傘の捨て方・分解方法まとめ!何ゴミで出すのが正しい方法なの?

雨の日の必需品の傘、必ずどのご家庭にも1本はありますよね!しかし、不要になった傘はどうやって捨てていますか?傘の捨て方って、よく分からないですよね。分解して捨てないと処分してもらえないんです!正しい捨て方で、いらなくなった傘を綺麗に一掃しちゃいましょう!

傘の捨て方・分解方法まとめ!何ゴミで出すのが正しい方法なの?

目次

  1. 傘の捨て方は意外と知られていない?
  2. 壊れたり使わなくなった傘の捨て方は風水的にも使える?
  3. 傘は正しい捨て方をしないと持って行ってもらえない事も!
  4. 傘ってそもそも何ごみになるの?
  5. きちんと分解!万能な傘の捨て方
  6. 正しい傘の捨て方に必要な道具
  7. 正しい傘の捨て方
  8. 傘以外にも使える!清掃員さんに嬉しい捨て方
  9. 捨て方だけでなく再利用も!
  10. 使わなくなった物は溜め込まない!

傘の捨て方は意外と知られていない?

雨の日の必需品、傘。絶対どのご家庭にも傘は1本はありますよね!しかも日によって、傘の本数って変わりませんか?外出先で不意の雨に遭い新しく傘を買い足したり、その逆に外出先で晴れてそのまま忘れてきてしまったり、いつも傘の本数は変わっている気がしますよね。そうやっているうちに、使えなくなった傘まで傘立てに立てたまま忘れてしまっているなんて事も。

いざ捨てようかな?と思っても、捨て方がよく分からないのが傘の難点!捨て方よりもそもそも傘は何ごみなのかすらよく分からないですよね。そこで!そんな傘の正しい捨て方をご紹介しましょう!地域によって違いがありますが、この記事を見ておけばきっと大丈夫!一般的な方法をいくつかご紹介していきます。正しい捨て方で、いらなくなった傘を一掃してしまいましょう!

壊れたり使わなくなった傘の捨て方は風水的にも使える?

実は、壊れたり使わなくなった傘を玄関先の傘立てにずっと放置しているのが風水的に良くないのをご存知ですか?壊れたり使わなくなった傘を、そのまま玄関先の傘立てに立てて置くと傘が悪い気を呼ぶんだそうです。そもそも、壊れたり使わなくなった物などを置いておく事自体、風水ではタブー。傘立てを使わずに、玄関にぶら下げているともっと良くないとされているんです。

風水を気にしない人も多いかもしれませんが、とりあえず玄関は色々な人の目にも触れる事が多い場所です!壊れたり使わなくなった傘をそのままにしておくのはやめた方がいいかもしれませんね。ついつい後回しにしてしまいがちな傘ですが、これを機に処分してみませんか?ついでに運気も良くなれば、一石二鳥ですよね!綺麗な玄関で気持ちも良くなります!

傘は正しい捨て方をしないと持って行ってもらえない事も!

皆さんも一度は経験がありませんか?出したごみが、分別の仕方が間違っていたらしく処分されずにゴミ捨て場に残されていた事が!あれってちょっと恥ずかしいですよね。傘も、間違った捨て方をしてしまうとそのまま残されてしまうんです。よくあるビニール傘ならまだしも、それ以外の傘だと所有者が分かってしまったり目立ってしまうのでかなり恥ずかしい事になってしまいますよ!

ごみの分別方法は、地域によって違いがあり傘もその一つです。まずは、地域ごとに発行されているごみの捨て方や収集日を記載した紙を参考にしながら、これからご紹介する傘の捨て方を選ぶと良いでしょう。もしも分からない場合には、市役所などの自治体に問い合わせると正しい捨て方を案内してくれます。心配な人は問い合わせるのが一番です。

傘ってそもそも何ごみになるの?

傘の分別方法は、大きく分けて3つあります。1つめは傘丸ごと可燃ごみとして一般ごみの日に出す捨て方。これは地域によってかなり違いがありますが、傘を分解しないでそのまま一般ごみとして回収してくれる地域があります。これなら分解する手間もなく、ゴミ捨てのついでに傘をぽーんと捨てるだけなので簡単ですね!この方法は詳しく説明するまでもありません。

2つめが、一番一般的かと思われる分解して可燃ごみと不燃ごみに分けて出す捨て方です。ご存知の通り、傘はビニールや布の部分と骨となるスチールなどの部分がありますよね。そこを分けて、それぞれの収集日に出す方法です。手間はかかりますが、きちんと分別して処分出来る捨て方なのである意味の達成感があります。分解も、実はとっても簡単なんですよ!

3つめは、ちょっと特殊な粗大ごみや小型粗大ごみとして捨てる捨て方です。これも地域によってかなり違いがありますが、50㎝以上の傘は粗大ごみや小型粗大ごみに分類される地域があります。2つめの捨て方のように分解して、骨の部分を粗大ごみや小型粗大ごみに出す方法です。大きさについての決まりも、収集日などが記載された紙に詳細が記載されています。

きちんと分解!万能な傘の捨て方

ご紹介したように、地域によって傘の捨て方は違いがありますがだいたいの地域では分解が必要な捨て方。なので、とりあえず分解の方法を知っておけば万能な捨て方なのかもしれませんよ。傘を分解するなんて、ちょっと難しそうな気もしますが意外と簡単!力のない女性でも簡単に出来てしまい、傘1本当たりに1分かかるかかからないか位の時間しかかかりません!

