スーツケースサイズの選び方とポイント!機内持ち込みや旅行日数の目安は?

旅行をする際に必要なスーツケースですが、旅行する日数や用途、機内持ち込みにするのかで選び方が変わってきます。ここでは、自分に合ったスーツケースの選び方や航空会社によって機内持ち込みできるサイズが異なるので詳しく紹介いたします。自分に適したサイズを選びましょう。

スーツケースサイズの選び方とポイント!機内持ち込みや旅行日数の目安は?

目次

  1. スーツケースとは
  2. スーツケースのタイプ①ソフトケース
  3. スーツケースのタイプ②ファスナーハードケース
  4. スーツケースのタイプ③フレームハードケース
  5. スーツケースのタイプ④金属製
  6. スーツケースのサイズの選び方とは
  7. スーツケースのサイズ①Sサイズ
  8. スーツケースのサイズ②Mサイズ
  9. スーツケースのサイズ③Lサイズ
  10. スーツケースを機内持ち込みにするメリットとデメリットとは
  11. スーツケースを機内持ち込みにしないメリットとデメリットとは
  12. 各航空会社の機内持ち込み可能サイズ
  13. 各航空会社の無料受託手荷物サイズ
  14. 機内持ち込みすると便利なものとは
  15. スーツケースを機内持ち込みできるサイズは?
  16. スーツケースの車輪とは?
  17. スーツケースの選び方のポイント①価格
  18. スーツケースの選び方のポイント②サイズ
  19. スーツケースの選び方のポイント③丈夫さ
  20. スーツケースのレンタルとは?
  21. 最後に自分に合ったスーツケースを見つけるには

スーツケースとは

スーツケースは、衣類などを入れて持ち歩く旅行用のかばんのことを言います。スーツケースは、トランクケース・キャリーケース・キャリーバックなど様々な呼び方がありますが、すべてスーツケースのことを指します。またスーツケースには様々な種類があります。。

スーツケースのタイプは、大きく4種類あります。すべて素材や構造がことなります。それぞれ特徴があるので、用途や自分に合ったスーツケースを選ぶ必要があります。4種類とは、ソフトケース・ファスナーハードケース・フレームハードケース・金属の4種類です。値段なども異なるので、次にスーツケースのタイプについてご説明いたします。

Thumbボストンバッグのおしゃれなブランド!軽くて旅行に最適なのは?

スーツケースのタイプ①ソフトケース

ソフトケースは、素材が柔らかいタイプのスーツケースです。ビジネスバックの素材のように化学繊維の布でできています。単純に布だけで作られているわけではありません。金属や樹脂製の芯材が入っているので型崩れしないようにできております。

ソフトケースのスーツケースは軽いのがポイントです。ソフトケースのイメージは、軽いし素材が柔らかいから壊れやすいと思われがちですが、ハードケースと破損率は変わりませんので安心して下さい。

Thumb海外旅行へはリュックとショルダーバッグのどちらが安全?スリの防犯対策は

スーツケースのタイプ②ファスナーハードケース

ファスナーハードケースは、素材は固い樹脂でできており、ファスナーで開閉するタイプのスーツケースです。またソフトケースと同じくらい軽いと言われています。素材はハードケースですが、フレームハードケースより柔らかいので壊れやすいと思われている方も多いですが、破損率は同じくらいです。

ファスナーハードケースのスーツケースは、軽くて良いですが防犯性は弱点と言えます。ファスナーの箇所をナイフで切り裂かれてしまうケースもあり、さらに安いスーツケースですと簡単にファスナー部分が開け閉めできてしまうこともあるので注意が必要です。

Thumb海外旅行の準備には持ち物リストが便利!失敗しないためのチェックリストとは

スーツケースのタイプ③フレームハードケース

フレームハードケースは、一番よく見かけるかっちり、しっかりとしたスーツケースです。素材は固い樹脂でできていて、真ん中に金属のフレームがあります。硬い樹脂でさらに金属のフレームなので、一番丈夫なスーツケースはフレームハードケースと思われがちですが、他のスーツケースと破損率は変わりません。

