しらたきご飯の作り方やその効果は?水加減や割合などポイントまとめ

しらたきご飯を美味しく仕上げるための水加減の割合や作り方、効果についてまとめました。ダイエットに効果的と言われているしらたきご飯は水加減の割合などの作り方を把握しておけばとても簡単。しらたきご飯の作り方をチェックして、効果的に食べていきましょう!

しらたきご飯の作り方やその効果は?水加減や割合などポイントまとめ

目次

  1. しらたきご飯の作り方や効果を知りたい!
  2. しらたきご飯とはどんなもの?
  3. ご飯に混ぜるしらたきの糖質やカロリーは?
  4. しらたきご飯にはダイエット効果の高い栄養も豊富!
  5. しらたきご飯のしらたきにはセラミドも含まれる
  6. 美味しいしらたきご飯を作るために最適な割合
  7. しらたきご飯を作るのにはどのくらいの水加減が良い?
  8. 美味しいしらたきご飯を作るための下ごしらえ
  9. 簡単にできるしらたきご飯の作り方
  10. 実際にしらたきご飯の作り方を取り入れた人の感想は?
  11. しらたきご飯は冷凍保存も可能
  12. しらたきご飯はアレンジ方法もたくさん!
  13. トマト入りしらたきご飯の作り方で洋風に
  14. 風味豊かな炊き込みご飯の作り方でしらたきご飯をアレンジ
  15. しらたきご飯を使ってヘルシーなご飯料理を作ろう
  16. 水加減や割合を工夫して美味しいしらたきご飯を作ろう

しらたきご飯の作り方や効果を知りたい!

ダイエットに効果的と言われているしらたきご飯

「ダイエット中だけれども美味しくご飯を食べたい!」という人を中心に人気を集めているのがしらたきご飯。しらたきを使ったご飯はダイエットに効果的とされ、カロリーと糖質を大幅にカットできるのが魅力です。しらたきご飯を取り入れれば、ご飯を食べることを我慢しなくてもダイエットに取り組むことができるのでストレスを溜めないのが嬉しいポイント。

どんなに効果的なダイエット方法であったとしても、食事を制限していたらストレスが溜まっていつの間にか暴飲暴食に走ってしまった……ということもありますよね。ダイエットの大きな敵はストレス。ストレスを溜めずにダイエットをすることによって健康的に続けられます。そんな時に役立つのがしらたきご飯。しらたきご飯でヘルシーな食事を楽しみませんか?

水加減の割合をチェックしてしらたきご飯の作り方を活用しよう

「しらたきご飯の作り方を知りたい!」「しらたきご飯を美味しく作るためにはどのくらいの割合と水加減にすれば良い?」という場合に役立つしらたきご飯情報をまとめました。しらたきご飯を美味しく作ることができればヘルシーにご飯を楽しむことができるようになるのでとても便利。美味しいしらたきご飯を炊ける割合と水加減をチェックしていきましょう!

Thumbしらたきのカロリーは低い?ダイエットに適したおすすめレシピを紹介

しらたきご飯とはどんなもの?

しらたきをご飯に混ぜいれたヘルシーなご飯

そもそも、しらたきご飯とはどういったものなのでしょうか?しらたきご飯とは、ご飯にしらたきを混ぜいれて炊き上げたものです。ご飯としらたきの組み合わせというと意外なようですが、ご飯にしらたきが入っているのとは分からないほど美味しく炊き上がると評判。ご飯にしらたきが入っているので全体のカロリーや糖質をカットすることができます。

ダイエット中にご飯を食べるのを躊躇してしまう大きな原因は、やはりカロリーや糖質が高いからですよね。ご飯の取りすぎはカロリーや糖質が多くなり過ぎてしまい、脂肪の蓄積につながってしまいます。「けれども、ご飯のない食事は寂しい……」という場合にしらたきご飯が大活躍。しらたきが入ることでダイエット中でもご飯を食べられるようになります。

ダイエット中の人に人気

しらたきご飯はテレビで作り方を紹介されたことからその評判が全国的に広がるようになりました。簡単に作れるのに低カロリー&低糖質なご飯に仕上げられるのが嬉しいポイントです。「効率的にダイエットがしたい!」という人たちの間で高い人気を集めるようになり、しらたきご飯はダイエットに取り入れたいレシピとして定番化しつつあるのでぜひ取り入れておきたいですね。

ご飯に混ぜるしらたきの糖質やカロリーは?

