パンの離乳食初期レシピまとめ!おすすめの作り方と冷凍保存の仕方を紹介

世代を問わずみんなが大好きなパン。そんなパンは離乳食初期の子供でも大好きなんです!離乳食初期のお子さんでも食べられる様々なパンを使った離乳食レシピや離乳食に使うパンの冷凍保存の方法などご紹介していきます。ぜひお子さんと一緒にパンを美味しく食べましょう。

パンの離乳食初期レシピまとめ!おすすめの作り方と冷凍保存の仕方を紹介

目次

  1. ふわふわで美味しいパンは離乳食初期でも食べられる?
  2. 離乳食期にパンは大活躍する!
  3. 離乳食で大活躍!パンにはどんな栄養素がある?
  4. パンは離乳食初期の主食におすすめ
  5. 離乳食初期に適したパンはどんなパンが良いの?
  6. 離乳食初期で使うパンの下ごしらえのやり方は?
  7. 離乳初期におすすめ!パンを使ったレシピ①
  8. 離乳食初期におすすめ!パンを使ったレシピ②
  9. 離乳食初期におすすめ!パンを使ったレシピ③
  10. 離乳食で使うパンは冷凍保存しておくととても便利!
  11. 離乳食初期で使うパンの冷凍保存方法①
  12. 離乳食初期で使うパンの冷凍保存方法②
  13. 離乳食初期にパンを使う際の注意点
  14. パンを離乳食に取り入れる時にはアレルギーに注意!
  15. まとめ:離乳食初期に子供も喜ぶパンレシピで楽しい時間に

ふわふわで美味しいパンは離乳食初期でも食べられる?

ふわふわで美味しいパンは世代を問わずみんなが大好きな主食のひとつですよね。そんなパンは離乳初期に食べられることが出来るのか?また離乳食期の赤ちゃんがパンを食べられるようになるのはいつ頃なのか?と疑問に思ってしまいますね。実はパンは離乳食初期の赤ちゃんから食べられることが出来るんです。美味しいパンをみんなで食べられると嬉しいですよね。

もちろん離乳食初期の赤ちゃんはパンをそのまま食べることは出来ません。離乳初期初期の赤ちゃんはまだ食べるものもペースト状のものがほとんどですので、パンをそのまま食べるのではなくミルクパン粥などに調理することが必要です。例えばお粥のストックが無かったりご飯を炊き忘れた時でも、パンを普段使っているミルクと煮るだけで簡単にパン粥が出来ちゃうんです。

Thumb離乳食中期の量や献立はどうする?回数や進め方・簡単レシピまとめ

離乳食期にパンは大活躍する!

離乳食初期に限らず、パンは離乳食期にとても助かる主食になります。離乳食は離乳食初期、離乳食中期、離乳食後期、離乳食完了期といった順で進めていきますが、離乳食初期のころには簡単にパン粥にお野菜のペーストを合わせたもので簡単離乳食にしたり、お粥のストックがないときにでもお粥を作る手間に比べて断然ミルク粥はすぐに簡単に作ることが出来ます。

また離乳食中期になると手づかみ食べという赤ちゃんが食べ物を自分の手で持って食べる練習が始まります。そんな手づかみ食べの主食にはパンがピッタリなんです。パンが大好きなお子さんならバクバクとパンを食べてくれますよ。スティック状にするだけで簡単朝ごはんなどにもなるので手間がかからずお子さんの大好きなパンを出せるのでお母さんの負担軽減にも繋がります。

Thumb離乳食のエプロン人気ランキングTOP10!おすすめの選び方は?

離乳食で大活躍!パンにはどんな栄養素がある?

パンには炭水化物、たんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2などのビタミン類、カルシウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。ごはんや麺などの主食と比べても、パンに含まれる栄養素は最も多いとされています。他のお肉や魚、乳製品との相性が良く、いろんな食材と組み合わせて食べることでバランスの良い食事がとれると言われてるほどパンには栄養素たっぷりです!

