ダイソーのプラバンにプリンター専用が登場!100均アイテムの進化が凄すぎ

少し前からDIY女子の間でブームになっているプラバンですが、ダイソーより直接プリンターから印刷できるタイプのプラバンが登場しました。今までより幅広くプラバンを楽しむことが出来る商品なのでダイソーのプラバンを使って手作りアクセサリーを作ってみてくださいね。

ダイソーのプラバンにプリンター専用が登場!100均アイテムの進化が凄すぎ

目次

  1. プラバンとは
  2. ダイソーに登場!プリンターが使えるプラバン!
  3. セリアには2種類のプラバンが登場!
  4. ダイソープラバンの綺麗な焼き方の手順
  5. 1:ダイソープラバンを置く前の準備
  6. 2:ダイソープラバンを焼く
  7. 3:ダイソープラバンが焼きあがったら平らにしていく
  8. 4:ダイソープラバンを冷めたら取り出す
  9. プリンター対応のダイソープラバンを作る際に注意したいこと
  10. ダイソープラバンの縮小サイズに注意する
  11. ダイソープラバンの色の濃さに注意する
  12. 印刷後のインク伸びに注意する
  13. 耐久性を上げたい!ダイソープラバンの仕上げについて
  14. ダイソーで販売されているレジンで仕上げをする
  15. ダイソーで販売されているトップコート
  16. ダイソーで販売されているニス
  17. プラパンで作ることができるアクセサリーが人気!
  18. ダイソーのプラバンを使ってプラバンをより楽しもう!

プラバンとは

名前の通りプラスチックでできた板のことです。好きな模様や絵を描いた板をオーブントースターなどの熱の伝わるもので熱を与えることによってかなり小さく縮みます。事前に穴あけパンチでプラバンに穴を開けておくことによってキーホルダーとしても使うことができます。プラバンを使ったアクセサリーやインテリアの一部としても親しまれていて注目を浴びているアイテムです。

透明なので絵が苦手な方でも使えるのがプラバン

透明や半透明タイプのプラバンが多く、絵を透かして書くことができるので絵が苦手な方でも絵をなぞるだけで簡単にプラバンを作ることができます。子供がいる方や親子揃ってオリジナルのアクセサリーを作ることが出来るので気軽に挑戦したい方にもおすすめです。一緒になぞるだけで作ることが出来るシートがついている手作りプラバンの商品もあります。

ダイソーに登場!プリンターが使えるプラバン!

ダイソーではホワイトのみ

100均「ダイソー」にて販売されているプラバンは、プリンターで模様を印刷することができるタイプになっているので写真を印刷したりデジタルで描いたイラスト、好きなキャラクターなどを印刷することができるので絵を書かなくても自分だけのオリジナルの手作りアクセサリーを作ることができるので人気が高いです。

ダイソーでは、アクリルキーホルダーのように見える背景が白のタイプのプラバンが販売されています。100円で3枚入っています。他の100均のプラバンよりも下地のカラーバリエーションが少ないですが他のプラバンよりもやや濃い目に色が乗るので、パステルカラーの印刷をする時にはかなりおすすめです。

セリアには2種類のプラバンが登場!

100均「セリア」にもプリンター対応のプラバンが販売されています。ダイソーと同じくサイズも同じで、100円で3枚入りになっています。2種類のタイプがあるので、それぞれ特徴を紹介していきます。せリアとダイソーのプラバンはプリンターの色も変わります。どちらも人気で、価格も安いので迷った方は両方試してみるのもおすすめですよ。

半透明タイプのプラバン

背景の部分を透かして印刷することができるので、手作りのイラストの印刷をする時や写真に透明な部分を入れたい時など半透明なのを活かして印刷をすることができるところが人気です。イラストの場合は、周りが透明に見えるので雑にプラバンの周りを切っても目立ちにくいので子供や不器用な方が使用するなら半透明タイプがおすすめです。また「ダイソー」には販売されていません。

ホワイトタイプのプラバン

ダイソー同様、背景が白色になっているタイプのプラバンです。フチ取りの写真やイラストのプラバンを作りたい時におすすめです。フチが綺麗に出るので鋏で切り込みを入れる際に丁寧に切ると綺麗に作ることができます。手作り感を出すことができるので、ホワイトタイプも可愛くて人気が高いです。特にパステルカラーの手作りアクセサリーを作るときに色が映え易く人気があります。

ダイソープラバンの綺麗な焼き方の手順

プラバンは、昔焼いたことがあるけれど綺麗に焼けなかった方や丸くなってしまったまま平らに仕上がらなかった…など、苦い思い出のある方も多いと思います。そこでプラバンを綺麗に焼くことができる手順について紹介します。材料も、ダイソーをはじめとした100均で買えるものばかりなので手作りアクセサリーを作る時の参考にしてみてくださいね。

