子供用の貯金額はいくらが理想?毎月の目安やおすすめの貯蓄法を調査!

子供が成長するにつれてお金がかかってきますが、子供用の貯金額はいくらが理想で毎月の目安やおすすめの貯金法など分からないことがいっぱいです。そんな方のお悩みをすべて解決できるように調査しましたのでぜひ参考にしてみてください。

子供用の貯金額はいくらが理想?毎月の目安やおすすめの貯蓄法を調査!

目次

  1. 子供用の貯金額はいくらが理想?毎月の目安やおすすめの貯蓄法を調査!
  2. 一般的に子供1人が大学卒業までにかかる教育費とは?
  3. 毎月の子供用の貯金額の目安とは?
  4. 子供用の貯金額の理想金額とは?
  5. おすすめの子供用の貯金法とは?
  6. 子供用の貯金を少しでも多くするには?
  7. 保険の見直しとは?
  8. 子供の学資保険の活用とは?
  9. NISAの活用とは?
  10. 3歳までに100万貯金するには?
  11. 子供が4歳から小学校卒業の12歳までに200万貯金するには?
  12. まとめ:子供への貯金は計画的に貯めていこう!

子供用の貯金額はいくらが理想?毎月の目安やおすすめの貯蓄法を調査!

子供が大きくなるにつれて、お金が必要になってきます。その時に使えるお金を貯金したいけど、子供にいくらぐらいの養育費や教育費が必要なのか?また、毎月の平均の貯金額はいくらなのか?どのようにして貯金していったら良いのか?などを詳しくご紹介します。

一般的に子供1人が大学卒業までにかかる教育費とは?

高校までの子供の教育費は、幼稚園から高校まで私立に通わせる場合と幼稚園から高校まで公立に通わせる場合は、大きく違ってきます。私立と公立を比べていくらぐらいの差があるかをみていきます。

1年間の私立幼稚園の場合、約53万円で1年間の公立幼稚園の場合は、約23万円です。2.3倍の差があることがわかります。しかし地域によっては、私立でも公立と同じぐらいの費用のところもありますし、幼稚園の補助金制度があります。

そういうのを利用すると少し費用が抑えられますので、抑えた分を毎月の貯金にまわすことをおすすめします。

1年間の私立小学校の場合、約146万円、1年間の公立小学校の場合、約30万円です。4.8倍の差がありますが、これは、授業料以外に必要な学校用品や課外活動なども加えてあります。お住いの地域によって異なります。

1年間の私立中学校は、約127万円、1年間の公立中学校は、約45万9千円で、2.8倍の差になります。小学校と同じように授業料以外に必要なものを加えています。中学になると塾などの習い事に大きな出費がかかるので、この分の貯金をしておくと良いです。

2014年より無償化が行われています。入学金、教科書、修学旅行費、入学金と別の寄附金などを加えています。1年間の私立高校は、約92万円、公立高校は、39万円で2.3倍の差があります。中学よりも少し出費が減るので、この時期に大学進学のための貯金を毎月しておくと良いです。

大学の場合は、進学先が国公立大なのか私立大なのかでいくらかかるかが変わってきます。1年間の私立文系大学は、約115万円、1年間の私立理系大学は、約150万円、1年間の公立大学は、約93万円、国立大は、約82万です。

これ以外に実習費や施設費が加わりますし、一人暮らしする場合は、住居や生活費などの養育費がさらにかかってきます。大学入学時はまとまったお金が必要になりますので、大学入学用に300万円ほど貯金しておくことをおすすめします。

毎月の子供用の貯金額の目安とは?

毎月の子供用の貯金額の目安は、収入の格差や子供の人数などで貯金できる金額が変わってくますが、収入の1割から2割が理想です。例えば、年間収入が500万円の場合は、1年間で50万円から100万で毎月の平均額は、4.2万円から8.4万円になります。

年間収入が400万円の場合は、40万円から80万円で毎月の平均額は、3.4万円から6.7万円です。家庭の年収に合わせて毎月の平均額を算出して貯金をすることをおすすめします。

節約しても養育費が雑費などの出費が多くて毎月の貯金額が平均より低い場合は、ボーナスなどで埋め合わせして出来るだけ貯金できるようにすると良いです。

Thumb節約アプリで貯金!スマホを使ってムダ使いをなくしてお金を貯める方法は?

子供用の貯金額の理想金額とは?

子供用の貯金額の理想は多ければ多いほど良いですが、現実は、収入の2割を毎月平均的に貯金するのが理想です。例えば、手取り金額が20万円の場合は、2万円を子供用の貯金とします。

すると、1年間で24万円になり5年間で120万円の貯金ができます。これに児童手当を貯金すると、0歳から16歳までで総額584万円になり600万近く貯金することが可能です。

おすすめの子供用の貯金法とは?