赤ちゃんが食べる離乳食でも離乳食をあげる側のお母さんは栄養素なども気になるところですよね。パンだけに偏らず、1日の1回食の主食をパンにするだけでも全然手抜きにはならず、意外とパンには栄養素が沢山含まれています。朝の忙しい時間にはパンを食べることでお母さんの負担軽減にも繋がり、お子さんも大好きなパンを食べられるという一石二鳥ですね!

パンは離乳食初期の主食におすすめ

離乳食初期の赤ちゃんの主食と言えばまずは十倍粥から始めますよね。慣れてくると毎日毎食十倍粥ではお子さんも飽きが出てきてしまいます。そんなお粥に飽きてしまい、なかなかお粥だけでは食べてくれなくなってしまった、というお子さんでもたまには主食をパンを使ったものにするとお子さんの気分も変わり、いつもとは違って食いつきが良くなることもあります。

また離乳食初期でパンを使う際に一番作りやすいミルクパン粥は、まだまだミルクの方が回数も多い時期ですので普段から飲んでいるミルクの味でパンも一緒に味わうことが出来るので、お子さんも慣れている味にすんなりと食べてくれることが多いようです。母乳のみの赤ちゃんでも栄養を補うことが出来るので離乳食初期にはパンを使った主食がとってもおすすめなんです。

離乳食初期に適したパンはどんなパンが良いの?

離乳食初期で食べられるパンは食パンのみとなっています。例えばロールパンなどは脂質が多く含まれているので離乳食初期の赤ちゃんには不向きとなっています。また子供が食べるものなので添加物などが気になるところですよね。そんな添加物などの見方は食パンの袋などに書いてある食品表示を見ることで安心して大事なお子さんにパンを食べさせてあげることが出来ますね。

また食パンでも沢山のアレルゲンが含まれていますので、アレルギーの可能性があるお子さんはお医者さんでのアレルギー検査をしてから安心して離乳食にパンを取り入れるといいですね。特に離乳食期ではパンに限らず、初めて食べる食材は必ず午前中の病院が開いている時間にチャレンジするようにしましょう。何かあったときにすぐに病院に駆けつけることが出来ます。

Thumb離乳食用スプーンの選び方!赤ちゃんが使いやすいおすすめ20選

離乳食初期で使うパンの下ごしらえのやり方は?

まずは離乳食初期で食パンを使う時にはパンの耳は切り落としておきましょう。パンの耳部分は固めなのでまだ柔らかい食べ物しか食べれない離乳食初期のお子さんには少し喉に詰まってしまう可能性もあります。切り落としたパンの耳部分が無駄になってしまう時にはサンドイッチ用の食パンを選んで買うことで無駄もなくなりパンの耳を切り落とす手間もなくなります。

食パンの耳を切り落としたら次に小さく細かく手でちぎるか、すりおろし器などでパンをすりおろします。初めてパンを食べるお子さんの場合はすりおろし器ですりおろした方が細かくなるので食べやすく、おすすめです。その都度離乳食の時間にパンを使った調理に使う時には1回量ずつで分けておきます。茹でたり、焼いたりという手間が一切ないのがパンの良いところなんです!

離乳初期におすすめ!パンを使ったレシピ①

基本のパン粥のレシピ

まずは基本のパンを使ったミルクパン粥をご紹介します。この基本のミルクパン粥はお子さんが普段から飲んでいるミルクを使うため、慣れている味でお子さんも食べやすいパンを使ったレシピになっています。また普段はミルクは飲まず、母乳だけの場合でもミルクパン粥はミルクで更に栄養を補うことが出来るので母乳のみのお子さんでもミルクパン粥をおすすめできます。

まずは食パンの耳を切り落とします。耳を切り落としたら次に食パンを手で細かくちぎるか、すりおろし器で細かくすりおろします。鍋にすりおろしたパンを入れてそこに適量のお湯で溶いたミルクを入れて火にかけます。ふつふつとしてきたら完成です。このミルクパン粥はミルクをお湯に変えることで普通のパン粥にもなりますよ。お子さんも普段と違う主食で喜んでくれます。