しらたきの糖質は100gあたり0.1gほど

そこで気になってくるのがしらたきの糖質量。ご飯に混ぜ入れるしらたきにはどのくらいの糖質が含まれているのでしょうか?しらたきの原料として使われているのがコンニャク芋です。コンニャク芋を原料として作られたしらたきは低糖質なことで有名。しらたきの糖質は100gあたり0.1gとかなり低くなっています。これなら糖質制限中も安心して食べられますね。

しらたきは100gあたり6kcal

続いてチェックしておきたいのがしらたきのカロリー。しらたきは100gあたり6kcalになります。200g食べても12kcalなので、ダイエット中でカロリーを制限したい場合にぴったり。たくさんしらたきを食べたとしてもカロリー過多にはなりにくいので、食べ応えのある食事を楽しみながらもカロリーを制限することが可能になります。

このようにしらたきは糖質とカロリー両方とも低いことがわかります。そんなしらたきをご飯に混ぜ入れることによって、全体のご飯の糖質とカロリーを下げられるのがしらたきご飯の魅力。「しっかり食べたいけれども、ダイエットもしたい!」という方はしらたきご飯を作ってみてはいかがですか。

しらたきご飯にはダイエット効果の高い栄養も豊富!

豊富な食物繊維で便秘解消効果

ご飯に使うしらたきには様々な栄養が含まれているのも嬉しいポイント。しらたきには、食物繊維が豊富に含まれているのが特徴です。グルコマンナンと呼ばれるしらたきの食物繊維は、腸内に溜まった老廃物を排出するのに役立つといわれているのが特徴。しっかりと食物繊維をとることによって便秘解消につなげることができるので、役立てていきたいですね。

便秘の状態が続くと老廃物が体内にたまり、代謝も落ちてしまいます。代謝が落ちると脂肪を燃焼する働きも落ちてしまうのでダイエットの妨げになるのが問題。また、便秘が続くと肌荒れの原因にもなってしまいます。効率的にダイエットをするためには便秘の解消は欠かせません。豊富な食物繊維を含むしらたきを活用してみてはいかがですか。

しらたきに多く含まれるカルシウムも効果的

しらたきにはカルシウムも豊富に含まれています。カルシウムは骨を強化するのに欠かせない栄養ですよね。それ以外に期待することができるカルシウムの効果としてあげられるのが脂肪の吸収をおさえるということ。カルシウムを摂取することによって脂肪の吸収をおさえることができるとされているので、ぜひダイエットに役立ててみたいですね。

しらたきご飯のしらたきにはセラミドも含まれる

肌の水分保持に効果的なセラミド

セラミドとは、肌の角質層の水分保持に欠かすことができない成分として知られています。年齢を重ねるごとに肌細胞のセラミドは減り、シワやくすみなどの原因になってしまうのでなるべくセラミドをキープできるようにすることが大切。しらたきは、そんなセラミドも含んでいるのが嬉しいポイント。セラミドを体内からも摂取することで肌の潤いを保てるとされています。

若々しい状態をキープしたい場合に最適

化粧水などからセラミドを取り入れることは大切ですが、食べ物からもセラミドを摂取することによってさらに高い効果を期待することができます。しらたきに含まれているセラミドを活用しながら若々しい状態をキープしたいですね。このようにしらたきにはからだに嬉しい効果がたくさん含まれていることがわかります。しらたきご飯を作って役立ててみたいですね。

Thumbしらたきとはなに?糸こんにゃくとの違いやカロリー・原材料を調査

美味しいしらたきご飯を作るために最適な割合

しらたき:ご飯が1:1になる割合がおすすめ

それでは、美味しいしらたきご飯を作るために知っておきたい割合についてチェックしていきましょう。しらたきご飯を美味しく仕上げるために最適とされている割合が、しらたき:米=1:1となる割合です。こうすることによってしらたきをあまり感じることなく美味しいご飯に炊き上げることができるので覚えておきましょう。この割合をベースにしておくと簡単です。

