部屋の湿度の適正はどのくらい?加湿器なしで簡単にできる方法ってあるの?

部屋を快適にするために大事な湿度。部屋の湿度の適正って一体どれくらいなのでしょうか?また、多くの人が加湿器で部屋の湿度を調整していますが、加湿器なしで簡単にできる方法はないのでしょうか?今回は、快適な部屋づくりに欠かせない部屋の湿度について調査してみました!

部屋の湿度の適正はどのくらい?加湿器なしで簡単にできる方法ってあるの?

目次

  1. 部屋の湿度って一体どれくらいが適正なのかな…?
  2. 快適な部屋作りに欠かせない湿度について学ぼう!
  3. そもそも湿度って何?
  4. 夏・冬それぞれの部屋の適正湿度は?
  5. 年間を通して理想的な部屋の温度と湿度はどれくらい?
  6. 部屋を理想の快適湿度にするために…どうすれば良い?
  7. 部屋を理想の快適湿度に簡単にできる方法を調査せよ!
  8. 簡単にできる!部屋を理想の快適湿度にする為に湿度を上げる方法
  9. 簡単にできる!部屋を理想の快適湿度にする為に湿度を下げる方法
  10. 《まとめ》部屋の適正湿度・理想の快適湿度にする為の方法調査

部屋の湿度って一体どれくらいが適正なのかな…?

どれだけ楽しい場所に外出しても、帰宅すると「やっぱり自分の部屋が一番落ち着く…」と、安らぎの空間が自宅の部屋だという方は多いでしょう。そんな安らぎの空間を作る為にかかせないのが部屋の湿度です。あまり考えたことがなかった方も多いかもしれませんが、そもそも部屋の湿度って一体どれくらいが適正なのでしょうか…?

Thumb湿度を快適に保つ方法は?冬の乾燥の時に役立つ湿度の上げ方を徹底検証!

快適な部屋作りに欠かせない湿度について学ぼう!

そこで今回は、快適な部屋作りに欠かせない湿度について調査してみました。湿度とは一体なんなのか、部屋の適正湿度は一体どれくらいなのか…部屋の湿度に関する情報をしっかり学んでみましょう!

Thumb新生児・赤ちゃんの室温はどれくらいがいい?適温や湿度について調査

そもそも湿度って何?

「よく耳にする言葉だけどそもそも湿度って何なの?」と、イマイチ湿度について理解できていない方も多いでしょうからまずは湿度について簡単に学んでみましょう。

湿度とは

「湿度」とは空気中に含まれる水分の割合のことを指します。たとえば、部屋の中にいても夏には暑く感じて冬には寒く感じますよね?これには温度だけでなく湿度も関係しているんです。同じ温度でも湿度が高い時は暑く感じて、湿度が低い時は寒く感じるのです。また、空気は固まりになって移動するので、一つの部屋の中でも部屋の中心と隅で空気の固まりが異なると湿度も異なるようになってきます。

湿度には『相対湿度』と『絶対湿度』という二種類の湿度があります。まず、『相対湿度』についてですが、こちらはその時の温度による空気が水蒸気を含むことができる上限に対して、どの程度水蒸気が含まれているかを示したものとされています。一方、『絶対湿度』は1キロの空気の中にある水蒸気の量を示したものです。気象予報などで一般的に使用されているのは相対湿度です。

Thumb湿度が最適だと肌の調子が違う?寝てる間に乾燥肌にならない寝室の工夫は?

夏・冬それぞれの部屋の適正湿度は?