一番最初の工程の食パンを手でちぎるか、すりおろし器ですりおろす時にはお子さんの成長に合わせて変えてみてもいいかもしれませんね。離乳食初期でまだまだ始めたばかりのころはなるべく舌触りが良いペーストの方が向いているのですりおろし器で細かくすりおろすことをおすすめします。離乳食初期でもある程度進んできたら手で細かくちぎっても大丈夫です。

Thumb離乳食の準備は大丈夫?食器以外にも用意したい便利グッズを徹底調査!

離乳食初期におすすめ!パンを使ったレシピ②

甘くて食べやすい!フルーツを使ったパン粥レシピ

次にご紹介するのはバナナを使ったパン粥のレシピです。バナナは離乳食初期でも細かくすりおろしたりと柔らかい食材なので離乳食初期から食べられることが出来ます。そんなバナナとパンを使った離乳食レシピは甘くてお子さんも食べやすく、また便秘気味のお子さんにはバナナで便秘解消にもつながることも期待できるパンを使ったレシピになっていますのでおすすめですよ。

まずは基本のパン粥と同様食パンの耳を切り落とします。パンを細かく手でちぎるかすりおろし器で細かくすりおろします。鍋にお湯で溶いたミルクとパンを入れてふつふつしてきたらそこにバナナをすりおろして入れます。バナナにも軽く火を通したら完成です。器に盛りつけの時に最後にきなこを少し振りかけることでバナナとも相性ピッタリのきなこバナナパン粥の完成です!

離乳食初期におすすめ!パンを使ったレシピ③

次にご紹介するのは甘くて食べやすいかぼちゃと合わせたパン粥のレシピをご紹介します。かぼちゃも離乳食初期から茹でて潰したペースト状にしたものは甘くてお子さんも食べやすい離乳食初期でかかせないメニューですよね!かぼちゃのペーストは何回分かペースト状にしたものを冷凍保存しておくと何にでも使えるとても万能な離乳食食材の一つになっています。

まずはかぼちゃのペーストを作ります。かぼちゃを一口大にカットしてボウルに入れてレンジにかけます。あらかじめ皮は取り除いておきましょう。レンジから取り出したらかぼちゃをすりつぶしてペースト状にします。次に基本のパン粥同様に鍋に細かくしたパンとミルクまたはお湯、そしてかぼちゃのペーストを入れて火にかけてふつふつしてきたら完成です。甘くて美味しいパン粥です

離乳食で使うパンは冷凍保存しておくととても便利!

離乳食初期で使う食パンは冷凍保存しておくことでとても便利に使うことが出来ます。離乳食初期は特に毎食少ない量なので毎回作っていてはお母さんの負担が増えてしまいますよね。そんな時には冷凍保存を上手く使って離乳食作りも負担を少なく楽しく離乳食の時間を楽しむことが出来たらお子さんもお母さんも嬉しいですよね!冷凍保存を上手く使って離乳食の時間を過ごしましょう

またパンに限らず、離乳食初期ではペースト状にする食材がほとんどなので、離乳食を作る時には数回分まとめて作っておいたものを離乳食の時間にレンジでチンしたり、他の食材と組み合わせて更に美味しい離乳食メニューを作ることも出来ます。離乳食初期には野菜やお粥、そしてパンも冷凍保存を上手く使って調理の時間を少しでも短縮できるように出来たら負担もなくなりますよ

Thumbおすすめの離乳食本ランキング!現役ママの口コミで評価の高かったのは?

