ブルーアイシャドウのおしゃれな使い方!似合うメイクやおすすめコスメ特集

目元に少し入れることでいつもと違った雰囲気を出すことができるブルーアイシャドウは使い方が難しいと思っていませんか?ブルーアイシャドウに似合うメイクやおすすめのコスメをまとめてみました。いつもと違うメイクに挑戦してみたい方に必見です!

ブルーアイシャドウのおしゃれな使い方!似合うメイクやおすすめコスメ特集

目次

  1. ブルーアイシャドウがおしゃれ!
  2. ブルーアイシャドウの使い方は?
  3. 初心者の方は目尻のみにブルーアイシャドウをプラス
  4. 二重瞼の方はブルーアイシャドウの濃さに注意する
  5. 奥二重の方はブルーアイシャドウを濃い目に入れる
  6. 一重の人はラインとブルーアイシャドウを組み合わせる
  7. 上級者は他のカラーと組み合わせるとさらにおしゃれ!
  8. リップやチークはどんな色を使えばいいの?
  9. おすすめのブルーアイシャドウはコレ!
  10. ヴィセリシェ「グロッシーリッチアイズBL7」
  11. CANMAKE「パーフェクトスタイリストアイズ15」
  12. ESPRIQUE「セレクトアイカラーBL900」
  13. クリニーク「リッドポップ」
  14. RMK「フューチャーアイシャドウパレット」
  15. LUNASOL「カラフルスカイアイズ」
  16. INTEGRATE「アクセントカラーアイズCC」
  17. ちふれ「アイカラー・ブルー系」
  18. ブルーアイシャドウに相性のいいリップやチークはコレ
  19. ブルーアイシャドウでいつもと違う自分に

ブルーアイシャドウがおしゃれ!

2017年のトレンドメイクとしても取り入れられているブルーシャドウは目元に少し入れることでおしゃれな雰囲気に変えられるので人気があります。デパコスやプチプラコスメでもブルーアイシャドウを入れたパレットの販売がされています。今まで使ったことがない方もいつものメイクにブルーアイシャドウをプラスしてみませんか?

ブルーアイシャドウの使い方は?

瞼全体に塗って瞼が腫れたように見えてしまったりコスプレのように派手に見えてしまったなどブルーアイシャドウを使ってのメイクの失敗は割と多いです。ですか使い方を工夫するだけで簡単に日常に馴染むブルーアイシャドウのおしゃれなメイクを仕上げることができるので是非参考にしてみてくださいね。

初心者の方は目尻のみにブルーアイシャドウをプラス

クリームカラーの薄いベースを塗ったら目尻のみにブルーアイシャドウをプラスすることで初心者でも腫れぼったくならずに綺麗なメイクに仕上げることができます。真ん中から目尻に向けてだんだん広がっていくようなイメージで広げていくとブルーが際立ちます。始めは、水色よりでブルー薄めのブルーアイシャドウから試す使い方がおすすめです。

二重瞼の方はブルーアイシャドウの濃さに注意する

二重瞼の方の使い方は、ブルーアイシャドウを塗った時に一番カラーが見えやすい目の形をしています。特に二重幅が広い方は、アイシャドウが濃くなりすぎないように入れていきましょう。アイホール全体にクリームカラーを塗って、だんだんグラデーションになるように入れていきます。アイラインの際の部分を一番濃い色で塗るとブルーアイシャドウが自然に見えておしゃれです。

奥二重の方はブルーアイシャドウを濃い目に入れる

目を開けた時にブルーアイシャドウが見えにくい奥二重の方の使い方は、ブルーシャドウを少し濃い目に入れていきます。またくの字に目の下の端にもブルーアイシャドウをプラスすることによってデカ目効果を得ることができます。縦のグラデーションではなく、横のグラデーションを意識して目尻のブルーアイシャドウを一番濃くいれましょう。アイラインを薄めに引くのがコツです。

一重の人はラインとブルーアイシャドウを組み合わせる

目を開けてしまうと完全ブルーのアイシャドウが隠れてしまう一重の方の使い方は、アイラインもブルーを取り入れて引いたラインを濃い目のブルーアイシャドウでぼかしていくことでブルーのインパクトを出すことができます。アイラインも使い方を工夫して目尻を少しオーバーライン気味に引くと切れ長のクールビューティなメイクに仕上げることができておしゃれです。

上級者は他のカラーと組み合わせるとさらにおしゃれ!