『湿度』が一体何なのかはお分かりいただけたと思いますが、空気中に含まれる水分の割合である湿度ですから、その時々の温度によって異なるものです。となると、夏などの暑い季節と冬の寒い季節にはそれぞれ、部屋の適正温度が異なるはずです。夏・冬それぞれの部屋の適正湿度とは一体どれくらいなのでしょうか?まずは、夏・冬それぞれの部屋の適正湿度を学んでみましょう。

夏・冬の部屋の適正湿度は…

まず夏の部屋の適正湿度ですが、こちらは50~60%程度が快適だとされています。70%位で蒸し暑さを感じるでしょう。 また、夏の快適な部屋の温度は25〜28度とされています。そして、冬の部屋の適正湿度についてですが、冬は40~50%程度、部屋の温度は18〜22度が快適だとされています。乾燥して湿度が40%以下になるとインフルエンザウィルスが活発になってしまいますので要注意です。

Thumb片付けでやる気が出ない!部屋の掃除をする時にモチベーションを上げる方法

年間を通して理想的な部屋の温度と湿度はどれくらい?

夏・冬それぞれの季節で部屋の適正湿度が異なることはわかりましたが、年間を通して理想的な部屋の温度と湿度は一体どれくらいなのでしょうか?お次は、年間を通しての理想的な部屋の温度と湿度を学んでみましょう。

理想的な部屋の温度と湿度は…

年間を通して理想的な部屋の湿度は、50%前後が良いと言われています。一体なぜ、部屋の湿度は50%前後が良いのかというと、ダニやカビが繁殖し始めるのが湿度50%以上、60%を超すと急激に繁殖を始める為です。カビにも様々な種類がありますが、カビが繁殖する温度は部屋の温度が20度~30度で湿度は70%以上という条件とされているようです。

そして、インフルエンザなどのウイルスやバクテリアは前述したように、湿度40%以下で活発になりますから、カビやダニの繁殖を防ぎながら風邪やインフルエンザを予防できる、健康にとって理想的な部屋の湿度が50%前後だと言われているのです。また、疲れ目や眼精疲労の原因で多くの人が悩まされているドライアイの予防には、湿度50%を下回らない程度が良いとされている様です。

また、女性にとって気になるのはお肌の乾燥ですよね…。部屋の湿度が50%を下回ると肌が乾燥してくるので気をつけましょう。肌に良い部屋の湿度は60~65%と言われています。そして、人間が快適に寝る事ができる部屋の湿度は夏・冬ともに50%~70%くらいまでが最適だとされています。

Thumbオルチャン部屋の作り方まとめ!かわいいインテリアで女子力アップ!

部屋を理想の快適湿度にするために…どうすれば良い?

部屋の湿度は健康面にも大きく関係してくる事がわかりましたが、部屋を理想の快適湿度にするためには一体どうすれば良いのでしょうか?一般的には加湿器で部屋の湿度を調整する方法が主流ですが、もっと簡単に部屋を理想の快適湿度にする事は出来ないのでしょうか…?

Thumbカビの臭い対策!部屋やクローゼットの服などの消臭対策は?

部屋を理想の快適湿度に簡単にできる方法を調査せよ!

そこでお次は、加湿器がなくても簡単に出来る!部屋を理想の快適湿度に簡単に調整する方法を調査してみました。一体どんな方法を行えば部屋の湿度を調整できるのか…知識をつけて日々の生活に役立ててくださいね!

Thumb可愛い部屋の作り方は?簡単におしゃれにするコツや100均アイテムを紹介

簡単にできる!部屋を理想の快適湿度にする為に湿度を上げる方法

濡れタオルを部屋に干す

多くの方が実践している部屋の湿度を上げる方法としてしられているのが、『濡れタオルを部屋に干す』という方法です。表面積の大きい濡れたバスタオルは部屋中の湿度を簡単にあげてくれます。お風呂上りのタオルをできるだけベッドの近くで顔の側に干すようにすると、睡眠中の喉や肌の乾燥を防げて一石二鳥ですよ。

やかん・電気ケトルを使う

お湯を沸かす際に使用するアイテムといえばやかんや電気ケトルですよね。これらのアイテムはお湯を沸かすだけでなく、部屋の湿度を上げる為にも使える便利なアイテムなんですよ!やかんや電気ケトルで部屋の湿度を上げる方法は、やかん又は電気ケトルにお湯を沸かし、蓋を空けて部屋に置いておくだけという超簡単な方法…。これだけで6畳の1ルームなら部屋の湿度を10%以上上げる事ができます。

