。

体は一度に水分を吸収できないので、吸収しきれなかった分は、汗や尿として体外に排出されてしまいます。裏ワザを使い効率よく体や腸に水分を届けるために、少量を小まめにというポイントをおさえておきましょう。

便秘解消に適する水分とは?

便秘解消に効果的と言われている代表的な水分は、炭酸水やカフェインレスの麦茶、常温水、白湯です。なかでも炭酸水は、シュワシュワの気泡が消化器官を刺激し、便意を促すためおすすめの飲み物です。

注意したいのは炭酸「水」としていること。糖分を多量に含んだ炭酸飲料では、逆に健康を害したり、一層喉が渇いて、水分を一気飲みすることになり兼ねませんので、飲むとしても少しに抑えておきましょう。

水分補給にNGな水分もある?

利尿作用のある飲み物、紅茶、麦茶などは摂取し過ぎると、かえって逆効果で便秘の改善は期待できません。これらの水分に含まれるカフェインに、体内の水分を尿として排出する作用があるからなのです。便秘の際に、どうしても飲みたい場合は、カフェインレスのものを選ぶようにしましょう。

⑨便秘解消には即効性の効果が高い食事を

乳酸菌やビフィズス菌

腸を刺激して、ぜん動運動を活発にしてくれる善玉菌の一種です。便秘がちな時に、積極的に乳酸菌やビフィズス菌を含む食事をとるのがおすすめです。ヨーグルトやチーズ、漬物、キムチ、味噌といった発酵食品に含まれています。

オリゴ糖

乳酸菌やビフィズス菌が腸内で活性化するためのエサとして、オリゴ糖が必要になります。糖分ですが、砂糖と比較しても低カロリーのためダイエット食品としても人気がありますね。オリゴ糖そのものは少し値が張るので、身近な食材から、摂取するように意識しましょう。キャベツや、ジャガイモ、アスパラ、大豆などが一例です。

食物繊維

便秘解消の代名詞とも言える食物繊維。水溶性食物繊維(腸を掃除し、老廃物を体外へ排出)と不水溶性食物繊維(水分を吸収し腸壁や腸管を刺激、便意を促進)の2種類があります。これら2種類の食物繊維を、食事で上手に組み合わせることで、より便秘解消への効果を発揮します。

Thumb便秘にヨーグルトは良い!組み合わせで便秘を解消する効果的な食べ方は?

出した後は長期的な便秘体質改善を目標に!

ここまで、即効性を第一に便秘解消の裏ワザを紹介してきましたが、ハッキリ言ってその場しのぎのため、同じ生活習慣を続けていると、すぐにまた便秘へ逆戻りしてしまいます。せっかく頑固な便秘から解放されたのですから、長期的に便秘とサヨナラできるよう、食事や睡眠、ストレスなど様々な方面からアプローチをして、便秘体質改善を目指していきましょう。

Thumb腹巻きの効果で便秘も解消?お腹を温めて痩せるって本当なの?

食生活の見直しを最優先!便秘にならない食事を

健康面や美容面においても、規則正しくバランスの良い食事が基本です。1日3食、腹8分目を心掛け、積極的に便秘解消に効果の高い食材を取り入れながら、自炊するのが一番の近道です。仕事が忙しく、つい外食しがちでも、休日に常備菜を作り置きしておくとか、手作り弁当を持参するとか、少しずつ食生活改善の取り組みを始めてみて下さい。

Thumb便秘解消におすすめの簡単レシピ!お腹をスッキリさせる食べ物や食材は?

生活に無理なく運動を取り入れる!体を動かすと腸も元気に動き出す

毎日無理なく続けるのが、運動が長続きする最大のポイントです。体を動かすことで、筋肉を使い血流がよくなり、血行促進、腸の動きも活発化します。エレベーターではなく階段を使うとか、時間に余裕があれば一駅分を歩くとか。便秘解消の裏ワザとして紹介した、つまさき立ちやうつぶせ運動を、日ごろから取り入れていくのもいいかもしれませんね。

毎朝、トイレに座る習慣をつける

便意がないからといって、トイレに行かないのではなく、毎朝トイレに座る!出なくてもいいから座るようにと決めて、毎日同じように排便しようと意識して下さい。体を動かして習慣づけることは、意外と効果を発揮するもので、規則正しいリズムを作るという意味で重要です。

Thumbオリーブオイルで便秘を改善!朝と夜の飲む時間帯や効かない原因は?

まとめ:即効性の便秘解消の成功後は「やってはダメな事」を改善しよう

いわゆる、体に悪いと一般的に言われていることは便秘の原因となります。偏食や食べ過ぎ、不眠、ストレス、運動不足、冷え性、便意を我慢する…などが主ですね。一歩ずつでいいので、その「やってはダメな事」を改善できるように努めることが、最大の便秘解消法の裏ワザです。

慢性便秘はなかなか治りづらいですが、役立つ改善法を生活習慣に取り入れて、根本的な問題を解決できるようにしたいですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-06 時点

新着一覧