ブルーベースの美肌メイク方法!イエローとの見分け方や似合うコスメは?

人が持っているお肌には、2つの種類があります。それは、ブルーベースとイエローベースです。今回は、その中でもブルーベースのお肌の持ち主の方をご紹介します。ブルーベースには、どんな特徴があるのでしょうか?さらには、自分のお肌の特徴の見分け方をお届けします。

目次

  1. ブルーベースを魅力的に見せる美肌メイクを伝授!
  2. ブルーベースって何?
  3. ブルーベース&イエローベースの見分け方のポイント
  4. ブルーベースには種類がある?
  5. ブルーベースの特徴って?
  6. やってみよう!ブルーベース&イエローベースの診断方法
  7. ブルーベース&イエローベースの見分け方①髪の毛
  8. ブルーベース&イエローベースの見分け方②目の色
  9. ブルーベース&イエローベースの見分け方③肌&頬の色
  10. ブルーベースの美肌のベースメイクの方法
  11. ブルーベースに似合うアイメイクの方法
  12. ブルーベースの血色を決定する!チークの入れ方
  13. ブルーベースの肌が魅力的に見えるリップメイクの方法
  14. ブルーベースはメイクだけじゃない!ヘアーにも取り入れよう!
  15. ブルーベースのお肌を活かして輝くような美肌になろう!

ブルーベースを魅力的に見せる美肌メイクを伝授!

今回特集するのは、お肌の色に着目したテーマでお送りします。2つの種類がある肌色の中からブルーベースをピックアップしてお届けします。果たしてブルーベースには、どんな特徴や種類があるんでしょうか?そんなブルーベースのお肌を活かした美肌に見えるメイク方法もご紹介していきます。

ブルーベースって何?

まずは、ブルーベースとはどういうことなのかということをご紹介していきましょう。普段のメイクをする時でも自分のお肌の色味を知ってメイクに活かすことが出来ます。始めの一歩として、ブルーベースについてお話ししていきます。

ブルーベースは…【パーソナルカラーの判断基準】

ブルーベースという言葉の前にこの言葉が関係している「パーソナルカラー」についてお話ししていきましょう。パーソナルカラーとは、その人が生まれ持った肌や髪、瞳、頬などから判断する似合わせカラーのことです。このパーソナルカラーの肌の色をイエローベースとブルーベースという2つの種類に分けることが出来ます。

イエロー?ブルー?自分のベースの色を知るメリットって?

それでは、イエローベースやブルーベースなどのお肌のパターンを知るメリットはどこにあるのでしょうか?パーソナルカラーをメイクやヘアカラーに役立てることで今までの印象が一変します。お肌の色が綺麗に見えたり、魅力的に見えます。

Thumbパーソナルカラー診断とは?東京でしてくれるところは?無料でセルフチェックも!

ブルーベース&イエローベースの見分け方のポイント

次は、ブルーベース&イエローベースの見分け方のポイントです。お互いに反対の色を身につけるとお肌に変化が現れます。メイクのコスメ選びにはもちろん、ヘアカラーやファッションにも活用することが出来ます。

ブルーベースの人がイエローベースの色を使うと?

ブルーベースの人がイエローベースの色を使うと、青白くなったり、血行が悪い感じに見えます。お肌を美肌に見せてくれるどころか雰囲気を暗くさせて、体調が悪いようなお肌に仕上がってしまいます。

イエローベースの人がブルーベースの色を使うと?

イエローベースの人がブルーベースの人の色を使うと、黄色くなり過ぎて見えたり、お肌が変な色になる事があります。自分のお肌にあった色味を合わせるとお肌は明るく、美肌に見えます。

ブルーベースには種類がある?