植物を置く

部屋の中に緑の植物があると癒されますよね。植物を部屋に置くのは癒し効果だけでなく湿度を上げる為にも高かがあるんですよ!実は、植物には適度な保温加湿作用があり、冷房や暖房による室温低下や空気乾燥から人間の身体を守る効果があるんです。お部屋もおしゃれになって、湿度もあげてくれるなんて最高ですよね!

カーテンに霧吹き

カーテンやじゅうたんに霧吹きで直接水を掛けるのも湿度を上げる方法で効果的ですよ!湿度を上げたいからといって、。あまりビチョビチョにするとかえってカビが発生する原因になるのでその点には十分注意しながら行ってくださいね。

Thumbシンプルな部屋にしたい!無印家具をフル活用したおしゃれな部屋づくり

簡単にできる!部屋を理想の快適湿度にする為に湿度を下げる方法

炭を置く

キャンプやバーベキューの必需品である炭。実は、炭って部屋の湿度を下げる事もできる万能アイテムなんですよ!炭には無数の小さな穴が空いています。この穴に部屋の中の余分な湿気を吸収してくれる効果があるので炭を置いておくだけでも部屋の湿度を下げる事が簡単にできるのです。さらに、炭には消臭効果もあるので部屋干しの嫌なニオイや梅雨時期の部屋の不快な匂いを消してくれますよ。

換気をする

手っ取り早く、そして簡単に部屋の湿度を下げる為には換気をするのが一番です!湿度は外が雨だったとしても『室内>屋外』となるのが普通ですから、部屋の湿度を下げたい時はこまめに換気扇を回したり天気が良い日は窓を開けて風を通したりしてくださいね。

新聞紙を敷く

新聞紙は水分や湿気取りをするアイテムとして人気ですよね。そんな新聞紙を湿度を下げたい部屋に敷いておくと、湿度を下げる事ができます。外出前に部屋に新聞紙を敷いておいたりすると良いでしょう。また、湿度が高い押入れや靴箱に新聞紙を置いておくのも良いですよ!

すのこを置く

DIYなどでも大人気のすのこ。そんなすのこを置くだけで部屋の湿度を下げてくれますよ!すのこは木が湿気を吸ってくれる除湿効果だけでなく、空気の流れを良くしてくれるという防湿効果があるんです。部屋の家具の下や押入れにすのこを置くと良いでしょう。また、ひのき・くすのき・桐などの木材は湿気・防虫作用が高いので特にオススメです。

Thumb部屋の湿気対策のポイントは?簡単なおすすめ方法・グッズまとめ

《まとめ》部屋の適正湿度・理想の快適湿度にする為の方法調査

部屋の適正湿度・理想の快適湿度にする為の方法調査まとめはどうでしたか?湿度は部屋を快適な空間にする為に欠かせないものです。だからこそ、正しい知識を身につけておくことが快適な部屋づくりに役立ちますよ!また、湿度が適切でない場合、ダニやカビの繁殖やウイルスなどが活発になったりと身体面での心配も出てきます。

部屋を快適にする為だけでなく、健康に毎日を過ごす為にも部屋の湿度は適正に保っておくことが大切なんです。その為には、湿度計で部屋の湿度をしっかりチェックしながら、部屋の湿度を調整することを心がけてくださいね。今回ご紹介した簡単な湿度調整の方法を行いながら、快適な部屋で過ごしてくださいね!

もっと部屋に関する情報を知りたいアナタへ!

Thumbおしゃれな部屋を作るコツまとめ!実用的で素敵な100均グッズも紹介
Thumb部屋をいい匂いにする方法!持続させるコツやおすすめの芳香剤ランキング

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-08 時点

新着一覧