マンションの間取りは3LDKが人気!ライフスタイルに合う部屋の選び方は?

いざマンションを決めるときに悩んでしまうのが、部屋の間取りですよね。一人暮らしや家族がいることによっても間取りの選び方は違ってきますよね。だからこそ今回は、自分のライフスタイルに合う部屋の選び方や人気のマンションの間取りについて紹介していきます。

マンションの間取りは3LDKが人気!ライフスタイルに合う部屋の選び方は?

目次

  1. 素敵な間取りのマンションに引っ越したい!
  2. まずマンションの間取りとは何か?
  3. マンションを決める上で間取りは大事なポイント
  4. 3LDKのマンションの間取りが人気!
  5. 生活のスペースだからこそ住みやすい間取りのマンションを選ぶ
  6. 一緒に住む人数によってマンションの間取りは決まってくる!
  7. 収納スペースを目安にマンションの間取りの選び方
  8. ライフスタイルを考えたマンションの間取りの選び方
  9. マンションの間取りはベランダの向きで考える
  10. 実際に住んでみた時をイメージしてマンションの間取りを決める
  11. 先のことを考えてリフォームもできる間取りのマンションの選び方
  12. 最近ではキッチンの間取りからマンションを決める人が多い!
  13. マンションを決めるときは実際に行って間取りを確認してみる
  14. 後悔したくはないマンションの購入
  15. 素敵な間取りのマンションを見つけよう!

素敵な間取りのマンションに引っ越したい!

残り数週間で今年も終わりますよね。また新しい年がやってきます。新しい年が来ると学生の人であれば卒業シーズンがすぐにやってきて就職することによって引っ越しを考えている人も多いのではないでしょうか?

そんな時期が来るからこそ、家族での引っ越しやいろんな事情でマンションに引っ越しを考えている人もいると思います。親が歳をとってそばに住んであげたいなど、マンションに引っ越しを考える人の中には、深刻な状況の人もいます。

マンションは意外にも一軒家と違い、管理人がいるので便利な部分もたくさんあります。今回は一軒家とは違うマンションの間取りの良さや基礎知識そして、人気の間取りについて紹介していきたいと思います。

まずマンションの間取りとは何か?

まずマンションを選ぶ上で最も大切な選び方は間取りから選ぶことです。具体的にマンションの間取りについて基礎知識を説明したいと思います。マンションの間取りを選ぶ時に2LDKや3LDKなどの表記がありますよね。

この間取りの表記にはきちんと意味があります。まず最初の数字ですが、この数字はマンションの部屋の数を表しています。2であれば部屋は2つ、3であれば部屋が3つあることになります。そして、Lであればリビング、Dであればダイニング、Kはキッチンというように、間取りとは部屋の名前の最初の文字をとって簡潔に表記したものが、マンションの間取りになっています。

そのほかにも間取り図を細かく見ていくと、CLであればクローゼットと収納スペースを意味していて、UTであれば洗濯機を置くようなスペースなど、これらはすべて間取りになり、間取りの表記にはいろんな意味があります。

マンションを決める上で間取りは大事なポイント

以上の部屋の間取りの表記の意味を、確認したところで、マンションの間取りを目安に自分の好きなマンションの間取りを選んでいきましょう。しかし自分の好みだけでマンションの間取りを決めてしまうのは、とっても危険です。

ここでマンションの間取りを決める上で大切なポイントを紹介していきます。まず、間取りはマンションを選ぶ上でとっても重要なことです。それは家族の人数によっても部屋の数も変わってくるからです。

マンションの間取りの選び方で困っている時は、最初に間取りの中でも部屋の個数を考えていきましょう。そして家族で過ごすのであれば、メインとなるリビングルームの大きさなど部屋の大きさと間取りを確認しながら選ぶ方がいいでしょう。

3LDKのマンションの間取りが人気!

中でも最近では、マンションの間取りで3LDKのマンションが人気です。3LDKの間取りにもなれば、マンションの部屋の間取り図でも確認できるように、いろんなタイプの間取りの部屋があります。

家族人数でも夫婦二人など、子供が一人いる3人家族や子供2人がいる4人家族の中でも3LDKのマンションの間取りが人気になっています。最近のマンションでは3LDKでもいろんなタイプの部屋の間取りがあります。

リビングルームを中心にした部屋の間取りや、個室それぞれのスペースを重視した部屋の間取り、主婦に優しいキッチンと脱衣所などが近くにあり家事がしやすい間取りの部屋の作りを重視したりと、その人たちのライフスタイルに合わせたマンションが選べますよ。

生活のスペースだからこそ住みやすい間取りのマンションを選ぶ

マンションを住まいにするのは、一軒家とはまた違う間取りの魅力がたくさんあります。そしてマンションを購入するのは、人生の中でもとても大きな買い物になりますよね。だからこそ、住まいをマンションに選ぶ時には、これからも長くずっと住めるような間取りを選ぶことが大切です。