ブルーベースは、さらに2つの種類に分けられます。それは、サマーとウィンターです。パーソナルカラーは、2つの括り以外に加えて、4つの季節で表現されることがあります。この季節を使うことで、自分に似合う色を詳しく知ることが出来ます。

パーソナルカラーは…【季節に分けられる】

パーソナルカラーは、春、夏、秋、冬の4つの季節に分けられます。春と秋が「イエローベース」、夏と冬が「ブルーベース」になります。それぞれの季節には特徴があり、同じ赤でも季節ごとにトーンや鮮やかさが違います。

ブルーベースの季節…【サマー】

ブルーベースの1つめの季節は、サマーです。サマーの色味に分類されるのは、明度が明るめで鮮やかさは低めのミルキーやパステルカラーです。白の比率の多い優しくてふんわりとした色味が特徴です。そんなソフトな色味がブルーベースさんのお肌にあって魅力的に見せてくれます。

ブルーベースの季節…【ウィンター】

2つめの季節は、ウィンターです。ウィンターの色味は、1つ1つの色味がハッキリしていて鮮やかなことが特徴です。明度はそこまで高くないですが、彩度が特徴的な色味が豊富にあります。冬の季節にピッタリのカラーが揃っています。

ブルーベースの特徴って?

続いては、ブルーベースさんの特徴をお届けします。ブルーベースのお肌の持ち主には、いくつかの特徴があります。ブルーベースかイエローベースかは、パッと見で予想することも可能です。

特徴①クールに見える

ブルーベースさんは、その名の通りブルーみを感じるお肌の色味を持っています。暖色ではなく、寒色の方に分類されるので、イエローベースよりも柔らかく、そしてクールな印象をつけます。

特徴②アクセサリーの色味は「シルバー」

ブルーベースさんの特徴の2つめは、アクセサリーをシルバーにすることです。シルバーは、ゴールドとは違って黄味よりも青みを感じる色味になっています。そのため、黄みを帯びたゴールドよりもどちらかと言えば、青みを感じるシルバーがよく似合うのです。

特徴③大人っぽく見られやすい

ブルーベースの特徴の3つめは、イエローベースの人に比べて大人っぽく見られやすいというところにあります。色味によっては、柔らかい印象に見えることがありますが、ブルーベースのお肌の色の特徴から大人っぽく見られやすい特徴があります。

やってみよう!ブルーベース&イエローベースの診断方法

ブルーベースとイエローベースを見分ける方法は、主に3つあります。簡単で分かりやすい方法順にご紹介していきましょう。

診断方法①イエローベース&ブルーベースの布を用意する

イエローベースとぶるベースを判断する方法の1つめは、布を4枚用意して判断する方法があります。スプリングならコーラルピンク、サマーならパステルピンク、秋ならサーモンピンク、冬ならローズピンクになります。この4枚の布を揃えて、首の下に4枚重ねて置き、鏡を見ながら1枚ずつめくり、顎の辺りの肌色の変化を見ます。これが1つめの見分け方です。

診断方法②イエローベース&ブルーベースの2種類の紙を用意する

2つめのイエローベースかブルーベースかの見分け方の方法は、先ほどお伝えしたスプリングのコーラルピンク、サマーのパステルピンクの紙を2枚用意します。その上に手を置いて手の甲の色の変化を見ます。これで、イエローベースなのか、ブルーベースなのかがわかります。

診断方法③髪、目の色、頬、唇の色で判断する

3つめのイエローベースかブルーベースかの見分け方は、髪や目の色、頬、唇の色の特徴を知って見分ける方法です。今回ご紹介している方法の中では、難しい方法になります。これを1つの判断基準にして、さらに詳しく調べるためにも上の2つの方法を並行して行うのもおすすめです。

ブルーベース&イエローベースの見分け方①髪の毛

次は、先ほどもイエローベースかブルーベースの見分け方のところでお伝えした髪、目の色、肌のそれぞれの特徴や違いをご紹介していきます。まずは、ブルーベース、イエローベースの髪の毛の色をピックアップします。

イエローベースの髪の色は?

イエローベースの人の髪の色は、明るめのブラウン系であったり、深みはあるけどやや黄みがかった茶色であることが特徴です。この基準を参考にすると自分に合うヘアカラーなども見えてきます。

ブルーベースの髪の色は?

ブルーベースの人の髪の色は、アッシュ系の茶色やこげ茶色、または、真っ黒な髪の毛を持っています。やはり黄味よりも青みがかった色合いが特徴となっています。そのため、独特の魅力を持っています。

ブルーベース&イエローベースの見分け方②目の色

続いては、目の色でわかるブルーベースとイエローベースの見分け方です。先ほどは、髪の色を見てきましたが、果たして目の色にはどんな違いがあるのでしょうか?

