0歳児を保育園に預けるメリット!赤ちゃんのしつけや接し方のポイントは?

3歳児神話はもう古い!0歳児を保育園に預けるメリットって実はたくさんあるのを知っていますか?せっかく生まれてきた愛おしい命。0歳児育児をもっと楽しむためにも、ママも赤ちゃんもストレスフリーで保育園を利用できるようになりましょう!

0歳児を保育園に預けるメリット!赤ちゃんのしつけや接し方のポイントは?

目次

  1. 0歳児からの保育園!
  2. 0歳児とどう過ごす?
  3. 周囲に助けを求めましょう!
  4. 第一の関門:夫の無理解
  5. どこの家庭でも起こりえる産後クライシス
  6. 周囲の無理解に負けないで!
  7. あなどるなかれ!0歳児の成長力!
  8. 0歳児ならではのしつけ
  9. ママも赤ちゃんも健やかに!
  10. メリットたくさん!0歳児保育

0歳児からの保育園!

三歳児神話はもう古い!というのは、最近の女性の間ではもう常識ですね。お腹の中で10か月間育てた大事な命。無事に出産がおわって体調も元に戻って数か月たってくるころには、そろそろ保育園に・・と考え始めるママも多いのではないでしょうか?

また、最近では女性の社会進出も進み、出産前から仕事復帰の時期が決まっていることも少なくありません。そんなママ達のニーズに応え、最近は0歳児から預かってくれる保育園も増えてきました。月齢や赤ちゃんの状態など、保育園によって預けることが可能な条件は色々ですが、お住まいの地域の保育園を出産前から調べておくと安心ですね。

さあ、保育園も決まったし、いざ社会復帰!と思っても、自分の中でも葛藤があったり、周囲の干渉がうるさかったりと、なかなか思うように進まないこともあるかもしれません。0歳児から保育園にいれることを決めたママにも、そうじゃないママにもすべてのママたちに知ってほしい、0歳児から保育園に預けるメリットまとめてみました。

Thumb幼稚園と保育園の違いを徹底比較!学力や費用・メリットとデメリットは?

0歳児とどう過ごす?

楽しみにしていた赤ちゃんとの生活。キャッキャと笑うかわいい赤ちゃんを優しくあやすママ。そんな生活を夢見て出産したのに、実際には0歳児は泣いてばかりでママは睡眠不足でふらふら・・・食事をする時間さえなく、髪の毛振り乱し0歳児育児に奮闘!たいていのママの一日の過ごし方ですよね?理想と現実のあまりのギャップに苦しむのではないでしょうか?

0歳児育児中に感じる孤独感

おとなしく寝てたら寝てたで、今度は息をしてるか心配になっちゃってベビーベッドに付きっきりになってしまったり、わが子への愛情故に、生まれた命への責任感と0歳児ゆえの不安定な存在の重圧におしつぶされそうになってしまうママも少なくありません。

核家族化がすすんだ現在、夫婦二人だけの生活という方が多いですよね。実家の助けもあてにできないし、唯一の便りの夫は毎日仕事で帰りは夜中。一日が0歳児中心の過ごし方になってしまうのは覚悟していたけれど、思ったより大変な0歳児育児。孤独感に苛まれ、産後ノイローゼや産後鬱を発症してしまう人も少なくないようです。

周囲に助けを求めましょう!

泣いてばかりの0歳児、かわいいと思えなくなってきた、一人で思いっきり寝たい、誰にも邪魔されずゆっくり食事をしたいなんて、一人で煮詰まってしまう前に誰かに助けを求めることは、決して悪いことではありません。少しの時間、0歳児と離れることによってママに笑顔が戻るなら、赤ちゃんにとっても必ず良い影響があります。

出産前は保育園に預けることを予定していなかったママも、笑顔が出なくなってきたら保育園を検討してみましょう。先生方は保育のプロ!学問として保育を勉強したプロの先生方は、0歳児のことだけではなく産後のママの精神状態にも詳しかったりします。身近にプロの先生方がいて、いろいろ相談に乗ってくれる。それだけで精神的にかなり救われるママたちが大勢いるんです!

第一の関門:夫の無理解

保育園に入れることを検討していたら、夫が理解を示してくれない、なんてこともあるようです。イクメンなどという言葉がもてはやされ、休日におむつを変えているだけで、育児に参加している気持ちになっている男性も、まだまだ健在なようですね。

どんなに育児に協力的な夫でも、たいていの家庭では、週に5日は夫は仕事に行かねばならず、大部分の時間を0歳児と二人で過ごさねばならないのはママです。職場復帰の予定もある人もそうでない人も、結婚した時や妊娠中に、子供を0歳児から保育園に入れることのメリットを話し合っておくのも重要です。

どこの家庭でも起こりえる産後クライシス

妻側は0歳児育児の大変さを理解してくれない夫に幻滅し、夫側は疲れ切っている妻の事が理解できずにすれ違ってしまう・・本来なら夫婦の間に赤ちゃんが生まれて人生で一番幸せなはずのこの時期ですが、赤ちゃんのことからママの精神状態まで、出産前には予測がつかないのが0歳児育児です。産後クライシスなど、妊娠中から夫に勉強させておくのも重要です。

産後クライシスは、長引いてしまうと夫婦関係の破綻を招いてしまうこともありえる重大な問題です。せっかくの子供の誕生が夫婦生活の破綻を招いてしまう・・なんて悲しい結果にならないよう、ママが十分に0歳児の育児を楽しめる環境を整えることは、とても重要です。

Thumb産後クライシスの意味とは?離婚になる原因や対策方法を調べてみた!