仕事もそうですが、住まいは私たちの生活にとって基本、生きていく生活していく中でのベースになります。だからこそ、普段の自分の生活やライフスタイルをしっかりと考えて、住みやすいマンションの間取りの選び方次第で、生活の基盤が変わってきますよ。

もちろんおしゃれでデザイン性の溢れた間取りのマンションもたくさんありますよね。女性であれば誰でも一度は素敵な、部屋で生活をしてみたいと思うものです。ですがデザイン性だけを重視した住まいの選び方間取りでは、実際に生活を始めた時に不便に感じることも出てきます。

住まいは毎日の生活の基盤となるので、しっかりと家族のみんなが住みやすい生活しやすいマンションの間取りで選んでみる方がいいかもしれませよ。

一緒に住む人数によってマンションの間取りは決まってくる!

またマンションを選ぶ上で、家族の人数によって住まいの間取りも大きく変わってきます。子供のいない家庭であれば、2LDKでも十分な生活のスペースがありますよね。また夫婦が同じ寝室であれば、子供がいても2LDKの間取りでも生活スペースは余裕があります。

このように家族の人数が増えることで、部屋の個数など間取りが大きく変わってきます。中でも4人家族まで対応できているのが3LDKの住まいで、3LDKのマンションの間取りが中でも一番の人気があります。マンションの間取りについてある程度の基礎知識を持っていれば、さらに3LDKから細かなところも見て住まいを決めることができますよ。

収納スペースを目安にマンションの間取りの選び方

マンションの間取りで決める時には、部屋の中に収納スペースもあることが大切なポイントです。どんな住まいに住んでいても、必ずと言っていいほど収納をするものってありますよね。

収納するものがたくさんあるのであれば、マンションの間取りだけで決めるのではなく、それプラス収納スペースを確保することも、快適な住まいにするために欠かせません。そこで人気なのが、素敵な間取りのマンションでさらに収納スペースがたくさんあるところです。

マンションを決めるのに基礎知識は必要ですが、基礎知識だけでマンションの間取りを決めてしまうと、後で引越しをした際に収納スペースの少なさに驚くこともあります。逆に収納スペースがないために部屋が狭くなってしまうこともあります。マンションの選び方では間取りだけにとらわれないように、基礎知識として収納スペースも間取りからチェックしておきましょう。

ライフスタイルを考えたマンションの間取りの選び方

マンションを決めるときに間取りからの選び方以外にも、基礎知識として、普段のライフスタイルからの選び方があります。もちろん人それぞれ生活のリズムも違いますし、仕事も違います。

ライフスタイルで大きく上げられるのが、家族の人数や子供がいるかいないかです。子供のいる家庭の住まいであれば、基礎知識として、間取りはリビングルームは家族で過ごせるような、いい環境を選びたいですよね。本当にマンションによってリビングルームの場所や作り、キッチンの位置など基本的な間取りが大きく変わってきます。

マンションを購入する前に、どんな生活を送りたいのか、どこまでライフスタイルをキープしたいのかで、間取りも大きく変わってきます。3LDKは部屋の数も丁度よく、リビングルームやキッチン、脱衣所などの位置も考慮された作りの間取りのマンションがたくさんあります。

マンションの間取りはベランダの向きで考える

マンションの間取りの中では、次にきになる人気の部分となるのが、マンションについているベランタです。ベランダは人によってはあまり重視していない人もいますが、一般的な住まいであればベランダは生活には欠かせないスペースになってきますよ。なのでベランダの間取りはとても重要です。

ベランダの間取りが北向き場合

ベランダが北向きにある間取りであれば、洗濯物が乾きにくい時もあります。北向きの場合は、日光があまり当たりにくく、とても涼しいです。夏の暑い猛暑の時期には、とてもいいですが、冬の時期になってくるととても寒いです。なので洗濯物などを部屋干しでしたくない人には人気がない方角です。

ベランダの間取りが南向きの場合

また南向きの方角の間取りであれば、北向きと反対でとても日当たりがいいです。常に一年を通して日当たりが良いので、洗濯物もすぐに乾きます。そしてその分、日当たりが良いので暑すぎると感じて、逆に北向きのベランダを選ぶ人もいるくらい本当に、日当たりが良いです。

ベランダの間取りが西向きの場合

西向きの間取りは意外にも人気があまりありません。それは、日差しが強くなる時間帯が午後からになってくるからです。そして午後からの日差しは強くさらに長いので、日差しが強すぎてあまり好まれない部分もあります。しかし冬の時期などは部屋のヒーターをつけていなくても暖かい時もあるので、電気代を抑えることもできるのがメリットでもあります。