イエローベースの目の色は?

イエローベースの人の目の色は、黄色みを帯びた明るめの茶色でキラキラした印象があったり、ディープなこげ茶色の瞳が特徴的です。目を見た時に瞳の茶色に黄色みを感じたらイエローベースの持ち主になります。

ブルーベースの目の色は?

ブルーベースの瞳の色は全体的に青みを感じます。あまりコントラストを感じない優しくて柔らかい茶色や黒色のはっきりとしたメリハリのある瞳が特徴です。イエローベースの人に比べるとややクールさを感じる印象があります。

ブルーベース&イエローベースの見分け方③肌&頬の色

3つめの見分け方は、お肌の色と頬の色です。イエローベースとブルーベースでは、持っているお肌の色合いが違います。パッと見では分かりづらいこともあるので、分かりにくい時は、先ほどの見分け方の方法を活用するようにしましょう。

イエローベースの肌&頬の色は?

イエローベースの人の肌の色は、オークル系の明るめの肌色やオークル系だけどやや小麦色の肌色をしています。頬の色は、ピーチ系の色であったり、少し黄みがかった赤色が特徴的です。

ブルーベースの肌&頬の色は?

ブルーベースの人の肌の色は、ピンク系で透明感のある肌色やピンク系で少しトーンの低い落ち着いた肌色が特徴的です。そして、頬の色は、ふんわりとした柔らかいピンクであったり、青みが強いピンク系であることがあげられます。

ブルーベースの美肌のベースメイクの方法

ここからは、ブルーベースのお肌をさらに美しく見せるための美肌メイクの方法をご紹介します。全部で4つの段階に分けて、メイクの方法とおすすめのコスメをいくつかお届けします。早速、ブルーベースの人におすすめのベースメイクの仕方をお送りします。

化粧下地&ファンデーションの塗り方

スキンケアをしたお肌に化粧下地を塗布していきます。化粧下地をつけることで、お肌の状態を整えてなめらかに見せてくれます。手の平に適量の化粧下地を出して、額、両頬、あご、鼻の頭に乗せます。それを放射線状に薄く伸ばしていきましょう。

次にファンデーションを塗っていきます。手の平にファンデーションを適量取り、化粧下地同様に伸ばしていきます。最後にスポンジなどを使いながら、目元や顔周り、小鼻に馴染ませていけば完成です。

おすすめコスメ【エテュセ】プレミアムCCアミノクリーム

ブルーベースの人の化粧下地には、エテュセのプレミアムCCアミノクリームがおすすめです。その中でもベビーピンクがブルーベースの人の肌色と相性抜群です。このコスメは、まるで赤ちゃんのようなツヤツヤでみずみずしい肌に見せてくれます。

おすすめのコスメ【RMK】リクイドファンデーション

ブルーベースさんにおすすめのベースコスメは、RMKのリクイドファンデーションです。肌にみずみずしい潤いを与えてくれて、お肌の上でしっかり伸びるところが魅力であり、特徴です。薄付きで自然な仕上がりなのに適度なカバー力と保湿効果があります。

ブルーベースに似合うアイメイクの方法

次は、ブルーベースの人におすすめのアイメイクコスメをご紹介していきましょう。アイメイクコスメには、アイシャドウやアイライナー、マスカラなどがあります。その中でもアイシャドウをピックアップしてお届けします。ブルーベースさんにおすすめのカラーも一緒に見ていきましょう。

アイシャドウの塗り方

ブルーベースさんにおすすめのカラーは、ブルー系やグレー系、パープル、ダークブラウンなどがあります。アイシャドウは、ハイライト、ミディアムカラー、ダークカラーを活用してグラデーションを作ると簡単でキレイな目元になります。それを簡単に施すためには、単品よりも3色セットになっているアイシャドウがおすすめです。

まずアイホール全体にハイライトを塗ってからミディアムカラーを重ね、目のキワにダークカラーを乗せて上に伸ばしていきましょう。

おすすめのコスメ【ルナソル】ベルベットフルアイズ

おすすめのコスメは、ベルベッドフルアイズというルナソルのアイシャドウです。4色の色味をグラデーションのように重ねて行くだけで、簡単で美しい目元が演出出来ます。ブルーベースのお肌に馴染むような色味と光沢感が魅力的になっています。