ただ、ブルーアイシャドウを塗るだけでなく上級者の方は違うカラーと組み合わせることでハイレベルなおしゃれメイクを作ることができます。他のアイシャドウを重ねる時は、ブルーアイシャドウと相性がいいカラーを選ぶのがコツです。同系色やお互いを惹きたてることができるカラーをブルーアイシャドウに混ぜるのがおすすめです。

パープルアイシャドウ×ブルーアイシャドウ

パープルアイシャドウとの組み合わせの使い方は、薄めのブルーアイシャドウを全体に広げていき目尻のみにパープルアイシャドウを混ぜることで横側に派手目のグラデーションを作ることができておしゃれです。パープル系は深みあるタイプよりも少しブルーががったカラーを選ぶのがコツです。自分の瞼に合わせて、ブルーアイシャドウの広がりを変えていくのがおすすめです。

オレンジアイシャドウ×ブルーアイシャドウ

パープルアイシャドウとは違い、オレンジアイシャドウとの使いかは縦のグラデーションを意識していきます。閉じた時に隠れる部分に細めにブルーアイシャドウを塗っていき、オレンジアイシャドウを塗っていくことで透明感のある瞼を作ることができます。オレンジアイシャドウのコスメと合わせることで髪型や服装とブルーアイシャドウが組み合わせやすくなるのでおすすめです。

ラメアイシャドウをプラスして上品な印象を与える

光の当たる角度によってキラキラと輝いてみえるラメアイシャドウは、ブルーアイシャドウとの相性も抜群です。使い方は瞼全体にうっすら塗りこんでいきラメを強く見せたい部分に2度付けするだけです。ブルーアイシャドウで上品な印象を作ることができるのでイベントやデートにもぴったりのコスメです。涙袋の部分にもうっすら入れるとぷっくりして綺麗に見えます。

リップやチークはどんな色を使えばいいの?

ピンク系やバーガンディー系のアイシャドウを使用する際は、色を揃えたりくすんだカラーを使ったりなど系統を合わせることができますがブルーアイシャドウを使用する際はどのようなリップやチークを合わせればいいのか気になりますよね。そこでブルーアイシャドウと相性がいいリップやチークのカラーを紹介します。

ブルーアイシャドウには青みピンク系が可愛い!

ブルーベースにも似合うといわれている青みががったピンク系のリップやチークがブルーアイシャドウにはぴったりです。ブルーっぽいカラーをさらにアイシャドウで惹きたてることができるので、統一感を出すことができます。つけすぎると派手になりすぎてしまうので頬の中心にじゅわっと発色するように入れるのがおすすめです。

オレンジ系を組み合わせて上品に仕上げる

アイシャドウ同様、ブルーアイシャドウとオレンジカラーは相性がいいです。使い方はリップとチークの色をなるべく合わせるようにオレンジのチークとリップを仕上げていきます。ぱきっとしたオレンジよりは、少し赤みがかった肌のような薄いカラーを入れていくと失敗しません。大人の女性にもおすすめです。

おすすめのブルーアイシャドウはコレ!

発色がよく使いやすいブルーアイシャドウのカラーが揃っているおすすめのコスメを紹介します。カラー選びが苦手な方はいろんな種類のカラーが配色されているパレットタイプのコスメ、手持ちのカラーと組み合わせたい場合は単色カラーのアイシャドウのコスメを選ぶのがおすすめです。初心者の方はプチプラブルーアイシャドウ挑戦してみてはどうでしょうか。

ヴィセリシェ「グロッシーリッチアイズBL7」

瞼に適度なツヤを出すことで濡れ感のある流行りメイクに仕上げることができるアイシャドウコスメです。ブルーと相性がいいクリーム系のベースは、とろみがあるテクスチャでしっとりと瞼に浸透するので使いやすいです。また他のカラーはグラデーションが作りやすい薄めから濃い目まで揃っています。美容成分が配合されているのでケアしながらメイクを仕上げられるコスメです。

使い方次第でうるうるアイに!