ベランダの向きが東向きの場合

そして西向きとは反対の東向きの間取りであれば、意外にも人気があります。西側と反対で朝に日差しが強くなるので、目が覚めやすいのも人気の理由の一つです。朝からしっかりと起きる人であればオススメの方角とも言えます。しかし午前中に日差しが入るため、午後からは涼しくなってしまいます。

実際に住んでみた時をイメージしてマンションの間取りを決める

3LDKのマンションはとても人気のあるマンションの間取りではありますが、実際に住んでみないと本当に住みやすいのかまでは間取り図だけでは、わかりませんよね。そんな時は、一度決めようと思っているマンションで実際に住んでいるイメージを持ってみることです。

イメージしてみるときには、まず家に帰ってから就寝までの流れなど、休日に起きてから、どのように過ごすのかなど、普段の生活を3LDKのマンションの間取りで考えてみることで、さらに現実的に住みやすいのか、ライフスタイルに本当に3LDKのマンションの間取りがあっているのかをチェックできますよ。

先のことを考えてリフォームもできる間取りのマンションの選び方

マンションの間取りと同時に、マンションを選ぶ上でのワンランク上の基礎知識としては、そのマンションを購入した後の先のことを考えてみることです。まだまだマンションを購入したばかりであれば、すぐにその先のことまで考えるのは、とても難しいかもしれません。

しかしマンションを一度購入すると、それからはマンションのローンの支払いになってきますよね。実際に自分が年老いてきた時に、バリアフリーの環境にできるかなど、先の将来のことを考えた時にそのマンションがリフォームできるのかというのを基礎知識として頭に入れておくことも大切ですよ。

いざリフォームが必要となったとしても、マンションの契約でリフォームができないなど、どうしても何かを付け加えないといけない時に間取りが対応できないのであれば、引越しをしなくてはいけないことにもなりかねません。なのでかなり先のことでも、そのマンションがリフォームできる間取りでもあるのかを調べておきましょう。

最近ではキッチンの間取りからマンションを決める人が多い!

最近、若い人をはじめいろんな家庭に人気があるのが3LDK間取りです。そして中でも、リビングダイニングなど、オープンカウンターになっているキッチンの間取りです。家族の様子を見ながら料理が作れて、料理をしていても家族の団欒を楽しめる間取りです。

キッチンのスペースは生活していく上で、食事を作るとても大切なスペースです。だからこそ、家庭の中でも一番女性にとって気になるスペースなのです。もちろん各家庭によって、キッチンスペースやキッチンのスタイルも変わってきますが、ほとんどの人がキッチンスペースの間取りを目安にしていますよ。

マンションを決めるときは実際に行って間取りを確認してみる

最後に基礎知識として、とても大切なことは、実際にマンションを決めるときには、そのマンションに行って部屋の様子を確認してみることです。間取りで見ても実際に部屋の大きさなど、体感して感じるものや実際に目で見てみると思っていたものと違っていたりすることもあります。

実際に3LDKのマンションを見ても、行ってみたら思っていた間取りよりも小さく感じたり、大きく感じたりと間取り図だけでみるとは現実は違っているので、さらにその3LDKのマンションに住むイメージも現実的に描けますよね。実際にマンションに行かずに間取り図だけで決めてしまうのはもったいないです。

後悔したくはないマンションの購入

マンションの購入は、人生でも大きな買い物です。もちろん賃貸であれば、それほどに慎重になりすぎることもありませんが、いざ住まいをマンションと決めて購入するとなると、購入できるマンションも年間の収入を目安に変わってきますよね。

年収が低ければ、やはりマンションの購入できる、ローンを組めるマンションの間取りや場所なども大きく変わってきます。中には何十年もローンを組んで住まいのマンションを購入する人もたくさんいます。だからこそ、生活の基盤になるマンションを選ぶ時には、後悔をしないようにしっかりと考えて慎重に検討しましょう!

素敵な間取りのマンションを見つけよう!

本当に間取りだけから、素敵なマンションを決めることは簡単なことではありませんが、本当に自分の好きなライフスタイルにあったマンションの間取りであれば、新しい住まいの環境でさらに毎日の生活が楽しくなります。

マンションの間取りのスペースの大きさで、家族と過ごす時間も大きく変わっていくことですし、いつまでも家族が仲良しでいれるような部屋の間取りがいいですよね。そして部屋の間取りだけではなく、日当たりによっても毎日の気分も大きく変わってきます。

日が当たらないなど暗すぎない環境で、仕事や普段の生活に無理がかからない、気持ちの良い毎日が過ごせるような、そんな自分にあった素敵なマンションの間取りを基礎知識を生かして選びましょう!

間取り以外のマンションについて関連する記事はこちらへ

Thumbマンションやアパートの違いは?賃貸の部屋探しに役立つ豆知識!
Thumbマンションの防音と騒音対策!防音性の高い賃貸物件を選ぶコツは?
Thumb独身女性30代本音♪貯金・マンション購入・休日どう過ごしてる?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-04-12 時点

新着一覧