おすすめの子供用の貯金法は、先取りして貯金することです。子供の児童手当の振込口座と家計用の口座とそれぞれ分けておくのがおすすめです。家計からまわす子供貯金は、給料引き落とし口座から自動的に積み立てにします。

そうすれば、子供の児童手当のお金と家計からまわすお金の貯金がスムーズにできます。先に積み立てられるので、入ってくるお金だけで生活費や養育費を賄うので、毎月、平均いくら貯金するというストレスがなくて無理なく子供の貯金ができます。

子供用の貯金を少しでも多くするには?

子供用の貯金を少しでも増やしていくには、保険の見直し、学資保険、NISAという少額投資非課税制度の利用がおすすめです。生命保険は、一度加入したらそのままの方が多いですが、実は見直しすると、毎月の支払額が抑えられたり保険内容が良いうえに貯金もしっかりできるものが揃っています。

また学資保険は、子供が生まれてから始めるものだと考える方が多いようですが、妊娠中から始めることをおすすめします。子供が生まれてからだと忙しくてついつい後回しになってします方が多いようです。

NISAという少額投資非課税制度の活用は、値上がり益や配当金が非課税なのでその分を貯金にまわすと一気に貯金額が増えます。生命保険の見直し、学資保険、NISAの活用についてご紹介します。

保険の見直しとは?

保険契約をしている人の多くが契約内容を把握してない場合があります。保険は結婚したら見直して、子供が生まれたら、さらに良く調べて加入する必要があります。子供の年齢によって保険料が変わってきますし、子供が成長すると共に少しずつ保険の保障内容の設定を見直すと良いでしょう。

子供の学資保険の活用とは?

特に死亡補償額や給料に対して毎月の保険料が高すぎる場合は、見直しが必要です。妊娠中から学資保険に加入することができます。妊娠中から加入することで、長い期間、学資保険に加入することができるため毎月の保険料を抑え、多くの給付金をもらえたりできるので早めの加入をおすすめします。

また、学資保険は、定期貯金と比べ、高利回りです。例えば子供が18歳になるまで、毎月1万円づつを学資保険と定期貯金で貯蓄した場合の利息は、学資保険が約20万円、定期貯金が約3万円になります。

ただし、学資保険を途中解約した場合、払い込み金額よりも受け取る金額が少なくなりますし、満期の場合でも元本を割ることもありますので、よく調べてから契約しましょう。

NISAの活用とは?

子供用の貯金を一気に増やしたい方におすすめなのが、NISAです。NISAは、年間100万円まで非課税投資枠が設定されています。これは、毎年100万円までの投資金額による値上がり益や配当金は、非課税になるということです。

簡単に言いますと、20%の税金がかかっていた分がなくなるため、100万円の利益があると20万円得するようになります。投資で子供用の貯金を増やしたい方には、とても役に立ちますので証券会社に相談すると良いでしょう。

3歳までに100万貯金するには?

貯金をする際には、毎月、平均でいくら貯金にまわせるかを考えて、必ずいつまでにいくら貯金をするという目標を立てます。目標を持つことで、衣食などの養育費を節約できる分は、より節約して貯金額の目標達成を目指しましょう。

児童手当が3歳までは月に1.5万円支給されるので、家計からさらに1万円を貯金にまわすことができれば、毎月の平均貯金額は2.5万円になります。すると3年間で貯金額は90万円になります。3年間の間にボーナス時、出産祝い、お年玉などの臨時収入で10万円貯金するようにすれば、100万円を貯金することが可能です。

Thumb共働き夫婦の貯金はいくら?月の平均や毎月10万円貯蓄の方法は?

子供が4歳から小学校卒業の12歳までに200万貯金するには?

子供が4歳の時から小学校卒業までの12歳までの8年間で300万円を貯金するには、幼稚園は授業料の教育費や養育費がかかるので児童手当だけを貯金します。小学校からは子供の児童手当の1万円に家計からさらに1万円をまわして毎月平均2万円を貯金します。

しかし、養育費の出費が多くて貯金が難しい時は、ボーナス時や他の月に補填します。これで、子供が4歳から幼稚園から小学校卒業までで192万円貯金することができます。お年玉や臨時収入で8万円を貯金することができれば200万円の目標が達成できます。

子供が中学生子供がになると塾や部活動、養育費の出費が増えるので、家計からいくらかのお金を貯金にまわすことが難しくなるので、子供が中学生になる前までにしっかり貯金をするようしましょう。

Thumb節約したい主婦が実践した貯金術まとめ!実際にお金を貯めた成功例を紹介

まとめ:子供への貯金は計画的に貯めていこう!

子供用の貯金は、計画を立てながら行い、貯金をするためには、家庭の収入に合わせて通う幼稚園や学校選びも重要です。子供に頑張ってもらって塾代などの出費を抑えのも貯金するのに必要です。足りない分は、家族みんなで努力して貯金額の目標達成を目指してください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-17 時点

新着一覧