周囲の無理解に負けないで!

夫は理解してくれて0歳児から保育園に入れることにしたのに、今度は外野に色々言われて、心が折れてしまうママもいるようです。夫の実家だけにとどまらず、自分の母親にまで理解してもらえなかったり、同じ境遇だと思っていた同じ0歳児赤ちゃんを持っている友達にまで、いろいろ言われてしまったり・・・

でも赤ちゃんとママがどんな一日の過ごし方をしているかなんて、他の人にはわかりません。自分が一番いいと思う一日の過ごし方は赤ちゃんにとっても必ずメリットがあります。周囲の言葉に惑わされることなく、自分の決めた道をすすましょう。

あなどるなかれ!0歳児の成長力!

保育園に行きだしたわが子がどんな過ごし方をしているのかとても気になりますよね?ママが恋しくて泣いているんじゃないかと思ったり、ママがいなくてお昼寝が安心してできないんじゃないかと心配したり、いろんな心配がつきないのが母親業です。

0歳児にとって、初めて見る保育園の世界は刺激がいっぱい!家にはないおもちゃで遊べたり、月齢の違う赤ちゃんとかかわったり、他の子の刺激を受けて出来ないことができるようになったりと、成長著しい0歳児だからこそ吸収できることもたくさんあるんです。

保育園に行くことによって、生活リズムも整います。決まった時間にお昼寝をして、他の赤ちゃんと一緒に離乳食を食べる。赤ちゃんにとっては今までにない一日の過ごし方をするようになりますね。0歳児にとっては初めて社会に出て色んなことを勉強する良い機会。子供の将来にも必ずメリットがあるはずです。

集団生活にもなじみやすい!

3歳になってから初めて保育園に入ると、子供の性格によってはとてもストレスになってしまうようです。慣らし保育がいつまで経っても終わらずにママも大変、子供も大変です。まだまだ自我のない0歳児から保育園での過ごし方に慣れていると、将来のそんなストレスも軽減できますね。

0歳児ならではのしつけ

今までは、24時間ママが一対一でお世話をしてきた小さな赤ちゃん。集団生活での赤ちゃんの過ごし方を心配するママも多いですよね。保育園ではそんなに目が届かないのではないかとか、しつけがおろそかになってしまうのでは、とかママの心配はつきません。

しつけと言うと、食事のマナーだったり日々の生活習慣だったりを思い浮かべてしまいますが、0歳児にはそんなしつけはまだ無用。子供が2,3歳になるころにはいやでもそんなことを考えなきゃいけない日が来るのですから、その時になってから考えましょう。0歳児のころにはもっと大事な事があるんです。

ママとの信頼感を育てることが0歳児にするべき一番のしつけ

0歳児の時期はママとの信頼感を築く大事な時です。ママはいつも笑ってくれる。ママはいつも抱きしめて微笑んでくれる。ママの笑顔は0歳児にとって、生まれてきてよかったんだ!という何よりのメッセージ。自己肯定感を築くための大事なメッセージを伝えるために、ママの精神状態を健全に保つことは大切です。保育園を利用することは0歳児にとってもメリットがたくさんです。

0歳児の時にママとの信頼関係ができてこそ後々のしつけも楽に!

2、3歳になってくると、どうしても強く叱らなきゃいけない時が出てきます。叱りすぎたかな、と心配になったりすることもあるかもしれません。でも0歳児の時にしっかりとママの肯定的なメッセージを受け取っていた赤ちゃんは、根底にはママに対する信頼感が根づいています。叱られても小さいなりにしっかりと反省をしてくれるようになり、後々のしつけも楽になります。

ママも赤ちゃんも健やかに!

保育園にお迎えにいった時にママの顔を見た途端泣きだす0歳児も少なくないようです。愛情不足なのでは、と心配になってしまうママもいるようですね。でも、決してママを責めているのではありません。ママにあえて嬉しい!ママに優しくしてほしいという0歳児ならでは表現方法なんです。保育園に預ける事を引け目に感じる必要はありません。

ママ自身が、赤ちゃんを保育園に預けるのをかわいそうだとは思わないようにしましょう!0歳児は大好きなママの気持ちにとても敏感。ママがそう思ってしまうと、子供も自分自身をかわいそうな子なんだと思ってしまいます。家族の一員として頑張ってくれてありがとう!と、頑張れるわが子を誇りに思ってあげてください。赤ちゃんも頑張っているママを誇りに思ってくれるはずです。

メリットたくさん!0歳児保育

0歳児から保育園のいれるのはかわいそう・・なんて価値観は今や時代遅れです。0歳児から保育園にいれることはママにも赤ちゃんにもメリットがたくさん。子育てにおいて大事なのはママの信念と子供を信じる力。0歳児から保育園に入れることを決めた人もそうでない人も自分の決断に自信を持ちましょう!

子育ては人生で一番クリエイティブな仕事と言われます!ママは自信をもって信念を貫いてください!ママのそんな強くてぶれない姿勢を、赤ちゃんも必ず応援してくれるはずです!子供はママにとっての一番の心強い味方なのですから!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-06 時点

新着一覧