グロッシーベースをアイホール全体にのばしていき、少し内側に右上のカラーを伸ばしていきます。目のきわの部分から目尻に向かって左下のカラーを伸ばしていきます。目尻と下まぶたの端に締め色として一番濃い右下のカラーを入れていきましょう。ラインをぼかす際は、小さめのチップを使うと綺麗に塗ることができるブルーアイシャドウコスメです。

CANMAKE「パーフェクトスタイリストアイズ15」

細かい粉が入っているアイシャドウなので、しっとりと瞼に乗ることでメイクが落ちにくくなります。また細かいラメが入っているので、上品なブルーアイシャドウのメイクができます。ラインとしても引くことができる細めのチップが付属でついているので1つのパレットでアイメイクが作れます。1つのパレットが780円とプチプラなので気軽に挑戦しやすくておすすめです。

濃い目のブルーアイシャドウが魅力的

右上のカラーがとても濃いブルーアイシャドウになっているので、締め色やワンポイントとして使うことができます。使い方は、左上のクリーム系のカラーをアイホール全体に広げていき右上の濃い目のカラーを足していき最後に右下のブラウンカラーでラインをぼかしていくと綺麗に仕上がります。真ん中のダイヤに入っているカラーはラメカラーになっていて、涙袋にもぴったりです。

ESPRIQUE「セレクトアイカラーBL900」

単色で販売されているアイシャドウは、派手すぎない落ち着いたプラチナブルーアイシャドウです。輝きと透明感を与えることができる「ダイヤモンドカバー」が配合されているので、上品なラメ感を瞼に乗せることができます。単色カラーなので手持ちのアイシャドウと組み合わせることで型にはまらないメイクを実現できるおしゃれブルーアイシャドウです。

クリニーク「リッドポップ」

ガーベラの形をしていて見た目も可愛いブルーアイシャドウです。上品なツヤ感を瞼にのせることができて、しっとりと馴染みます。ブルーカラーの「アクアポップ」は、他のコスメにはあまり見かけないエメラルドっぽいカラーとブルーが綺麗に混ざったブルーアイシャドウです。

他の単色カラーをミックスすると可愛い!

て大人っぽい印象を与えることができます。他にも「ペタルポップ」「グレープポップ」などのカラーを混ぜると可愛いです。1個税込2808円で単色で揃えることができるので捨て色なくカラーを楽しむことが出来るところも魅力的です。自分に似合うブルーアイシャドウとの組み合わせを探してみるのもおすすめです。

RMK「フューチャーアイシャドウパレット」

リップのようなケースに相性のいいカラー4色が配色されているアイシャドウパレットです。ブルーアイシャドウは3種類あり、クリーム系のホワイトに乗せることができる濃い目のブルーが配色されている「Moニットホワイト」薄めのピンクや上品なシルバーラメと合わせられる「Fuシルクサテンホワイト」オレンジ系の赤色が綺麗な「Reベルベットホワイト」があります。

洋服と合わせやすいカラーが揃ったアイパレット

コットン、ニット、レザー、シルク、ベルベットなどの生地をモチーフにした綺麗なカラーが特徴的のアイシャドウです。他のアイパレットパレットでは見ることができない組み合わせが斬新で、新しいカラーに挑戦してみたいけれど組み合わせが不安な方には特におすすめのアイパレットです。秋から冬服に合うようなカラーで作られているのでこれからも活躍しそうです。

LUNASOL「カラフルスカイアイズ」

名前の通り空の上にかかった虹をモチーフにしているアイパレットです。綺麗なグラデーションを作ることができる4色が配色されていて、どの組み合わせをしても透明感のあるおしゃれな目元に仕上げてくれます。またメインカラーの虹の部分は微妙に色が違っていてメインカラーのブルーを使い分けることができます。チップが2本ついていて使いやすいです。