フレームハードケースの最大の特徴は、防犯性に優れているというポイントです。ファスナーハードケースは、カッターなどで切り裂くことができますが、金属でできているので簡単には盗むことができません。また日本では、フレームハードケースのスーツケースが人気なので、商品の種類もたくさんあるので、様々なデザインのスーツケースから選ぶことができます。

Thumb海外旅行の便利なグッズ!海外生活で役立つおしゃれなトラベルグッズを紹介

スーツケースのタイプ④金属製

金属性のスーツケースは、リモワなどの高価なブランドのスーツケースです。素材は金属でできているので、樹脂素材のスーツケースよりかっこいい印象になります。

金属性のスーツケースは高価なので性能も優れているかと言われるとそうでもありません。樹脂でできたスーツケースより割れる可能性はありませんが、へこみやすいという特徴があります。樹脂でできたスーツケースは、弾力性があるのであまり変形しないという特徴があります。

また金属製のスーツケースは樹脂のスーツケースに比べて重いという特徴もあります。金属性のスーツケースは、見た感じがおしゃれでかっこいいので機能性は劣りますが、一度は持ってみたいスーツケースと言われています。

Thumbパスポートケースのおすすめ人気ランキング!海外旅行で便利なホルダーも紹介

スーツケースのサイズの選び方とは

荷物の量は人それぞれなので一概には判断することができませんが、スーツケースのサイズは、1泊あたり10リットルが目安です。スーツケースを選ぶ際のサイズのポイントですが、旅行の日数に合わせるのがおすすめですが、季節や荷物の量によってサイズも異なるので、悩んだら少し大きめのサイズを選ぶと良いと思います。


また旅行の日数だけではなく、目的地が暖かい地域や寒い地域によっても、スーツケースのサイズを変えるのがおすすめです。ご自身の旅行のスタイルによってスーツケースのサイズを選ぶのがポイントです。

スーツケースのサイズ選びのポイントとしては、1泊から3泊の日数の場合は20リットルから40リットルくらいが目安です。3泊から4泊の日数の場合は40リットルから60リットルが目安です。4泊から7泊の日数の場合には60リットルから90リットルくらいのサイズが目安になります。1週間以上の日数の場合には、90リットル以上がおすすめです。

スーツケースは、あまりにも大きいサイズもあまりにも小さいサイズでも、使いづらいので一般的には1週間くらい用の70リットルくらいのサイズがおすすめです。また一番よく売れているサイズでもあります。あまりにも大きなスーツケースだと、かえって旅行の際に負担になってしまいますので注意しましょう。

スーツケースのサイズ①Sサイズ

スーツケースのSサイズとは旅行日数が1泊から3泊の方用の小型サイズのことです。容量は20リットルから40リットルあります。

Sサイズのスーツケースは、機内持ち込みしたい方や国内旅行の方、荷物を運びながら行動する方におすすめのサイズです。小さいので持ち運びに便利な上に、1泊旅行だけど手で荷物を持ちたくない方などにはメリット大なスーツケースです。

スーツケースのサイズ②Mサイズ

スーツケースのMサイズとは旅行日数が5泊から7泊の方用の中型サイズのことです。容量は55リットルから75リットルあります。

Mサイズのスーツケースは、空港で一番多く見かけるサイズです。海外旅行や1週間くらいの旅行日数にはおすすめのサイズです。衣類などは圧縮袋など活用すれば、お土産も入り余裕のある旅ができそうです。

スーツケースのサイズ③Lサイズ

スーツケースのLサイズとは旅行日数が7泊から10泊の方用の大型サイズのことです。容量は80リットルから105リットルあります。

Lサイズのスーツケースは、旅行日数の多い方だけではなく、家族の荷物も1つのスーツケースにまとめて入れたり、洋服やお土産など荷物が多い方にはおすすめでのサイズです。ただ背の低い方や女性は、あまりにもサイズが大きく重いのでLサイズのスーツケースはあまりおすすめできません。Mサイズのスーツケースを2つにするなど工夫すると良いでしょう。