しらたきが気になる場合は少なめの割合からスタート

「ちょっとしらたきが気になるなあ……」という場合は、しらたきの割合を少なめにしてもOK。徐々にしらたきの割合を増やしていくことによって慣れていくので、段階を踏んでみましょう。1:1の割合であればだいたい美味しく炊き上げることができるので、好みに合わせて増やしてみるのも良いかもしれないですね。割合を調整しながら美味しくご飯を炊いていきましょう。

しらたきご飯を作るのにはどのくらいの水加減が良い?

しらたきは基本的に水をあまり吸収しない

しらたきご飯を作るときに気になるのが水加減。どのくらいの水加減であれば美味しいしらたきご飯を炊けるのでしょうか?しらたきは基本的にあまり水分を吸収しないのが特徴になります。しらたきが水分を吸収しないので、基本的に米に必要な水加減に調整していくことによってちょうど良いしらたきご飯に仕上げることができるのが特徴。

ご飯を普通に炊く水加減でOK

しらたきご飯を作る場合は、米の分量に合わせた水加減にしましょう。米を2合使う場合は炊飯器のメモリにあわせて2合分の水加減にすればOKです。ただし、しらたきに水分が残っている場合は水加減は少なめにしてください。しらたきの水分が出てくるので、通常通りの水加減だと柔らかめになります。しらたきの状態に合わせて水加減してくださいね。

美味しいしらたきご飯を作るための下ごしらえ

しらたきは下ゆでをする

美味しいしらたきご飯を作るために必要なのがしらたきのアク抜き。アク抜きをしておかないとしらたきのニオイが気になる場合があるので行っていきましょう。まず、しらたきを塩もみしたら流水で洗い流し、沸騰させたお湯で下ゆでをします。5分ほど下ゆでをしたらザルにあげて完了。アク抜き不要のしらたきでも一応下ゆでするのがおすすめです。

しっかりから炒りをする

続いて、フライパンでしらたきをから炒りしていきましょう。しっかりとから炒りをして水分を飛ばすことによって、炊飯器のメモリ通りの水加減でご飯を炊くことができます。水分が残っているとしらたきご飯が柔らかめになってしまうので、水分が飛んでチリチリという音がするまでから炒りしてくださいね。

簡単にできるしらたきご飯の作り方

から炒りをしたしらたきを細かく刻む

しっかりとから炒りをして水分を飛ばしたしらたきは粗熱をとってから細かく刻んでいきます。細かく刻むことによってご飯とのなじみが良くなるので、なるべく細かく刻んでくださいね。刻むのが手間に感じる場合はフードプロセッサーを使って一気にやってもOKです。

通常通りの水加減で炊いたら完成

米にしらたきを加え、炊飯器のメモリ通りの水を入れましょう。あとは通常通りに炊飯をすればしらたきご飯の完成。しらたきの下ごしらえさえしておけばとても簡単に作れるので、ぜひ気軽にしらたきご飯を取り入れてみてはいかがですか。

実際にしらたきご飯の作り方を取り入れた人の感想は?

簡単な作り方で白米と変わらない美味しさ

しらたきご飯を実際に食べた人の口コミとしてたくさん見られたのが、普通の白米と同じ美味しさを楽しめるということです。簡単な作り方なのに白米とほとんど変わらず、カロリーと糖質をカットできるのがしらたきご飯の嬉しいポイント。

もちもち食感で美味しい

しらたきを入れることによってご飯が全体的にモチモチとした食感になるのもしらたきご飯の魅力。普通のご飯よりも、もちもちとした食感が好きという場合にもしらたきを入れて炊き上げてみてはいかがですか。ヘルシーなだけでなく、美味しく仕上げられるのも魅力ですね。