透明感のあるブルーアイシャドウがおしゃれ

2番の「BlueGreen」がブルーアイシャドウになっていてメインカラーは空のような鮮やかな水色。ライトカラーに薄めの水色、締め色に濃い目にブルーアイシャドウを入れることによってブルーが引き立つクールビューティな雰囲気を作ることができます。初心者の方でも綺麗なブルーメイクがしやすいコスメです。

INTEGRATE「アクセントカラーアイズCC」

INTEGRATEからこの冬新しく発売された差し色をアクセントにできるアイシャドウです。瞼にパウダーがしっかり密着するCCベースがついているのでメイクが落ちにくいです。冬服やパーティにもぴったりなラメのアイシャドウが3色配色されています。定番カラーではないのに浮かない落ち着いたブルーカラーが魅力です。

おすすめブルーアイシャドウは2種類

ブルーの印象が強い「BL692」はアイライン部分に被せてぼかすことで、印象的な目元が作れます。この色よりも少しグレーががったブルーアイシャドウが特徴的な「BL711」はシルバーやゴールドカラーと組み合わせるだけで上品な目元に仕上がります。目のキワに向かってブルーアイシャドウを強めにぼかすのがポイントです。

ちふれ「アイカラー・ブルー系」

爽やかなブルーアイシャドウと、薄めのブルーアイシャドウ2色がセットになっているアイパレットです。2色で360円とかなりプチプラな価格になっているので、ブルーアイシャドウのメイクをまず試してみたい!という方にはおすすめのコスメです。細かいパールが入っていて、目元を華やかに見せてくれるブルーアイシャドウです。

ブルーアイシャドウと相性がいいチークパウダーも販売されている

「442オレンジ系」は、肌なじみがよく健康的に見せることが出来るコーラルオレンジになっているのでちふれの明るめのブルーアイシャドウとの相性がよいです。ふわっと頬の高い部分に乗せることでおしゃれな印象に仕上がります。こちらも300円とプチプラなのでブルーアイシャドウと合わせて使ってみてくださいね。

ブルーアイシャドウに相性のいいリップやチークはコレ

ブルーアイシャドウにぴったりな青み系やオレンジ系カラーのリップやチークで使いやすいコスメをまとめてみました。ブルーのカラーにどんなコスメを合わせたらいいのかわからない…と迷っている方は参考にしてみてくださいね。

PLAYLIST「スキンエンハンシングフェースカラー」

クリームタイプなのでチークで粉っぽくならず内側からじゅわっと発色します。おすすめなのは、少しくすんだローズカラーの「RSm06」肌に馴染むオレンジカラーの「RDs04」「ORs03」です。パキッとしすぎない淡いカラーなのでブルーアイシャドウを主役に惹きたてることができます。オイルとパール剤が入っていて、ツヤ感を出すことができます。

PAUL&JOE「リップスティックN」

リップのカラーがかなり多く同じ青みピンクでも肌に合わせてぴったりの色を見つけることができます。青みがかっている「101ボンボンシリーズ」「207花瓶」「208ピンクペッパー」「302チャイナドレス」などがおすすめカラーです。ブルーアイシャドウが薄めの場合、リップを主役にするのもおすすめです。またケースが変えられる人気コスメなので気分もあがりますよね。

ブルーアイシャドウでいつもと違う自分に

ブルーアイシャドウは普段使う色ではないからこそ、特別な日やイベントに取り入れることによっていつもと違った雰囲気のメイクを仕上げることができるのでおしゃれでおすすめのカラーです。使い方がわからず、手を出すのをためらっていた方もブルーメイクに是非挑戦してみてくださいね。

他のおすすめ記事はこちら!

Thumbクールメイクのやり方まとめ!アイシャドウ・アイラインでセクシーに!
Thumbアイシャドウ・おすすめプチプラブランドまとめ!20代の一番人気は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-10-24 時点

新着一覧