夏が旬の魚には何がある?美味しい食べ方やおすすめレシピを紹介

夏に旬を迎える魚の美味しい食べ方についてまとめました。夏におすすめしたい旬の魚の美味しい食べ方をチェックしておけば、その美味しさをたっぷり楽しめるのが魅力。おすすめの食べ方を取り入れて、夏が旬の美味しい魚を堪能していきましょう!

夏が旬の魚には何がある?美味しい食べ方やおすすめレシピを紹介

目次

  1. 夏が旬の美味しい魚の食べ方を知りたい!
  2. 夏が旬の魚といえばうなぎ
  3. うなぎのさっぱりとした食べ方ならうざくが最適
  4. いろいろな食べ方ができるアジも夏が旬のおすすめの魚
  5. 夏が旬のアジの美味しさを堪能するならなめろうにしよう
  6. 風情を楽しめるハモも夏が旬の魚
  7. 食感を楽しめる夏が旬の魚ならカワハギ
  8. 脂が乗ったカンパチは夏に旬を迎える魚
  9. 出世魚として知られるスズキも夏が旬
  10. 夏が旬の魚を堪能しよう!

夏が旬の美味しい魚の食べ方を知りたい!

夏に旬を迎える美味しい魚はたくさん

美味しく魚をいただくためには、やっぱり魚の旬の時期を知っておくことが大切になります。魚の旬を知っておけばどういったものを食べたら良いのかスーパーで魚を選ぶときにもわかりやすいので便利ですよね。春夏秋冬、1年を通して旬を迎える魚の種類はバラエティ豊か。今回はその中でも夏に旬を迎える魚の種類や食べ方についてチェックしていきます。

夏に旬を迎える魚はいろいろな種類があります。夏だからこそ脂がのって美味しく食べられる魚がたくさんあるので、ぜひ旬をおさえてその美味しさを堪能してみたいですね。旬を迎えた魚は栄養もたっぷり含んでいるので健康的に食べられるのが嬉しいポイントです。夏に旬を迎える魚の種類は何なのかをチェックして、旬の美味しさをたっぷり楽しみましょう!

おすすめの食べ方で夏が旬の魚を楽しもう

「夏が旬の魚にはどんなものがある?」「夏に旬を迎える魚の美味しい食べ方を知りたい!」という場合に役立つ夏が旬の魚情報についてまとめました。魚にはそれぞれ美味しい食べ方があるので、ぴったりな方法で調理をすることが大切になります。旬を迎えて旨味がたっぷり詰まった魚を食べ、その美味しさを堪能してみてはいかがですか?

Thumb春が旬の魚は?おすすめの美味しいおかずや日本酒に合うおつまみレシピ

夏が旬の魚といえばうなぎ

土用の丑の日に食べられる美味しいうなぎ

それでは、早速夏に旬を迎える魚にはどんな種類があるのか見ていきましょう。夏が旬の魚の代表格といえばうなぎ。夏のシーズンに入ると土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が昔から日本にはありますよね。旬を迎えたうなぎには栄養がたっぷり含まれ、夏バテになりやすい時期にエネルギーを回復するために多くの人がうなぎを食べる傾向にあります。

旬を迎えたうなぎは脂がしっかりのり、風味豊かな味わいを楽しむことができます。ビタミンB群をはじめとした疲労回復効果のある成分も多く含まれているため、暑くて元気が出ない場合にもうなぎを食べて元気を出していくと良いのではないでしょうか。味わい深いうなぎを食べるなら、やはり専門店へ赴くのがおすすめ。プロの技で焼いたうなぎは格別の美味しさです。

蒲焼にする食べ方が定番

うなぎといえば、蒲焼にして食べる食べ方が定番ですよね。うなぎのタレがしっかりとかかった蒲焼をご飯にのせて食べれば、それだけで元気がでてきそうです。夏バテになりがちなシーズンの重要な栄養補給として役立てられるのが嬉しいポイント。蒲焼のほかにはワサビと一緒に白焼きで食べるのもおすすめです。さっぱりとした口あたりでお酒との相性もぴったり。

うなぎのさっぱりとした食べ方ならうざくが最適

夏バテ気味でも旬のうなぎを食べられる美味しい食べ方

「もう少しさっぱりとうなぎを食べたいなあ」という場合におすすめしたいのがうざく。「うなぎの蒲焼とご飯の組み合わせはちょっと重たい」と感じている場合でもうざくであれば美味しくいただけます。輪切りにしたキュウリを塩もみして水分を絞り、短冊切りにしたうなぎと合わせてください。そこに三杯酢をまわしかけて味付けをしたらうざくの完成です。

三杯酢のさっぱりとした風味とうなぎのコク、キュウリの歯ごたえが絶妙にマッチしてさっぱりといただけるのが魅力。お酒との相性も良く、おつまみとしても重宝します。

みょうがプラスしても美味しい

お好みでみょうがをプラスすると、さらに夏らしい雰囲気のうざくを楽しめることができます。みょうがの風味がアクセントになって、ワンランク上の味わいに。このほかにすりゴマをふりかけたり、七味唐辛子をトッピングするなどいろいろなアレンジもできるのでお好みに合わせて味を変えながらうざくを楽しんでみてくださいね。

Thumb魚焼きグリルの掃除はどうやる?網や庫内を片栗粉・セスキで楽に!

