アンクレットの簡単な作り方を紹介!初心者にもおすすめのアイデアとは?

アンクレットは足首につける飾りです。アンクレットには簡単な作り方があり、初心者におすすめのアイデアがあります。素材や色を選べば、簡単にデザイン性の高いものができるかもしれません。初心者でも簡単にアンクレットができるように作り方の動画を有効活用しましょう。

アンクレットの簡単な作り方を紹介!初心者にもおすすめのアイデアとは?

目次

  1. アンクレットとは
  2. アンクレットの素材
  3. 革を編むアンクレット作り方
  4. ビーズのアンクレット作り方
  5. その他のアンクレット作り方
  6. アンクレットと腕輪の違い
  7. 初心者におすすめアンクレットのキット
  8. アンクレットの効果
  9. アンクレットの組合せの作り方
  10. ブレスレットとアンクレット
  11. アンクレットの利点
  12. アンクレットの弱点
  13. まとめ:アンクレットの作り方

アンクレットとは

アンクレットとは足首につけるため、腕にするブレスレットととは違いさり気ないオシャレが楽しめそうです。ミサンガなど左右でジンクスがあったり、色で願い事を願掛けをするアクセサリーにもなりそうです。

ミサンガのような素材だけではなく、天然石やラインストーンなど華奢なデザインのものもあるため好みのアンクレットを見つけられそうです。手作りのアイデアや初心者が簡単に作れるおすすめのアンクレットがありますよ。

素材が同じでも色が違うだけで印象が異なります。編み方を覚えてしまえば手作りで同じデザインのアンクレットが作れるということですね。パーツを変えるなど素材選びや作り方もできあがりの作品にデザイン性を与えてくれそうです。

アンクレットは素足やストッキングの上からきらりと光ると素敵ですね。夏はサンダルに合う革素材やトップなどでオシャレを楽しめそうです。どんな種類のものがあるのでしょうか。素材から見てみましょう。手作りできそうなアンクレットはあるでしょうか。

アンクレットの素材

下の画像は足首にも手首にもつけられるシンプルなデザインのアクササリーですね。色違いでのペアなどさりげなく飾れるのも利点だと思います。

ミサンガのデザインなら色や模様を選べますね。作り方や刺しゅうや麻ひもの素材選びから、欲しいものをアンクレットにできるサイズを調整すれば簡単にできますね。

結び方や留め金具を選ぶことで、アイデア次第で自分の好みにカスタマイズできるのがおすすめの作り方です。存在感のある革の編み方をみてみましょう。100円ショップなどで素材が手に入りやすくなっています。色を選べばレディス向けにもステキにできあがりそうです。

革を編むアンクレット作り方

革のアクセサリーは簡単な編み方で作られています。留め具部分のボタンで個性がでます。シルバーや石など夏のアクセサリーの定番になりそうです。そんなアクセサリーを手作りできるでしょうか。

メンズアクセサリーで定番の革のアクセサリーですが、アンクレットにもできます。簡単な作り方でもできあがりに存在感のあるアンクレットが出来上がるでしょう。色のついた革を使ったり、刺しゅう糸にしてみるなどアイデアでアレンジするのもおすすめです。

動画では平編み(ひらあみ)と呼ばれる編み方が紹介されています。手作りに挑戦する初心者におすすめです。編むときの力加減を同じにしてガタつかないようにできると良いですね。色の組み合わせにはアイデアを出せば雰囲気が変わるでしょう。

平編みの作り方【動画】

刺しゅう糸や麻糸の太さであればビーズを入れるなど編み込みができそうです。革ではできない作り方ですが、存在感のある革素材なら編むだけで素敵なアクササリーができそうです。今回の平編みはわかりやすい編み方ですよ。

最初に作るときには希望した長さにできないかもしれませんね。そうなっても金具で調整したり、アイデアで乗り切りたいですね。足首にきつくならないように、ゴムのように伸縮する「てぐす」やヘアゴムを使うなどアイデア次第で好みのアンクレットが出来上がりそうです。次にはもっと装飾性のあるアンクレットを見てみましょう。

ビーズのアンクレット作り方

編み込むのと同時にビーズや天然石を入れるアンクレットの作り方です。医師に願掛けしたり好きな天然石やビーズを中心にするなどアレンジができそうです。素材にはハートの形や楕円などの形が使えるのが手作りの強みですね。

天然石を使った作り方【動画】

組み合わせでオリジナル性を出すなどお店で作れるブレスレットが多いでしょうか。サイズを大きくしてアンクレットにすると手作りでもお店で買ったような素敵なものができるかもしれません。初心者であれば、編むだけやビーズなどの素材を通すだけなどの簡単なものから手作りするのがおすすめです。