Thumbしらたきダイエットのレシピ!簡単にカロリーオフするメニュー・方法を紹介

しらたきご飯は冷凍保存も可能

多めに炊いて冷凍保存しておけば手間も減る

しらたきご飯は冷凍保存もすることができます。しらたきをたくさん入れたご飯だとしらたきの食感が気になってしまうかもしれませんが、1:1の割合であれば冷凍して解凍したとしても味の変化はほとんどないのでぜひ冷凍保存をしてはいかがですか。冷凍保存しておけば、毎回しらたきを刻む手間を減らすことができます。

小分けにして冷凍保存しよう

炊き上がったしらたきご飯を1食分に小分けにしてラップに包みましょう。ラップに包んだらジッパー付き保存袋に入れて冷凍庫で保存します。食べたい場合は電子レンジで解凍すればOK。冷凍も活用してしらたきご飯を楽しんでみましょう。

しらたきご飯はアレンジ方法もたくさん!

いろいろな作り方でしらたきご飯を楽しめる

しらたきご飯は、そのまま食べるだけでなく普通のご飯としてさまざまなアレンジをすることできます。「ダイエット中だからご飯料理は控えている……」という方でもしらたきご飯であれば安心していただくことができそうですね。しらたきご飯を活用して、美味しいご飯料理を楽しんでみてはいかがですか?

しらたきご飯の作り方のバリエーションを増やそう

しらたきご飯を使ったご飯料理のバリエーションを増やしておけば、いつでも美味しい食事を楽しむことができるのでぜひチェックしておきたいですね。カロリー&糖質控えめのしらたきご飯を使って満足感の高いダイエット料理を堪能してみてはいかがですか。

トマト入りしらたきご飯の作り方で洋風に

トマトを加えることで風味豊かになる

風味豊かなしらたきご飯にしたい場合におすすめなのがトマトを使ったアレンジ。トマトやオリーブオイル、白ワインといったものをしらたきご飯に加えて炊き上げることでトマトの甘みがたっぷり詰まった美味しいしらたきご飯に仕上げることができます。

トマトには栄養もたっぷり

トマトにはリコピンをはじめとした栄養がたくさん含まれているのが嬉しいポイント。しらたきご飯でカロリーと糖質を控えめにしながらしっかりと栄養を取りたい場合におすすめです。また、トマトの栄養は加熱をすることでアップすると言われているため、しらたきご飯と一緒に炊いて栄養価をアップさせるのもおすすめの方法。

風味豊かな炊き込みご飯の作り方でしらたきご飯をアレンジ

生姜や醤油でしらたきご飯を味付け

しらたきご飯を炊き込みご飯にして食べ応えのある仕上がりにするのもおすすめ。醤油やみりん、和風だしの素、千切りにした生姜と一緒にしらたきご飯を炊くことによって生姜の風味が香る炊き込みご飯に仕上げることができます。もちもちとした食感で美味しいしらたきご飯の炊き込みはおにぎりにするのにもぴったり。

具材を入れても美味しい

お好みでヒジキや人参などの具材を増やしてボリュームアップさせるのも良いですね。いろいろな具材を入れれば栄養価もアップし、健康的なしらたきご飯を楽しむことができます。

しらたきご飯を使ってヘルシーなご飯料理を作ろう

具沢山チャーハン

しらたきご飯を使っていろいろなご飯料理を作ることもできます。具沢山のチャーハンを作れば、ヘルシーなのに食べ応えのあるご飯料理のできあがり。満足感のある食事を楽しめます。

おもてなしにも使える手巻き寿司

いろいろな魚介類を揃え、しらたきご飯を寿司酢で味付けしたら手巻き寿司を楽しむこともできます。手巻き寿司はご飯のカロリーが気になってしまいますが、しらたきご飯なら安心。豪華な見た目でおもてなしにも使えます。

水加減や割合を工夫して美味しいしらたきご飯を作ろう

しらたきご飯は作り方さえ覚えておけばとても簡単に作ることができます。たくさん炊いて冷凍してストックしておくと便利。もちもちとした食感で普通の白米と同じように美味しく食べられるのも嬉しいポイントです。しらたきご飯でヘルシーな食事を楽しんでくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-15 時点

新着一覧