と言う事で、いざ傘の分解して処分する捨て方をご紹介していきましょう!注意してほしいのが、そのまま一般ごみとして処分していい地域の人です!分解してしまうと、余計ごみを増やしてしまう捨て方になってしまうので、まずはしっかり自治体の出し方を見て、分解して処分する必要があるか確認しましょう。そのままでいい場合には、そのまま出した方が簡単で楽です。

正しい傘の捨て方に必要な道具

傘の分解は、基本的に素手だけで行えます。しかし、分解している時にむき出しになる骨がちょっと危ないかもしれないので、あると便利で安全な道具をご紹介しましょう。それは、軍手とハサミやペンチなどの挟むものです。軍手があると、雨で錆びついてしまった傘の分解がとっても楽になります!骨が刺さる心配も減るので、出来れば準備して欲しいです。

ハサミやペンチなどは、骨からビニールや布の部分を剝がす際にとっても活躍します。そのままぶちぶち剝がしても糊が残らないテープいいのですが、ちょっと力のない女性などでは大変な作業に感じる人もいるかもしれません。なので、ハサミやペンチを準備しておけばちょっと楽出来ます。剝がす際に、周りに人がいると危険な場合もあるので広い場所で作業しましょう。

正しい傘の捨て方

さて、正しい捨て方を見ていきましょう!まずは、傘を閉じて持ち手側のビニールや布の部分を外していきます。キャップのような物がだいたいの傘に付いているので、それを外すだけで簡単に取れていきますよ。そのまま傘の先端に向けてめくって行くと、骨とビニールや布の部分がくっついている場合があります。手で外すか、ハサミやペンチで切り取りましょう!

今度は先端です。先端のキャップは錆びついている場合が多いので注意しながら力強くくるくる回して取ります。これでビニールや布の部分を骨から完全に剝がす事が出来ます。最後に持ち手の部分を、ペンチやハサミを使って接着している樹脂ごと取りましょう。力を入れれば手でも取れますが、骨がむき出しになっていて危険なので力を入れる場合には跳ねっ返りに注意しましょう。

後は、骨以外のビニールや布の部分などを可燃ごみや一般ごみとして、骨を不燃ごみや粗大ごみなどとして地域に合った捨て方で処分すれば完了です!取っ手の部分は、可燃ごみとして出せない地域もまれにあるようなので確認してからの方が良いかもしれません。スチールなどで出来ている場合もあるので、その場合には不燃ごみとして処分するようにしてくださいね!

傘以外にも使える!清掃員さんに嬉しい捨て方

さて、ここでちょっと気を付けて欲しいのが骨の処分の仕方です。そのまま出してもいいのですが、むき出しになった骨は尖っていてとっても危険です。収集に来る清掃員さんが怪我してしまったり、風で飛ばされて周りの人に危害を加えてしまう場合があります。なので、縛って広がらないようにしてから処分したり、何かでくるんでから処分するのが良いでしょう。

地域によって、新聞紙などでくるんでから出すと収集してもらえない場合もあるようなので、その場合にはメモなどを貼って注意を呼びかけると良いかもしれません。これは使わなくなった包丁などにも使える捨て方です。清掃員さんがごみの収集で怪我をしてしまう事故も、よくあることなのです。ちょっとした気遣いで、皆が気持ち良くなるのならやっておく方が良いかも!

捨て方だけでなく再利用も!

また、壊れた訳では無いのだけれど使わない傘の場合にはなにも無理して捨てる必要はありません!もちろん、どんどん使わない傘が増えると邪魔ですよね?そこで、使わない余分な傘は再利用してみませんか?例えば、来客がお帰りになる時に雨が降って来たら、余っている傘なのでどうぞ、とお持たせする事も出来ます。返す必要もない傘なので、お客様に手間にもなりません。

また、駅などで貸し出しや無料で配っている傘もあります。そこに寄付すると、電車から降りたら雨が降っていたなんて時に駅で配ってくれます。行きつけのお店によっても、お客さんに雨が降っていたら傘をあげたりしたい場合があるかもしれないので聞いてみると良いかもしれません。使わなくなった傘とは言っても、壊れていないのなら再利用してみてはいかがですか?

使わなくなった物は溜め込まない!

いかがでしたか?いつの間にか溜まっている傘。壊れてしまっている傘は正しい捨て方をして綺麗に、壊れていない傘は再利用して皆で気持ち良く片付けてしまいましょう!

一緒に読みたいおすすめの記事

Thumb日傘は折りたたみが人気!晴雨兼用でき軽量の日傘ランキングを紹介!
Thumbマニキュアの捨て方が分からない人必見!分別や再利用の方法まとめ。
Thumb保冷剤の正しい捨て方とは?簡単活用方法・扱い時の注意点まとめ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-10-06 時点

新着一覧