またあまりにもスーツケースに荷物を詰め込みすぎると、重量が多くなり重量オーバーで料金が追加でかかる可能性もあるので注意しましょう。

スーツケースを機内持ち込みにするメリットとデメリットとは

旅行をする際に、スーツケースをどのように運ぶかによって、楽しい快適な旅にするための大切なポイントです。航空会社によって、スーツケースを機内に持ち込みできるサイズは異なります。大切な荷物や、壊れやすい荷物がある際はできるだけ機内に持ち込みしたほうが良いでしょう。機内持ち込みにするメリットとデメリットを説明いたします。

スーツケースを機内持ち込みにするメリット

飛行機内に持ち込める荷物には制限があります。スーツケースの大きさや重さ、荷物の中身に制限があります。スーツケースを機内持ち込みにするメリットはたくさんあります。航空会社にスーツケースを乱暴に扱われないので破損率が少ない、目的地に着いたらすぐに移動できる、荷物が行方不明になる心配がないなど多くあります。

手荷物を機内持ち込みにすると、手荷物カウンターに行く必要がなくなるので時間の短縮ができます。手荷物カウンターはいつも行列ができているほど混雑しているので、時間に余裕のない方にはおすすめです。また機内で荷物の整理ができますが、混雑しているときは周りの乗客の方に迷惑がかかるので配慮しましょう。

スーツケースを機内持ち込みにするデメリット

スーツケースを機内持ち込みにするデメリットは、スーツケースのサイズが小さいのであまり多くの荷物を入れることができないので長期の旅行日数には向きません。また空港でチェックインした後も機内までスーツケースを持ち運ばなければいけません。

またスーツケースを機内持ち込みの際には、液体類の機内持ち込みに制限があります。液体類は、100ml以下の容器に入れて、ジップロックなどの透明な袋に入れることが決められています。

また袋の大きさは、縦と横の合計40センチ以内のサイズになります。液体類とは、クリーム状・ジェル状のものも液体に含まれます。日焼け止めクリーム・シャンプー・歯磨き粉・ジャムなども液体類になります。グロスなども液体類に含まれるので注意しましょう。

スーツケースを機内持ち込みにしないメリットとデメリットとは

スーツケースを機内持ち込みにしないメリット

スーツケースを航空会社に預けるメリットは、スーツケースの縦・横・高さの合計が158センチ以内のサイズまで預けることができます。メリットとしては、液体類が預かられる・チェックイン後の空港内の移動が楽・荷物が多い方でも安心などのメリットがあります。

スーツケースを機内持ち込みにしないデメリット

スーツケースを航空会社に預けるデメリットとしては、航空会社にスーツケースを雑に扱われて破損する恐れがある・空港到着時にターンテーブルで待つ・スーツケースが紛失する恐れがあるなどがあります。

スーツケースの中に大切なものや壊れやすいものなど入っている場合は、機内持ち込みにしたほうが良さそうです。

各航空会社の機内持ち込み可能サイズ

各航空会社によって、機内に持ち込みできるサイズに規定があります。スーツケースを購入する前に、自分が乗る飛行機会社のホームページなどで事前に確認することをおすすめいたします。スーツケースの選び方の参考にしてください。

ANAとJALの機内持ち込み可能サイズとは

ANAとJALでは、飛行機の座席数が100席以上と100席未満で機内持ち込み可能重量とサイズが異なります。ただどちらも合計重量10キロ以内で、身の回りの品のほか、大きい手荷物1個までとなります。飛行機の座席数が100席以上だと、サイズが縦・横・高さの3辺の合計が115センチ以内で、飛行機の座席数が100席未満だと、サイズの合計が100センチ以内と決められています。