いろいろな食べ方ができるアジも夏が旬のおすすめの魚

塩焼きや干物などさまざまな美味しい食べ方ができるアジ

夏に旬を迎える魚としてあげられるのがアジ。アジといえば、さまざまな方法で調理ができる便利な魚です。干物や塩焼き、お刺身など旬を迎えたアジの楽しみ方はバラエティ豊か。塩焼きにすればふっくらとした食感を楽しむことができ、ご飯との相性もばっちりです。旬を迎えたアジは脂が乗って美味しく頂くことができるので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

価格が安定して栄養豊富なのもおすすめポイント

アジは比較的価格が安定しているのも嬉しいポイント。家計に大きな負担をかけることなく美味しくアジをいただくことができます。美味しい魚だとしても高い値段だとなかなか取り入れるのが難しくなってしまいますが、リーズナブルなアジであれば日常的に楽しむことができるので良いですね。

さまざまな方法でアジを調理して楽しんでみてはいかがですか。旬を迎えたアジは栄養をたっぷり含んでいるのも魅力。DHAやEPAといった健康的な体作りに欠かせない栄養がたくさん含まれています。健康的な生活を送りたい場合もアジを食べてみると良いかもしれないですね。

Thumb簡単でおいしい魚料理の作リ方!下処理なし!フライパン人気レシピ15選!

夏が旬のアジの美味しさを堪能するならなめろうにしよう

お酒やご飯との相性が良いなめろう

旬を迎えて脂がたくさんのったアジはなめろうにして食べるのがおすすめ。アジのなめろうはお酒とご飯の両方に相性が良いので、お好みに合わせていろいろな組み合わせを楽しむことができます。子供達はご飯と一緒になめろうを食べ、大人はお酒とともに楽しむ、というのも良いかもしれないですね。なめろうは簡単に作れるので料理初心者の方にもおすすめ。

薬味をたくさん効かせるのがおすすめ

まずは三枚下ろしにしたお刺身用のアジを用意しましょう。アジを適当な大きさにカットしたら、みじん切りにした生姜とネギ、大葉、味噌と合わせます。まな板の上で全体を混ぜ合わせるように包丁で叩いてください。アジと薬味、味噌がしっかりとからんできたらなめろうのできあがり。美味しいアジさえ手に入ったらすぐに作れるのが魅力です。

アジのなめろうは薬味をたっぷり効かせるのがおすすめ。「ちょっと多いかな?」というくらいのネギや生姜を入れることで美味しいなめろうに仕上げることができます。できあがったなめろうをご飯の上に乗せ、だしをかければお茶漬けにもなるのでおすすめ。いろいろな方法でなめろうを堪能してみてくださいね。

風情を楽しめるハモも夏が旬の魚

夏に旬を迎える定番の魚

ハモも夏に旬を迎える定番の魚として昔から親しまれてきました。特に京都をはじめとした関西周辺では夏になるとハモを食べる習慣が定着し、スーパーなどにもハモがずらりと並びます。淡白な味わいの中に豊かな風味を感じることができるハモは、夏だからこそ味わえる上品な美味しさを堪能できるのが魅力。ぜひ食べておきたいですね。

湯引きに梅肉を添えてさっぱりと

ハモの美味しい食べ方の定番といえば湯引きをしたハモに梅肉をつける食べ方。梅肉のさっぱりとした風味とハモがよく合い、とても美味しくいただくことができます。美味しいハモを食べたい場合は、やはりプロの手でさばかれたハモを食べるのがおすすめ。

食感を楽しめる夏が旬の魚ならカワハギ

お刺身にする食べ方がぴったり

コリコリとした食感を楽しむことができるカワハギも夏に旬を迎えます。カワハギはお刺身で食べるのがおすすめ。旬を迎えた新鮮なカワハギは夏になったらぜひ食べておきたい逸品です。

肝も一緒に添えよう

カワハギ自体は淡白な味わいなので、肝を溶かした醤油と一緒に食べるのがおすすめの食べ方。濃厚な肝と淡白なカワハギのお刺身がよく合い、やみつきになる美味しさです。カワハギの食感を余すことなく楽しめるのも嬉しいポイント。

脂が乗ったカンパチは夏に旬を迎える魚

お刺身にするのが最適

夏に旬を迎え、たっぷりの脂がのったカンパチもぜひ食べておきたいですね。カンパチはやはりお刺身で食べるのが一番です。カンパチならではのサクッとした歯ごたえと美味しい脂の風味を堪能できるので、夏になったらぜひカンパチをいただいてみてはいかがですか。お酒やご飯と合わせていただいてみてくださいね。

ブリとは別の魚

カンパチとブリは同じ魚としてみられがちですが、実は違う種類の魚です。カンパチが夏に旬を迎えるのに対して、ブリは冬に旬を迎えるのが特徴。冬のシーズンになると寒ブリが出回るのからわかるように、ブリは冬に一番美味しくなります。カンパチとついつい混同しそうですが、一緒に食べてみると味わいが全く異なるので夏はぜひカンパチを選んでみてくださいね。

出世魚として知られるスズキも夏が旬

成長すると名前が変わる出世魚

出世魚として知られるスズキも夏に旬を迎えます。コッパ・セイゴ・フッコといったように成長するごとに名前を変え、最終形態としてスズキになるのが特徴。スズキになると体長60cm以上になり、大きな魚になります。旬を迎えたスズキは脂がのっているのが魅力。

ムニエルがおすすめ

旬を迎えたスズキはムニエルにして食べるのがおすすめ。塩や胡椒、刻んだパセリなどをまぶし、薄く小麦粉をつけます。オリーブオイルやバターを敷いたフライパンの上にスズキをのせ、こんがりとするまで焼いたらムニエルのできあがり。とても簡単に作れるので、スズキが手に入ったらムニエルにしてみてはいかがですか。

Thumb魚焼きグリルの使い方・活用方法まとめ!水やアルミホイルを使うといい?

夏が旬の魚を堪能しよう!

夏が旬の魚はバラエティ豊か。ぴったりの食べ方で堪能してみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-19 時点

新着一覧