用意するもの

まずは、模様を書いたりダイソーで購入したプラバンに印刷したプラバンを用意します。そして焼く時にプラバンを上に置いて、トースターの下にくっつかないようにするための「アルミホイル」最後の仕上げに使用する「クッキングシート」プラバンを平らにするために必要な電話帳や卒業アルバムなどの重みのある「本」があれば便利です。

1:ダイソープラバンを置く前の準備

指と指でシワをつけるのがおすすめ

くっついてしまわないようにアルミホイルに指を加えてくしゃくしゃにします。軽く丸めて広げるようにすると、プラバンがつかないのでおすすめです。アルミホイルの準備ができたら、上にプラバンを乗せて焼いていきます。またトースターの中の温度が均一になるように余熱をしておくと綺麗にプラバンが焼けます。

紙を丸めるように丸くまとめるのではなく、指をピアノの手のようにアルミホイルの上に置いて徐々に力を加えていき大きめのシワをつくるようにすると点と点のみがプラバンをささえてくれるのでくっつかずに綺麗に焼くことができます。プラバンの大きさによって、シワの大きさを変えていくのがおすすめです。

2:ダイソープラバンを焼く

ダイソーのプラバンの裏に温度設定が書いてある場合は温度の設定を守るようにしましょう。トースターでは、軽い温度調整しかできない場合は目でプラバンの様子を見ながら焼きすぎないように見ていきましょう。プラバンを見ていると、端と端がくるんと曲がってくるのでくっつかないように様子を見ます。完全に収縮が終わったらトースターから取り出します。

3:ダイソープラバンが焼きあがったら平らにしていく

ぶ厚めの本を開き、両端にクッキングシートを置きます。その上に焼き終えたプラバンを置いて、本を閉じます。ズレるのが心配な方はあらかじめクッキングシートを100均で売っているテープで留めておくと便利です。本の上から両手で軽く圧をかけて、焼いたプラバンを平らにしていきます。力が偏らないように真上から押し込みましょう。

4:ダイソープラバンを冷めたら取り出す

完全にプラバンの形が決まり覚めたのを確認したら取り出します。穴を開けている場合は、紐やチェーンを通して完成になります。このままでもいいですが長持ちさせたい場合は、水場のところに置く場合はそれぞれ仕上げをするのと耐久性が高くなるのでおすすめです。固まったあとに上から押すと割れてしまうので注意してください。

プリンター対応のダイソープラバンを作る際に注意したいこと

直接文字や絵を書いて印刷する普通のプラバンとは違い、100均ダイソーやせリアにて販売されているプリンター対応のプラバンを使う場合にはいくつか注意したいことがあります。事前に知っておくと、せっかく買ったプラバンが無駄にならないので覚えておきましょう。また、100均で売られているプラバンには後ろに説明書きがあるので合わせて読んでおくと便利です。

ダイソープラバンの縮小サイズに注意する

プラバンは、焼く前と焼いたあとにかなりサイズが変わります。印刷する際に、100均で売られているタイプのプラバンはかなり小さめのサイズまで縮みます。あまり細かい絵をプリントしてしまうと焼いたあとに絵や写真が潰れてしまいよくわからないプラバンが出来上がってしまいます。顔だけを印刷したり、対象のものが大きく写っているものを選ぶようにしましょう。

ダイソープラバンの色の濃さに注意する

パソコンの画面で見ている時の色で印刷をすると、プラバンを焼き終えて縮小されたあとにかなり色が濃く仕上がってしまいます。やりすぎかな…?というくらい薄く印刷することでちょうどいい色合いになるので、色の濃さには注意しましょう。

薄さの目安は?

目安としては通常の濃さが100%なら上からスクリーンをかけて30%~40%くらいにするのがおすすめです。イラストや写真の濃さによっても変わるのでいきなり何枚も作らずにまずは試し刷りしてみましょう。色の調節はイラストソフトで調整すると便利です。

印刷後のインク伸びに注意する

プリンターで印刷したあとは、インクがまだ定着していないのですぐに触るのはやめましょう。プラバンの上にプリントされているものが伸びてしまいます。焼く前に十分にプラバンを乾かしてからトースターに入れるようにしましょう。完全に乾いていない場合は途中の本に挟む工程や仕上げの工程でもプリントが崩れてしまう場合があるので注意が必要です。

耐久性を上げたい!ダイソープラバンの仕上げについて

焼いたあとのプラバンのままでも使用できますが、ぷっくりして見せたいという場合や外に持ち歩くために耐久性をあげたい方、水場(シャンプーなどのタグ)に使用したい場合などにおすすめのプラバンの仕上げについて紹介します。クオリティが上がるので是非チャレンジしてみてくださいね。

ダイソーで販売されているレジンで仕上げをする

ダイソーや100均に販売されている「レジン」を焼いたプラバンの上に垂らして爪楊枝で少しずつ伸ばしていきます。伸ばしたプラバンをUVライトに入れて硬化していきます。綺麗に固まったらもう一度レジンを塗って硬化するを繰り返していきます。飴や目玉焼きなどぷっくりの質感を活かして作るのもおすすめです。