LCC(ジェットスター)の機内持ち込みサイズ可能サイズとは

LCCの航空会社は飛行機代が安い分、荷物に制限があるので注意が必要です。ジェットスターでは、機内持ち込み可能な重さはスーツケースなどの荷物1個とハンドバックなどのお手回り品1個の計2個で合計7キロまでです。

スーツケースのサイズは縦・横・高さの合計115センチ以内なので注意して下さい。基本料金にプラスすれば合計10キロまで可能なのでどうしてもという場合は、追加するのがおすすめです。

LCC(ジェットスター以外)の機内持ち込みサイズ可能サイズとは

ジェットスターの機内持ち込みの重量は7キロまでと厳しいですが、そのほかの航空会社は重量10キロまでというところが多いです。またサイズはジェットスターと同様、スーツケースのサイズは縦・横・高さの合計が115センチになります。

各航空会社の無料受託手荷物サイズ

無料で預けられる受託手荷物にも機内持ち込み同様に各航空会社によって規程があります。旅行でお土産をたくさん買いすぎてついつい重くなってしまいがちですが、スーツケースだけでも4キロくらいあります。規定オーバーしてしまうと超過料金がかかることもあるので注意しましょう。

ANAとJALの無料受託手荷物サイズとは

ANAとJALの航空会社では、無料で預かられるスーツケースの重さとサイズに制限があります。2個までは無料で各1個につき23キロまでになります。またサイズはANAでは、縦・横・高さの合計が158センチ、JALでは、合計203センチまでとなっております。

ビジネスクラスやファーストクラスですと、3個まで無料で預けられたり、各1個の重さが32キロまでなどの特典もあります。

LCCの無料受託手荷物サイズとは

LCCの受託手荷物は、すべて有料になります。チケット料金だけのプランで選んで、スーツケースを当日オプションで預けると高くなりますので事前に荷物を預けると分かっている方は、航空券のプランの選び方に注意して下さい。どうしてもという場合は、宿泊先に荷物を先に送るという方法もあるので自分に合った選び方をして下さい。

機内持ち込みすると便利なものとは

海外旅行の際、長時間のフライトになるので機内で快適に過ごしたいものです。快適に過ごすには、機内に持ち込んだほうが良いものがあります。貴重品・パソコンや会議資料・ボールペン・ハンカチやティッシュです。

そのほか、スリッパや羽織るものは女性にはおすすめです。長時間のフライトはかなり疲れるものです。また飛行機の中は寒いことが多いので1枚用意していたほうが良いです。機内で毛布も配られますが、1枚あると安心ですね。

飛行機の中で使用する必要なものは、小さめのバッグに入れて前の方の座席の下に置くのがおすすめです。上の棚に必要なものを置いてしまうと、取り出すのが大変なので、上には目的地に到着するまでに使わないものにしましょう。

スーツケースを機内持ち込みできるサイズは?

スーツケースを機内持ち込みにする場合、航空会社によってサイズの規程があるので、スーツケースを購入する際選び方に注意して下さい。スーツケース購入時に、機内持ち込み可能かどうかお店の方に聞くと確実です。

一般的にスーツケースを機内に持ち込みの規程サイズは、100席以上の飛行機で縦・横・高さの合計が115センチ以内、国内線の100席未満の飛行機で縦・横・高さの合計が100センチ未満です。どちらも10キロ未満の重さまでなら機内持ち込みできます。LCCの飛行機は、各社それぞれ違うので航空会社のホームページで調べるのがおすすめです。

スーツケースの車輪とは?