ブルーベースの血色を決定する!チークの入れ方

次のブルーベースの美肌になるためのメイクのステップは、チークです。美肌を演出するためには、ベースメイクも大切ですが、チークを入れて血行のいい肌質を作ってくれます。さらに、チークには、ブルーベースの人に似合うチークがあります。

チークの入れ方

チークには、主にパウダータイプとクリームタイプが人気となっています。パウダータイプは、ファンデーションを塗って、パウダーを乗せた後に使いますし、クリームタイプは、ファンデーションを塗った後にチークを乗せて最後にパウダーという順番で使います。

ブルーベースさんにおすすめの色味は、ピンクベースのカラーです。ピンクベージュやスモーキーピンク、マゼンダなどもおすすめです。チークをチョイスしたら、鏡を見ながら頬骨の位置を確認して、ふんわりと入れていくようにしましょう。チークを入れる時は、一気に仕上げようとせずに少しずつ足していきながらチークの濃さを調節していくことがポイントです。

おすすめコスメ【ジルスチュアート】ブルーミングデュオイルブラッシュ

ブルーベースさんにおすすめのチークは、ジルスチュアートから出ているオイルフラッシュです。その中でもピンク系の色を集めたレディトリップやピオニーボークウェットなどの色味がおすすめです。このコスメは、たっぷりのオイルを配合しているので、お肌にのせた時のツヤ感やフィット感が魅力のチークになっています。

ブルーベースの肌が魅力的に見えるリップメイクの方法

最後にお送りするのは、ブルーベースさんにおすすめのリップメイクの方法とコスメです。美肌を作るためには、先ほどご紹介したチークやリップの色味もポイントになってきます。お肌に赤味がプラスされることで血色が加わって、美肌に見えることがあります。

リップの塗り方

リップメイクをする時は、唇の状態を整えることも大切です。まず、リップクリームを塗ってベースを整えましょう。唇に潤いを与えたら、リップブラシにカラーを取って真ん中にカラーを乗せ、そこから左右の輪郭を取るように広げていき、最後に中を埋めるように塗っていきましょう。

口角のところは、ブラシをしっかり入れて塗るようにします。ブルーベースの方に似合うリップカラーは、ローズピンクやワインレッドのような深みのあるピンクやレッド系の色です。

おすすめのコスメ【BOBBIBROWN】クラッシュドリップカラー

ブルーベースの人におすすめのリップコスメは、ボビーブラウンのクラッシュドリップカラーです。マットな仕上がりが独特の雰囲気を醸し出してくれるおしゃれ女子の必須アイテムです。カラーバリエーションが豊富で、お肌にスーッと馴染んでつけ心地抜群です。

ブルーベースはメイクだけじゃない!ヘアーにも取り入れよう!

最後にご紹介するのは、ブルーベースに似合うヘアカラーのご提案です。メイクももちろん大事ですが、ファッションやヘアーもブルーベースのお肌に似合うものがわかるとおしゃれがさらに楽しくなります。

おすすめヘアカラー①アッシュグレー

クールなスモーキーさが魅力のアッシュグレーです。アッシュは、色味で言うと青になります。ブルーベースの人のお肌と相性が良くて、そこへグレーのスモーキー感が加わり、どこか落ち着いたカッコいいヘアスタイルが完成します。

おすすめのヘアカラー②アッシュラベンダー

2つめのおすすめのヘアカラーは、アッシュラベンダーです。アッシュのスモーキーさとラベンダーのツヤ感が魅力のヘアカラーになります。スモーキーさだけでなく、ツヤ感も欲しいという方は、このカラーがおすすめです。

ブルーベースのお肌を活かして輝くような美肌になろう!

今回は、ブルーベースの人をピックアップしてお送りしました。自分のお肌のタイプやどんなカラーが似合うのがを知っておくと、色んな場面に活かすことが出来ます。ブルーベースのお肌の魅力は透明感や柔らかい雰囲気です。自分のお肌を活かしておしゃれを楽しみましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