ダイソーで販売されているトップコート

ぷっくりと膨らむタイプのダイソーで販売されているトップコートをプラバンに塗ります。気泡が入らないように丁寧に100均で売っている大きめの筆で塗るのがおすすめです。トップコートも、レジンを同じように何回も重ねていくことでぷっくりと見せることができます。行く100均によって、売っているトップコートの種類が違います。

他の100均にもあるおすすめトップコート

せリアで販売されている「LOUJENE」のジェルネイルトップコートは、UVライトやLEDライトを使わなくてもジェルネイルのようにぷっくりとした表面を作ることができるトップコートです。せリアのトップコートも塗りやすく気泡も入りくいので一緒に使ってみてください。筆は小さめなので、プラバンの大きさによって筆を使い分けると塗りやすいです。

ダイソーで販売されているニス

ダイソーで販売されているニスは種類がいろいろありますが、水性ニスを選ぶのがおすすめです。油性ニスは、インクが溶けてしまってプラバンが滲んでしまうので注意が必要です。スプレータイプのニスは、ベタ塗りせずにふわっと仕上げられるのでインクが滲みにくいです。カラーは、使うプラバンによって使い分けるのがおすすめです。

プラパンで作ることができるアクセサリーが人気!

ダイソープラバンと100均で販売されているアイテムを組み合わせて作る手作りアクセサリーが人気です。作り方も簡単なものが多く、手作りで何か作ってみたいなという方におすすめです。ダイソーのプラバンの他にも、手書きが描くことができるプラバンも人気があるので素材や作りたいデザインによって使い分けるのがおすすめです。

人気のプラバンピアス&イヤリング

好きなプラバンを選び、印刷やデザインを書いて穴を開けたらトースターで小さくしたら100均で販売されているイヤリングの金具にプラバンを通すだけで簡単にイヤリングができます。グラデーションにしたり、果物のイラストにしたりなど好きなデザインが手作りしやすいので人気があります。同じくダイソーなどの100均で売っているパールやビーズと組み合わせるのもキュートです。

プラバンブローチ

カバンや服、帽子などにつけることができるブローチです。大きめのリボンの形や魚の形、ハート形などモチーフを大きめにしてブラバンを切り取るのがコツです。絵が苦手な方は果物や動物な写真をプリントするのも可愛いです。パステルカラーを入れる場合は、色を入れたい場所のみをやすりでかけてパステルでグラデーションを作っていく方法が簡単なのでおすすめです。

プラバンを組み合わせる3Dアート

小さめの花びらを別々にブラバンを切り取って、焼いていきグルーガンで組み合わせることで立体的な花を作ることができます。また焼く前に切り込みを入れることで恐竜や動物などの3Dアートも作ることが可能です。発想次第で無限大に広がるので大人でも楽しめること間違いなしです。小さめの3Dアートは、アクセサリーとしても使いやすいのでおすすめです。

ラッピングにも使える可愛いタグ

インスタ女子にも人気なダイソープラバンで作るボトルタグが可愛いです。「shampoo」「rinse」など英語の文字を入れたタグを作り、穴を開けて紐を通します。あとは、シャンプーのボトルに引っ掛けたりラッピングの紐に通したりだけです。文字だけでもいいですし、シャンプーのボトルの形にしたり洋服の形にしたりなどプラバンの形もこだわるとクオリティが高いです。

プラバンでヘアピンやネックレス

イヤリング同様小さなサイズのプラバンを作り、ヘアピンの土台にグルーガンでつけたりネックレスのチェーンを通したりと小さめの手作りの人気アクセサリーです。好きな形が作りやすいので花や記号など簡単な形から挑戦してみるのがおすすめです。余白はあまり開けすぎずに鋏で切り取ると売り物のように綺麗に出来上がります。

プラバンキーホルダー

100均で販売されている穴あけパンチで穴を開けて、プラバンを作りあとはチェーンを通すだけで作ることができるキーホルダーです。他の手作りアクセサリーとは違い、大きめのサイズや複雑な形を作ることが出来るのでおすすめです。人型を作る時は、細すぎる部分を少し太くしないと細い部分が曲がってしまうので注意が必要です。

ダイソーのプラバンを使ってプラバンをより楽しもう!

ダイソーで販売しているプラバンは、プリンターが対応することによって作れるアクセサリーの幅を広げることができるようになりました。絵が苦手な方でも簡単に楽しむことが出来るので今までプラバンに挑戦してみたいけれど難しそう…!と思っていた方も是非作ってみてくださいね。また100均で売っている普通のプラバンと2つ使って比べてみるのも楽しいのでおすすめです。

もっとプラバンの情報を知りたい方はこちら!

Thumbプラ板に印刷しよう!100均のプラバンを自宅のプリンターで簡単にできる?
Thumbプラバンピアスの作り方紹介!自分だけのデザインを楽しもう!
Thumbプラバンアクセサリーの作り方紹介!指輪などの立体作品も作ろう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-03-29 時点

新着一覧