スーツケースには2輪の車輪と4輪の車輪があります。日本で販売されている多くは4輪タイプのスーツケースが多いです。2輪も4輪もそれぞれ特徴があるのでご説明いたします。

2輪タイプのスーツケースは、段差に強く安定感があるのがポイントです。ヨーロッパでは石畳が多いので2輪タイプにする方も多いようです。また車輪が本体に埋め込まれているので、衝撃に強いというメリットもあります。また車輪が付いていない側が固定されているので、揺れにも強いです。スーツケースを持って移動する方が多い方は2輪タイプがおすすめです。

4輪タイプのスーツケースは、360度回転することができるので、動きやすいという特徴があります。2輪だと車輪が一定に固定されているので、体の後ろに持って引く方法しかありませんが、4輪の車輪は自由自在に動くので、体の隣りで持ち運ぶことも可能です。横に持って運ぶほうが、重さを感じにくいので女性には4輪タイプがおすすめです。

4輪タイプのスーツケースは、車輪が本体の外側に付いているので、スーツケースの中に凹凸がなく荷物が詰めやすいのがポイントです。

スーツケースの選び方のポイント①価格

スーツケースの選び方で重要なポイントの1つ目は、価格です。スーツケースは一般的に高い買い物です。高価なスーツケースは耐久性が高いですが、絶対に壊れないという保証はありません。衝撃を受ければ破損してしまいます。また最近では、素材の開発なども進み、安くても良い商品が多くなってきました。

スーツケースを選ぶ際は、インターネットなどの口コミをよく見て、安くても耐久性があり、さらに評価の高いスーツケースを選ぶのがおすすめです。また店頭で商品を購入するよりもインターネットのほうが安く買えたりするので店頭で実物を見てインターネットなどを利用するのもポイントです。

スーツケースの選び方のポイント②サイズ

スーツケースの選び方で重要なポイントの2つ目は、重量と大きさなどのサイズです。これは、選ぶ航空会社に関係があります。各飛行機械者によって無料で預かられるスーツケースなどの重さや大きさに規程があります。この規程サイズを超過すると、追加で料金が取られるので、各飛行機会社のホームページなど事前にチェックすることをおすすめします。

スーツケースの重さは、できるだけ軽いものがおすすめです。階段などで持ち運ぶことなども考えて選ぶのがおすすめです。またスーツケースのサイズは、大きいほど運搬などの際に破損率が高くなりますので選ぶ際のポイントにしてください。

スーツケースの選び方のポイント③丈夫さ

スーツケースの選び方で重要なポイントの3つ目は、スーツケースが丈夫かどうかです。スーツケースの破損率は非常に高いです。丈夫なスーツケースを選べば、長期的に使用することができます。デザインや色などにこだわるより、丈夫なスーツケースを選ぶのがおすすめです。

スーツケースを選ぶ際に、デザインや色で決めてしまうと消耗品になってしまいます。せっかく高いスーツケースを購入するのなら、長期的に使用できる丈夫で軽いスーツケースを選ぶのがポイントです。また色も無難な色のスーツケースにすると良いでしょう。

スーツケースのレンタルとは?

スーツケースは高価な商品なので、最近ではスーツケースをレンタルする方も増えてきています。1年に1回くらいしか使わないのに、旅行のためにスーツケースを購入するのはもったいないという方にはスーツケースのレンタルがおすすめです。レンタルもスーツケースの選び方の1つです。

スーツケースをレンタルする際に注意しなければいけないのが、旅行の日数によっては、購入したほうが安くなる場合もあるのでよく見てレンタルしましょう。

スーツケースをレンタルする方は、年に1回しか利用しなかったり、旅行から帰った後は、家においていても邪魔になります。また旅行の日数によっては、スーツケースのサイズを変えたりしなくてはいけなくなるので、スーツケースを購入するよりレンタルのほうが利便性が高いと考えているかたは非常に多いのです。

最後に自分に合ったスーツケースを見つけるには

スーツケースを選ぶポイントとしては、軽くて丈夫、収納がしやすい、車輪が動きやすいことを大切にしてください。せっかくスーツケースを買うのなら、旅行先で破損や故障などの心配をせずに、長年大切に使い続けられるスーツケースがおすすめです。

また人によって旅行の日数や目的が異なります。その分スーツケースの選び方も人によって違うので口コミだけに左右されずに、直接お店で自分の目で判断してスーツケースを購入して下さい。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-17 時点

新着一覧