離乳食初期で使うパンの冷凍保存方法①

離乳食初期で使う食パンの冷凍保存方法ですが、まず一つ目は食パンを手で細かくちぎったものか、すりおろし器で細かくすりおろしたものをそのまま冷凍保存しておくという方法です。食パンも手でちぎったりすりおろし器ですりおろしたりという手間が毎回続くと意外と時間もかかるので食パンを買った時点でお子さんの離乳食用に細かくして冷凍保存しておくのがおすすめですよ。

そんな食パンの冷凍保存方法ですが、まずは手で細かくちぎるかすりおろし器で細かくパンをすりおろします。パンを細かくしたものをジップロックの袋にまとめて入れます。しっかりと封をして冷凍保存しておきます。パン粉を冷凍保存しているようなものなので使いたいときに使う分だけジップロックから取り出して使うことが出来るのでとってもおすすめです。

離乳食初期で使うパンの冷凍保存方法②

次にパン粥を作ったものを冷凍保存しておく方法をご紹介します。パン粥も離乳食初期では一回量は本当に少量なので毎回1食分ずつ作っていてはお母さんの負担が増えてしまいます。パン粥も一気に何食分かまとめて作っておくことで朝の忙しい時間帯やお子さんが離乳食を準備する時間に愚図ってしまってもすぐにレンジでチンするだけなので簡単でおすすめです。

ではパン粥を作ったものを冷凍保存する方法です。まずは基本のパン粥を作ります。鍋に火をかけて火を通した後、しっかりと冷ましてから離乳食の保存パックや製氷皿に一回分を入れて蓋をしたら冷凍保存できます。またパンを使ったパン粥を冷凍保存した場合には1週間以内に使い切れるようにしましょう。とても便利な冷凍保存を上手く使ってパンを美味しく食べられたらいいですね。

離乳食初期にパンを使う際の注意点

離乳食初期には必ず食パンの耳を切り落としましょう

離乳食初期に食べられる食パンは他のパンと比べて油分や塩分の量が少ないパンです。ですが食パンの耳部分は固いものが多く、油分も多く含まれているものもありますので離乳食初期に使う食パンは必ず耳を切り落として調理するようにしましょう。切り落とした食パンの耳はラスクなどにしてお母さんのほっと一息をつきたいときなどに食べるのもおすすめですよ。

お子さんが食べやすいようにとろとろに煮ましょう

離乳食初期のお子さんは舌触りがよく、ごっくんと飲み込めるものがお子さんも食べやすいです。食パンを使う時にも必ず鍋に入れてとろとろに煮てお子さんが食べやすいパン粥などに煮て離乳食のメニューとして出すようにしましょう。トロトロに煮たパン粥は甘くてお子さんも美味しく食べてくれるはずです。お子さんの成長に合わせて柔らかさを調節しましょう。

パンを離乳食に取り入れる時にはアレルギーに注意!

離乳食初期で食べられる食パンもアレルゲンである小麦が使われています。初めて口にするのに心配な方は離乳食を始める前に専門医でアレルギー検査をしておくのもおすすめです。また離乳食初期に限らず離乳食で初めて食べる食材は必ず小児科など病院が開いている午前中に行うのが良いとされています。もし何かあってもすぐに病院に駆け込むことが出来るので安心です。

もし小麦粉アレルギーと分かった場合には小麦粉を使った食パンを食べさせるのは危険です。家でホームベーカリーなどがある場合は米粉を使った食パンを作ってみてもいいかもしれませんね。小麦粉アレルギーはかなりの食品の制限がかかりますが、お子さんも大きくなるにつれて自分から注意するようになるので小さい頃のアレルギーはしっかりお母さんが見守ってあげましょう。

まとめ:離乳食初期に子供も喜ぶパンレシピで楽しい時間に

ふわふわで美味しいパンは世代を問わずみんなが大好きなものです。大人の方でも毎日朝ごはんはパンと決めている方も多いですよね。それだけいろんな世代から愛されているパンは離乳食が始まった離乳食初期のお子さんでもパンがゆにすることで美味しくパンを食べられることが出来ます。ぜひとろとろに煮た美味しいパン粥でお子さんと離乳食の時間を楽しく過ごせると良いですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-03 時点

新着一覧