天然石をコードに通しその周りを囲むように編むこともできます。また天然石を包みように編む編み方などもありいろいろなデザインが手作りでできるかもしれません。

その他のアンクレット作り方

アイデア次第でいろいろな素材や編み方で手作りのアンクレットを作ることできます。麻糸やミサンガ、アジアン結びなど結び方の種類や穴の開いていない素材を使った包み込む編み方などアイデアの組み合わせはたくさんありますね。

チェーン素材のアンクレット作り方【動画】

夏の素材を使ったアンクレットですね。モチーフやテーマを決めると作りやすく、手作りのオリジナルが活かせそうです。選ぶ素材や編み方の種類で多様なアンクレットができるようになりますね。

結び目やチャームを自分の好みに選べるのは、手作りの醍醐味ですね。動いたときに当たらない位置にしたり、肌触りが好みの素材を選ぶなどできるとストレスなく足首に付けられそうです。

アンクレットと腕輪の違い

足首は可動する部分なのでサイズに余裕がないと、ちぎれてしまうかません。手元にボリュームがあると動きが制限されてしまうかもしれませんね。

それに対処するには、ゴムのように伸びる素材を使うか調整ができるアンクレット素材を選ぶと良いかもしれません。次で動画と一緒にアンクレットの作り方を見てみましょう。

初心者におすすめアンクレットのキット

手作りを始めるのに、素材や作り方をまとめて売っているキットはとても便利です。出来上がりの写真までついているので、サイズの目安も書かれていることがあります。ブレスレットのキットをアレンジしてアンクレットにする、またはその逆にして作るなどの調整ができますね。

素材の購入はいろんな種類があって決められないかもしれません。あらかじめ揃っているキットを利用するのは、初心者には簡単でおすすめです。キットは値段が高くなりがちですが、デザインや作り方が決められているのは便利です。

アンクレットの効果

足首にあるアクセサリーは、さり気なくつけることでひと味違うオシャレを楽しめそうです。揺れるチャームや輝くラインストーンなど足元にキラリと輝かせるられるのがアンクレットの魅力ですね。

手元にあるブレスレットとは異なり、足元に存在感を出すアクセサリーですね。プレゼントにアンクレットを選ぶというのも良いかもしれません。

アンクレットの組合せの作り方

ブレスレットのおしゃれと同じように考えるとわかりやすいかもしれません。何個か重ねてボリュームを出すため同じアンクレットを付けたり、異なるアンクレットを重ね付けする方法があります。また、アクセサリーで色をたすことでアクセントになります。

同じ色やパーツでも素材感で印象が異なります。サンダルや靴の色や素材を考慮して決めると良いかもしれません。

おそろいのアクセサリーとして楽しんだり、色違いで気分によって変えたりできます。画像のように取り外しができるチャームをつけるのは素敵なアイデアですね。気軽に付け替えや付ける場所を変えることができそうです。

ブレスレットとアンクレット

ブレスレットでよくある天然石は、伸び縮みするためちゃくだつがかんたんですね。一方で手首にあると邪魔に感じたり、跡がついてしまったりするかもしれません。

アンクレットでもサイズ感や付け心地によって気になるアクササリーかもしれません。手作りであれば、金具の選択や素材を選ぶことでそういった不快に感じる部分を取り除けるかもしれません。

メンズやレディースの垣根を越えてユニセックスなアイテムにすることもできそうです。是非、いろんなアイデアでオリジナルのアクセサリーを作ってみましょう。

アンクレットの利点

素材でさりげないオシャレにしたり、華やかに飾ったりできます。普段のオシャレに寄り添うように付けられるのが魅力になりそうですね。

上品なアクセサリーとして使うことができ、同じ作り方でも素材が違えば印象が異なります。パールなど定番のものを持っていると使いまわしが良いでしょう。

手作りする場合には、フェイクパールや針金でのアートなどの素材を使えそうです。そんなアンクレットですが、弱点があるでしょうか。次で見てみましょう。

アンクレットの弱点

他のアクセサリーと違ってポピュラーではないアクセサリーかもしれません。ブラックフォーマルに合わせるなどシーンで見る機会も少ないでしょう。さりげないおしゃれもありますが、形式的な場所でははずしたほうが無難かもしれません。

色や素材によっては色っぽさが増すアイテムなのでフォーマルな場でつけないほうが良い時もありそうです。

まとめ:アンクレットの作り方

アンクレットの作り方には、工夫やアイデアを取り入れることができます。シンプルにまとめたり色を変えてみたりするなど自分のスタイルに合うデザインができます。

シンプルな作り方だと簡単なので、アンクレットを作ってみませんか?素材も100円ショップなど手軽に買えるものから始められますよ。

もっとアンクレットの素材について知りたいあなたへ

Thumbシルバーアクセサリーを手作り!シルバークレイを使った簡単な作り方とは?
Thumbアクセサリーの意味!つける場所やモチーフから読みとれる?
Thumb100均商品でハンドメイド!アクセサリー・雑貨の作り方まとめ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-24 時点

新着一覧